ディスクブレーキ搭載ロードバイク

ディスクブレーキロードバイク疑問点一挙解決インプレ&オススメも

最近何かと話題のディスクブレーキ仕様のロードバイク。食わず嫌いで危険なモノと決めつけていたり、効きすぎたりしないか不安を感じていたりする方も多いのではないでしょうか?

ということで、ロードバイクにおける油圧ディスクブレーキについての色々を、インプレライドをした際の実際の使用感も含め事細かにご紹介します。おすすめ油圧ディスクブレーキ搭載モデルももちろんご紹介します!

油圧ディスクブレーキについては『ディスクブレーキ搭載おすすめクロスバイクと油圧ディスクのメリットも』でも詳細に解説していますので合わせてご覧ください。また多摩店と三郷店にはディスクロードの試乗車も常備しています、ぜひお試しください。

ディスクブレーキの基礎知識

リムブレーキとディスクブレーキの違い

ロードバイクのブレーキシステムには大きく2種類あり、リムブレーキというホイールのリム(外側の金属もしくはカーボン部)をゴムなどで挟み込んでブレーキをかける物と、今回ご紹介するディスクブレーキというホイールの中心部にあるハブと言われる車軸周りの部品に金属製のローターと言われる円盤を取り付けて、円盤を特殊な樹脂や金属で挟み込んでブレーキをかけます。

ディスクブレーキキャリパー

ディスクブレーキ

こちらが最近ロードバイクで話題沸騰中のディスクブレーキ

デュアルピポットキャリパーブレーキ

リムブレーキ

こちらが従来からあるデュアルピボットキャリパーブレーキ

油圧式と機械式 ディスクブレーキの種類

ディスクブレーキの中にもオイルの力を使って動作させる油圧式(ハイドロ―リックタイプ)と、リムブレーキ同様ワイヤを引っ張って動作させる機械式(メカニカルタイプ)の2種類ありますが、車をひょいと浮かしてしまう油圧ジャッキと同じ『パスカルの原理』で作動するので性能的には油圧式に圧倒的な軍配が上がります。

機械式ディスクブレーキキャリパー

機械式ディスクブレーキ

こちらがワイヤーを引っ張ることで機能するメカニカルディスクブレーキ

油圧ディスクブレーキキャリパー

油圧式ディスクブレーキ

こちらは密閉されたオイルを押すことで機能する油圧式ディスクブレーキ

ロードバイクにおけるディスクブレーキのメリット

ディスクロードのメリット①

雨に濡れても安定したブレーキ性能

水滴が滴るディスクブレーキローター部

水などの影響を受けにくいディスクブレーキ

何と言ってもブレーキの効きがリムブレーキと比較して天候に左右されにくいところが最大のメリットです。雨天や水たまりなどの路面からの水はね等の影響が少ないことや、そもそもの性能の違いのため雨に濡れても影響が少ないのが特徴です。急ブレーキや急な下り坂など、走っていれば普通に遭遇する神経を使うシーンでもしっかりとブレーキをかける事が出来るので、よりいっそう安全性が高まります。

ディスクロードのメリット②

カーボンホイールと相性抜群!!

ボントレガー製のディスクブレーキ対応軽量カーボンクリンチャーホイール アイオロス 3 TLR Disc D3 クリンチャー フロントホイール

ボントレガー アイオロス 3 TLR Disc D3 クリンチャー フロントホイール

ブレーキの効き以外にも、リムブレーキと大きく違う点で、リムでブレーキをかける必要が無い為アルミカーボン素材を問わずリムを薄く軽量に作ることができ、ホイールの外周が軽くなるので走り出しが軽くなります。

カーボンリムとリムブレーキの組み合わせでは、熱の問題や雨の日に全く効かないなど、効きに様々な不安がありましたが、油圧ディスクブレーキを採用することによって、そういった不安が一切無くなります。

ディスクロードのメリット③

油圧式ディスクブレーキのメリット

油圧式ディスクブレーキは『パスカルの原理』を利用しているため、レバーを操作するだけで車を持ち上げてしまう(油圧ジャッキ)ように、少ない入力でも圧倒的に強いパワーを出力することができます。手が小さい方や握力が低い方でも容易にブレーキをかけることが出来る、長時間のブレーキングでも握力の消耗を抑制することが出来る、ことが最大の特徴です。

機械式ディスクブレーキのメリット

機械式ディスクブレーキは、従来のリムブレーキ仕様と同様にブレーキの部品をワイヤーで可動させているため、リムブレーキと同じブレーキレバーを使用することができ、比較的調整が容易で、ブレーキシステム全体の価格が抑えられているのが特徴です。

ディスクブレーキ仕様のロードバイクを購入するにあたり色々と気になってくる点

ディスクロードの気になる点① 重量増

どのくらい重くなるの?

