【予算別】初心者にオススメのTREKロードバイク7選

【2021年最新版】予算別 初心者にオススメのTREKロードバイク

初めてロードバイク選ぶとき、車種やコンポーネント、素材などいろいろあり難しいと思います。またその中で乗り心地、軽さ、安定感、カラー、価格…など、様々な要素を加味して納得のいく1台を選びます。この記事では『価格帯別』にトレックを買うならコレがオススメ!を厳選してみました。

また21年モデルではそのほとんどがディスクブレーキになりました。そのあたりも踏まえてご参考にして頂ければと思います。

予算10万円以下ならこのトレックロードバイクがおすすめ!

TREK ドマーネ AL2

トレックDomane AL2(ドマーネAL2)はアルミフレームのロードバイク(フロントフォークはカーボン製)です。21年モデルで唯一のリムブレーキを採用したモデル。

10万円を切る入門用ロードバイクで、オールラウンドさが売りのドマーネAL2ですが、非常にタフで、スタンドや荷台、バッグなどが取り付けが可能。通勤通学や街乗り、ロングツーリングなど幅広い使用用途で活躍する一台となっています!

 

ロードバイク 初心者

Trek Black/Carbon Smoke

Domane AL2

Gloss Mulsanne Blue/Matte Trek Black

カラー・Trek Black/Carbon Smoke ・Gloss Mulsanne Blue/Matte Trek Black
サイズ47.50.52.54.56.58cm
フレーム100Series Alpha Aluminum
コンポーネントShimano Claris 2×9 speed
タイヤ幅/重量700x25c、参考重量9.74kg(56)
価格¥85,000(税抜)

この価格帯のそのほかのモデルを見る

ドマーネAL2 Disc¥105,000(税抜)参考重量10.74kg

予算15万円前後ならこのトレックロードバイクがおすすめ

TREK ドマーネ AL4 Disc

TrekドマーネAL4はSHIMANO(シマノ)Tiagra(ティアグラ)を搭載し、このグレードから油圧ディスクブレーキを採用しています。油圧ディスクブレーキは制動力が高く、従来のワイヤータイプに比べ、レバータッチが軽いので最小限の力でブレーキをコントロールできます。

上記のドマーネAL2同様フレームにタフさあり、スタンドや荷台を取り付ける事も出来るので、通勤・通学など街乗りで愛用したい方おすすです!

ドマーネALシリーズの中で唯一カラーが三色用意されているので、お好みの1台が見つかるのではないでしょうか?

TREK DomaneAL4 Disc

Gloss Radioactive Red/Matte Black

油圧ディスクブレーキ ロードバイク

Gloss Trek Black/Matte Trek Black

TREK アルミロードバイク

Era White/Carbon Smoke

カラー・Gloss Radioactive Red/Matte Black  ・Gloss Trek Black/Matte Trek Black ・Era White/Carbon Smoke
サイズ44.49.52.54.56.58cm
フレーム100 Series Alpha Aluminum
コンポーネントShimano Tiagra, 2×10 speed
タイヤ幅/重量700x32c、参考重量10.48kg
価格¥159,000(税抜

この値段帯のその他の車体を見る

Domane AL3Disc¥125,000(税抜)
520 クロモリロード¥145,000(税抜)

予算20万円前後ならこのトレックロードバイクがおすすめ!

TREK エモンダ ALR4 Disc

Trek エモンダALR4は軽量アルミフレームを採用しています。車体重量は9.33kg。ディスクブレーキ仕様のアルミフレームながらこの軽さ。坂道もスイスイ登れます!坂道を登った後の下りももちろん油圧ディスクブレーキなら心配無用。レバータッチが軽く、制動力がありますので安心して下りもバイクをコントロールしながらライディングできます。

また、ALRシリーズはビジュアル面もキレイ!ケーブルは内蔵され、通常のアルミフレームではボコッと出てしまう溶接面がキレイに成型され、カーボンフレームとほぼ変わらない見た目と形状。ワンランク上のアルミフレームならALRシリーズがオススメ!

グラデーションの効いたカラーで珍しくどこにいても目を引く1台ですね!

軽量 アルミ ロードバイク

Radioactive Red to Marigold Fade

TREK EmondaALR4 Disc

Lithium Grey

カラー・Radioactive Red to Marigold Fade ・Lithium Grey
サイズ47,50,52,54,56,58,60,62cm
フレームUltralight 300 Series Alpha Aluminum
コンポーネントShimano Tiagra 2×10speed
タイヤ幅/重量700x25c、参考重量:9.33kg
価格¥175,000(税抜)

この価格帯のほかの車体を見る

チェックポイントALR4 ¥219,000(税抜)

25万円前後ならこのトレックロードバイクがおすすめ!

TREK エモンダ ALR5 Disc

エモンダ ALR5は上記のALR4とフレームの素材や形状は変わりませんが、Shimano 105(イチマルゴ)を搭載しています。shimanoのハイエンドグレードDura-Ace(デュラエース)やセカンドグレードUltegra(アルテグラ)と同様2×11の変速段数を採用しています。アップダウンの多い環境には最適で、より細かい調整が出来るため傾斜やご自身の脚に合わせて最適な重さが選べます。

車体重量は9.04kgと軽量でヒルクライムを楽しみたい方や坂の多い環境の方にはおすすめのモデルです。

また上位グレードと互換性があるため、今後コンポーネントのアップグレードを検討している方にもイチオシです!

