通学におススメなクロスバイク特集

高校大学の自転車通学におすすめのクロスバイクと選び方のポイント

高校大学の入学をきっかけにクロスバイクで通学をしようとお考えの方も多いのではないでしょうか? 3〜4年間ほぼ毎日のように乗り倒す自転車なのでカッコよさだけに注目するのではなく、安全で丈夫な信頼できるメーカーのクロスバイクを選びたいですね。今回は通学にオススメなクロスバイク選びのポイントとおすすめのクロスバイクをご紹介します。

自転車通勤におすすめのクロスバイクと選び方のポイントはこちらからどうぞ。

それでは『通学におすすめのクロスバイクと選ぶ際のポイント』を見ていきましょう。

通学用クロスバイク選びのポイント

①多くの人の目に触れるからカッコいいメーカーを選ぶ

カッコいいクロスバイク

通学用にせっかくクロスバイクを購入するのなら、ロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツ自転車の世界で世界的に一流のメーカーがいいでしょう。スポーツ自転車は機能面や耐久性といった部分だけでなく、見た目やデザインにこだわって作っているメーカーが多いので所有することによる満足度が高いです。服装やカバンや時計等の身に着けるものもこだわるなら毎日乗り物にもこだわりたいものですね。いいメーカーの自転車に乗る事で気分も上がりますしトータルコーディネート含めて学生生活が華やかになるのではないでしょうか。

②3、4年間毎日使うから丈夫なクロスバイクを選ぶ

通学にクロスバイクを
通学で使う自転車はこれからの学生生活で重要なパートナーになります。例えば片道6キロの通学で往復12キロ、土日祝を差し引いて一年約245日と計算すると年間約3000キロもの通学距離になります。通学時間も距離も馬鹿になりません。そんな通学時に自転車の故障等のトラブルがあると遅刻してしまったり一日気分が萎えちゃいますよね?そういった理由からも通学の自転車は丈夫で安全な乗り物である事が大切です。

丈夫なもの=一流メーカーが製造したもの

アメリカのスポーツ自転車メーカーTREK

『丈夫なもの』という基準は何でしょうか?それはきちんとした製品のことです。様々なメーカーが自転車を販売していますが信頼できるメーカーの製品を選ぶことが大切です。

例えば、当店で取り扱っているアメリカのスポーツ自転車メーカー『トレック』。トレックのフレームには限定生涯保証が適用されています。

トレックでは丈夫さを追求する為に様々な製品開発やテストを行っています。専用の施設で繰り返し製品テストと改良を行います。それは欧米や日本の国際品質規格よりも厳しい安全テストを重ねています。カーボン製品の開発に関してはアメリカの航空宇宙産業の基準を上回っています。そんなメーカーだからこその保証で安心して丈夫な自転車に乗ることができます。

トレックをもっと詳しく知りたい方はこちらのアメリカ本社&工場見学のブログがおすすめです。

カーボンフレーム製造技術における飛行機と自転車の類似点についてはこちらの記事がおすすめです。

丈夫なもの=素材

アルミフレーム
スポーツ自転車は様々な素材でフレームが作られています。スチール、アルミ、カーボン、チタン・・・等々ありますがその中では軽量さと頑丈さ、低コストで作られるアルミフレームが通学にはおススメです。通学距離も長いしせっかくだから軽量で乗り心地の良いカーボンフレームを使ってみたい・・・という考えもあるかもしれませんが駐輪環境を考えるとあまりお勧めはできません。たわみに強く高剛性のカーボンフレームですが駐輪している間にだれかに倒されたり、転倒したりした際の衝撃によっては破損に繋がってしまいます。

③安全に操縦できるクロスバイクを選ぶ

クロスバイクのサイズの重要性

スポーツ自転車は車輪の大きさではなくフレームの大きさでサイズが分かれています。乗る人の身長や手足の長さによってフレームの大きさを決めていく事になります。合わないサイズに乗ると乗り降りがしにくいだけでなく操縦もしにくくてとても危険です。無理な姿勢で乗車を続けると関節の痛みなども発症します。スポーツ自転車専門メーカーなら複数サイズ展開していると考えて問題ありませんがメーカーによってサイズの数はまちまちです。サイズ展開数が多い方が身体にあった安全に操縦できるサイズを手に入れやすくなります。

