トレック2019年モデル展示会速報

TREK 2019年モデル展示会速報!最新注目アイテムを一挙紹介

今年も「TREK WORLD」(トレックの展示会)にやってきました。トレック2019年モデルの車体&アクセサリーが一気にお披露目される、年に1度の一大イベント!

バイクプラス各店のスタッフが、ロードバイククロスバイクマウンテンバイクグラベルe-BIKE(電動アシスト自転車)ボントレガーなどの最新情報をお届けします。まとまり次第更新していきますのでお楽しみに!

ちょっとだけ会場の様子をお届け

アイコンのブース

プロジェクトワンで話題のICONカラーの展示もあり!

プロジェクトワン新色

2019年モデルの注目カラーも!

限定のセミファットバイクも

限定のセミファットバイクも!

Dual Sportsプラス

菅原が手にしているのは、新しいE-Bike!!

デゲンコルブ選手のツール実車も

こちらはデゲンコルプ選手がツールステージ優勝をした実車!などなど、もろもろご紹介してきますのでお楽しみに!!

2019年モデルTREKロードバイク

今年もこの時期がやってきました!!TREK WORLD JAPAN(トレックのニューモデル展示会)!!ロードバイクは三郷店相田がご紹介します。19年モデルのトピックは新型MADONE SLR&SLをはじめ、エモンダALRがモデルチェンジ、ディスクブレーキモデルの追加など、目が離せない内容が盛沢山です!(20:38更新)

トレックワールド2019マドンSLRとスタッフ相田

MADONE(マドン)

マドンSLR7DISCのツールドフランスカラー

19年マドンSLR7DISCのChrome Tourカラー

マドンはトレックが誇るエアロロードバイクです。エアロロードバイクというと乗り心地が悪く、扱いにくい印象を持たれることが多いですが、マドンシリーズは空気抵抗の少なさだけでなく、乗り心地にもこだわった自転車でロングライドにも使えます。ライドインプレッションはこちらの記事をご覧ください。

前モデルのマドン9からフルモデルチェンジを果たしマドンSLRと名称変更!他のモデルとグレード名の付け方を統一しました。マドンSL(NEWマドンSL6)のグレードを新設し、お手頃な価格でマドンシリーズを手に入れることができるようになりました!!更にマドンSLRはリムブレーキモデルだけでなく、新しくディスクブレーキモデルも登場し選択の幅が広がりました!

調整式IsoSpeed(アイソスピード)で乗り味の変化を

先代マドンでも使われていたテクノロジーのIsoSpeedに振動吸収性を調整するスライダーを取り付けました。トップチューブ下にある黒色のスライダーを調整することで乗り味を自分好みにすることができるようになりました。スライダーを振動吸収が最大の位置にセットすると、先代のマドン9と比べ振動吸収性が17%も増えます。また最小の位置にセットすると21%減少します。

更に今までシートチューブにあったIsoSpeedをトップチューブに変更しました。今まではフレームサイズによって振動吸収性が大きいサイズが高く、小さいサイズは低い状態でした。それがIsoSpeedをトップチューブにすることで全サイズでほぼ同じ振動吸収性を得られるようになりました。

IsoSpeedのパーツ

マドンSLRのIsoSpeedシステム

ブレーキシステムは2種類から

新型マドンSLRはリムブレーキとディスクブレーキの2種類から選べます。リムブレーキ仕様のモデルは全体の重量が軽く、ブレーキキャリパーもフレーム一体なので風の影響を受けにくいです。

ディスクブレーキ仕様のモデルは天候に左右され難い安定したブレーキの制動力でコントロールしやすいのが特徴です。

マドンSLRのディスクブレーキ

ディスクブレーキキャリパー

マドンSLRのリムブレーキキャリパー

リムブレーキキャリパー

マドンSLR&SLのより詳しい内容は「2019 TREK ALL NEW MADONE SL&SL」をご覧ください。

ÉMONDA(エモンダ)

エモンダSL6の横写真

エモンダシリーズ

エモンダはフランス語で「そぎ落とす」という意味。「軽さ」をコンセプトに名前の通り、他のマドンドマーネチェックポイントの中で最も軽いロードバイクです。ただ軽いだけでなく乗り心地もしなやかでどのようなシーンでも使えるオールラウンドバイクです。

18年モデルでカーボンモデルの「エモンダSLR」「エモンダSL」がフルモデルチェンジを果たし、19年モデルではアルミモデルの「エモンダALR」がフルモデルチェンジとなりました。さらにお手頃な価格からディスクブレーキモデルが登場したので、今話題のディスクブレーキロードバイクが手に入りやすくなりました。

ディスク搭載モデルのエモンダSL6ディスクはこちらからどうぞ。

TREKの軽量アルミロードバイク「エモンダALR」がフルモデルチェンジ!

エモンダALRシリーズがフルモデルチェンジしました!上位モデルと同じジオメトリーを採用していて、カーボングレードのエモンダと遜色ない走り心地です。ポタリングはもちろんレースシーンでも最高のパフォーマンスを発揮します!

