バナー:お買得ロードバイク情報

ヒルクライム初心者におすすめのロードバイクと選ぶ際のチェックポイント

近場の坂道や峠道を登坂して達成感を味わったり、毎年参加するヒルクライムレースでの自己タイムの更新を目標にトレーニングにいそしんだりと、主にヒルクライムを楽しむことを前提にロードバイクを初めて購入しようとお考えの方のために、ヒルクライムに適したロードバイク選びのポイントをまとめました。フレーム、コンポ、ホイールのどういった部分に注目しどういった考え方で選べば良いかなど、参考になれば幸いです。

また、10万円代で手に入る軽量アルミモデル、絶大な人気の20〜30万円のカーボンエントリーモデル、初めての一台としては高価な部類ですがホビーユースとしてかなり満足度が高いカーボンミドルグレードのモデルなど、ヒルクライムにおすすめの軽量ロードバイクをいくつかピックアップしてご紹介します。

初心者が本気でヒルクライムに適したロードバイクを選ぶなら…

後の軽量化カスタムも含めてトータルで予算を考える

完成車のノーマル状態のままヒルクライムを楽しむ方も大勢いらっしゃいますが、ヒルクライムを楽しんでいるとどうしても“軽量パーツに交換したくなる衝動”に駆られます。軽さを手に入れるための投資を車体購入時に行ってしまうか、後々色々とパーツを吟味しながら何度かに分けて投資していくか、この問題にあらかじめ目を向ける必要があります。

トータルコストを抑えるために最初からそこそこいいグレードを選ぶ

「フレーム」「コンポ」「ホイール」をバラバラで購入して一からロードバイクを組み上げたり、後々カスタマイズをして軽量化を図るのは費用が嵩むので、初めてのヒルクライム向けロードバイクならば、多少無理してでも最初からそこそこいいグレードのフレームで、そこそこいいグレードのパーツを搭載した完成車を選ぶのが良いでしょう。トータルコストが安くすむのはもちろん、最初からいいロードバイクの素晴らしい登坂性能を十分に堪能することができますし、不要なパーツやホイールが出て処分に困ってしまうこともありません。

いきなり最初に大きな出費は避けたいという場合はカスタムを後で楽しむ

この先どれだけハマるかもわからない時点でいきなり高価な車体に投資はできないとお考えの場合は、長いスパンでみた時に多少費用は嵩みますがまずは「フレーム」の性能に重きをおいて、「コンポ」や「ホイール」のグレードはそこそこに出費を抑えて車体を選ぶのがよいでしょう。「フレーム」以外をどんな風にカスタムしていくか考えるのもロードバイクの楽しさの1つでもあります。特にホイールは選択肢も多く交換も比較的容易で後から個別にアップグレードしやすい上に、ガラッと雰囲気が変わった愛車の見た目も楽しむことができ、性能差を実感しやすいカスタムパーツです。

後々のヒルクライム向け軽量化カスタマイズとしては、ハンドル・ステム・サドル・シートポストなどを軽量なカーボン製品などにグレードアップしていくのもおすすめです。時期をずらして1つ1つ交換していけば軽さや剛性、乗り心地、座り心地の違いを楽しむこともできますし、ホイールほどのまとまった出費にはならなくてすみます。これらのパーツは車体上部に位置しているのでダンシング時には数字上よりも軽さを実感しやすかったりします。

フレームの軽さと性能を吟味する

重力に逆らって上へ上へと登るヒルクライム。単純に「重量」だけで比較すると同じ人物が乗るなら軽いほうが速いです。なのでなるべく軽いロードバイクを選んでおきたいところです。がしかし、必ずしもただ軽ければ良い訳でもありません。軽さと同じように重要なのが、漕いでいる力を推進力に変換できるフレーム性能の高さ(=ボトムブラケット周りの剛性)。剛性の高さは推進力・登りの速さやラクさにとても影響してきます。

予算的にカーボンに手が出ないなら軽量をウリにしているアルミフレームにしたい

例えば同価格帯でカーボンとアルミ、重量的にどっちが軽いか?と言う点だけで考えると、軽量をうたっているアルミフレームに軍配が上がります。予算的にカーボンに手が出ないようであれば、超軽量アルミフレームとして人気の完成車(例:TREKエモンダALRシリーズ)を選ぶと良いでしょう。

軽量アルミフレームの車体なら、後々色々アップグレードしていくと驚くほど軽量に仕上がります。詳しくは「Emonda ALR(エモンダALR)はどこまで軽くなる?軽量化にチャレンジ」をご覧ください。お財布や銀行口座もかなり軽量化してしまいますが、カスタムしていった結果なんと6kg台後半という軽さを実現しています。