ちなみにトレックでは女性用のサイズも含めて5サイズ、身長150㎝弱から2m近くの方までサイズ展開がありますので安心して自分に合ったサイズの自転車を選ぶ事ができます。

④パンクしにくく滑りにくいタイヤなのか確認する

丈夫なタイヤを選ぶ

先述にもありますが毎日使う自転車ですので通学時にいかにトラブルに合わないかが重要です。どんな自転車にもつきものなのがパンクです。通学中にパンクしてしまったら通学時間がオーバーして遅刻・・・という事もあります。また雨天時やちょっとした段差で滑って転倒してしまうとケガにもなりますし大事な自転車が壊れてしまう事もあります。そこで滑りにくくパンクのしにくいタイヤを選ぶ事が大切です。タイヤの走行面が厚くパンクの防止シートが入っていたり、水捌けの良いトレッドが入ったタイヤを選びましょう。

タイヤ幅は細すぎない32Cや35Cが走行時の安定感やクッション性が高いので安心して走行できます。28C以下の細いタイヤは漕ぎ出しが軽いので試乗時は軽快で好印象なのですが、乗り心地や濡れた路面でのグリップ力が劣る上に空気圧の管理もシビアになリます。少し太めのタイヤが通学にはおススメです。

⑤ブレーキが良く効くクロスバイクを選ぶ

Vブレーキ

Vブレーキ

ディスクブレーキ

ディスクブレーキ

走行時に停止したり減速したりする上でブレーキがしっかりと効くという事はとても重要です。思ったタイミングで停止できないと転倒や事故に繋がって危険です。クロスバイクで多く採用されているVブレーキというタイプのブレーキは制動力が高くてコントロールがしやすく、コストもあまりかからないのでおススメです。安価な自転車はブレーキの利きが悪く、調整もきちんとされていなかったりするものもあるので注意が必要です。

またあまり安価なものは避けたいところですが、信頼できるメーカーのパーツであれば最近普及し始めたディスクブレーキもありです。高いストッピングパワーとコントロール性、雨天時等でも影響を受けにくい制動力は毎日の通学で心強いブレーキと言えるでしょう。ディスクブレーキについては下記記事で詳細にご紹介しています。

⑥修理メンテナンスで頼れるお店を選ぶ

自転車メンテンナンスの重要性

通学で毎日使う自転車はメンテナンスをする事が重要です。自転車は車の車検と同じように定期点検やメンテナンスが欠かせません。ワイヤーやブレーキシュー、タイヤ、グリップなどの消耗する部品は傷めば交換しなければなりません。壊れた際には早めに修理をしておかないと取り返しのつかないケースになる場合があります。そこで信頼できる自転車ショップを見つけるのが大切です。売っておしまいではなく点検や修理等のアフタサービスはしっかりしているか、気軽に立ち寄れるショップか、きちんとした整備ができるお店かの確認が必要です。

家や学校から遠いショップで購入したりはたまた通販で購入してしまった場合は点検してもらうショップ探しも大変です。自店販売車体は工賃割引があったり、他店購入車体の点検修理は受け付けていないお店もあったりします。見てもらう頻度が落ちてしまうとパーツの消耗に気付けず故障に繋がってしまうケースがあります。

当店のアフターサービスは下記のページで、修理・メンテナンスについては「サービス紹介」でご紹介しています。また、当店で自転車を始められた「お客様の声」もぜひご覧ください。

⑦色々なオプションパーツで便利にカスタマイズ

車体のみで走行は可能ですが通学で使用するとなるとオプションパーツが必要になってきます。様々なオプションパーツが取り付けられるクロスバイクは通学の乗り物としてうってつけでしょう。それでは通学に揃えておきたいパーツを見ていきましょう。