6.0kgを下回るロードバイクの製造が可能になり、6〜7kg台のロードバイクが完成車として普通に市販され価格的にも以前より遥かに手に届きやすくなった今、ブレーキの違いによる重量差はもはや気にする必要はありません。性能アップによる恩恵がそこは帳消しにしてくれます。

最新型デュラエースDI2油圧ブレーキ用ブレーキレバー(ST-R9170)

小ぶりなデザインに変わった最新の油圧ブレーキレバー

実際のところ確かにリムブレーキ仕様と比較して構造上部品一つ一つがやや重くなる傾向はありますが、最新のディスクブレーキではブレーキ自体の重量増も最小限に抑えられていたり、車体が専用設計でリムブレーキだと必要であったものがものが不要になったりで、以前ほど重量面でのデメリットは減ってきたのも現状です。

それどころか、重量がかさむブレーキ周りのパーツが車体の重心の下部に集中するため安定感が増すというメリットを得ることができます。

TREKの新型エモンダSLRディスクでは、フレーム重量が665gとリムブレーキ使用のフレームと比較しても25g差と重量に遜色はなく、軽量ディスクブレーキ用ホイールなども増えてきたので、もはや一概にディスクだから重いと言うよりは、ディスクでも軽量に変わってきました。

これが超軽量ディスクブレーキモデル

トレックが誇る超軽量ディスクブレーキ対応ロードバイク、エモンダSLRディスクプロジェクトワン

エモンダSLRディスク

エモンダSLRディスクの驚異の車体重量6.62kg

驚異の6.62㎏!

TREKが誇る超軽量ディスクブレーキ対応モデルのエモンダSLRディスクと、最新のデュラエースDI2ディスクブレーキ(R9170)を使用した際の参考重量になります。

ディスクブレーキモデルでも6.7kgを切る超軽量車体を組み上げることも可能で、軽さで山も登れて、ディスクブレーキで下りも安心の隙のない一台になります。

峠を登ったあとにやってくるダウンヒルを、腕や手に疲労を貯めることなく下ることができるでしょう。油圧ディスクブレーキ仕様のロードバイクは、ヒルクライムを愛して止まないホビーライダーにこそおすすめしたいです。

ディスクロードの気になる点② ホイールの選択肢

ホイールの選択肢って増えてるの?

規格が定まってきた12mmスルーアクスル

12mmスルーアクスル

一昔前まではディスクブレーキ用ホイールの軸規格が複数あり、フレームの種類やホイールの選択肢が少なかったりしましたが昨今では車軸の規格が12mmスルーアクスルに定まって来て各ホイールメーカーやフレームメーカーの足並みがそろってきている為選択肢が広がってきました。

また、ホイールのアタッチメントを交換することで、車軸の規格を変えることのできるモデルもあり、汎用性も高まってきました。

ディスクロードの気になる点③ 怪我・火傷

ローターで怪我や火傷をしそうで怖い

ローターのエッジは鋭利に見えますが実は面取りしてあります。だからと言って構造上ケガをする可能性はゼロではないですが、ローターが付いている場所のおかげもあり、意外とローターでのケガの話は少なく、私自身ディスクブレーキオフロード車で沢山転んだことがありますがローターでケガややけどをしたことは無いです。

ちなみに、その昔富士見パノラマでMTBダウンヒル中に興味本位で停車してすぐにローターを触ってみたことがあるスタッフがおりまして…。それはもう熱かったと。指先をうっすら火傷したそうです。良い子もいい大人も決して真似をしないでください(笑

ディスクロードの気になる点④ フェード現象

フェード現象が出たらどうすればいいの?

