TREK プロジェクトワン ギャラリー 全12台

自分好みのカラーリングデザインを選ぶことができるトレックのカスタムオーダープログラム『Projectone(プロジェクトワン)』。TREK U.S.A.本社ファクトリーで受注生産される贅沢なプロジェクトワンバイクの作例を写真たっぷりでご紹介します。自分だけのこだわりの一台、ぜひ参考にしてみてください♪

プロジェクトワンが生産されるTREK U.S.A.本社ファクトリーについてはこちら↓のレポートをご覧ください。

EMONDA SLR DISCプロジェクトワン

こだわりポイント

とにかくマット塗装にしたい!というのが今回の一番の希望。そして全体的にシックにシンプルにまとめたかったので、Purple LotusにBattleship BLueのロゴを選択。ホイール・サドルの黒とうまく融合して、艶めかしささえ感じるほど(笑)マット塗装が非常に活きた大満足の仕上がりとなりました。

TREK Emonda SLRのおすすめポイント

2018年モデルからディスクブレーキモデルが選べるようになりました。ブレーキのタッチも軽く、しかも重量は6.6kgと超軽量! 悪天候でも制動力が変わらず、ブレーキングによる熱を気にすることもないので、カーボンホイールでの下りも安心! また体格や乗り方に合わせて、パーツが自由に選べるのもプロジェクトワンならでは。


ベース車体:TREK Emonda SLR DISC
塗装パターン:Solid Logo
選択カラー:Purple Lotus/Battleship Blue
コンポ:Shimano Dura Ace Di2 9170
ホイール:Aeolus 3 D3 TLR Clincher

TREK Domane SLR6 Disc プロジェクトワン

こだわりポイント

メインカラーは爽やかな青に遊び心を加えてあまり自分でも選ばないピンクを選択。トップチューブからサドルまでの色は色味は違うピンクでグラディエーションにしてみました。ロゴのカラーはミント色で差し色を加えてみました。コンポーネントはUltegra Di2で最近話題になっているDiscブレーキを選択。ハンドルはBONTRAGERのXXXインテグレーテッドバーステムにホイールもカーボンモデルのアイオロス3のチューブラーで快適性と軽さを追求しました。

TREK Domane SLRのおすすめポイント

Domane SLRといえば振動吸収の役割をするIso Speedが強み。振動を和らげて身体に来る負担を減らすのはサイクリストには魅力!また、Discブレーキによりバイクコントロールが向上するのはもちろんですがタイヤクリアランスが広くなり太目のタイヤをはくことが出来るので、さらに快適性が上がります。ロングライドで楽に楽しむことができるのでおすすめです。


ベース車体:TREK Domane SLR
塗装パターン:Gran Premio
選択カラー:carerra blue/Vice Pink~Pink Frosting/Sprintmint
コンポ:shimano Ultegra Di2 8050
ホイール:Aeolus 3 D3 Tubular

TREK Emonda SLR プロジェクトワン

こだわりポイント

アグレッシブなライドフィーリングになるようにフレームフィットにH1フィットを採用し、カラーパターンは遊び心あふれるドットパターンのLusineをチョイス! メインカラーを鮮やかなブルーにロゴカラーは蛍光イエローでTREKロゴをアピール!!
さし色にパールホワイトを入れてドットパターンの蛍光オレンジ~イエローへのグラデーションを目立たせました。

TREK Emonda SLRのおすすめポイント

フレームサイズ56で車体重量は驚異の5㎏前半を達成し、究極のヒルクライムマシンに仕上がりました。プロジェクトワンではパーツが細かく選択可能でパーツの類はボントレガーの軽量パーツXXXシリーズで固め、コンポは軽さに定評のあるスラムレッドを採用し、妥協のない組み合わせになっています。


ベース車体:TREK Emonda SLR
塗装パターン:Lusine
選択カラー:Carrera Blue/Radioactive Yellow/Crystal White/Radioactive Orange to Radioactive Yellow
コンポ:SRAM RED
ホイール:Aeolus XXX Tubular

TREK Madone 9 プロジェクトワン

こだわりポイント

2016年モデルのMadone9。メインカラーは深みのある緑。光の当たり具合によって濃い青に見えるのに一目惚れしました。ロゴの色は淡いブルー。ロゴの色にマッチしたプロジェクトワンのみで選択可能だったカラーのバーテープを合わせました。トップチューブの内側はホワイトで落ち着いた雰囲気を出しつつも、フォーク、フレームエンド部分には遊び心を加えたピンクに。ホイールは価格を抑え目にしたかったのでParadigm Elite(パラダイム エリート)しました。

TREK Madone 9のおすすめポイント

空気抵抗を極限まで抑えるため、ケーブル類が一切外に出ずフレームの中に納まり見た目もシンプルで綺麗。ただ空気抵抗を考えただけでなく、Madone専用のIso Speedで快適な乗り心地も得られます。2018年モデルからは、一般のステムとハンドルが取り付けられる交換キットが発売され、調整やカスタマイズの幅が広がったのもポイント。でもMadone専用のエアロバーハンドルのカッコよさも捨てがたい!


ベース車体:TREK Madone 9
塗装パターン:Off The Front
選択カラー:Petrol Pearl/Maiami Green/Trek White/Vice Pink
コンポ:shimano Ultegra R6800
ホイール:Bontrager Pradaigm Elite

横浜港北N.T.店

こんにちは!
最新のスポーツ自転車や自転車グッズの紹介をはじめ、私たちのサイクリングブログなどをご紹介しています。スポーツ自転車のことでご不明な点はお気軽にお問い合わせください。下記リンクから店舗詳細がご覧になれます。

店舗詳細ページ
https://www.bike-plus.com/shop/yokohama.html

〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-38-1
プレヤデス2000 1F
045-914-5906

こちらの記事もよく読まれています!