フルモデルチェンジしたことで、今まではシフトやブレーキのケーブルが外に露出していましたが、19年モデルからはフレーム内蔵型となりケーブルの寿命を伸ばし、見た目もすっきりと美しい仕上がりとなっています。

さらにエモンダALR5ではリムブレーキとディスクブレーキの2種類のモデルがラインナップされ、今までエモンダSLRグレードでしか選択出来なかったディスクブレーキモデルもお手頃な価格で手に入れることができます。

DOMANE(ドマーネ)

ドマーネSL6ディスクモデル

ドマーネシリーズ

ドマーネはロングライドやブルべといった長距離を走りたい方にオススメのロードバイクです。IsoSpeed(アイソスピード)という振動吸収を高める構造をフレームに組み込み、荒れた路面でも衝撃を分散し、体への負担を軽減します。タイヤの太さも最大でリムブレーキモデルで28C、ディスクブレーキモデルで32Cと太い幅のタイヤを使うことができるのでグリップ性能や乗り心地を好みで変えられるのもドマーネの特徴です。

19年モデルのドマーネはエントリーアルミモデルのドマーネALとカーボンモデルのドマーネSL・SLRがラインナップとなります。ディスクブレーキモデルもラインナップがあり、今まではドマーネSL6以上のグレードからでしたが、19年モデルはドマーネSL5からディスクブレーキモデルが登場し、今までよりもディスクブレーキモデルが手に入りやすくなっています。

ドマーネSL5からディスクブレーキ仕様が登場!

19年モデルのカーボンフレームのドマーネSL5にディスクブレーキモデルがラインナップされました!18年のカーボンモデルではドマーネSL6DISCの価格が税抜価格365,000円と高額だったものの、30万円を切る税抜価格281,000円と手が届きやすい価格で販売されます。

ドマーネSL5のディスクモデル

ドマーネSL5ディスクモデル

女性向けモデルのロードバイクも幅広くラインナップ

ドマーネAL3WSDのホワイト

女性向けモデル「ドマーネAL3WSD」

街乗りからレースまで使えるラインナップを幅広く用意されています。女性向けモデル限定のカラー展開でオシャレなデザインが多いです。女性向けのモデルはハンドル幅を狭く。サドル幅を広くすることで初めから女性が乗りやすいパーツが付いています。

PROJECT ONE(プロジェクトワン)

プロジェクトワン」はトレックが提供するカスタムオーダーができるプログラムです。十数種類のデザインと数十種類カラーを選べるので、その組み合わせは数万通りとお気に入りの1台が必ず見つかります!さらに好みのコンポネートやバーツを選択できるだけでなく、ハンドル幅やステム長などフィッティングに関わるパーツも調整できるので、はじめから最適な組み合わせで乗り始めることができるのも魅力です。

エモンダSLR7ディスクのプロジェクトワンカラー

カスタムオーダー「プロジェクトワン」

マドンSLR専用ペイント「ICON」

19年モデルではマドンSLRの為のプレミアムペイント「ICON(アイコン)」が登場しました!

マドンSLRプレミアムデザインrefliptive

プレミアムペイント「refliptive」

6種類のラインナップの中から選ぶことができます。見る角度で色が変わるデザインなど今までにないカラーリングでトレックのペイントアーティストのこだわりを感じる仕上がりとなっています。マドンSLRの造形だけではなく、カラーにもこだわりたい方にぜひオススメしたいプレミアムペイント「ICON]です!

2019年モデルTREKグラベルロードバイク

新しいカテゴリーの自転車のたのしみかたである「グラベルロード」のトレックワールド速報をお届けするのは、冒険とか大好き!気になったらとりあえず進むタイプ!多摩センター店の中村がご紹介します。(18:25更新)

さわやかな笑顔でグラベルロードの前でグッドサインを出している多摩センター店スタッフ中村の写真

冒険大好きな多摩センター店スタッフ中村

まず初めにグラベルロードをざっくり説明しますと、舗装路から悪路までオールマイティに走ることができるロードバイクです。

見た目は舗装路がメインのロードバイクにそっくりですが細かい設計や装備可能なアクセサリーの数の豊富さなどロードバイクにはない魅力がいっぱいあります♪

グラベルロードの魅力や疑問点を一挙に紹介したこちらのページ「おすすめグラベルロード 魅力と選び方のポイント」もご覧ください♪

グラベルロードをもっと身近にチェックポイントAL登場!

残念ながら今回のトレックワールドでの車体展示はありませんでしたが、チェックポイントに新たな仲間が加わります!

チェックポイントAL3

グラベルロードを手軽に!メカニカルのディスクブレーキとシマノ「SORA」を標準装備で¥120,000(税抜)と驚きのハイコストパフォーマンス!

汚れにも強い内装ケーブルフレームにチェックポイントシリーズ共通の45Cの極太タイヤまで装備可能な通勤通学からグラベルライド、ロングライドとシーンを選ばず楽しむことのできる逸品です。

チェックポイントAL4

シマノ「ティアグラ」とメカニカルディスクブレーキを標準搭載でいかなるシーンにも対応できるワイドなギア比設定とブレーキ性能を持ったグラベルバイクの入門機!

チェックポイントAL共通でフレーム各所にフェンダーやキャリアを装備可能なダボ穴が設置されていて、乗り手の数だけオリジナルな自転車にカスタム可能な自由度の高いバイクになっています。

新型105搭載のグラベルロード!「チェックポイントALR5」

チェックポイントALR5

蛍光イエローが映える新型105を搭載したグラベルロード「チェックポイントALR5」

写真奥「チェックポイントALR5」

TREKのアルミ素材の最上位グレードの”ALPHA300″アルミニウムを採用し軽量に仕上がり、シマノの新型105をフル装備し生まれ変わったより機動力を高めたアルミグラベルロードの最高峰!

