• HOME
  • 自転車楽しみ方
  • 油圧ディスクロードバイク輪行 注意しておきたいことやエア噛みをしない方法など
ディスクブレーキでの輪行

油圧ディスクロードバイク輪行 注意しておきたいことやエア噛みをしない方法など

ここ1〜2年でスポーツバイクの世界ではディスクブレーキ化が一気に進んでいます。MTBではもはや当たり前のものですが、クロスバイク・ロードバイクでも当たり前のものになってきています。そこで気になってくるのがディスクブレーキで『輪行』はできるのか。そういった疑問をお持ちの方も多いのでは?そこで今回はディスクブレーキの輪行についてご案内します!

ディスクブレーキの輪行必要アイテム

輪行の基本セット

輪行に必要なアイテム

ディスクブレーキモデルのロードバイクであれクロスバイクであれまずは必要な物はリムブレーキモデルと一緒

  • 輪行袋
  • エンド金具
  • スプロケットカバー
  • チェーンカバー
  • フレームカバー

まずはこの5点セットは必要になってきます。輪行袋自体もディスクブレーキ用というのはないので何でも大丈夫です!

エンド金具に注意

スル―アクスル用エンド金具

ディスクブレーキの車体で気を付けたいのがエンド金具。ホイールの固定方式でクイックレバータイプかスルーアクスルタイプかで使用する金具が変わってきます。クロスバイクに多いクイックレバータイプのフレームは一般的な135㎜用のエンド金具で対応できますが、最近のディスクロードは12㎜スル―アクスルで統一されているので12㎜スル―アクスル対応のエンド金具を用意してください。初期のディスクロードやMTBでは15㎜スルーアクスルのタイプだったりします。そういった場合はさまざまなエンド規格に対応できるアイテムもあります。

どのエンド金具を購入したらいいか不安な場合はショップにて相談するのお勧めします!

パッドスペーサーは必須

ディスクブレーキ用のパッドスペーサー

油圧ディスクブレーキの場合、ホイールを外した状態でブレーキレバーを握るのはご法度。ホイールなしでレバーを握ってしまうとブレーキキャリパーのピストンが押し出され戻らなくなってしまいます。そうなると左右のパッドの隙間が少なくなり、ブレーキローターが差し込めずホイールの固定ができなくなってしまいます。

それを防ぐのにパッドスペーサーが必要。ホイールを外した後にパッドの間にスペーサーをかますことでトラブルを防ぐことが出来ます。メーカー純正のスペーサーもありますし、オーストリッチなどからでているダミーローターなどいろんなブレーキに使用できる輪行グッツもあります。

ローターカバー

ローターカバーで保護する

輪行するときブレーキのディスクローターはフレームや輪行袋を傷つけてしまったり、ローターが曲がってしまう恐れもあるのでしっかり保護したいところ。また、汚れや油分がつくと音鳴りの原因にもなるので要注意!

実際に輪行やってみた!

基本的にはリムブレーキもディスクブレーキも輪行のやり方は一緒です。ディスクブレーキの場合の注意点を中心にご紹介します。基本的な輪行のやり方は『輪行袋(輪行バッグ)の使い方をマスターしよう!』のページをご覧ください!

ホイールを外しパッドスペーサーを取り付け

逆さにしてホイールを外す

まずはホイールを外します。ホイールを外すときは自転車をひっくり返すとバイクも安定して作業しやすいですし、ホイールをはめる時もパッドの隙間が見えるのではめやすくなります。ただしライトやサイコンが傷ついてしまうのでそういったもの外しておきましょう。輪行袋を下に敷いて作業すればレバーやサドルの傷防止にもなります。

パッドスペーサー取り付け

ディスックブレーキ輪行において一番大事なのはホイールを外した状態でレバーを握らないこと。この状態でレバーを握るとパッドが出てきてしまい戻らなくなってしまします。それを防ぐために必ずパッドの間にスペーサーを差し込んでください。

エンド金具を装着

エンド金具を取り付ける

変速機やフレームを守るためにエンド金具を付けます。ディスクブレーキモデルの自転車の場合使用できるエンド金具がモデルによって違ってくるので要注意。写真は12㎜スルーアクスル用のエンド金具を使用。このタイプの金具は片側にしか取り付けしないので、車体を立て作業するときは壁に立てかけるようにするが良いです。