明るいライト

通学におススメなフロントライト

フロントライトは明るければ明るいほど良い

通学におススメなリアライト

リアライトは日中でも点灯させよう

スピードの出るスポーツ自転車での夜間走行は足元を照らすだけでなく数十メートル先を照らして視界を確保する事が大切です。下校時間が遅くなったり日照時間の短い冬の時期は光量のあるライトを選びましょう。最近はUSB充電式ライトもありますので繰り返し充電できるので節約にもなります。そして後ろには赤く光るライトを装着して存在をアピールしましょう。ポイントはとにかく目立つ事。日中でもライトを点灯させて被視認性を確保しましょう。

カギ

スポーツ自転車は軽く高価なものが多いので盗難対策はしっかりと行いましょう。フレームとホイール、支柱に通すようにして鍵をかけましょう。切断されないような頑丈な鍵とその場から持っていかれないように長さのある鍵を二個使ってのツーロックがオススメです。

泥除け、スタンド

全面泥除け

急な雨に降られる場合もあるので雨対策はしっかりと

スタンド

安定感があり長さの調節のできるスタンドがおススメ

クロスバイクは購入したままの状態だとフェンダー(泥除け)が付いていないものがほとんどです。雨の降った日や雨上がりの濡れた路面を走行しているとタイヤから跳ね上がった水が衣類や鞄にかかってしまいます。自転車に泥除けを装着して水跳ねを防いだりレインウェアを身に着けて対策してしておきましょう。また駐輪の際には自立できるスタンドを取り付けましょう。軽量なクロスバイクでも簡易的なスタンドではなくしっかりと自立できるスタンドを取り付けるのがポイントです。

荷台(キャリアー)

荷台

全体のバランスを考えて荷台は後ろが望ましい

キャリアを取り付ければ重い荷物を背負う事無く通学できる

重い荷物をどう運ぶのか?

通学に多いタイプのバック学生に多いのが背負うタイプのバッグでの通学です。教科書や筆記用具、部活の道具など様々なものを収納しているバッグをどう持って通学するのかがポイントになってきます。荷物が少量であれば背中に背負って運ぶ方法もありますが荷物が重いと背負うのは疲れてしまいます。後ろに荷台を付けて固定して運ぶという方法が良いでしょう。日本では稀ですが欧米では比較的多いスタイルです。

通学時間が長くなる場合、大きい荷物を背負ったまま走行すると肩がや背中が疲れてしまいます。そんな時は自転車に荷台を取り付けてそこに荷物を置きましょう。自転車全体の重量は重くなってしまいますが背負って走るよりもずっと楽になります。自転車のバランスを考慮して後ろにキャリアーを取り付けるのが一般的ですが前にカゴを取り付けて荷物を入れる方法もあります。

その他にも・・・空気入れ、ヘルメット、グローブ、スソドメ等

その他にも揃えておく用品があります。スポーツ自転車用の空気入れや安全の為のヘルメット、汗や寒さを防ぐグローブやズボンの裾がギアの歯やチェーンに当たらないようにする裾止め等です。いずれも安心・安全に通学環境を整える為のアイテムですので最初に揃えておきましょう。

スポーツ自転車用空気入れ

スポーツ自転車用空気入れ

通学向きヘルメット

ヘルメット

通学に必要なグローブ

グローブ

あると便利な裾止め

裾止め

⑧チェーンリングにカバーが付いているとなお良し

チェーンリングカバー

これはちょっとしたワンポイントになるのですが自転車のクランクに付いている円盤の歯、チェーンリングに付いているカバーが装備されている自転車を選ぶというのも通学用自転車には大切です。チェーンリングカバーはチェーンが外側に脱線するのを防ぐ役割がありますがズボンの裾を汚したり引っ掛けたりするのを防ぐ役目もしてくれます。先述の裾止めを使うのがおススメにはなりますがこういった細かいポイントもチェーン落ちのトラブルやチェーンが接触して衣類が汚れてしまった・・・というケースを防いでくれるのです。ロードバイクにはチェーンリングカバーが付属されているものがほとんどなく、クロスバイクを通学で選ぶポイントになります。

