• HOME
  • 自転車基礎知識
  • チューブレスレディタイヤをシーラント液でチューブレス化する方法とチューブレスのメリット

チューブレスレディタイヤをシーラント液でチューブレス化する方法とチューブレスのメリット

所沢店の宮崎です。とあるスタッフが、私物セミファットバイク用の手組ホイールにチューブレスタイヤを装着するということで、今回はそのレポートをします。

私も先日、ロードバイクをチューブレス化したのですがリム打ちパンクの心配をしなくていいですし、低圧にして走れるし小柄な私にはぴったりかも。そしてなにより、チューブレスのMTBで走ったときのあの吸い付くようなグリップ感、しなやかさが忘れられません。やや今更な感じもしますが、チューブレス化の流れをじっくりと紹介します。

チューブレス化のメリット

すでに皆さんご存知かとは思いますが、チューブレス化のメリットについて簡単にまとめてみます。

  1. 車輪の軽量化
    チューブを使用しないため車輪の軽量化が可能です。とくにマウテンバイクなどの太いタイヤの場合、効果的。
  2. 耐パンク性能のアップ
    小さな穴であればシーラントが素早く穴を塞いで空気の漏れを防いでくれます。リム打ちパンクがほぼ発生しないのでチューブドよりも低圧で使用できるようになります。
  3. タイヤ性能のアップ
    チューブを使用しないためタイヤ変形時のエネルギーロスが軽減。チューブドタイヤと同じ空気圧で比較した場合は転がり抵抗が低い(路面抵抗が軽減)、そのおかげで乗り心地もグリップも向上。路面状況をダイレクトにキャッチできるから感覚もつかみやすく操作性に優れます。走る場所やライダーの体格に合わせて圧を低くすれば、地面に吸い付くような、それでいてしなやかな感じが味わえます。

チューブレス化に必要な物

今回のチューブレス化で使用したアイテム一覧を紹介します。

  1. チューブレスレディタイヤ
    Bontrager XR2 Team Issue TLR MTB TIRE 29 x 3.00を使用。
  2. チューブレス用バルブ
    Stan’s No TubesのバルブとKCNCのバルブナットを使用。カラーバリエーションもあるパーツなので、カスタムを楽しめます。
  3. 適した幅のチューブレスレディ用リムテープ
    Stan’s No Tubes の幅27mmのリムテープを使用。ホイールによってリム幅はまちまちですし、Bontragerのロード用ホイールなどはチューブレス専用のリムストラップがあったりするので、ご自身のホイールに合わせて用意します。
  4. チューブレスレディ対応リム
    Stan’s No Tubes HUGO RIM 52 29erを使用。
  5. バルブコアツール
    今回はParktoolを使用。
  6. チューブレスレディ用シーラント液
    Bontragerのモノを使用。
  7. アイウェア(目の保護)
    万が一シーラント剤が飛び散っても目に入らないように!シーラントはラテックス配合、穴をふさぐ微細な粒子が入っています。目に入ったり吸い込んだりしたら危険。
  8. メカニックグローブ(手の保護)
    Muc-offのモノを使用。所沢店に在庫あります!!

チューブレスレディグッズの一部

手順の前にこだわりの一押しアイテムをご紹介

CHRIS KING PRECISION COMPONENTS

軽量で精度が高いベアリングを全て手作業で自社生産しているクリスキングはTREKと同じ1976年創業。カリフォルニアから自転車の街として有名なオレゴン州ポートランドに生産拠点を移し、工場では大豆由来のオイルを使用するなど環境問題への取り組みも積極的で、そんなこだわりを持った姿勢から生産されるパーツは精度と耐久性が抜群、多くのMTBerが信頼を寄せる世界有数のパーツメーカーです。アルマイト加工によるポップなカラーリングもカスタムパーツとして人気を博しています。

リアフリーハブのノッチ数も72Tと数が多いのも特徴で、軽さよりもむしろこちらのほうがメリットが大きく、ハブ交換(完組ホイールや手組ホイールへの交換)はMTB好きの中では割りとポピュラーなアップグレードでもあります。フリーボディのノッチ数のアップグレードについてはこちらのブログで詳しくご紹介しています⇒

Stan’s NO TUBES

チューブレスレディの元祖といえばStan’s No Tubes!! ということでもちろんタイヤ以外は基本Stan’sを使用。一見シングルウォールに見えて心配になるくらいのロープロファイル設計がただ好きなだけなんですが、実はこのリムがなかなか凄いんです。

BST(ビードソケットテクノロジー)という技術により、リムフランジ高をあまり必要としない造りになっており、リムがとても軽量に仕上がっています。元々使っているリムSun RingleのDUROC 50が1153g、それに対しこのHUGO 52は780gとでも軽量なので、なんと前後で746gも軽量!! 一般的なリムであるフックドエッジタイプに比べるとビード部分の気密性も高いのだとか。

また、ビードが引っかかるように内側にエッジが付いているリムフランジハイトが一般的な高さのリム(フックドエッジ)と比較するとこのリムはエッジがなく、タイヤがビード部分からすぐに丸く膨らむため、同じタイヤを使用して同じ空気圧にするとエアボリュームが少し多くなるイメージです。また、タイヤのサイドウォールをリムフランジやフック部分が内側に押し込むように作用することがなく、乗り心地が向上するような気がして好印象です(実際体感できるモノなのかは分かりませんが)。