新型105コンポーネント搭載でスムーズな駆動系のチェックポイントALR5

新型105でスムーズな駆動系

新型105と油圧のディスクブレーキでより確実なブレーキ性能と変速性能がポイントです。チェックポイントシリーズ共通のキャリーなどの装備品の取り付け自由度は健在で様々なシーンに柔軟に対応できます!

TREKグラベルロードの最高峰「チェックポイントSL」

チェックポイントSL5

グレーのカラーが渋い、グラベルロードの最高峰のカーボンモデル「チェックポイントSL5」

グラベルロードの最高峰「チェックポイントSL5」

チェックポイントSL5はトレックのOCLV500カーボンを使用したチェックポイントシリーズで唯一のフルカーボンモデルになります。

カーボンフレームで不安な飛び石での破損を樹脂製のガードを取り付けることで対策

カーボンアーマー搭載で飛び石もしっかり対策

フルカーボンフレームで心配な車体へのダメージですが、カーボンアーマーも搭載し、カーボンフレームへの飛び石などでのダメージも防いでくれるため安心です!

トレック独自のシートチューブがしなる振動吸収機構の「ISOスピード」搭載で快適なグラベルライドが楽しめます。

トレック独自の振動吸収機構の「ISOスピード」搭載

ロードバイクのドマーネシリーズでおなじみのISOスピード機能も搭載していて、サドルに座っている状態で凸凹したところを通っても、サドルからお尻が浮き上がるよな衝撃を緩和し、身体への負担を少なくしています。フルカーボンフレームに新型105をフル装備してスキのない一台です。

各モデルの詳細をじっくり紹介するページはこれから少しずつアップしていきますのでお楽しみに!

歴史あるTREKのアドベンチャーバイク520

グラベルロードの前身ともいえるカテゴリーのアドベンチャーバイク、実はこの520は1983年から現在に至るまで永く作られ続けている超ロングセラーバイクです。

荷台を乗っけたりパニアバックをつけてみたりグラベルロードと同じような用途で使用でき、グラベルロードと比較するとややオンロードよりなのが特徴です。

520DISC

真っ赤なカラーとクラシックなロゴがおしゃれなツーリングバイク520DISC、2019年モデルは前後のキャリーを初期搭載

前後のキャリーを初期搭載の520DISC

超ロングセラーの520DISC。ベースは変わっていませんが、時代に合わせて少しずつマイナーチェンジを行っていて、今年のマイナーチェンジでは昔ながらのバーエンドシフターと言う変速機からシマノの「SORA」に変速レバーが変更になり、変速の感覚が現代の車体に近づいてより親しみやすく、操作しやすくなりました。

赤い車体にクラシックデザインのTREK僧正当時のロゴマークが映える

クラシックデザインが渋い!

TREKで唯一の昔ながらのクロモリ製のフレームで、今年のカラーはTREK創業当時のヘリテージロゴとカラーが使われていて、世代を超えて愛されるクラシックなビジュアルが渋くてかっこいいです!

期間限定受注生産のダートツーリングバイク「1120」登場!

ワイドなタイヤがいかついオフロードが得意なツーリングバイク1120

限定モデルの「1120」

タイヤ径29インチ、幅3インチ(約7.6㎝)の極太タイヤを履いた、マウンテンバイクレベルの悪路走行性能を持ったダートツーリングバイクが期間限定受注生産で登場!

マウンテンバイクで似た形状のスタッシュという車種がありますが、ぱっと見は同じようですが、細かくツーリング向けの設計になっていてさすがはトレック!といったところです。

チャコールカラーにオレンジの指し色の1120に搭載されたオレンジ色の前後キャリー

前後にキャリーを搭載した「1120」

前後のキャリーとさらにダウンチューブ下や、フロントフォークにも荷物を搭載することが可能なダボ穴があり、タイヤの太さも相まってよりたくさんの荷物を搭載できる様はまさにツーリングバイク界の重戦車!

受注期間は8/20~9/16になっていて入荷は冬頃を予定、価格は¥259,000(税抜)となっております。

新しいレーススタイル「シクロクロスバイク」

2019年モデルのTREKシクロクロスバイク2車種の写真

シクロクロスバイク

グラベルロードと似ているけども実は全然違うシクロクロスバイク、シクロクロス競技はオンロードとオフロードの混在したコースの中を時間制で勝負を競うレースです。

1周2キロから4キロ程度の周回コースを30分から1時間走って勝敗が決めるため競技時間は短いジャンルで、車体設計も特殊で短時間ハイパワーを維持できるように設計されています。

クロケット5DISC

メタリックブラックのフレームが渋いアルミのシクロクロスバイク「クロケット5DISC]

アルミフレームのシクロクロスバイクの「クロケット5DISC]

アルミフレームのシクロクロスバイクの「クロケット5DISC」ワイヤーの取り回しや、スルーアクセル化で足回りがかっちりしてオフロードでも安定した走行が可能で、本格的なシクロクロスのレースにもおすすめです!

フロントディレイラーが付いていないシクロクロスならではのパーツ構成のクロケット5DISC

フリントシングルのチェーンリングがシクロクロス使用!

