TREK プロジェクトワン ギャラリー 全17台

自分好みのカラーリングデザインを選ぶことができるトレックのカスタムオーダープログラム『Projectone(プロジェクトワン)』。TREK U.S.A.本社ファクトリーで受注生産される贅沢なプロジェクトワンバイクの作例を写真たっぷりでご紹介します。自分だけのこだわりの一台、ぜひ参考にしてみてください♪

プロジェクトワンが生産されるTREK U.S.A.本社ファクトリーについてはこちら↓のレポートをご覧ください。

2019 NEW TREK MADONE SLR DISC プロジェクトワン

2019年の新型マドン

ハンドルに埋め込まれた充電用プラグ
エラストマーっが振動吸収
ボントレガーモントローズのサドル
振動吸収性に優れたisospeed
アーチストのサイン
isospeedを調整する部分
バッテリーフレームに内蔵

こだわりのポイント

一番こだわったのは落ち着いた感じでかっこよくしたかったの一言に尽きます。シートポストをレイジレッドにするかシンプルなディープダークブルーで最後まで迷いましたが実際に出来上がりの車体と対面するとこのデザインでよかったと思いました。コンポーネントはアルテグラで油圧ディスク、アルミのエモンダALR5からの乗換えでしたのでカーボンのホイールもやはりサイゴンで悩んだポイントです。

TREK Madone SLRのオススメポイント

電動シフトのアルテグラとディスクブレーキの搭載で駆動と制動が一段とアップしています。また調整可能なiso speedとハンドルバーで快適性も良くなりました。カーボンホイールのエアロ効果も抜群です。


ベース車体:TREK 2019 MADONE SLR DISC
塗装パターン:Solid-Team Logos
選択カラー:crystal White/Deep darkblue/Deep darkblue
コンポーネント:Shimano Ultegra R8070 Series
ホイール:Bontrager Aeolus XXX 4 TLR

2019 NEW TREK MADONE SLR7 DISC プロジェクトワン

トレック2019年モデルマドンSLR7DISCの全体を真横から撮影

2019トレックマドンSLR7DISCのヘッド周りを斜めから撮影
2019トレックマドンSLR7DISCのディスクローターを斜め前から撮影
2019トレックマドンSLR7DISCの全体を右斜め前から撮影
2019トレックマドンSLR7DISCを正面から撮影
2019トレックマドンSLR7DISCのオリジナルメッセージ
2019トレックマドンSLR7DISCのIso speedをななめ後ろから撮影
2019トレックマドンSLR7DISCのブレンダーシステムを斜め上から撮影

こだわりポイント

石井さまは、このメインフレームに使用されているRage Redに一目ぼれし、カラーを選択。カラーテーマにGran Premio。ポイントにラメの入ったグレーであるAnthracite、ロゴにはCrystal Whiteをチョイスすることによりメインカラーをより際立たせる仕上がりとなっております。

TREK Madone SLR7 ディスクのおすすめポイント

初めての電動コンポに大人気のアルテグラが搭載されています!そして、マドンに待望のディスクモデル。スピードが出やすいモデルなのでディスクブレーキになったことでどんなコンディションでも安心してライドが楽しめますね。

ベース車体:TREK MADONE SLR7 DISC(ライドインプレはこちら
塗装パターン:Gran Premio
選択カラー:Rage Red/Rage Red to Anthracite/Crystal White/Anthracite
コンポ:SHIMANO Ultegra
ホイール:Aeolus comp TLR

2019 NEW TREK Madone SLR プロジェクトワン

Madone SLR Discの車体右側を正面から撮っている写真

Madone SLR Discのフォーク、ダウンチューブを車体右側から撮っている写真
フォークエンド部分のローター側を左側から撮っている写真
ハンドル部分を車体正面から撮っている写真
リアディレイラーを車体右側から撮っている写真
ハンドル上部を右斜め後方から撮っている写真
ダウンチューブのボトルゲージ台座を上から撮っている写真
Aeolus compホイールのデカールを撮っている写真

こだわりポイント

ペイントの組み合わせは好きな色味の組み合わせで配色しました。配色パターンは2色から選べるフルフェードを選択。いくつか配色の候補はあり悩んでいましたが、友人にそれぞれの候補の配色を見せ意見を貰い、その中から一番賛成意見の多かった配色を選択しました。一番のこだわりはマット塗装。グロスの車体は既に持っているために持っていないマットの塗装を選びました。

コンポーネントはアルテグラDi2に今年登場したディスクブレーキを搭載しホイールはAeolous Compをチューブレスレディ化し乗りご心地を快適にしながらも、BBはセラミックにし快適性と軽快な走りを実現。バーテープも同色の青でまとめ全体的に統一感を持たせた仕上がりになっています。

TREK Madone SLRのおすすめポイント

2019年モデルで新たに進化したMadone SLR。進化した点はIso Speedが従来のモデルからDomane SLRと同じ調整式に進化しました。乗り手の好みに合わせて乗り味が調整できるようになりました。またハンドルも今までのステムハンドルの一体型のモノから、調整が容易になった2ピースタイプになり、今までのMadoneに比べ多くの方に乗りやすくなっています。

また、2019年モデルから登場したMadone SLRのディスクブレーキモデル。ブレーキの制動力が安定するのはもちろん、なんといってもレバーの握りが柔らかくなり長時間のライドでも手の疲れを抑えることが出来ます。


ベース車体:TREK 2019 MADONE SLR DISC
塗装パターン:フルフェード
選択カラー:Deep Dark Bkue/Waterloo Blue
コンポーネント:Shimano Ultegra R8070 Series
ホイール:Aeolus Comp TLR

