森田卓行|横浜港北N.T.店のスタッフ紹介

こんにちは!港北店長の森田卓行です。

今回改めてですが私自身の自己紹介をさせて頂くことになりました。そしてご挨拶ついでに普段どんな自転車ライフを送っているか名刺代わりにいくつか自身の書き溜めたブログ記事と合わせて御覧いただこうと思っています。

少々長くなりますがお付き合い頂ければ幸いです。

森田卓行の自転車歴

森田卓行 プロフィール

  • 年齢 39歳
  • 出身 奈良県
  • 趣味 旅や旅にまつわるご当地モノや乗り物、音楽、自転車、アウトドア(最近ご無沙汰ですが登山など)
  • お気に入りのご当地キャラ こにゅうどうくん(三重県四日市市)
  • 乗っている自転車 ドマーネSLR クロスリップ
  • 資格 自転車整備士・自転車技師・販売士3級

鹿の国からやってきました。

実は私、おそらくはみなさんの大半が修学旅行で訪れた(であろう)鹿と大仏ゆかりの奈良県が故郷です。そして、ハマの番長こと三浦大輔選手の出身地と同じ橿原市(よくダンバラと間違えられるのですがかしはらと読みます)。子供のころの遊び場が裏山の古墳というのどかな場所で育ったハマっ子ではなく生粋の奈良っ子です。

小さいころから自転車が好きで補助輪付きの自転車でうろうろしてました。

奈良吉野の桜とロードバイク

世界遺産もたくさんある地元奈良吉野の桜

子供のころからサイクリング好き

なので自転車に興味を持ったきっかけがいつだったかははっきりしません。

ただ、小学校3年生くらいの頃友達と隣町にある大きな神社へなぜか行くことになり、たぶん往復20キロくらい子供車で走った記憶があります。家に戻った時にはすでに真っ暗で両親にめちゃくちゃ怒られ相当凹んだのですが、このとき自転車で遠くに行くのは意外と面白いと味をしめてしまった感じがしますね。

日本各地を自転車で旅へ

見知らぬ土地を訪れるワクワク感が興じて小中学生のころから電車に乗って一人旅に出かけていたのですが、ある時自転車で出かけてみれば面白いんじゃない?と一念発起して高校入学直前の春休みに初めて輪行して九州へ出かけたのが本格自転車ツーリングの一歩となりました。

長崎から阿蘇を抜けて別府まで一週間ほど自転車旅に出たのです。

九州の初輪行でロングライドに開眼

バイクプラス森田卓行自己紹介

寒さで顔が死んでますが真冬でも絶景ライドを愉しんでます。

輪行含めて初めて尽くしの旅。

今のようにショップでの講習会もない時代、のっけから輪行作業でつまずき両手はドロドロに。長崎ではオーバーペースでハンガーノックでフラフラになり無人駅で凍えながら野宿、零下の阿蘇でしもやけの辛さに涙。そして1000mをゆうに超えるやまなみハイウェイの峠越えはなんでこんな所に来てしまったのかという後悔しかなく、このまま自転車を打ち捨てて帰ろうと思ったり。

でも走り切ってしまうとマラソンを完走したランナーズハイみたいな達成感があって、その後時間を見つけては全国津々浦々、峠のてっぺんを越えるロングライドに完全にはまってしまい25年経った今も飽きずにチャレンジしています。

全国各地をロングライドやポタリング記事で紹介しています。

メッセンジャーやアウトドアショップ勤務を経てバイクプラスへ

バイクプラススタッフ森田卓行自己紹介

最新モデルのマドンSLRを組立中♪

社会人になってからもメッセンジャーとして3年ほど勤務、その後も大阪の自転車屋さんや長野の登山用品店などで働くなかちょうど10年前に入社したのが当時はまだ珍しい業態であったTREKを専門として自転車販売店のバイクプラスへ入社。

ちなみにTREKは自分の中で中学時代からの憧れのブランドでもありました。1990年半ばは今よりもMTBの方が多く売れていた時代。ロードバイクは競技専門、クロスバイクはまだ市場に出回る前だったので多くの方が山ではなくサイクリングや街乗りのためにマウンテンバイクに乗っていたんですね。

中学時代にTREKのYバイクを見た衝撃

トレックのYフレームMTB

2016年のトレックワールドでも飾られていた名車です!