フロントディレイラーをあえて排して、チェーン落ちや変速トラブルのリスクを抑えるフロントシングルのチェーンリングはまさにシクロクロスならではのパーツ構成。

グラベルロードまとめ

思わず旅に出たくなるような好奇心をくすぐられるグラベルロードやシクロクロスバイクはいかがでしょうか、皆さんも是非新しい自転車の楽しみ方を模索してみてはどうでしょう?普段は気にしていなかった道が冒険の第一歩になるかもしれませんね!プレゼンターは多摩センター店の中村でした~♪

グラベルバイクとはどんなバイクなのか?こちらの記事でもより詳しくご紹介しています。

2019年モデルTREKマウンテンバイク

2019年モデルTREKWorld

戸田店池野谷がお送りする2019年モデルMTBブース速報!!昨年展示会では中央にトレイルを再現した展示会で走りに行きたくなる雰囲気で楽しめました♪今年はやや落ち着いた展示とみせかけて…見ごたえのあるブースになっておりました!それでは早速マウンテンバイクブースをご紹介していきます!

トレイルバイクの新機軸 FULL STACHE 8(フルスタッシュ8)

Full Stache8をドライブ側から撮った写真

Matte Olive/Gloss Volt Green ¥370,000(税抜)

29+の大きなタイヤに合わせてフルサスペンションバイクが登場!チェーンステイとサスペンションリンクの配置を変更することで、機敏な走りや操作性の高さは損なうことなく大きなタイヤをフルサスペンションフレームフィットさせました。

左右で違うフレーム形状!

フルスタッシュ8のフロントタイヤを横から撮った写真

29×3.00の太目のタイヤを装備♪

TREKの信頼性の高い軽量なAlpha Platinum Aluminum(アルファ プラチナ アルミニウム)にシンプルな1×12のドライブトレイン。29+ホイールの安定性と推進力、130㎜トラベルのフルサスペンションバイクが持つ高い操作性と能力を持ったTREKのマウンテンバイクの技術を搭載した高性能なトレイルバイクに仕上がっています。フルスタッシュ8で思いっきりトレイルを攻めてみたいですね♪

縦横無尽にトレイルを楽しみたいならこれ! Remedy(レメディ)

展示車のRemedyのドライブ側から撮った写真

Matte Trek Black /¥370,000(税抜)

トレイルを飛んだり跳ねたり縦横無尽に楽しめるRemedy(レメディ)。2019年モデルではフレームが新しくなり剛性が前モデルより5%UP。フレームが100g軽量になりました!また前モデルに比べるとシートチューブを1度立たせることで安定した重心位置を保ちつつペダリング効率をUPさせることができます♪

RE:aktivを横から撮った写真

RE:aktiv搭載で路面追従性と安定性を向上!

Remedyのカセットスプロケットを撮った写真

10‐50Tで登りも軽々と登れます♪

RemedyではOCLV MountainカーボンかAlpha Platinumアルミの2種類用意。どちらもRe:aktivが搭載されどんな凹凸や着地の際の衝撃も瞬時に吸収してくれます。またStraight Shotダウンチューブは重量を変えずに剛性を高めています。その結果狙ったラインを外さずに通ることができ、走りに余計なヨレがなくなります。最大27.5×2.8インチタイヤに対応で激しいダウンヒルでも攻め倒せてしまいますね♪

MTBの人気モデルが今年も登場! X-Caliber(エクスキャリバー)

X-CALIBER8を横から撮った写真

2019年モデルのX-CALIBER8

TREKのアルミマウンテンバイクの中でも人気なハードテイルモデルのX-CALIBERが今年も登場!!昨年フレームが一新され安定感と剛性感がアップしています♪今年はサスペンションがコイルからエアーの変更になりました。(X-CALIBER7はコイル式です)。

X-CALIBER8のフロントホイールを横から撮った写真

スマートホイール対応でサイズによってホイールが変わります!

X-CALIBER8のドライブトレインを撮った写真

2×10で本格的なトレイルでも対応できます!!

X-CALIBERはスマートホイールサイズ対応でフレームサイズによってホイールサイズが変わります。フレームサイズ17.5以上のサイズには29インチの大口径ホイール、それより下のサイズ27.5インチのホイールが搭載されてきます。小柄な方でも体格にあったサイズ選びが出来るのがTREKの強みの一つですね♪

X-CALIBERのページはこちら

エントリーモデルの定番♪ Marlin(マーリン)

Marlin7を横から撮った写真

Marlin7/Slate ¥70,000(税抜)

TREKのマウンテンバイクのエントリーモデルと言えばMarlin!トレイルに走りに行くというよりは街中の段差や未舗装路の砂利道や砂地などでも安定感ある走りが出来る街乗りでお勧めしたいモデルです

フロントサスペンションを正面から撮っている写真

フロントサスペンションで大きな段差でも安心して乗り越えられます!

Marlin7のドライブトレインを撮っている写真

3×9段でどんな状況でも対応可能なギア変速♪

Marlinは油圧ディスクブレーキ搭載で雨でも制動力が落ちにくく、レバーのタッチも軽くなっているので、ストップ&ゴーを繰り返す街中でも疲れにくくなっています。サスペンション搭載なので段差もスムーズに乗り上げ、段差による身体の跳ね上がりも抑えてくれます。

またサスペンションにはロック機能も付いており、軽快に走りたいときなどにサスペンションが働かないようにし、力を掛けて漕ぐことも出来ます。太いタイヤにサスペンションとカッコいい見た目のマーリンで爽快に街中を走り、休日には少し冒険をして未舗装路など道なき道を走るのも楽しそうですね♪

毎年人気の限定モデルが今年も登場!