トレック 300シリーズアルファアルミニウム

トレックの軽量アルミ合金フレーム

700シリーズOCLVカーボン

トレック独自開発のOCLVカーボンフレーム

予算的にカーボンが視野に入るなら迷わずカーボンにしたい

上の写真の通り、ペダリングの軽さに影響するボトムブラケット周りの剛性はカーボンの方が圧倒的に高く設計されています。製造上パイプ形状や肉厚の自由度がカーボンの方が高いので高性能なフレームに仕上げることができるのです。なので、予算が許すなら迷わずカーボンです。

大した重量差がないアルミとカーボンのフレームを比べた場合、実際登りで漕いで速いし軽いと感じるのはカーボンフレームの方と考えて間違いないでしょう。上位グレードのカーボンフレームは実にテンポよく登坂します。

カーボンフレームはいくつかグレードに別われているメーカーが多いです。軽さで人気のTREKエモンダシリーズの場合は、「エモンダSLシリーズ」とその上位に「エモンダSLRシリーズ」があります。当然のことながら上のSLRシリーズの方が軽量で剛性も高く、(エンジンは自分自身のカラダであることは脇に置いといても)実にサクサクと登ってくれます。初めての一台としてはなかなか躊躇する価格帯に入ってきますが、ワンランク上のグレードの走りを楽しめるでしょう。

カーボンフレーム製造にご興味のある方はこちらの記事「「TREK USA」OCLVカーボンフレーム製造工場潜入レポート」もおすすめです。

コンポは11段変速のグループを選んでおく

コンポーネントの世界シェアナンバーワン「シマノ」では、(2018年01月現在)上からリア11段変速仕様のグループ「デュラエース」「アルテグラ」「105」、10段変速仕様のグループ「ティアグラ」、9段変速の「ソラ」、8段変速の「クラリス」というシリーズをロードバイク向けコンポとして展開しています。「デュラエース」はトッププロが実戦で使用しているほどの軽さと性能を有しています。「アルテグラ」もセカンドレベルのプロレースシーンで使用されることも多く、11段変速の下位グレード「105」はスポーツとしてロードバイクを楽しむのなら最低限このグレードはおさえておきたいと評されているグレードです。

コスト面も含めて軽さと性能で多くのライダーを満足させてくれる筆頭は「アルテグラ」その次が「105」でしょう。もちろん「デュラエース」を使ったら他のグレードには戻れないくらい軽量で高性能ですが、「デュラエース」が装備されている完成車は、フレームやホイールもハイグレードで合わせていることが多く、初めて購入するロードバイクとしてはなかなか手がでる金額ではありません。いつかデュラエースを購入することを夢みて、今は迷わず現実的な路線としての最上位である「アルテグラ」かその下の「105」が搭載された完成車を選択しましょう。

10段仕様の「ティアグラ」でももちろんヒルクライムを楽しむのに大きな不足を感じることはあまりありません。リアの変速で多くの完成車体に標準装備されているのは10段では12-28Tのカセットスプロケットで、11段では11T(数字が小さいほど重いギア)が追加されて11-28Tとなります。重いギアの追加なのでヒルクライムとしてはギア数で変化がありませんが、大きな違いはまず重量。

フルコンポーネントで「ティアグラ」と比べると「105」は280gほど軽く、そこそこな重量のサドルやハンドル分ほどの重量差になります。あとで280gの軽量化をしようとすると、車体価格ばりの予算で多くのパーツを交換しないといけません。また、「105」はクランクが中空なので構造上たわみが少なく、ヒルクライムでトルクをかけて漕ぐ場合などにパワーロスを防ぐことができます。上位グレードの設計を色濃く持った「105」は部分的にアップグレードが可能な互換性も兼ね備えているのでカスタムの幅も広がります。

登坂に適したギアを搭載している車体を選ぼう

ヒルクライム用として考えると、何段変速?かということに加えどこまで軽いギアが付いているかも焦点になります。フロントのクランクは50-34T(コンパクトドライブ)と呼ばれる一般人の脚力に最適化された軽めのギアのタイプを選びましょう。流通しているロードバイクのほとんどが現在はコンパクトですが、稀にレーサーや健脚向けの重めの52-36Tや53-39Tが存在していますので購入前にチェックしておきましょう。

同じくリア側のカセットスプロケットは12-28T(数字が大きいほど軽いギア)や11-28Tがほとんどです。軽い方のギアが25Tだったりすると不安ですが、28がついていればほぼ登坂に支障はありません。モデルによっては11-32Tを標準装備しているものもあります。28T、30T、32Tなどの軽いギアが欲しい時はカセットスプロケットを交換をすればいいのですが、パーツの設計上リアディレイラーとチェーンの交換を必要とする場合があるので注意が必要です。