当時読みふけっていた雑誌の広告を見て田舎少年が衝撃を受けたのがTREKの「Yフレーム」。今見てもデザインが画期的で20年前の自転車とは思えないほど。機能的なのにめちゃくちゃスタイリッシュで痺れました。

トレックだけでなくスペシャライズド、キャノンデールなど当時のアメリカからリリースされていたマウンテンバイクがとても続々と個性的なモデルをリリースしていて、自身の自転車歴を振り返ってみるとアメリカンバイクばっかり乗ってましたね。

ただ、その後まさか「TREK」専門店で働くことになるとは当時考えたこともなかったので人生っておもしろいものだと感じます。

ヒルクライムから300kmライドもこなすドマーネSLRがお気に入り

ドマーネSLRプロジェクトワン

長距離ライドでも非常に疲れが残りにくいので気に入っています。

ドマーネSLRでロングライド中に碓氷峠眼鏡橋で

横浜から新潟まで320kmをドマーネで無事走破。碓井峠のめがね橋で。

現在持っている自転車はロードバイクとグラベルバイクの2台。

久しぶりにマウンバイクにも乗りたくなったので来年もう一台増える予定です。メインで乗っているのが「ドマーネSLR」。ロングライドでの乗り心地の良さはもちろんヒルクライムなどでも足が残せるので積極的に登りメインのル―トを走る事も多いです。

トレックのプロジェクトワンでオーダーしたオリジナルカラーのヘリテージ、フレームの真ん中にトレック創業時のロゴが入っている少しクラシカルなデザインで仕上げてみました。

ドマーネSLRのメリットなんといっても長時間ライドの体の疲れにくさは特筆もので平成最後の夏は横浜から新潟県まで320kmライドに挑戦し無事完走することができたのもドマーネの快適性の賜物ですね。

ただ最近はディスクロードも凄く気になっていて物色中だったりも。

ドマーネSLRで出かけたロングライドブログ

バイクプラスの旅情派そして200の峠を制覇した隠れクライマー

バイクプラススタッフ森田自己紹介写真

西伊豆スカイラインを真冬にロングライド。相当冷えましたが景色は最高!

ヒルクライムレースに出ていたこともあるのですが自転車歴の大半は旅を楽しむロングライド派でローカル線、ゆるキャラ、B級グルメ、銭湯秘湯、酷道険道百名道というキーワードにめっぽう弱く、湯けむり旅情派サイクリストを自認?しています。(幸い今のところ旅先で事件に出くわした事はありません。)

今回の自己紹介にあたって、今まで私が走った北は北海道から南は沖縄まで登った峠の数を調べてみたらなんと191か所ありました。峠にまつわるエトセトラを知りたければぜひお店で声をかけてみてください。ちなみにヒルクライムコースの紹介記事をたくさん書いてますのでこちらもどうぞ!

全国の峠道ヒルクライムレポート

ブログ見たよとお声がけいただけたら嬉しいです!

サイクリングの面白さを伝えるため日々まい進中!

スポーツ自転車のプロショップで携わる者として、お客様に自転車の販売や修修理メンテナンスなど安全かつ安心して乗っていただくため日々業務を行っているのですが、それだけでなく商品のスペックだけではわからない良さであったり、サイクリングをする楽しさを知っていただくための情報を積極的に伝えていくことも大切なこと。

スタッフ紹介バイクプラス森田卓行

実際に商品を使用した感想などをWEBで紹介したりしています。

バイクプラスで書籍クロスバイクの教科書の取材対応中

最近、書籍「クロスバイクの教科書」の取材対応もさせて頂きました。

なので自転車やサイクル用品のインプレッション記事を書いたり、またサイクリングを楽しむためのハウツーなどをWEBコンテンツとして紹介したり、逆にメディアからの取材を受ける事もあります。

商品のインプレッション記事も実はいろいろ書いてます。

自転車ライフをはじめる・愉しむお手伝いをさせていただきます!

子供のころから自転車に乗り続けて30年以上、こう書くと自分でもびっくりしてしまうのですが初めてスポーツ自転車に乗った時のワクワク感だったりロングライドやヒルクライムに挑戦した時の達成感を今度はぜひみなさんに体験してもらいたいと思っています。
バイクプラススタッフ森田自己紹介
自分自身も自転車がきっかけで人生が変わった一人ですが、何気ない日常から今までとまったく違った経験ができるかもって考えると面白いと思いませんか?一台のスポーツ自転車から新しい人生をぜひみなさんも始めてみましょう!

こちらもおすすめ