100周年を迎えたLAZERから安心・快適・エアロなヘルメットが登場!!

ベルギーブランドのLAZER(レイザー)は2019年でなんと創立100周年!!1919年ということは、日本は和装が多い時代だったのではないでしょうか。そんなLAZERが100周年を機に販売するのがこのCentury AF(センチュリーAF)です。そのまんまの名前ですが、他にはない機能があるんです!!

エアロフォルムなデザインに機能満載!!

エアロもベンチレーションも選べる!!

大抵機能はエアロかベンチレーションかに偏りますが、このセンチュリーは変更可能です。全面はツイストキャップという取り外しのできるパーツになっていて、空気の取り込みを多くしたい場合には通気孔の多い側を前に持ってきます↓↓↓↓↓↓

通気孔を前に持ってくると風が入って快適!!

今度は通気孔を逆にするとフタをするような形となり、エアロ形状に早変わり!!マグネットで付いているので変更に手間取ることもなく、出先で簡単に変えられます。

通気孔を後ろに持っていくとエアロ効果アップ!!

全体としては最近のエアロヘルメットのような角のない丸みを帯びたデザインです。見た目のゴツさがないので、ロードバイクの方はもちろんクロスバイクの方にも合いそうです。

被視認性も高い!!

通勤通学ロングライドなどで早朝や夕方以降にも走る方に特にオススメなのがこの機能。ヘルメットにリアライトが装備されているんです!!モードは点灯と点滅で、点灯ではおよそ5時間、点滅では37時間稼働します。ライト本体は着脱式で、充電は1.5時間でフルチャージします。

レイザー センチュリーのライトが光っている様子

ヘルメットの後ろが光るので夜も安全!!

付属のライトを充電している様子

付属のコードで充電可能

ヘルメット内部にライトを装着するので、スイッチを押した後にヘルメットをかぶります。夜間の使用が多い方やブルべなどに参加する方も重宝しそうですね。基本形状はエアロなので、エアロフレームやエアロホイールなどと合わせて揃えるのもアリですね。

実際に使ってみた!!

チロルチョコくらいのバッテリーなので極端に明るいわけではないですが、目線の高い位置にあって結構目立ちます。より安全性を高めるには車体に付けるテールライト(リアライト)と併用するのがオススメです!

ヘルメットのライトを点けた状態

高い位置にあるので結構目立ちます

その他のヘルメット紹介ブログはコチラ

こちらの記事もよく読まれています!