ちなみに、太いタイヤほどチューブレス化すると軽量化効果が大きくなります。Sun RingleのDUROC 50を使ったホイールはチューブレス化しないまま使っていたこともあり、リムの軽量化とチューブレス化で軽量化効果もマックスです!! 太いチューブはとにかく重いので、ホイールトータルで優に1kgは軽くなっているのではないかと。あ、タイヤはBontrager Chupacabra 29×3.0からの変更なので重量は全く変わっていません。

スタンズのチューブレスレディグッズはこちらでご紹介しています→

チューブレスレディタイヤの取り付けとチューブレス化の流れ

さていよいよ、チューブレス化の手順を紹介。ざっくりした流れは次の通りです。

  1. リムを掃除する
  2. チューブレス専用リムテープを貼る
  3. チューブレス用バルブをリムのバルブホールに取り付ける
  4. チューブレスレディタイヤをリムに取り付ける
  5. 空気を多めに入れて両サイドのビードラインをしっかりと出す
  6. 専用工具を使ってバルブからバルブコアを取り外す
  7. シーラント液を必要量注入する
  8. バルブコアをバルブに取り付ける
  9. 適正空気圧まで空気を入れる
  10. シーラント液を車輪全体に馴染ませる
  11. 念のため一晩は寝かしてエア漏れが起きていないか様子をみる

順に説明していきます。

1. リムのお掃除

アルコールでリムを掃除する様子

グローブが必要と書いておきながらグローブをし忘れている(笑

リムテープを貼り付ける場所とタイヤビードが装着される場所をアルコールで脱脂&汚れを取り除きます。

2.リムテープを貼る

スタンズノーチューブズのチューブレスレディ用のリムテープを貼っている様子

適切な幅のモノを使う

スポーク穴を塞ぐようにサイズのあったリムテープを貼ります。ロードバイクの場合は空気圧が高いのでリムテープは二重に。シワにならないよう、隙間ができないよう注意をしながら1周しっかりと貼り付けます。

バルブ穴前後は二重に重ね、貼り終えた後でリムテープにバルブ用の穴を開けます。その際外周面から車輪中心に向かって開けるのがよいでしょう。親指でバルブホール強く押せば穴の輪郭が見えてきます。尖った物を刺すのでもよし、ハンダゴテがあれば熱して溶かすように開けるでもよし。

外周面からバルブ穴位置がわからない場合は内側から先にさしてその後外周部から広げればOKです。

チューブレスバルブを通すための穴をチューブレスレディ用リムテープにあける様子

ちなみに今回は千枚通しの先端をライターで熱し、突き刺す + 溶かす という両方の作用を狙ってやってみましたが、チューブレスバルブ根本のゴム部分より大きく裂けてしまったり、盛り上がったりしなければ特に問題はないと感じます。とにかく空気が漏れやすい原因となりそうな場所ができなければそれで構いません。できるだけ密閉!

3.チューブレス用バルブを取り付ける

開けた穴にチューブレスバルブを取り付ける様子

先ほど開けたバルブホールにチューブレスバルブを差し込み、バルブに付属しているバルブナットで固定します。バルブ根本側に付いているゴムを密着させることで気密性を高めているためペンチなどの工具を使ってきつく締め込む必要はありません。指の力で閉められる範囲で十分です。

チューブレスバルブを取り付けた状態

グリーンのバルブナットはスタンズではなくKCNCのモノ

今回はクリスキングのグリーンのハブにあわせて、付属品ではなくKCNCのカラーバルブナットを使用しています。こんなスモールパーツを出しているなんてさすがKCNC!

4.チューブレスレディタイヤをホイールに装着する

チューブレスレディタイヤの回転方向を確認している様子

ほとんどのタイヤで回転方向が指定されているので、このような表記の通りにタイヤの向きをセットします。ここ間違えて、最初からやり直しはかなりツライので要注意です。

バルブとタイヤのロゴマークの位置を合わせている様子

バルブとタイヤのロゴマークの位置を合わせるとなんとなくかっこいい

ローテーション方向を確認したら、タイヤのロゴマークの中心にバルブが位置するようにセットします。見た目は大事。

ビードを嵌める様子

このセミファットタイヤ用のリムの場合は、片側からタイヤをリムに嵌め込んでいく(一般的なタイヤの取り付け方法)のではなく、タイヤの中に車輪をセットし、それぞれのサイドからビードを嵌めるのが楽でした。

チューブレスレディタイヤをスタンズのリムに嵌めている様子

最後の方はかなり力が必要。チューブレス用のタイヤレバーもあるので、はまらない場合は道具に頼りましょう。

両方のビードがハマったらOK。もしハマりにくい場合はビード部分にフィッティングローションを塗布したりするとハマりやすいです。

5.空気を入れてビードラインを両サイドしっかり出す

タイヤに多めに空気を入れている様子

コンプレッサーがベストだが、気密性が高いためフロアポンプでも入れられた

今回は空気を入れてもビードラインがしっかりと出ない部分があったため、一度空気を抜いてマックオフのシリコンシャインを指に吹き付けて、リムフランジ内側とビードをさらっと指でなぞってみました。シリコンシャインは本来は洗車後にフレームなどに塗布して光沢を出したり、サスペンションに潤滑目的で塗布したりする用途で使用する物ですが、ゴムやプラスチック製品を傷めないため代用できます。

次からいよいよシーラントの注入です。

こちらもおすすめ