TREK(トレック)2017年モデル展示会速報!

2017年モデル TREK(トレック)展示会情報

TREKの新モデル展示会「TREK WORLD JAPAN 2017」。関係者しか立ち入ることができない会場から気になる情報を「速報」でお知らせします! 2年前の軽量エモンダの登場、昨年のマドンの進化、それに続く形での新型ドマーネの登場。この2017年モデルのドマーネの登場により、それぞれのロードバイクの特色が一層際立ち、使用用途に応じてさらに選びやすくなりました。

2017年のおすすめラインナップはこちらのページで細かくご紹介しますが、17年モデルの注目すべき点を早速ご紹介します!

  1. ロードバイクラインナップ
  2. クロスバイクラインナップ
  3. マウンテンバイクラインナップ

1ページ目ではロードバイクとクロスバイク、2ページ目でマウンテンバイクと注目のボントレガー製品についてご紹介しています。じっくりご覧ください!!

Domane(ドマーネ)がリニューアル

快適性の高さが魅力

2017 ドマーネ最新モデルの写真

2017年モデルで大きく変わったのがDomane(ドマーネ)シリーズ。ドマーネとは、トレックのロードバイクシリーズの中でもロングライドに向いた快適性の高いラインナップです。他メーカーにはないTREK独自のISO Speedというフレーム構造で、圧倒的な乗り心地のよさがとにかくすごい!

トレック独自のISOスピードという技術を搭載して、路面からの衝撃を緩和し、ロングライドでも快適な乗り心地を生み出すのがTREKのDomane(ドマーネ)シリーズです。

トレック2017年モデルのロードバイクの大きなトピックスとしてはドマーネシリーズの進化!ドマーネのミドルグレードやエントリーグレードでフレームが一新しています。

ディスクモデルが登場するなどDomaneシリーズがカラー・モデルともに拡大しています。

ディスクブレーキモデルも充実!

2017年 ドマーネのディスクブレーキ搭載モデル写真

2017年モデルからはアルミフレームのDomaneのディスクブレーキタイプも発売!油圧ディスクブレーキなので、ブレーキをかける際のレバーのタッチの軽さが特徴。少ない力で制動力を得られるためロングライドにも普段使いにも最適です。

2017年モデルではこれまでドマーネのアルミフレームが完全リニューアル!ラインナップも増えました。アルミフレームながらも溶接の継ぎ目が目立たない美しいフレームラインに。これまでドマーネのアルミフレームはDomane2.3という車種一択でしたが、今年はフレームが完全リニューアルを果たしラインナップも増えました!

アルミフレームながらも、溶接の継ぎ目が目立たずとてもスマートなフレームラインに仕上がっています。一見すると「これアルミ?」と疑問符が付くこと間違いなしの仕上がり。

2018年モデル TREK Domane ALR4 Disc(トレック ドマーネ ALR4 Disc)¥185,000(税抜)

2017.08.01

エアロのスペシャリスト鈴木未央さんも絶賛

2017年 TREK アメリカのエアロ開発担当者とドマーネの写真

いまや、TREKのAERO(エアロ)と名のつく製品の仕事がほとんどまわってくるという鈴木未央さん。アメリカのウィスコンシン州ウォータールーにあるTREK本社でエンジニアとして活躍しています。今回のトレックワールドにもスペシャルスピーカーとして登場。

鈴木さんは昨年のマドン開発に大きく携わり、いまは来年再来年に向けての開発に携わっているそうです。どんなプロダクトに携わっているかは「内緒!」とのことでしたが、鈴木さんに2017年のおすすめモデルを聞いてみると、真っ先にドマーネの名前が上がりました。

アメリカの道路事情を考慮すると、28Cや32Cをはけるバイクというのは、空気圧を低くできてパンクのリスクを減らせるし、さらに乗り心地がいい、ということで個人的に注目しているそうです。

エアロバイクMadone(マドン)の分析エンジニアもびっくりな乗り心地です!

Emonda(エモンダ)

超軽量! トレック エモンダ 2017年モデルの写真

ドマーネの進化に注目が集まりがちなTREKの2017年モデルですが、オールラウンダーの軽量ロードバイクシリーズEmonda(エモンダ)ももちろん人気好調です。ヒルクライム向きの軽さで加速感が印象的。試乗されるお客様の多くが、その加速感に感動されます。

今年のエモンダシリーズはカラーリングが新しくなりました。洗練されたシンプルなデザインがエモンダの魅力の一つです。

価格もこれまでよりも良心的な価格に変更されました。機能的な変化はこれまで通りなので、これはうれしい!

エモンダシリーズはフレーム素材の違いでSLR、SL、S、ALRの4種類。そのなかでさらにコンポーネントの違うものがラインナップされています。

【SLシリーズ】

【Sシリーズ】

【ALRシリーズ】

在庫処分価格!! TREK EMONDA ALR5(トレック エモンダ ALR5)2017 ¥175,000→¥154,000(税抜)

2017.09.11

トレック最軽量の完成車は5kg台

最軽量トレック エモンダ トップグレードの写真

完成車重量4.65kgで発売時に話題を呼んだEmondaの最軽量モデルであるエモンダSLR10。ロードバイクのなかで群を抜く軽さのため、片手で楽々持ち上げることができます。ちょっと不安になるほどの軽さです。

2017年のエモンダSLR10 RACE SHOP LIMITEDは1000g以下という超軽量の新しいボントレガーのホイールAeolus XXXを装着。さらに無線電動コンポのスラムeTapを搭載し、完成車重量が約5.3kg。SLRフレームなので軽さも剛性も高く、とにかく軽量化をしたい方におすすめです。

Emonda SLR10は2017年のトレックが誇る最軽量のロードバイク!

