ロングライドのコツと心得

100km以上のロングライドをロードバイクで楽しむためのコツ! いつもよりも長い時間、長い距離を走行するので事前の準備&計画が大切です。また、ロードバイクをはじめてからある程度の距離を走ってきたという自信と走れる体力をつけておくことが重要です。

最初は無理せずマイペースを維持

まずは少しずつ距離を伸ばしていこう!

いきなり100kmはきついです。最初は50kmを目安に慣れていき、次は60km、70km・・・、そして100km!と、段階的に距離を延ばしていくのがオススメです。

最初、数10キロ走るのもがんばりすぎてヘトヘトになってしまったこともあると思います。長い距離を走るためには、心拍を上げ過ぎず、つねに足に負担のかからない程度のギアの重たさで漕ぐことも大切です。うまくギアチェンジをして、疲労を防ぎましょう。

100km近い距離になると、ペース配分や体力など経験を積まないと無事に走りきるのは大変。まずは無理なく走れるペダリングを身につけましょう。

自転車以外にも楽しみをつくる

グルメ、温泉、風景、写真などの目的を

鴻巣川幅うどん平均時速20kmで5時間走り続けるのは、トレーニング目的でなければ、かなり精神的にもしんどいもの。どうせ走るならば楽しみましょう!

観光、温泉、グルメ、趣味の写真などなど、自転車のほかに楽しみや目的をつくると辛くてもがんばれます。スポーツ自転車専用のサイクルラックを常設しているカフェや飲食店も多いので、そういうスポットを目当てにしてみるのもおすすめです♪

あと、サイクリング仲間と走りに行くのもGOOD。1人ではしんどくても、仲間とワイワイしながら走るといつの間にか100km走れてしまいます。

ルートを考えよう!

輪行するか、サイクリングロードをいくか可能性は無限大

グーグルマップのキャプチャ画像100km走ると言ってもそのコースは無限に考えられます。最近ではWEBや本などでもサイクリングコースが紹介されているので、はじめての方は距離や走行時間を参考に、ルートを決めるのも手です。でも、どうせなら自分なりのコースを作る方が楽しさもUP!

輪行をして見知らぬ土地を楽しむのもいいですし、行きは自転車で行って、帰りは電車なんてのもおすすめです。最初は川沿いのサイクリングロードをルートに組み込むとのが分かりやすいでしょう。地図をみながらルートを考える所から100kmライドはスタートしています。

ルート作成の注意点

とにかく安全にロングライドを楽しむ為にも交通量が少ない道を出来るだけ選びましょう。走行時間・距離に関しても余裕をもってプランニングするのがコツです。

道に迷ったり、パンクしたりなど何かトラブルが起きる事もありますし、あまりキツキツの行程にしても気持ちにもゆとりがなくなり、事故に繋がってしまう事もありえます。余裕をもって行動しましょう。

走りに行く前に必要なアイテムを揃える

パンク対策や防寒対策をしてトラブルに備える

携帯空気入れ、タイヤレバー、携帯工具、予備チューブ、パンク修理キット一式自転車を始めたばかりだと、ロングライドに必要なアイテムもそろえていないと思います。自宅近辺をサイクリングするだけなら問題ありませんが、長い時間・長い距離を走るとなるとしっかり揃える必要があります。

パンク修理の道具、補給食、ウインドブレイカーなどなど、用品類をしっかり揃える事でトラブルを回避したり対応できたりするのです。

誰かが持ってるから自分は持たなくても平気だろうと思いグループでロングライドに出掛け、結果、誰も「パンク修理キット」を持っていないことにパンクした時に気がつく…。こんな笑える学生時代の失敗談を持つスタッフもいます。当たり前ですが、各々がしっかりとトラブルに備える道具を持つようにしましょう。

ロングライドの装備

2013.05.03

ロングライド派におすすめのロードバイクカスタマイズ

2013.05.02

時間と心に余裕をもって走る

ロードバイクならば5~6時間ほどで100kmは走れてしまいます。

グループライドで和気藹々ただし、無理は禁物。頑張りすぎてしまって怪我や体調をこわしてしまってはもってのほか。何キロ走ったら休憩する、1時間走ったら休憩するなど意識して休憩をとることも大切です。夏場は30分に1回休憩するなど無理せずこまめに行いましょう。

また、複数人で走りに行く場合だとそれぞれ能力や経験が違うので、まわりを気づかう心のも必要です。常に余裕を持って行動するのがとにかく大事です。

大勢が参加するロングライドイベントの場合は、自分のペースに近い人、リズムが合う人について行ったりすると楽です。

お客様に人気の全国おすすめロングライドイベント情報

2013.05.03