MTBライドの必須アイテム|ボントレガー「ショックポンプ」が使いやすくリニューアル♪

ボントレガーからショックポンプがリニューアルして登場!

「サスポンプ」エアサスペンションを採用するマウンテンバイクであれば空気圧調整にはなくてはならないツールなので、トレイルライドの際に持っておきたいマストアイテムです。

ボントレガー エアサスペンション用空気入れが使いやすくなった!!

リニューアルされたボントレガーのショックポンプは最大400PSI(28BAR)まで計測可能なMTBのサスペンション専用のゲージ付きポンプ。エアサス構造となっているマウンテンバイクの場合は体重やライド中の荷物を合わせた総荷重、また走る地形に応じて前後のサスペンションの空気圧を設定する必要があります。

ボントレガーのサスペンション用ポンプのメモリ

微調整できるように目盛りが細かく設定されている。

付けたり外したりする際に内圧が下がらないようになった!!

ボントレガーショックポンプ

脱着の際にショック側から空気が抜けないように配慮された設計。

リニューアルしたショックポンプで目立つのはこの赤いネジ部分。空気を入れる際にサスペンション内の空気が漏れないように精密な構造となっています。実際にサスペンションの空気を入れたり、空気圧を測定する前に赤いツマミ部分は半時計方向に回してあらかじめ緩めておきます。

サスペンションポンプの使い方

赤いネジ部分を閉めこむ。

ボントレガーショックポンプの使用方法

口金を外さなくても空気がリリースできるボタン。

サスペンションの米式バルブに空気入れの口金を取り付けた後に赤のツマミを時計方向に締め込みを行います。空気圧をチェックし必要あればエアを追加しましょう。もし空気圧を必要以上に入れてしまった場合もゲージの斜め下にある赤いボタンを押すことで少しずつエアを逃がす事もできます。適正圧にセットした後にまず赤のツマミを半時計方向へ緩め、その上でポンプ口金部分を緩めればOK。

サスペンションは年々進化していて、トレックのマウンテンバイクであればX-caliber8以上のモデルであればエアサスペンションが搭載されています。タイヤと同じくサスペンション内部の空気は少しずつ抜けていきます。なのでぜひ「ショックポンプ」も自転車と合わせて用意しておきましょう。

ボントレガーデラックスショックポンプ

マウンテンバイクライドの際に是非持っておきたいアイテムです。

ボントレガーデラックスショックポンプ
価格:税抜4,600円

マウンテンバイクの最新パーツの紹介インプレなども合わせてご覧下さい♪

横浜港北N.T.店横浜港北N.T.店

横浜港北N.T.店

〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-38-1 プレヤデス2000 1F 045-914-5906

関連記事

お客様の声

  1. 点検や相談がしやすくて、安心してサイクリングを楽しんでいます!

  2. じっくり試乗と相談で納得の1台を選べました

  3. 様々な場面で楽しめる自転車に1年足らずでドハマり!

  4. 自然の中を風切って走る気持ちよさにすっかりハマりました!

  5. クロスバイクで通勤路の長い坂も楽々!ライフスタイルが一新して楽しいです

おすすめ記事

TOP