久しぶりの所沢店ピザ窯DIY部 活動レポート part5!

閲覧注意!! 虫が嫌いな方は見ない方がいいかも知れません…こんにちは! 所沢店宮崎&相田です!

7月は雨雨雨雨雨雨。とにかく雨続きでしたので全く活動できなかった所沢店ピザ窯DIY部、久々の活動レポートです!!

未完成のピザ窯はこの1ヶ月全く成長していませんが、おおたかの森(森の再生地)の虫たちはしっかりと成長していました。

今回はそんな虫たちの姿とピザ窯DIYの笑える出来事を1つご紹介したいと思います!

過去のおおたかの森トラストでの活動ブログはこちら

まずは森の再生地で見つけた大人になった虫たちをご紹介します!

まずはカブトムシ!

幼虫だったカブトムシは成虫になりあっという間にカラスの餌食に。

カラスの親子に食べられてしまったカブトムシ。このあたりの森の夏の風物詩的光景です。

カブトムシは、枝が急に揺れると死んだふりして地べたに落下して身を隠したり木の割れ目やウロに身を隠したりするクワガタと比較してもほんとに鳥に喰われやすい。

カブトムシのカブト部分だけ…は、このあたりの森の夏の風物詩的光景です。

かっこいい虫の代表格ですが、人間の子供にも捕まりやすいだけあってカラスにも捕まりやすいのかも知れません。

どこからきたのかご苦労さんね、タ〜イムボカ〜ン♪

ピザ窯DIY部の西村と菊池は世代的にタイムボカンを思い出していたりして(笑

ビオトープにいたヤゴも大人に

オオシオカラトンボのオス?

オオシオカラトンボのメス?

大人になりかけのカマキリ

ちっちゃかったカマキリももうちょっとでオトナに。

ひたすら狩りを続けてきてここまで大きく育ってきたということでしょうか。その間、子育て真っ最中の鳥の餌食になることなく生き続けているなんて、カブトムシよりもひょっとしてたくましい!?

擬態でしたっけ? やっぱりカブトムシよりも自然の中で目立たないからでしょうか。生き物って面白いですね。

カマキリと聞くと交尾直後に雌が雄を食べてしまったあの衝撃を思い出す方も多いと思いますが、鳥に喰われるより一度でも愛した雌に喰われる方がはるかに幸せだったり(笑

交尾後に雄を食べた雌が産む卵の数は2倍多いなんていう話もあったりします。詳しくはこちらのナショジオのブログをご参照ください。

子孫がそんなに増えるのなら雄としても鳥に喰われたり秋まで寿命をまっとうするよりも雌に喰われて一生を終える方がよっぽど幸せかも知れませんね。

セミの抜け殻もたくさん!

セミの幼虫も梅雨明けと同時に地中から出てきたようで、たくさん抜け殻がありました。

こちらはニイニイゼミの抜け殻。所沢界隈はニイニイゼミがほんと多い。

ニイニイゼミの抜け殻はなぜかどれも泥だらけ。しかも他のセミよりも低い位置で羽化するのでとても見つけやすい抜け殻です。

西村のe-MTB Rail 9.7とニイニイゼミの抜け殻、泥汚れの状態はなかなかのいい勝負です(笑

森の中を毎日通勤していると「あ、今日梅雨明け宣言出るな」と感じる朝が毎年あります。毎朝毎晩のように季節の移ろいを五感で感じることができる「自転車通勤」、最高です!

さて、いよいよ本題のピザ窯作り

朝、森の再生地に到着するなり「ごめん、あれやっぱりコンクリートじゃなかったっぽい」とおおたかの森トラスト代表の足立さん。

実は前回、耐火コンクリートが余っているということで遠慮なく使わせていただいた「粉」でレンガ積みを行ったんです。

それがなんと1ヶ月以上経っても固まっていませんでした(笑

袋には「灰」とマジックで書いてあったこともあり、なんかこれコンクリートっぽくないなー、どちらかというと書いてある通り灰っぽいなーと思う部分がありつつも

「灰なんて丁寧に保管しておく理由ないし昔炭窯作った時に余ったやつだと思うよ」という言葉に納得してレンガを積んだだけに…

もう

一人ではなく仲間で集まってやっているとこんな失敗も楽しめます。

耐火コンクリートなるものを一度も見たことがない素人集団がピザ窯を作るとこんな楽しいことが起きるんです(笑

オオフタオビドロバチも小さな団子にして巣作りのために持っていきます。だってぜーんぜん固まっていませんから(笑

泥団子を作っては運ぶハチ

何度も何度も「灰」でできた「粘土」を取りに来ていました。

彼らはとっくに気がついていたようです。これがコンクリートではないことを(笑

こんなカタチで自然界に貢献。立派な巣ができると嬉しいです。

こちらが取り除いた灰泥団子

ひとまず泥で積んである耐火煉瓦を外して軽く水洗いしてから6月末に購入しておいた「耐火コンクリート」を使って再度積み直し。

数袋使わせていただいた粉類ですが、純粋に灰と水だけで作った「泥」で積んである部分は幸い1段だけでしたので、午前中でサクッと積み直し完了!!

午後は髪の毛がさっぱりした宮崎も参戦

以前作っておいた木枠に耐火コンクリートを流し込み火床の板を作成。

こちらの火床も最初は分割せずに作る気でいたんですが、誰がどう見たって重くて持てないだろうということで急遽3分割にして作ることにしました。タプタプしてゴマプリンみたい♪

次回までにしっかり固まってるといいんですが…灰じゃないから大丈夫ですよね(笑

それにしてもいったいいつ出来上がることやら。。秋?冬?春? 次回をお楽しみに!

こちらもおすすめ