スタッフおすすめのカスタム例

以上の事を踏まえてスタッフが高校生の通学スタイルとしてオススメなクロスバイクをカスタムしてみました。
TREK FX2 カスタム
TREKのFX2をベースにライトやスタンド、泥除け、キャリアーを搭載しています。自身の遠い昔の高校生時代を思い出しながらパーツを取り付けました。、通学距離は10キロで田舎道だったので明るいライトはもちろん、時刻が見えるサイクルコンピューターを取り付けたり、教科書やら辞書やら荷物が多かったので荷台があると嬉しいですし、雨の日もレインウェアを着て通学していましたが泥除けのおかげでレインウェアがあまり汚れなかったのが記憶にあります。鍵はフレームに取り付けられるタイプが持ち運びの面で安心です。学校の駐輪用にもう一つ鍵を用意しておくのも良いかもしれません。

自転車通勤用カスタム例はこちらでも詳しくご紹介しています。

通学用おすすめクロスバイク

通学用おすすめクロスバイク①

アメリカのスポーツ自転車メーカー・TREK(トレック)のクロスバイクシリーズ・FXでのファーストモデルがFX1です。軽量で丈夫なアルミフレームに堅牢なクロモリフォークを組み合わせた21段変速(前3段、後7段)変速モデルです。タイヤのサイズも35㎜幅のものが搭載されているので安定して走行ができます。

トレック FX1 ウォータールーブルー

TREK FX1
Waterloo Blue

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後7, 21 speed
700x35c、12.41kg

¥45,000(税抜)

TREK FX1の詳細

TREK FX1 ブラック 2018

TREK FX1
Treck Black

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後7, 21 speed
700x35c、12.41kg

¥45,000(税抜)

TREK FX1の詳細

通学用おすすめクロスバイク②

TREK(トレック)のクロスバイクシリーズ・FXの人気モデルがFX2です。軽量で丈夫なアルミフレームとアルミフォークを組み合わせた24段変速(前3段、後8段)変速モデルです。タイヤのサイズも35㎜幅のものが搭載されているので安定して走行ができます。

通勤おすすめクロスバイク TREK FX2 黒色

TREK FX2
Matte Treck Black

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後8, 24 speed
700x35c、11.43kg

¥57,000(税抜)

TREK FX2の詳細

通勤おすすめクロスバイク TREK FX3 白色

TREK FX2
Matte Treck Black

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後8, 24 speed
700x35c、11.43kg

¥57,000(税抜)

TREK FX2の詳細

通勤クロスバイク TREK FX3 ブルー

TREK FX2
California Sky Blue

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後8, 24 speed
700x35c、11.43kg

¥57,000(税抜)

TREK FX2の詳細

通勤クロスバイク TREK FX2 red

TREK FX2
Roarange

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後8, 24 speed
700x35c、11.43kg

¥57,000(税抜)

TREK FX2の詳細

通学用おすすめクロスバイク③

フロントフォークにカーボン素材を採用した軽快さと乗り心地の良さに優れたモデルがFX3です。後ろが9段変速仕様になりギアの選択肢も多いのが特徴です。またグリップやハンドル、サドルといった人間工学に合わせて設計されたパーツが体にフィットします。

TREK FX3 ホワイト

TREK FX 3
Trek White

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後9, 27 speed
700x32c、11.17kg

¥70,000(税抜)

TREK FX3の詳細

クロスバイク TREK FX3 ブラック

TREK FX 3
 Matte Trek Black

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後9, 27 speed
700x32c、11.17kg

¥70,000(税抜)

TREK FX3の詳細

クロスバイク トレック FX3 レッド

TREK FX 3
 Viper Red

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後9, 27 speed
700x32c、11.17kg

¥70,000(税抜)

TREK FX3の詳細

TREK FX3 グリーン クロスバイク

TREK FX 3
 Green Light

サイズ:15、17.5、20、22.5

前3 x後9, 27 speed
700x32c、11.17kg

¥70,000(税抜)

TREK FX3の詳細

 

最後に

自転車通学に使うクロスバイク選びのポイントと通学におすすめのクロスバイク、いかがでしたか? カッコいいクロスバイクで、楽しく安全に毎日の通学をお楽しみください。当店のサービス&サポートについてはこちら『バイクプラスが選ばれる理由』をご覧ください。

こちらの記事もよく読まれています!