車の免許試験でおなじみのフェード現象やベーパーロック現象等、坂道を下る際に連続してブレーキを掛け続けるとブレーキが効きにくくなる現象は構造上起こりえますが、MTBのディスクブレーキよりもローターやブレーキシステムの放熱構造がしっかりしているのと、車と違って車体等が軽いため起こりにくいです。

実際効きがゆるくなってきたと感じたら停車してちょっと休めばすぐに冷却されるのですぐに元どおりに戻るモノです。また、前後のブレーキをバランスよく使用することも大切です。

ディスクロードの気になる点⑤ 輪行

輪行時の注意点はあるの?

ローターを油汚れや傷から守るカバーを取り付けた状態

ローターカバー

不用意にブレーキを作動させないようにするために取り付けるスペーサーを取り付けた状態

ブレーキに取り付けるスペーサー

スルーアクスル専用エンドスタンドで自立している状態

スルーアクスル用エンドスタンド

スルーアクスル用エンドスタンドを使用して自立しているエモンダSLRの全体像

エンドスタンド使用例

ローターが油で汚れたりしないために覆うカバーや、ローターを外した後のブレーキに差し込むスペーサーを取り付けて、スルーアクスル用のエンドスタンドを使用すれば、通常の輪行と全く同じ手順で行うことができます。

ディスクロードの気になる点⑥ 音なり

キーキーうるさくないの?

音は多少なりともなりますがリムブレーキと大きくは変わらない程度です。高速でカーブした際や坂道で強めに立ち漕ぎした際のたわみにより擦れてシャッシャと擦る音がなる場合もありますが、普通に走行している時に擦れていないのであればあまり気にする必要はありません。

雨の日などはブレーキを掛けた際に甲高い音が鳴ることはあります。

ディスクロードの気になる点⑦ メンテ

メンテナンスはどうすればいい?

パッドやローターに油分は禁物です。チェーンに注油をする時や洗車をする時など、リムブレーキ以上にそこはシビアになった方が良いでしょう。

リムブレーキ車体と比較するとパッドをはじめブレーキ周りの消耗は少ないので、メンテナンス頻度は少なくなりますが、油圧式の場合年に1回はオイル交換など個人で行うには難しいメンテナンスがあります。購入店舗にお願いするのが良いでしょう。

ディスクブレーキ搭載ロードバイクのライドインプレッション

多摩店スタッフ中村がドマーネSLR6ディスクをまるまる一日乗り倒し、幹線道路、峠のアップダウン、市街地、など様々なシーンでディスクブレーキにフォーカスしたテストを行いディスクブレーキの魅力を伝えていきます。

バイクプラス多摩センター店のドマーネSLR6DISCの試乗車

ドマーネSLR6ディスク

打ち砕かれた先入観

多摩センター店スタッフ中村がドマーネSLR6DISCに乗って走行

天気も良くインプレッション日和

多摩センター店からスタートし幹線道路を走行した際特に驚いたところは、想像以上にホイール外周部の重量を感じなかったところです。(タイヤ幅をリムブレーキ仕様と同じ28cに変更)

私にも先入観が多少はあり、速度が乗る幹線道路での走行では少しもっさりした加速感や乗り心地になるだろうと予想していましたが、信号停止からの加速や坂道からの立ち上がりは、以前試乗したリムブレーキ仕様のドマーネSLR6と比較しても甲乙つけがたく、いい意味で期待を裏切られました。

まるまる一日のインプレライドの序盤から好印象のスタートとなりました。

結局は食わず嫌い?

私自身ディスクブレーキって強烈にホイールがロックするようなブレーキの印象が強くあり、最初の方はやや警戒してブレーキを掛けていました(苦笑

がしかし、実際はガッツリロックすると言うよりは優しいかかり具合でロックすることもなく、しっかり制動もできた上で細かいコントロールも可能で、結局は食わず嫌いだったんだと認識しました。

低い重心でダンシングが!