今年も発売決定!完全受注モデルのセミファットバイク『ROSCOE8』が受注が始まります。しかも今年は他にも3モデル『STACHE 9.7』『STACHE 7』『STACHE 5』も限定発売されることになりました!

ROSCOE 8

ROSCOE8を横から撮った写真

ROSCOE 8が今年も登場!

  • 標準 小売価格:139,000(税抜)
  • カラー: Matte Slate
  • サイズ:13.5 ,15.5, 17.5, 18.5, 19.5, 21.5

STACHE 9.7

STACHE9.7を横から撮った写真

STACHE9.7

  • 標準 小売価格:370.000(税抜)
  • カラー: Slate/Volt Green
  • サイズ:15.5, 17.5, 18.5, 19.5, 21.5

STACHE 7

STACHE7を横から撮った写真

STACHE7

  • 標準 小売価格:259,000(税抜)
  • カラー: Matte Cobra Blood
  • サイズ:15.5, 17.5, 18.5, 19.5, 21.5

STACHE 5

STACHE 5を横から撮った写真

STACHE 5

  • 標準 小売価格:189,000(税抜)
  • カラー: Matte Dnister Black
  • サイズ:15.5, 17.5, 18.5, 19.5, 21.5

今年は限定モデルが4台も登場!ROSCOE8は去年のオレンジの色味から落ち着いた色味になっていますが、カッコよさは変わらずです!今年のモデルは去年からグレードアップし11速から12速に変わりました。

今年は他にもSTACHEが3モデルが登場!「STACHE 5」「STACHE 7」の2モデルはアルミモデルで、コンポーネントが変わります。STACHE5がshimano Deore、STACHE7はSRAMが搭載されてきます!STACHE9.7はカーボンモデルです。

※限定モデルの受注期間

受注期間は8/20 (月)~9/16(日)までとなります!完全予約限定モデルになりますので期間内までの予約をお願いします♪

入荷時期は2018年末~2019年始を予定してます!!

その他のMTBはこちら

2019年モデルTREKクロスバイク

クロスバイクコーナーは、さいたま大宮店の金丸(かなまる)がご紹介します!(19:03更新)

2019トレックワールドのクロスバイクコーナーを担当する大宮店の金丸

ディスクブレーキ時代、到来!

誰が乗っても乗りやすく扱いやすいTREKの大人気クロスバイクFXシリーズ。安定感のある走りで自転車通勤や通学、サイクリングから普段の街乗りなど様々なシーンに幅広く対応できるのが最大の特徴です。そんなクロスバイクにもいよいよ、ついに!ディスクブレーキ時代の波がやってきました!

2018年モデルにもディスクブレーキモデルはありましたが、まだまだVブレーキモデルの方がカラーバリエーションも多かったため、“こんなのもありますよー”だったのは否めないところ。。ですが2019年モデルはそのディスクブレーキモデルをメインに展開されます!

クロスバイク各モデルの詳細はコチラ

2019年モデルも種類が豊富!

大人気クロスバイクFX3 DISC

19年モデルのクロスバイクFX3DISCを右側面から捉えた図
19年モデルのクロスバイクFX3DISCのホワイトとボルトを捉えた図

通勤通学、フィットネスなどの使用用途やご予算に合わせて選びやすいように2019年モデルのFXシリーズではスペック別に全12種類がラインアップ!その中でも今年の大注目はズバリ!FX3 DISCです!シマノ製油圧ディスクブレーキシステムを搭載し、引きの軽さ、制動力の高さは快適性と安全性の両立を実現しています。

カラーバリエーションも4色に増えて益々オススメな1台になりました。

FX2 DISCも進化!

19年モデルのクロスバイクFX2DISCを右側面から捉えた図2018年モデルは機械式(ワイヤー駆動)でしたが、2019年モデルFX2ディスクでは油圧式(オイル駆動)に駆動方式がグレードアップ!メンテンナンス性に関しては機械式に軍配は上がりますが、何より制動のカッチリ感と引きの軽さは別物です。

こちらもおすすめ

スペックの違いで選べるFX1、FX2、FX3

もちろんVブレーキモデルも健在です!各モデルフレームは共通のアルファゴールドアルミニウムを使用していますが、フロントフォークやホイール、コンポーネント等の違いによりグレード、価格の設定が異なります。

FXには限定カラーもあるんです!

クロスバイクFX3の限定カラーモデルFX LTDを右全面から捉えた図FX LTD(リミテッド)はトレックの40年の歴史を祝したモデル。カラーやエンブレム、デカールは1976年当時トレック初のバイクに用いられたデザインにちなんだもの。基本スペックはFX3とほぼ変わらないので、クラシカルな見た目の自転車と最新の性能を一度に得ることができます!

高級スポーツクロスバイクFX S4、FX S5、FX S6

19年モデルのクロスバイクFXS6を右側面から捉えた図

2019年モデル FX S6

昨年フレーム設計の見直しやディスクブレーキ搭載などフルモデルチェンジを果たしたFX Sports。上位車種に大きな変更点は無いものの、2019年も快適に、速く、上質の走りができるスポーツモデルに注目です!