Madone(マドン)

もちろんプロジェクトワンもあります

TREK(トレック)マドン エアロロードバイクの写真Madone(マドン)はトレックが2003年より作り続けている歴史あるシリーズ。過去にツール・ド・フランスなど名だたる大会で優勝するなど輝かしい成績をおさめてきたレースバイクです。Madoneは2015年にフレームが完全リニューアルされ、トレックの中でエアロロードバイクとしての進化を続けています。

ブレーキが完全フレーム一体化していたり、ワイヤーがすべてフレーム内部に収まっていたりと空気抵抗を減らしています。とにかく速い。試乗したときにみんなが口をそろえていいます。またエアロロード=硬くて乗り心地が悪いという概念を吹き飛ばしています。

その他気になるロードバイク

TREKの主力ロードバイク、EMONDA、DOMANE、MADONEそれぞれを紹介してきましたが、新型パーツなどを搭載したモデルも会場で発見。まだ店頭に並んでいなかったり、そもそもデリバリーが始まっていなかったりしますが、気になるロードバイクを紹介します。

プロジェクトワン新カラー

トレック プロジェクトワン カンチェラーラモデル見本写真

トレックのカスタムオーダープログラム「プロジェクトワン」。フレームだけでなくパーツを選べるので世界に1台のオリジナルバイクを作成することができます。このプロジェクトワンも毎年ちょっとずつ選べるカラーやカラーパターンが変わっています。今年引退を表明しているカンチェラーラ選手にちなんだファビアンスペシャルカラーなど限定カラーも。

TREK カスタムオーダープログラム「プロジェクトワン」とは?

2017.03.25

8月よりDomane SLRのディスクブレーキモデルもプロジェクトワンで選択が可能になりました。こんなにたくさんのプロジェクトワンが一堂に集まる場所はそうそうありません。

SRAM RED eTap搭載モデル発見!

イータップ搭載モデルの写真

SRAMより発売開始された無線電動コンポSRAM Red E-tap。これまでシフトチェンジの主流はワイヤーを引っ張ることでギアチェンジをする機械式と、電気コードで動きを制御する電動式のどちらかでした。

今年SRAMというコンポーネントメーカーから登場したのが、これまでの常識を覆すかのような無線電動シフト「SRAM RED eTAP」。有線ではなく無線というところがとにかく新しい。見慣れないせいか、あるはずのワイヤーがないというだけで思わず2度見してしまいます。レバーもコンパクトで誰にでも簡単に操作できそう。すっきりとした見た目で取り付けも簡単そうですしメカニック的にもありがたい存在!

トレックの2017年モデルでeTapが搭載されているのはDOMANE SLR9 ETAP、Emonda SLR 10 RACE SHOP LIMITEDです。

2017年 クロスバイク

街乗りにオススメなクロスバイク。TREKのFXシリーズが名前を新たに登場。TREKのクロスバイクの魅力はすっきりとしたデザインで高級感があります。乗り心地もとてもいいのが特徴です。

5万円をきったエントリーモデルが登場!

FXシリーズとはそもそも・・・・

trek FX シリーズ展示会場の様子

FXとはFitness(フィットネス)&Exercise(エクササイズ)の略。トレックのクロスバイクは名前のとおり、普段使いのバイクとして気軽に入門できる手軽さが魅力的です。通勤通学などの街乗りから、休日のサイクリングまで幅広く活躍します。

クロスバイクを始めてみたいけど金額が…と思っていた方に朗報!2017年モデルではTREKから5万円を下回るクロスバイクが登場します。トレックの特徴である乗り心地のよさや耐久性は健在!通勤通学などFX1で始めてみませんか?

そのほかの特徴をざっくりお伝えすると
・FX2…太めのタイヤで安定感あり、通勤通学など、街乗りに最適。人気のマットブラックカラーがあります。

・FX3…トレック独自のハンドルとカーボンフォークで振動吸収が高く、休日のサイクリングなどの長距離にもおススメ。FXシリーズの一番人気です。
・FX S4…総重量10kgとロードバイク並みの軽さと走りを体感できる1台。
・FX S5…ドマーネSシリーズのカーボンフレームを使用したフラットバーロード。ディスクブレーキ搭載。乗り心地のよさが特徴。コンポーネントはシマノのティアグラ
・FX S6…FX S5と同じフレームを使い、コンポーネントがシマノの105にグレードアップ。ディスクブレーキ搭載で軽いブレーキタッチが魅力。長距離でも疲れにくい1台です。

次のページではMTBとボントレガー製品についてご紹介します!

バイクプラスで購入した自転車は生涯点検無料「安心保証」

点検はいつでも無料

点検は生涯無料。しかも満足保証付きだからこそ安心して自転車をご購入いただけます。


試乗無料体験実施中!「試乗車情報」

無料で試乗がでる

サイズやモデルの違いは実際に乗ることで発見や納得があるもの。試乗大歓迎です。

バイクプラスで自転車を購入されたお客様の声

お客様の声

「じっくり試乗と相談で納得の1台を選べました!!」お客様からの喜びの声多数!!