初心者のためのマウンテンバイク(MTB)の選び方

マウンテンバイクライド中に地面に座って休憩をとっている三人のライダー

太くてゴツゴツしたタイヤに頑丈なフレーム、モトクロスバイクのようなサスペンションやディスクブレーキ。未舗装路や登山道のような、とても自転車で走破できるとは思えない場所でもそんな風貌のマウンテンバイクならば走破できます。時には転んだり泥まみれになったりするが、それもマウンテンバイクの魅力の一つと言えるでしょう。マウンテンバイクはまさに子供の頃に戻ったような感覚で無邪気に遊べる楽しい自転車です。

こちらではMTBの魅力と選び方についてご紹介します。おすすめのモデルはこちら「おすすめマウンテンバイク一覧」でご覧ください。

マウンテンバイクの魅力

道を選ばずに走れるタフなバイク。登山道などの未舗装路やジープロードを走行できるタフな走破性はたまらない。

木の根が露出したトレイルを走るマウンテンバイク

しっかり整地されていないようなダートコースを走り抜けるマウンテンバイク。 太くてしっかりグリップするタイヤをはじめ、サスペンション・ディスクブレーキなど、悪路を駆け抜けるために必要なパーツが搭載されています。

山の道なき道ではデコボコだったり、ぬかるんでいたりと走るのは一筋縄ではいかないのですがそれがまた魅力だったりします。ただし、危険な事もあるのでしっかり安全に走る為の準備は欠かせません。

街中などの舗装路でも走るのは問題なく、段差など荒れている路面状況でも快適に乗る事が出来るので通勤や街乗りで使う方もいます。むしろそういった段差等がある方がたのしかったりなど遊べる自転車である事がマウンテンバイクの良さと言えます。

レースやイベント、ツアーに参加

日本一過酷なレースとして有名なセルフディスカバリーアドベンチャー王滝などMTBレースも数多く開催されています。もっと気軽に楽しみたいという方にはトレイルツアーがおすすめ。

山を走るといっても私有地だったり、登山をしている人がいたりどこでも勝手に走れるわけではありません。でも、ツアーに参加すれば、コースとしてしっかり整備されている環境で楽しめ、またガイドの方はMTBのベテラン。ライドテクニックを習得につながり一石二鳥。

また、ロングライドイベントなどでもMTBで参加される方がいたりなどマルチに楽しめます。

MTB選びのポイント

マウンテンバイクといっても種類は様々です。走り方、場所によって選ぶ車種が変わってきます。モデルごとにどんな違いがあるのかご紹介します。

MTB選びのポイント①

マウンテンバイクには欠かせないサスペンション。荒れた路面でしっかりバイクをコントロールするのに不可欠。

トレイルを走るMTB

山での悪路走行中、自転車が跳ねてタイヤが地面から浮いてしまったり、滑ってしまったりすると自転車をコントロールできなくなってしまいます。自転車を常に自分のコントロール下におくためには、なるべくタイヤを地面に接地させておく必要があります。それを補ってくれるのがサスペンションというパーツです。ただ衝撃を吸収させるだけのものではありません。

重力に任せてダウンヒルを楽しみたいのか、悪路で距離や険しい登りをペダリングで走破したいのかによって、適しているサスペンションの動く量や頑丈さ・軽さが違ってきます。信頼できるサスペンションメーカーの適したサスペンションが搭載されたモデルを選ぶのが大切です。

フロントサスペンション

白いフォックスというメーカーのサスペンションフォーク

上位モデルと入門モデルとの大きな違いにフロントサスペンションの機能差があります。上位モデルでは空気の量でサスペンションの沈み込む量をコントロールでき、車体重量も軽くなります。

また、コンプレッションやリバウンドなどサスペンションが沈み込むときや戻る時のスピードなどが調整でき、登りや細かい段差が続く道、大きな段差がある道など状況に合わせて細かく設定出来ます。

本格的にMTBを楽しむのであればより多くの機能が付いたものを選択する必要があります。

リアサスペンション

フォックスというメーカーのリアサスペンションユニット

MTBにはフロントのみにサスペンションがあるハードテイルというタイプと、リアにも付いてるフルサスペンションモデルの2タイプあります。

ハードテイルは比較的平らな道であれば、車体の軽さ等のメリットからスピードにすぐれますが、トレイルコースの様にガレ場や段差が続くような道ではリアホイールが路面から離れてしまいコントロールできなくなることも。