シマノ 105クランク

完成車標準の50×34Tクランクセット

シマノ 105カセットスプロケット

同じく標準の11~28Tのカセットスプロケット

下りでのブレーキ性能もなんとなく重視したい

初心者がコンポ選びで注目したいのはブレーキの性能です。ヒルクライムで登った分だけ下り坂を走らなければなりません。下り坂は否応無しに速度が上がります。ブレーキングや車体コントロールに慣れていないとすぐに自分では制御不能な速度域に達してしまいます。そうなるとコーナーで滑ってしまったり、焦ってまっすぐにしか走れなくなり最悪ガードレールに激突…なんてことにもなりかねません。気象条件によっては「アルテグラ」を使っていてももっと効いてくれないかなと感じたことはあります。安全のためによりよく効くブレーキを使いたいところです。

当たり前と言えば当たり前ではあるのですが、上のグレードになるに従いブレーキの制動力は地味に確実に上がっています。ブレーキは上のグレードを使うに越したことはありません。ブレーキ本体だけを上のグレードに交換するだけでも効きはよくなりますが、レバー側との互換性の有無がありますので交換の際は注意が必要です。シマノやスラム、カンパといったコンポーネントメーカー以外のブレーキは平地でも能力不足を感じるものもありますので注意して選びましょう。

最近ではさらに優れたブレーキである「油圧ディスクブレーキ」を搭載したモデルも増えています。詳しくはこちらの「ディスクブレーキロードバイク疑問点一挙解決 インプレ&オススメも!」をご覧ください。

ホイールの性能の違いを楽しんでいただきたい

ヒルクライムが好きな方の多くはホイールを後々軽量化することが多い

完成車に標準装備されるホイール

あえてホイールのグレードは気にしないでいい??

フレームやコンポのグレードにもよりますが一般的に車体の値段が高い方が、軽くて良いホイールが搭載されています。ただ、超高額な完成車でないと最軽量の部類に入るような高性能なホイールは装備されていません。そんな状況ですので、超軽量ホイールに後々アップグレードするつもりでいた方がさらに楽しめるでしょう。絶対にホイールをアップグレードすることはない!という場合は、車体にしっかりと予算をつぎ込み、まずまず軽めのホイールが搭載されたロードバイクを選んでおきたいところです。が、グラム数まで細かく気にする必要もあまりないでしょう。

ヒルクライムが好きな方の多くは、車体購入から一年後に交換したり、二度目、三度目のヒルクライムレース前に交換したりしてヒルクライム生活を楽しんでいます。

ちなみに、どんなモノでもそうですが使っていればどんどんと傷んでいくものです。リムの場合はブレーキ面が削れていったりしますし、金属疲労で寿命を迎えたスポークは切れたりするものです。ホイールの傷みを感じた時にどちらにしても新しいホイールを購入する必要は出てきます。急いで超軽量ホイールにアップグレードせず、傷んできたと感じたそのタイミングで欲しい完組ホイールを購入するのもおすすめです。ボントレガー、シマノ、カンパニョーロ、フルクラムなどの単体で流通している完組みホイールは、アルミリム採用のかなり軽量なホイールでも10万円前後から選択肢があります。超軽量なタイプになると20万円以上になり、高額になればなるほどカーボンを採用しているものが増えて行きます。

ホイールについてもっと詳しく知りたい方こちらの「ちょっといい完組ホイールに換えると走りが変わるってホント?」がおすすめです。その他ヒルクライム向けのカスタマイズについては「ロードバイクをヒルクライム向け軽量化カスタムするならここがおすすめ」もご覧ください。ホイールの外周に装着されるタイヤやチューブも地味ですが効果のあるカスタムです。

その他の装備品の軽量化も意識したい

パンクなど緊急時に必要なアイテム

パンクなどトラブル対策のグッズ

車体以外にもヒルクライムに合わせて軽量コンパクトなアイテムを選ぶことができます。例えばパンク対応の修理キットやカギ。トラブルを心配するあまり、ガッチリした重たいカギや修理キット含めいろいろな荷物を自転車に装備してしまうことがあります。車体が軽くともそれではせっかくの機能が活かされなくなってしまいます。

また、身に着けるヘルメットやウェア、シューズなども軽量化させていくことができます。ヒルクライムに特化したアイテムも気になるところですが、フレームを含めて多くのパーツを使用して走るので、バランスを考えていくことが肝心です。ヒルクライムアイテムはお財布の軽量化とも言われてしまっているので、各方面と相談しながら揃えていきましょう。

ヒルクライム初心者にオススメのロードバイク

当店が販売しているトレックのロードバイクにはマドン、エモンダ、ドマーネの3シリーズがあります。その中で特にヒルクライムなど軽量に特化させたのがエモンダ。ヒルクライムにフォーカスするならやっぱりエモンダシリーズがオススメ。ここでは初めての方でも楽しめるオススメの5モデルを紹介します!!

最初からかなりいいものを選ぶならこれがイチ押し!