女性専用設計のクロスバイクもラインアップ!

女性の方や小柄な方も乗り降りしやすいサイズ展開とサドルなど女性向けのパーツ構成で作られているFXシリーズ女性専用設計クロスバイクもラインアップされております。モデルはFX2 DISCFX3 DISCFX S4の3モデルとなり、ユニセックスモデルとはカラーリングも異なります。

オンロードもオフロードも走れる万能型!Dual Sport(デュアルスポーツ)シリーズ

同じクロスバイクの仲間の自転車ですがDual Sport(デュアルスポーツ)シリーズはオン・オフロード両方ともを楽しめる機能を搭載!フロントフォークはサスペンション付きになり、タイヤは少し太めの38Cサイズに小さなノブが付いています。ブレーキはもちろん油圧ディスクブレーキです!

これらにより街中の舗装路からそのままグラベルトレイルへ続けてサイクリングが可能になっています。泥除けや荷台の取付も出来るので、通勤通学やツーリングなど幅広く万能に対応する1台です!

また2019年モデルはワイヤー内蔵式でかつ、角張ったデザインにフレームが一新されますますカッコイイ自転車になりました。

油圧ディスクブレーキとVブレーキの使用感の違いやメリットなどはこちらでも詳しくご紹介しています。

2019年モデルTREK e-Bike(電動アシストスポーツ自転車)

(19:03更新)

トレックにはラクラク快適な電動アシストe-Bikeもあります!

トレックのe-Bike(電動アシスト自転車)は自動車部品や電動工具メーカーとして有名なドイツの『BOSCH(ボッシュ)』製のドライブユニットを搭載した新しい時代のスポーツ自転車です。漕いだ感覚も乗り心地も非常にストレスなくお乗り頂けます。

VERVE+

電動アシストバイク、ヴァーヴ+を右側面から捉えた写真スポーツバイクをより楽に楽しむことができるe-Bike(電動アシストバイク)のVerve+(ヴァーブ+)は今年も継続になります。
1回の充電で最長100㎞の走行が可能なバッテリーと、スムーズで自然な加速感のモーターにより、信号の多い街中や坂道のある住宅街でもラクラク快適に走れます!また、アシストパワーは4段階あり、切り替えが手元のスイッチ操作になっているのでポチポチっとパワーの調節ができます!(アシストOFFもあります。)

とても操作が簡単で使いやすく、見た目もシティサイクルに似ているので電動アシスト自転車からのお乗り換えにも最適です!

こちらもおすすめ

Dual Sport+

新型の電動アシストバイク DualSport+を右側面より捉えた図

e-Bike国内第2段のDualSport+

DualSport+のフレーム一体型バッテリーを外している図

フレーム一体型バッテリーで見た目もスッキリ!

トレックe-Bikeの国内展開、第2弾として登場予定のDual Sport+も展示されています!

Verve+と違いバッテリーがフレーム(ダウンチューブ)と一体型となり、さらにバッテリー容量もUPし1回の充電で最長150kmの走行も可能になっています!また、大きめのギアを付けることにより軽い漕ぎ感と、BOSCHのドライブユニットの気持ちいいアシストを感じながらキビキビとした走行感を感じられます。

Dual Sport+はまだ国内認可待ちのため、11月頃のデビュー予定だそうです。いまからデビューが待ち遠しいですね♪

e-BIKEにご興味のある方はこちらの記事もおすすめです。

 

ボントレガーの2019年注目トピックス

ボントレガーはトレックのパーツ&アクセサリーをつくるブランド。今年も新製品が続々登場!

ボントレガー製品は港北店の新人スタッフペア菅原&原が担当します!ホイールやライト、シューズ、ポンプなど、新製品を中心に早速ご紹介していきます!
新人スタッフ2人です

ホイールAeolusシリーズが一新

新作ホイール一覧

Aeolus XXXシリーズ

新たに発売されたアイオロスのXXXシリーズは、リム形状が見直され横風にさらに強くなり、リムブレーキモデルはブレーキの効きがさらに良くなりました。特に今年の大注目はディスクホイールです!!もちろんメイドインUSA!

10000種類ものリム形状をテストし完成した新型リム

まず注目したいのは大幅に形状が変わったカーボンリム!なんと10000種類以上の形状をテストし空力性能がさらに進化しました。横風にも強くなり、コーナリング時の安定性やハンドリングの良さもアップしています。
XXX6他
また、リム内側は旧モデルの19.5㎜から幅21mmへと広がり、近年大きくなりつつある幅広なタイヤに適応したリムになりました(外幅は27㎜と旧モデルから変化ありません)。なお23cや28cタイヤも問題なく装着できますのでご安心を!
リム面
付属のTLR ストリップで簡単にチューブレス化ももちろんできます。

さらに注目したいのがブレーキ面の進化!(リムブレーキモデル)。レーザー加工されたこのエッジング面がブレーキ性能を大幅に向上してくれます。指で触れるとわずかにザラザラしています。
エッジング面
また、今までのモデルはロゴがデカールだったのですが、新モデルからはレーザーエッジングされたものに!!わずかですがデカール分軽くもなっています。劣化ではがれてしまう心配もないので、良いこと尽くめですね!!