一方、フルサスペンションタイプはどんな状況でもリアホイールが地面をしっかりとらえていられるのでバイクコントロールがしやすくなります。
価格が高くなったり、フロントサス同様調整が必要で手間にはなりますが、初心者でも得られるメリットは高いです。

MTB選びのポイント②

ホイールサイズ

29インチホイール

29インチホイールと26インチホイールの大きさを比較したイラスト

アメリカ発の29インチMTBは今や世界中のレースシーンでも中心となりもはや定番になっています。ホイールが大きくなる事で慣性が働きやすくなるのでスピードの乗りも良く、岩や木など段差があっても楽に乗り越えられます。

また、タイヤ自体も太く大きくなるので、グリップも向上し、また乗り心地も良くなります。

29インチホイールの一番のメリットはやはりスピード。クロスカントリーレースや街中などでスピードをとにかく重視するならば間違いなく29erをおすすめします。

新たなホイールサイズ・650B

650b今、話題沸騰なのが新しいホイールサイズ650B。多くのレースで勝利を重ね近年トレックをはじめ多くのメーカーで採用されている650B。

26インチよりひとまわあり大きいサイズで、29erには劣るものの大径化したことにより速さや走破性は向上。そして29erが苦手とする機敏さやハンドリングは650bが上回っています。

バイクを操る楽しさをが欲しい方にはおすすめのホイールサイズです。

MTB選びのポイント③

ディスクブレーキ

MTBのリアディスクブレーキの写真山道などの悪路を走る場合、ブレーキを握る手が疲れてしまっては、ハンドルを操作できなくなってしまいます。

ディスクブレーキは、少ない力で強力な制動力を生むので、悪路でも楽にスピードのコントロールができるのです。だから長時間悪路を走っていても素早いハンドリングか可能になります。最近ではほとんどのモデルでディスクブレーキが採用されています。

入門モデルではワイヤー式ですが、本格的にトレイルなどを楽しむのであれば高い制動力をえられる油圧式を選択したいところ。

シチュエーション別おすすめモデル

どういった乗り方をするのか、どういった場所を走るのかによっても選ぶモデルが変わってきます。例えば、スピードを競うレースなどに出るならばサスペンションのストローク量が100mmぐらいのものや軽量なバイク。トレイルで登りや下りなどいろんな状況で走る場合は、ストローク量120mmでフルサスペンションモデルなど。

自分がどうMTBを楽しみたいのかをイメージすることで自転車選びが楽になります。

初めてのMTBに

フレームには軽量なアルミを使用し、サスペンションやコンポーネントもお手頃なものを搭載した入門モデル。通勤・通学など普段乗りから、河川敷などで舗装されていないようなちょっとしたオフロードを楽しみたいという方におすすめです。

よりオフロードを楽しみたいのであれば油圧ブレーキが付いたモデルを選べば、通常のブレーキでは効かないような状況でも、しっかり制動力を発揮するので安心です。

本格的なMTBデビューやレースに

E2ヘッドを採用し更にハンドリングが軽快になったプロキャリバー。搭載されているサスペンションはエア式でロックアウト機能、リバンド調整ができるなど高性能なものを採用。より路面状況に合わせて細かくセッティングができ山遊びでも安心です。

フレームもアルミとカーボンの2種類あり、レースでスピードや軽さをより求めるのであればカーボンフレームがオススメ。

オールラウンドにトレイルライドを楽しむなら

山に行けば平坦な道ではなく登りもあれば下りもあります。そんな状況を楽しむためには軽くて、しっかり衝撃を吸収するロングストロークのサスペンションが必要。いかなる状況でもMTBを楽しむのであれば130mmトラベルになったフューエルEX29erがおすすめです。

高性能なサスペンションが前後に付きペンダリングロスも少なく、荒れた路面もしっかりとらえます。 ホイールは29インチなので安定感、グリップ力、スピード感は抜群、平坦な道でもしっかり進み快適。コレ一台でどんな環境でもたのしむるオールラウンドバイクです。

下り系トレイルやダウンヒルなら

Fuel EXシリーズかレメディシリーズ。レメディはフューエル同様オールラウンドに楽しめるマウンテンバイク。こちらは650bホイールを採用。サスペンションストロークも150mm(フロント)と少し長めなので、より下りでの乗りやすさを追求したモデルといえます。

650bのホイールにより、ハンドリングといったバイクコントロールもしやすく、シングルトラックという狭い道でのライドもお手のモノ。
登り、下りどんな場所でも楽しめますが、下りをメインに楽しみたいならばレメディです。

おすすめMTBフィールド情報