取り付けはクイック式になっているのでホイールを固定する要領で行えば大丈夫。注意点としてはレバーの締め付けが緩いと金具が動いて変速機などが地面にあたりダメージをあたえてしまうので、手でゆすって動かないか確認してください。

またチェーンフックなどを使えばチェーンにテンションがかかり輪行中に外れてしまうことをふせげますし、ディレイラーをロー側へ変速させておくとでっぱりが減りディレイラー周りのトラブルを減らせます。この辺はリムブレーキモデルと共通ですね。

ブレーキレバーを固定してエア噛み防止

ブレーキレバーを握った状態で固定

ディスクブレーキ輪行で懸念されるのがエアが噛んでしまう事。自転車を逆さにしたり立てたりするとエアを噛んでしまうと心配される方もいらっしゃると思いますが、エア抜きがしっかりできているバイクであれば逆さにしても問題ありません。ただ稀にレバー内部にあるオイルタンク内のエアがホースなどに侵入してブレーキがスカスカになってしまう事もあります。それを防ぐためにベルクロテープやトゥストラップなどでレバーを軽く握った状態で固定するが良いです。

ローターカバーも忘れずに

ディスクローターはしっかり保護する

あとはホイールをフレームに固定すれば良いのですがその前にローターもしっかり保護しましょう。ローターに油や汚れが付くと音なりがしたりブレーキが効かなくなってしまう恐れが。ローターカバーというのも販売されているのでしっかりつけて保護を忘れずに。またローターには絶対触らない事。手の油でもブレーキングに影響がでてしまうのと、走行直後などではかなり熱をもっているので触ると火傷してしまいます。

ローターを保護したら通常通りベルトでフレームとホイールをしっかり固定してください。ローター側が外になるように固定すればローターやフレームへのダメージも減らせると思います。

ホイールを固定して袋に入れる

フレームとホイールの接触部を保護

ここまで来たらあとは通常と同じでホイールをフレームに挟んで固定。ホイールとフレームが接触する部分はフレームカバーでしっかり保護すれば傷などもつかないでしょう。

ホイールバッグを使用するのもあり!

輪行にオススメのホイールバッグ

ホイールをフレームに固定する時不安なのがフレームへのダメージ。上手く固定できていなかったらフレームに傷が…カーボンフレームの場合なおさら心配ですよね。ディスクブレーキだとローターが曲がってしまったりという事も。そういった場合は荷物にはなってしまいますがホイールバッグを使用すると良いと思います。

薄手のナイロンで作られているホイールバッグならばたためることができ、バッグに入るぐらいの大きさにはなるのでオススメです。ただ荷物の数が増えるので電車内では他の乗客の方に迷惑にならないよう置く場所など注意が必要です。

組み立てる時の注意

ホイールの固定

現地に着いたら自転車を組み立てるとおもいますが、いくつか注意点があります。ホイールをはめる時はしっかりブレーキローターを左右のパッドに間にいれ、レバーもしっかり固定してください。クイックレバータイプのものだと締め込みが緩いとレバーが外れブレーキ―ローターに巻き込んだり、ホイールが外れてしまう危険性もあります。

レバーの締めみの強さは完全に広報した状態からレバーを指で軽くレバーを起こした際に、車輪の軸とほぼ一直線上にレバーがくるようにするのが適正です。出せる最大限の力で締め付けられる固さに調整するのがベストです。

また、ホイールを固定してすぐに走りだすのはNG。ブレーキにトラブルが起きていないがしっかり確認しないと危険です。油圧式のディスクブレーキの場合レバーを握るとスカスカでブレーキが効かないということもあります。走りだす前にまずはしっかりブレーキレバーを握って異変がないかチェックしてください。再度ホイールがしっかり固されているかもチェックしましょう。

ディスクブレーキ輪行のトラブルシューティング

ディスクブレーキモデルで輪行した場合に起こるトラブルの対処法をご紹介します!