DTスイス製スターラチェットとエアロスポーク

ハブとスポークはDTスイス製です。ハブ本体もシェイプされより美しく空力的にも優れた形状に!
DTスイス製ハブ
36Tのスターラチェット仕様にスポークは空力性能と軽さを持ったダブルバテッドのエアロライトスポークで組まれており、高性能なリムと合わせた無敵仕様です。

XXX6、XXX4、XXX2、それぞれクリンチャー、ディスク、チューブラーモデル発売
アイオロス XXX6TLR クリンチャー

XXX6クリンチャー
60㎜ものディープなリムを持つXXX6は、新形状リムの空力の恩恵を一番受けられるホイールかもしれません。レースやトライアスロン、平地を飛ばしたい方に最適!重量は前後で1,530g(フロント695g、リア835g)、価格は税抜331,481円(フロント156,481円、リア円175,000円)です。

アイオロス XXX6TLR Discクリンチャー

XXX6Dクリンチャー
上記の性能をそのままに、最新のトレンドであるディスクロード対応のホイールです。新型のアイオロスではリムブレーキであっても、アルミリムホイール並みのブレーキ性能にはなっていますが、ディスクモデルであれば抜本的な解決になります。

リムブレーキモデルに比べ、ディスクモデルの方がリムの自由度が高いため、より空力面で優れているのもポイントです。最新のディスクバイクを、最新のホイールで更にアップグレードしてみてはいかがでしょうか!?アクスル外形は12㎜、エンド幅は135/142mm両モデル出ています。重量は1,575g(フロント730g、リア845g)価格は331,481円(フロント156,481円、リア円175,000円)です。

アイオロス XXX6チューブラー

XXX6チューブラー
快適な乗り心地や高い走行性能で、レースの世界では圧倒的な使用率を誇るチューブラー!重量は1,380g(フロント620g、リア760g)とXXX6の中では最も軽量です。税抜価格は312,963円(フロント147,222円、リア円165,741円)です。

アイオロス XXX4TLR クリンチャー

XXX4
近年、空力と登りの両面でバランスよく使えハンドリングも良い、リムハイト40mm前後のモデルが人気があります。47mmハイトのXXX4はバランスの優れたモデルと言えそうです。重量は1,400g(フロント630g、リア770g)。税抜価格は312,963円(フロント147,222円、リア円165,741円)です。

アイオロス XXX4TLR Discクリンチャー

こちらもXXX6Discと同様アクスル外形は12㎜、エンド幅は135/142mm両モデル出ています。重量は1,455g(フロント675g、リア780g)価格は312,963円(フロント147,222円、リア円165,741円)です。

アイオロス XXX4チューブラー

XXX4チューブラー
XXX6チューブラーよりもリムハイトが13mm低い分、前後で110g軽量になっています。登って良し、飛ばして良し!オールラウンダーな方にもピッタリなホイールです!重量は1,270g(フロント565g、リア705g)価格は294,444円(フロント137,963円、リア円156,481円)です。

アイオロス XXX2TLR クリンチャー
スタッフが持ち上げて驚いてる様

あまりの軽さに衝撃!(笑)

実際持ってみると、とにかく軽い!本当に驚くほど軽量なXXX2はヒルクライムにぴったり!
リムハイトが28mmのXXX2シリーズはヒルクライムに自信が出ます!重量は1,305g(フロント580g、リア725g)税抜価格は294,444円(フロント137,963円、リア円156,481円)です。

アイオロス XXX2TLR Discクリンチャー

XXX6Disc、XXX4Discと同様アクスル外形は12㎜、エンド幅は135/142mm両モデル出ています。重量は1,380g(フロント630g、リア750g)とDiscモデルでは最軽量です。価格は294,444円(フロント137,963円、リア円156,481円)です。

アイオロス XXX2チューブラー

XXX2
アイオロスXXXシリーズ最軽量モデルです。最新モデルのエモンダに合わせてヒルクライム決戦車!なんて仕様も面白いかもしれません。重量は1,150g(フロント505g、リア645g)と本当に軽く、指一本に乗せてもほとんど力がいりませんでした。価格は税抜275,926円(フロント128,704円、リア円147,222円)です。

Aeolus Pro

こちらも大注目のAeolus Proシリーズ!
Aeolus Proシリーズは20万円を切る価格帯で昨年登場し、話題となったカーボンリムホイールです。エモンダALRやエモンダSL、ドマーネSLシリーズなどを購入された方のアップグレードに最適で、リムブレーキモデルの販売も好調ななか、ついにディスクブレーキモデル登場!………

リム形状は上位モデル譲り

なんといってもアイオロスPROシリーズのオイシイ所は上位モデル(アイオロス3 D3)譲りのリム形状です。多方面からの空気抵抗を軽減し、横風の抵抗も受けにくくなっています。リムハイトもPRO3の35mmからPro5では50mmに拡大!さらに性能アップしています。しかしながら価格は昨年デビューしたアイオロスPRO3と全く同じ…お買い得なホイールです。
アイオロスPRO5新登場です

クリンチャー、ディスク両モデル発売
Aeolus Pro5チューブレスレディ

PRO5
パーツの素材のグレードを抑えることにより、前後で税抜184,000円(フロント84,000円、リア円100,000円)と驚異的な価格で高性能ホイールが手に入ります!特に初めてカーボンホイールを購入される方にお勧めしたいホイールです。重量1,605g(フロント705g、リア900g)

Aeolus Pro5チューブレスレディディスク

ついにミドルグレードのAeolus Proにもディスク仕様のモデルが出ました!センターロックディスクハブでアクスル外径は12mmです。重量1,720g(フロント780g、リア940g)で、こちらも価格は前後で税抜184,000円(フロント84,000円、リア円100,000円)です。

より明るく高性能になった新モデルライト

新型ライト

Bontrager Ion Pro RT Front Bike Light

Ion Pro RTは高出力CREE LEDによる1300ルーメンという驚異の明るさ!