2019 NEW TREK Madone SLR プロジェクトワン

マドンSLRディスクの全体像

マドンSLRディスクのトップチューブにある車名刻印
マドンSLRディスクのトップチューブ側面にあるチームロゴの刻印
マドンSLRディスクに搭載されているR8070シリーズのアルテグラ
マドンSLRディスクに取り付けできるブレンダーの組み合わせ例
マドンSLRディスクに搭載されているディスクブレーキの拡大写真
マドンSLRディスクに搭載の2ピースに分かれた専用ハンドルバー・ステム
マドンSLRディスクに組み込まれている調整式になったISOスピード

こだわりポイント

カラーテーマは2018年夏に行われたツール・ド・フランスにて用いられた新型マドン専用カラー、「ICON(アイコン)」の「Chrome Tour(クローム ツール)」です。メインカラーには見る角度によって変わる鮮やかな白を、TREKロゴなど差し色には煌びやかな深みのあるメタリックの赤が全体にまとまりをもたせています。

コンポーネントはアルテグラのDi2に加え、ディスクブレーキを搭載。ハンドル周りの操作性と車体の安定感を持たせています。さらにホイールはボントレガーの新型ホイールAeolus XXX4で足回りを強化、変更できるデカールには艶やかかつでワイルドなデザインのホワイト・レッドを選択しての至高の1台に。今まさに活躍しているトレック・セガフレードの選手になったかのような気分を演出できる素晴らしい仕上がりになりました。

TREK Madone SLRのおすすめポイント

2019年モデルから生まれ変わったMadone SLR。ドマーネSLRと同じく乗り味を調整できるようになったIso Speed、2ピースに分かれて交換・調整が容易になった専用ステムとハンドルバーなど、先代の5代目マドンより一層扱いやすくなりました。

そして何よりの特徴は、Madoneにディスクブレーキが登場したこと。ブレーキの制動力が安定するだけではなく、リムブレーキで制限されていたタイヤクリアランスが広がり、太めのタイヤも選べるようになりました。制動力で定評がある安心のディスクブレーキ、快適性を生む太いタイヤの組み合わせで、従来通りレースで勝つためのバイクという位置づけにとどまらず、快適性を求めるロングライダーにもおすすめです!


ベース車体:TREK 2019 MADONE SLR DISC
塗装パターン:ICON
選択カラー:Chrome Tour (固定)
コンポーネント:Shimano Ultegra R8070 Series
ホイール:Bontrager Aeolus XXX 4 TLR

2019 NEW TREK MADONE SLR DISCプロジェクトワン

MADONE SLRの車体右側を正面から撮っている写真

MADONE SLRのトップチューブのロゴを撮っている写真
MADONE SLRのトップチューブのmadoneの文字を上から撮っている写真
クランクとリアディレ―を車体右側から撮っている写真
Iso speedとトップチューブの可変式部分を下から撮っている写真
AEOLUSxxx6のロゴを撮っている写真
MADONE SLRのハンドルを正面から撮っている写真
MADONE SLRのサドルを車体右側から撮っている写真

こだわりポイント

ペイントの希望はMADONE SLRのみの「ICON」が良かったが、できれば早く納車したいとの希望により、TREK-Segafredoを選択し、コンポーネントやホイールは最上位モデルを選択しました。

コンポーネントはDura-AceのDi2とディスクブレーキを選択。ホイールはAEOLUSxxxのリムハイト60mmとエアロ性能と軽さでMADONEのエアロ性能と合わせて相乗効果を発揮します!

TREK Madone SLRのおすすめポイント

2019年モデルで新たに進化したMADONE SLR。Isospeedが調整式になり、乗り手の好みに合わせて乗り味が調整できるようになり乗り心地が全くの別物になりました。なんといってもMADONE SLRにディスクブレーキが登場したのが一番の話題になりました。

ブレーキの制動力の安定はもちろんのこと、タイヤのクリアランスも広がり、太いタイヤも装着できるようになりました。乗り心地を重視するなら太目のタイヤ、レースで勝つなら従来のタイヤと乗り心地の楽しみ方が増えました!


ベース車体:TREK 2019 MADONE SLR DISC
塗装パターン:TREK Segafredo
選択カラー: (固定)
コンポーネント:Shimano Dura-Ace R9150 Series
ホイール:Bontrager Aeolus XXX 6 TLR

EMONDA SLR DISCプロジェクトワン

こだわりポイント

とにかくマット塗装にしたい!というのが今回の一番の希望。そして全体的にシックにシンプルにまとめたかったので、Purple LotusにBattleship BLueのロゴを選択。ホイール・サドルの黒とうまく融合して、艶めかしささえ感じるほど(笑)マット塗装が非常に活きた大満足の仕上がりとなりました。

TREK Emonda SLRのおすすめポイント

2018年モデルからディスクブレーキモデルが選べるようになりました。ブレーキのタッチも軽く、しかも重量は6.6kgと超軽量! 悪天候でも制動力が変わらず、ブレーキングによる熱を気にすることもないので、カーボンホイールでの下りも安心! また体格や乗り方に合わせて、パーツが自由に選べるのもプロジェクトワンならでは。


ベース車体:TREK Emonda SLR DISC
塗装パターン:Solid Logo
選択カラー:Purple Lotus/Battleship Blue
コンポ:Shimano Dura Ace Di2 9170
ホイール:Aeolus 3 D3 TLR Clincher

こちらの記事もよく読まれています!