多摩センター店スタッフ中村がドマーネSLR6DISCに乗り坂道をダンシングで軽快に走行する

登坂でもスムーズに進む

インプレライドも峠に差し掛かり、車体重量がダイレクトに効いてくる区間に入りましたが、ブレーキ周りの重量が車体の重心の下の方にあるため、ダンシング(立ち漕ぎ)した際も余計なもっさり感が無く、普段と変わりなく峠の登りをクリアすることができました。

ダウンヒルセクションで実感 この性能は圧倒的

多摩センター店スタッフ中村が峠の下り道をドマーネSLR6DISCでブレーキを掛けながら走行する

下りでも安定したブレーキ性能

ここからが今回のインプレライドで私が特にディスクブレーキの圧倒的な優位性を感じたところです。

インプレライドもヒルクライムをクリアしてダウンヒルに突入しました。『正直私・・・下りが大の苦手なんですよ・・・』

苦手な下りに若干テンションダウンしながら下り始めブレーキをかけて一気にテンションアップ!!油圧ブレーキ特有のブレーキタッチの軽さがダウンヒルでめちゃくちゃ具合が良いく、手の小さい女性の方でも楽々ブレーキをかけれるぐらいのブレーキフィーリングに、ダウンヒルへの苦手意識がかなり和らぎ楽しく下れました。

写真は下ハンドルでブレーキしてますが、下りの途中からブラケット部でブレーキを掛けてみましたが、ブレーキのタッチが軽いため無理なく減速することが出来ました。リムブレーキの車体で長時間の下りを、ブラケット部を握っての長時間ブレーキは握力が無くなってきて最悪止まれなくなる可能性があります。

また、ディスクブレーキならではのポイントで、ホイールのリムへのダメージを気にすることなくブレーキを掛けることが出来るものグッドです。

路面状況に左右されない安定感

道中砂利道や雨の降った後でしたので大きな水たまりなどの悪路がありましたが、あえてそこを走行した際もオフロードバイクで証明されている安定した制動力で車体をコントロールすることが出来て安心して走行することができました。

また、ガッツリ5cmぐらいの深い水たまりに突入した際も、リムでブレーキを掛けるのと違ってブレーキが濡れることが無く、効きには全く影響がありませんでした。どんな状況下でもいつもと変わらぬブレーキ感覚で減速でき、頭では分かっていましたが感覚的には不思議でした(笑)

街中でも確実なブレーキ

苦手なダウンヒルをディスクブレーキの恩恵ですんなりと楽しくクリアしインプレライドも終盤の市街地に入りました。

市街地では信号での停車や時間帯によっては渋滞などストップ&ゴーが多く、頻繁にブレーキを掛ける為ライド後半の疲労が溜まってきた手にじわじわダメージを与えますが、油圧ディスクブレーキではタッチの軽さがここでも効いて安定してブレーキをかけることができます。

一日を通まるまるディスクディスクロードで走り回って感じたことの総括ですが、とにかく『車体をコントロールすることが容易で乗り手と車体との一体感と安心感』があり乗っているだで楽しかったです。

おすすめディスクブレーキ搭載ロードバイク

メリットの多い油圧ディスクブレーキを搭載したロードバイクのおすすめモデルをご紹介。手が小さく握力がない女性におすすめの女性専用モデルもあります。

おすすめ油圧ディスクブレーキ搭載モデル

トレック チェックポイント SL5

トレック ドマーネ SLR6 ディスク

トレック ドマーネ SL6 ディスク

トレック ドマーネ SL5 ディスク

トレック エモンダ SL6 ディスク

トレック エモンダ ALR5 ディスク

女性用おすすめディスク搭載ロードバイク

トレック ドマーネ SL6 ディスク 女性用

トレック ドマーネ SL5 ディスク 女性用

トレック エモンダ ALR5 ディスク 女性用

プロジェクトワンでも選択可能!

Deep Dark Blueのメインカラーに差し色でOld Style Goldが渋いドマーネSLRDISCのプロジェクトワン

プロジェクトワンで製作したドマーネSLRディスク

トレックのカスタムオーダープログラムのプロジェクトワンでもディスクブレーキ搭載車が選択可能で、自分オリジナルの一台を作ることができます!

まとめ

ディスクブレーキ仕様のロードバイク、いかがでしょうか?

ジャンルとして比較的新しいものですが、長い下りでも腕がパンパンにならず、普段もさほどリキむ必要もなくしっかりとブレーキコントロールができるという特徴を考えると、思っているより身構えるものでもなく選択肢が増えたという意味では選ぶ楽しみが出来たともいえます。

車体選びの際は、バイクプラス各店のスタッフに気軽にご相談ください。皆様のスポーツバイクライフがより楽しくなるようスタッフ一同ご案内致します。

こちらの記事もよく読まれています!