三浦半島の河津桜

春を探しに!三浦半島の河津桜へ輪行サイクリング

みなさんこんにちは。テツ店長こと多摩センター店スタッフ河井です。
ようやく寒さもゆるんで来たところで、ひと足はやく春の訪れを探しに行ってきました!

満開の河津桜を目指し三浦半島へロングライド

境川水道橋

境川サイクリングロードのランドマーク”境川水道橋”にて

日本の春と風物詩と言えば”桜”!ということで、今回は早咲きの桜として有名な河津桜の満開情報を耳にして、三浦半島まで軽くお花見サイクリング行ってきました。

まずは境川サイクリングロードを下って江ノ島へ向かいます

藤沢大和自転車道

藤沢大和自転車道区間はよく整備されている

その三浦半島に向かうにあたっては、ちょっと遠回りにはなりますが、サイクリストに人気の”境川サイクリングロード”を下り、いったん江ノ島まで出てから国道134号で海沿いに走るコースを選びました。まあ今回は冬の間になまったカラダを慣らすために、できるだけ平坦コースをチョイスしただけなのですが…

境川サイクリングロード
この日の天気は晴れ、しかも追い風ということで、気持ちよく自転車も進んでくれるのでゴキゲンです♪♪
よく整備されて走りやすいサイクリングロードですが、ここは歩行者やランニングの方もいるので、急がず焦らず譲り合いの精神で走りましょうね(笑)

境川遊水池情報センターでひとやすみ

境川遊水地情報センター入口

鷺舞橋を過ぎた先の小さな橋を渡るとアクセスしやすいです

ここまでそれほど頑張って走ってきたわけでもありませんが、そろそろ休憩してもよかろうかと言うことで、以前から気になっていた”境川遊水地情報センター”にちょっと寄り道してゆくことにしました。

境川に棲む川魚
館内展示

館内には境川に棲む川魚が水槽内で泳いでいたり、周辺で見られる野鳥や動物の紹介や、境川の歴史などが学ぶことのできる展示が充実していました。
中にはトイレや自販機、休憩スペースもあってくつろぐことも出来るので、サイクリングのついでに寄り道するのもおすすめです!

小田急電鉄片瀬江ノ島駅
1929年の小田急江ノ島線開業当初に建てられた、これまで愛されてきた竜宮城を模した駅舎は、”関東の駅100選”にも選ばれた味のあるレトロ駅舎でしたが、老朽化もあり残念ながら建て替えになるそうで、すでに工事も始まっているようでした。
古いモノに目がないテツ店長として本当に悲しい限りなのですが、これで見納めということで、最後に駅舎をバックにして記念撮影しておきました(涙)

油断すると線路の溝にタイヤがはまって転倒することがあるのでご注意を!

江ノ島からは基本海沿いに走って行くのですが、テツ店長的には江ノ電の江ノ島駅から腰越駅までは道路上を電車とクルマが一緒に走る”併用軌道”区間は見ておきたいところです。
なのでちょっと国道を外れて道路(線路?)端で電車の往来を待っていると、やってきました!4両編成の大きな電車が悠々と道の真ん中を走ってゆく姿も、また江ノ島らしい光景だと思うんですよねぇ…

関口牧場の巨大ソフトクリーム

超大盛につき食べるのも時間との闘いです(笑)

江ノ島から海岸沿いに走ること約20km、時間もお昼時となり少々お腹もすいてきたので、三浦半島サイクリングでは外せない”よこすか関口牧場”へちょっと寄り道することに…
ここのソフトクリームですが、見ての通りとにかく大きい!ミルクと季節によって変わるフレーバーの二種類がありミックスも可能です。お味のほうはミルキーで非常に味が濃いのですが、とりあえず溶ける前に食べなければならないので集中力が求められます(笑)

京急オープントップバス

京急電車と同じ塗り分けにちょっと萌えちゃいます

三崎港まであと少しというところで信号待ちをしていると、向かいから何やら楽しそうな乗り物がやってきました!どうやら最近運行を始めた2階建てのオープントップバスのようです。
2階席はさすがに見晴らしの良さそうで、あらためて今度乗ってみたいと思いました(笑)
三崎港に到着
ようやく到着した三崎港は人気の観光地ということもあって多くの人でにぎわっていましたが、中心からちょっと外れると静かな漁港の雰囲気でした。停泊する漁船の上でせっせと仕事をする漁師さんの姿を見ながらひと休みです♪♪

まるよし食堂

目の前が静かな入り江と言う抜群のロケーション!

はばのり定食

インスタ映えはしませんが記憶に残る美味しさ!

三崎港で一息ついた頃にはもうお昼時も回っていたので、そろそろお昼ごはんにしようかなと言うことで、今回は賑わう三崎港からちょっと離れた”宮川湾”にある『まるよし食堂』までもうひとっ走りしてきました。観光地化されていない静かな入り江に佇む大衆食堂ですが、穴場的な雰囲気に期待が高まります!
注文したのは季節限定の『はばのり定食』、海苔をご飯にまぶして食べるというごくシンプルな内容なのですが、この”はばのり”の香りが素晴らしく、後々記憶にに残る美味しさなのでした。

三浦海岸駅

桜の時期限定の駅名看板!

お腹も満たされた後、もう少しだけ走ると京浜急行の”三浦海岸駅”に到着します。ここは駅前から見事に満開の桜が咲き誇っていました!
駅前には出店が立ち並び、平日にもかかわらず多くの観光客でごった返して、すっかり定着した河津桜の人気っぷりを伺わせます。
河津桜並木を走る
駅から三崎口方面に向かうと線路沿いに河津桜の並木道が続きます。地面に植えられた菜の花もちょうど満開で、黄色とピンクのコントラストが何とも美しい景色を作り出していました。

河津桜満開

ソネイヨシノより少し濃いピンク色の河津桜

桜と菜の花と電車

桜と菜の花に赤い電車という見事な取り合わせ(笑)

約1000本の見事な河津桜ですが、その歴史を紐解くと、90年代に入りかつて盛んだった海水浴が下火になり、何か代わりになる観光資源は無いか?ということで、地元の有志が伊豆の河津町から苗木を分けてもらい、99年から数年かけて植えていったのだそうです。地元の方々の知恵と努力が今こうして花開くってなんだか素敵ですよね!
京急電車と満開の河津桜
そしてサイクリングの〆はこちらの画像で…テツ店長的には、この写真が撮りたくてここまで来たと言っても過言ではない!電車と桜が見事にマッチする一枚を収めて大満足なのでした(笑)
この後は京急線の終点”三崎口駅”まで行って、自転車をたたんで悠々と始発列車に乗り込んで帰宅したのでした。

これからがサイクリングのベストシーズンです。みなさんも思い思いに春を探しに出かけてみてはいかがですか?きっと楽しい発見や出会いが待っていると思いますよ!

シクロワイアード連載・テツ店長の輪行紀行はこちら

多摩センター店

こんにちは!
自転車ライフに役立つ情報や商品情報などを書いています。下記リンクから店舗詳細がご覧になれます。ご不明な店はお気軽にお問い合わせください♪

店舗詳細ページ
https://www.bike-plus.com/shop/tama.html

〒206-0034
東京都多摩市鶴牧2-9-15
サンハイムタチバナC 1F
042-311-2818

こちらの記事もよく読まれています!