TREK EmondaALR5

Purple Abyss

コスパ最高 ロードバイク

Slate to Trek Black Fade

カラー・Purple Abyss ・Slate to Trek Black Fade
サイズ47,50,52,54,56,58,60cm
フレームUltralight 300 Series Alpha Aluminum
コンポーネントShimano 105 2×11speed
タイヤ幅/重量700x25c、参考重量9.04㎏
価格¥219,000(税抜)

この価格帯の他の車体を見る

Crockett 5 Disc シクロクロス

予算30万円前後ならこのトレックロードバイクがおすすめ!

TREK エモンダ SL5

Trek EmondaSL5はミドルクラスのフルカーボンバイク!フレームにカーボンを使用することで軽量かつ、圧倒的な乗り心地が魅力!

重量こそアルミフレームのエモンダALR5とほぼ同じですが、フレーム自体が振動を吸収してくれるのでロングライドやレースで使用する方は非常におススメ。長時間乗った際の手やお尻の痛みも少なくなります。また、フレーム自体は非常に軽量ですので、ホイールやハンドルなどをアップグレードすることで化ける一台です!

Emonda SLとSLRは21年にフルモデルチェンジし、新しいウルトラライト500シリーズOCLVカーボンを使用することで、重量はほぼ変えずエアロなフレーム形状へと進化しました。そのため前年度モデルに比べ、高速域での速度維持が簡単で、登りでの時間短縮が可能になりました。

またケーブル周りも改善され、空気抵抗の減少やハンドル周りもスッキリ!非常にスマートなデザインになりました。

トレックのカーボンフレーム製造工場とOCLVカーボンの詳細はこちらから↓↓

カラーのカーボンスモークは素材のカーボンを透かす塗料を使用しているため、モダンで幻想的なデザインになったことも魅力のひとつですね!

emonda sl6はカーボン製シートマストや軽量アルミホイール、上位コンポーネントのアルテグラを使用しているため、スペックに妥協したくない方にはこちらもおすすめです。

TREK EmondaSL5

Carbon Blue Smoke/Metallic Blue

初心者向け カーボン ロードバイク

Quicksilver/Brushed Chrome

カラーCarbon Blue Smoke/Metallic Blue Quicksilver/Brushed Chrome
サイズ47,50,52,54,56,58,60,62cm
フレームUltralight 500 Series OCLV Carbon
コンポーネントShimano 105, 11 speed
タイヤ幅/重量700x28c、参考重量9.15 ㎏
価格¥280,000(税抜)

この価格帯の他のモデルを見る

checkpointSL5 ¥319,000(税抜)

予算40万円前後ならこのトレックロードバイクがおすすめ!

TREK ドマーネ SL6 Disc

TREKドマーネSLD6iscはカーボン製エンデュランスモデルです。ドマーネSLシリーズにはTREK独自のIsoSpeedテクノロジーを搭載しています。IsoSpeedはハンドル下付近とサドル下付近にそれぞれ搭載されており、ライド中に発生する振動を吸収し、振動による接触面へのダメージを軽減することで疲労を緩和します。ロングライドではロードバイクとは思えない程快適な走行が可能です。

もちろんIsoSpeedだけではなく、長めのホイールベースや32cの太めのタイヤ、クッション性の高いサドル、11-34Tのワイドなギア比などを採用しており、安定した走りと振動吸収性でライダーにより良い乗り心地を提供します。

また、ダウンチューブには、ストレージが内蔵されているので、サドルバッグが無くても修理キットやチューブなどの小物を収納することが可能です。

長距離 ロードバイク

Matte/Gloss Trek Black

ドマーネSL6 

Viper Red

カラー・Viper Red ・Matte/Gloss Trek Black
サイズ47,50,52,54,56,58,60cm
フレーム500 Series OCLV Carbon, Front & Rear IsoSpeed
コンポーネントShimano Ultegra, 11 speed
タイヤ幅/重量700x32c、参考重量9.15 ㎏
価格¥365,000(税抜)

この価格帯の他のモデルを見る

EmondaSL6Disc ¥360,000(税抜)

コレが一番大事なポイント!

ロードバイク選びで大切なのはサイジングとフィッティング

 

フィッテイング

ロードバイク選びで意外と一番大切なのが、長くサイクリングを楽しむことができる無理のない姿勢での乗車ができるモノなのかどうか…です。乗りやすい身体にあったロードバイク選びで注目すべきポイントの一つはフレームサイズ、もう一つはフィッティング。5サイズ以上展開があると、身体にあった乗りやすいポジションを出しやすい、ぴったりのサイズに出会える可能性が高くなります。また、適正のフレームサイズが決まったらペダリングしやすいサドルの高さやハンドルの高さと幅、遠さなどを一人ひとりにあわせて調整するフィッティングをしっかり行うことも大切です。

試乗もサイジングもフィッティングも、乗り手としての経験だけでなく、専門トレーニングを受けている私たちバイクプラスにお任せください。満足保証で失敗のないロードバイク選びをお約束します!

その他一緒に読んでほしいページ




TREKロードバイクのことならTREKコンセプトストア「バイクプラス」にお気軽にお問い合わせください。

こちらもおすすめ