おすすめする最初の一台がなかなかの高額グレードで恐縮ですが、フレーム、ホイール、コンポ、非常に満足度が高い内容です。特に後で軽量化したくなる部分はないといっても過言ではない一台です。

電動コンポーネントにカーボンホイール:エモンダSL7

トレック エモンダSL7 電動コンポ

軽量フルカーボンフレーム&電動アルテグラコンポ

2018年モデル TREK Emonda SL7(エモンダSL7)¥482,000(税抜)

電動シフトはとにかく快適!軽いクリック感で変速が出来るのでギアが変わる際のストレスが肉体的にもパーツ的にも少なくなります。特にヒルクライムでは上り坂で負担のかかる変速をするケースが多くなりますが、ミスシフトすることなく的確に変速してくれます。カーボンホイールも標準装備でいうことなしの一台です。

予算30万円ならこんなにいいモデルが手に入る

文句なしの構成:エモンダSL6

トレック エモンダSL6

軽量フルカーボンフレーム&シマノ アルテグラコンポ

2018年モデル TREK Emonda SL6(エモンダSL6)7kg前半!! ¥297,000(税抜)

ヒルクライムに特化した、いいロードバイクが欲しい!!という方にはこの一台。シマノのアルテグラフルコンポーネントと軽量なボントレガーのパラダイムホイールを装備し、カスタムなしでヒルクライムでのパフォーマンスを発揮してくれます。

コストパフォーマンスで一番人気のカーボンモデル

カスタムすることでさらに大化けするモデル:エモンダSL5

トレック エモンダSL5

軽量フルカーボンフレーム&シマノ105コンポ

2018年モデル TREK Emonda SL5(エモンダSL5)2色あり ¥213,000(税抜)

このエモンダSLシリーズからフルカーボンフレームになります。高い剛性感と軽量化のためのフレーム設計はまさにヒルクライム仕様。フルカーボンならではの乗り心地の良さもあり、ヒルクライム以外にも活躍の幅を広げられます。ヒルクライムに特化したカスタムも楽しみな一台です。

アルミなら105搭載のこちらが断然おすすめ

コレ一台で満足!!:エモンダALR5

トレック エモンダALR5

軽量アルミフレーム&シマノ105コンポ

2018年モデル TREK Emonda ALR5(エモンダALR5)2色 ¥166,000(税抜)

エモンダALR5はフロントフォークをコラムに至るまでフルカーボンとし、全体の軽量化に貢献しているモデルです。コンポーネントは2×11速のシマノ105フルセットで申し分なし。フルカーボンモデルに匹敵する重量の軽さと反応の良さで、重力と闘うヒルクライムにうってつけのアルミフレームロードバイクです。

予算をグッと抑えるならこれ

ハイコストパフォーマンス:エモンダALR4

トレック エモンダALR4

軽量アルミフレーム&シマノTIAGRAコンポ

2018年モデル TREK Emonda ALR4(エモンダALR4)2色 ¥129,000(税抜)

‟削ぎ落す”という言葉の意味を持つエモンダシリーズ。エモンダALRはトレック最高峰のアルミフレームです。アルミコラムカーボンフォークを採用し、シマノの2×10速のティアグラコンポーネントを装備しています。ヒルクライム用のベース車両としても、イベント、レース、ロングライドなどの使い方に対しても能力を発揮してくれます。

最後に

ヒルクライムを楽しむならどんなところに着目してロードバイクを購入したらよいのか色々とご紹介しておいてアレなんですが、スポーツバイク専門メーカーのモノならばどんなロードバイクでもヒルクライムを楽しむことは可能です。最初からすごくいい車体でヒルクライムを走るのも楽しいですし、1〜2年の間でカスタマイズして完成させていくのもかなり楽しいです。もちろん家族会議でOKがでたギリギリの予算の中で購入できる車体で走るのも楽しいですし。

ところで、車体を購入する際はスペックや重量以上に大切なことがあります。「適正フレームサイズ選び」や「適切なフィッティング」です。そちらも意識して自分なりの納得の一台を見つけヒルクライムを思う存分楽しんでください。

バナー:ロードバイクお買得情報

人気モデルお買得情報

あの人気10モデルが今安い! モデル詳細をいますぐチェック!


バイクプラスで購入した自転車は生涯点検無料「安心保証」

点検はいつでも無料

点検は生涯無料。しかも満足保証付きだからこそ安心して自転車をご購入いただけます。


試乗無料体験実施中!「試乗車情報」

無料で試乗がでる

サイズやモデルの違いは実際に乗ることで発見や納得があるもの。試乗大歓迎です。

バイクプラスで自転車を購入されたお客様の声

お客様の声

「じっくり試乗と相談で納得の1台を選べました!!」お客様からの喜びの声多数!!