ライトの明るさで手が白くなってます

明るすぎて手が真っ白(笑)

デイフラッシュ、ナイトフラッシュの他、3段階に明るさを調節できるためライドの時間帯に合わせた出力設定が可能です。誤動作防止のため、ダブルクリックで点灯します!肝心のバッテリーですがIon800RTと比べておよそ倍増しております!が、充電時間は付属のファストチャージャーケーブルでIon800RTと同じ時間になってます(驚)
新作ライト2個!
よりコンパクトになり明るくなったIon200RT&フレアRT。小型ながら日中でも2km先から視認できる高性能ライトはフロントが200ルーメン、リアが90ルーメンと明るく、IPX7防水規格にも適合しています。前後でデザインを合わせられるのも良いですね!
サドルに着けられます
新型サドル、コミューターコンプに合わせればさらに視認性アップ間違い無し!!
また、同じく新型のNCSⅡフェンダーにすればフェンダーに直接取り付けが可能です!
フェンダーにも取り付け可能!
より安全なサイクリングのお供にいかがでしょうか。

新しいバリスタシューズはニューカラー&限定カラーが登場!

新作シューズデビュー!
新バリスタはサイドに大きい反射素材が配置されており、高い視認性が期待できます。また、ボアダイヤルがカカトの位置に!
ボアダイヤルかかと部分にあります
これにより落車によるボアダイヤルの破損を防ぐことができ、空力性能もアップします。
従来のOCLVカーボンソールや、BoaIP1ダイヤルなどの機能はそのままに、新カラーとしてホワイト、イエローカラーが標準で用意され、限定カラーではソール部分に極彩色が用いられ、非常に鮮やかな仕上がりとなっています。

新色白!

限定カラー

ソール部分

限定カラー!!

バリスタシューズの通常カラーはすでに店頭に入荷してます!バリスタシューズ入荷!ブログで詳細をチェック!。

また、まだ正式な時期は未定ですがフォーレイシューズのボアダイヤルタイプが発売される予定です!
もうすぐ発売です

かっこいいMTBモデル

XXXステム&XXXハンドルバーステム

驚異の軽さで人気を博したXXXステムが再発売です!
OCLVカーボンファイバー100%の構造で軽いのに高剛性!!ヘッド周りの軽量化や、腕周りの負担軽減などにぜひ!
軽いハンドル!

 

ステムも軽い

ボトルケージやバーテープもモデルチェンジします!

新色ボトルケージ

スタッフ菅原も新色にニヤニヤ♪お気に入りはブルーだそうです!

ボトルケージ
現行モデルと材質は変わりませんが、デザインがシンプルになりました!新色も多数追加され、2019年モデルの車体色と合わせることも可能!
また、サイドからボトルを引き抜ける新型のボトルケージも新登場です。右用左用ありお好きな方向で取り付けができます。
新作ボトルケージ
バーテープは新色が増え、ますますコーディネートしやすくなっています。

新色バーテープ

ゲルコルクは凸凹がなくなりシンプルな見た目に!

ポンプがモデルチェンジ

新作空気入れを持つスタッフ

デュアルチャージャー 税別7,315円

最大の特徴はこの切り替えシステムがついている事です!これにより1回に入れる空気の量を調整できるようになり、量を少なくすれば物凄く小さな力でエアを入れることができるようになります。
切り替えレバー

新作空気入れを持つスタッフ

チャージャー 税別4,167円

大人気のリチャージャーもリニューアルして発売されます。

大きくて見やすい表示
メーターも大きくなり見やすく、英式バルブのアダプターも必要なくなりスッキリとしたデザインになりました。

3つ足になりました
3足となり安定感も増しています。お値段も現行のリチャージャーと変わりません。

ボントレガーSPDペダルが発売!

コミューター2018

SPD対応ペダルです

クリート面

スニーカーでも踏めます

フラット面

Comp MTBペダル

紫に金!

ラグジュアリーなカラーもあるMTBペダル

5色展開です
また、Line Elite Flatペダルは今後5色展開となり、グリップと合わせたコーディネートが可能となる予定です。

カギもモデルチェンジします

チェーンロックです

街中での駐輪や屋外保管にも安心な太い鍵が登場!ボントレガーのロゴがTREKのバイクとの相性抜群ですね。

カギ式です
太く、防犯性に期待できそうなエリートチェーンキー。

ケーブルワイヤー鍵です。
車体に固定できるマウントがついていて街乗りで人気のワイヤーケーブルもモデルチェンジです。

ボントレガーの新商品は入荷次第またブログでご紹介いたしますのでお楽しみに♪

こちらの記事もよく読まれています!