パッドスペーサーがない…

パッドスペーサーがない場合は紙などを代用

パッドスペーサーを忘れたり、落としたり、無くしてしまう。そんなこともあるかと思いますが、その対策もあるので安心してください。パッドスペーサーがないときは厚紙や段ボールなどでも代用は出来ます。コンビニでお菓子を買ってその箱を使うという手もありますね。油分がついていないものでブレーキパッドの隙間に入るものであれば何でも大丈夫です。厚みが足りなければ折りたためばOK!

レバーを握ってしまった…

パッドが出てきてしまったディスクブレーキ

余り起こる事ではないですがホイールを外した状態でブレーキレバーを握ってしまった時、パッドスペーサーをしていれば問題ないのですがない場合はパッド(ピストン)が出てきてしまいホイールの固定が出来なくなってしまいます。

飛び出たディスクブレーキパッドの修正

そんな時はパッドを押し戻してください。携帯工具が手元にあればマイナスドライバーなどでこじってパッドを押し広げれば元に戻ります。ただし注意点として工具に油分が付いていないことが絶対条件です。アルコールが入ったウェットティッシュで工具を拭いたり、なければ紙やティッシュを巻いた状態で使うのもあり。パッドの隙間が広ければ割り箸や木の枝を使うという手もありますね。

ブレーキレバーがスカスカに…

ディスクブレーキのレバーを握る

輪行して無事現地に付きホイール固定してブレーキの調子確認のためレバーを握ってみたらスカスカなんてことも。そういった場合は何回かレバーを繰り返し握ってみてください。だんだんとレバーが固くなって回復してきます。

レバーのオイルタンク内などにあったエアが輪行で自転車を逆さにすることでホース内にエアが入り込んでしまいそういったことで起きてしまいます。レバーを何回か握ることでエアがタンクに上がってくることで回復します。

基本的にはしっかりエアが抜けていれば輪行してもレバーがスカスカすることはないので、そういった症状があった場合は一度エア抜き作業をオススメします。

ローターが擦ってしまう

ディスクブレーキの調整

12㎜スルーアクスルだとあまりないのですが、クイックレバータイプのホイールだと締め付けの強さでブレーキのセンターがずれてローターがパッドに接触することもあります。一箇所擦っている場合は走行上問題はありませんが気になるもの。ローター片側が全面擦っているようであれば調整が必要です。

調整する前にまずホイールを固定をやり直してみてください。ホイールが斜めにはなまっている場合もありますし、レバーの向きや締め付けの微調整で解決する場合もあります。ただし、レバーの締め付けが緩いと危険なので緩めすぎるのは注意してください。

それでも直らない場合は調整が必要。出先で行うのはなかなかむずかしいですが、ブレーキキャリバーを固定しているボルトを緩めてセンター出しをし、ローターが曲がっているようであれば修正します。その際便利な工具もあります。使い方を含め以前書いたブログ『こんな工具が欲しかった!ローター左右のあの僅かな隙間を左右均等にするディスクローターセンタリング工具他』を参照してください。

フレームに傷をつけない

フレームを保護する

ディスクローターがフレームに接触して傷をつけてしまう恐れがあります。フロントはそういった事は少ないのですが、リアは変速機が付いておりホイールの脱着の際にローターがフレームに接触してしまう事が多々あります。傷が気になる方であれば接触してしまいそうな箇所に厚めのシリコンテープなどで養生しておくのもい良いですし、タオルやフレームカバー、ローターカバーなど手持ちのものでガードするのもありかと思います。

ホイールの脱着もバイクを天地逆さまにしておこなうとパッドの隙間などが確認しやすく、そういったトラブルも少なくできると思いますよ。

まとめ

ディスクブレーキだからといって輪行が難しいということはありません。基本的にはリムブレーキのもとの変わりがなく、いくつかの注意点さえ把握しておけば問題が起こることはさほどありません。必要なアイテムを準備して、しっかり手順通り行えば大丈夫。どんどんチャレンジしてください。

バイクプラス各店舗では定期的に輪行袋の使い方講習会を開催しています。スタッフが実演してレクチャーさせて頂いていますが、わからない事、疑問点などあればどんどん聞いてください。

こちらもおすすめ