東京中日スポーツ掲載記事

「東京中日スポーツ」新聞に所沢店が掲載されました!

こんにちは!所沢店の宮崎です。5月21日と5月28日付けの東京中日スポーツ新聞に所沢店が掲載されました!しかもカラーで!!

自転車のレースで何か結果を出したとかではなく、「自転車で行こう」という中面のコーナーに取材協力をしました。自転車に乗り始めて、自分でもちょっといじり始めたときに、よくある疑問点やトラブルを解消すべく、メカニックとしてアドバイスをさせていただきました。

東京中日スポーツの自転車で行こうのコーナーです

東京中日スポーツ

松坂さんと同じ紙面に乗れるなんて感激!2週に渡って掲載をしていただきましたので、その内容をご紹介します。

令和元年5月21日付け「東京中日スポーツ」

今回のテーマは自転車を始めた方にありがちな、危ないセッティング。ライターさんと雑談しながら、こういうことってあるあるをいくつかピックアップして紹介しています。

5月21日付けのセッティング術

私もスポーツ自転車を始めたころは、後輪がしっかりフレームにはまっていなくて、タイヤがフレームにこすっててなんか重たいなぁと思いながら走っていたりしました。あとは、サドルのクランプ部分の固定が甘くてだんだん走っているうちに下がってきてしまったり…。自分で自転車をいじることは楽しかったですが(今も楽しいです!)、知らないと危ないことってたくさんあるものです。

どんな組付けでも走ることはできてしまうのが、自転車の怖いところでもあります。ホイールがまっすぐはまっているか、クイックレバーの締め付けはOKか、サドルを高くしすぎたりしていないか、サドルやハンドルの角度は問題ないか、ステムの高さを変えた際にヘッド部分の締め付け手順は合っているか、などのお話をしています。

令和元年5月28日(火)付け東京中日スポーツ

5月28日付け東京中日スポーツこの回のテーマはリア側の変速調整。納車されたばかりの頃はシャキシャキ変速していたのに、なんだか最近変わりにくい、カチカチ音がするようになる、ということ身に覚えがある方も多いと思います。スポーツ自転車は変速の段数が多く、またワイヤーが乗っているうちにだんだんと緩みが出てきて、少しずつ調整が狂ってしまいます。

変速の不調の原因がワイヤーのゆるみだけの場合、変速機についているアジャストボルトを回すことで解消するのですが、このボルトをどっちに回したらいいのかが分からない。どう覚えたらいいものかと…。ライターさんと話し合い、「ボルトを左に回せば大きいギアに移りやすくなる」これさえ覚えていれば大丈夫!編み出していただきました。

実際はワイヤーのゆるみだけでなくて、車輪がまっすぐはまっているか、ハブにガタつきがないか、チェーンの伸びはないか、ディレーラーハンガーはまっすぐか、など変速機ではなくその周辺に原因があることも多々あります。

今回取材に協力させていただいて、自転車のメンテナンスって誌面ですと伝えきれない奥が深く、私はいつまでたっても日々精進です。

所沢店に掲載紙ご用意していますので、ご来店の際はぜひ見ていただければうれしいです!

こちらもおすすめ