自転車が盗まれにくい鍵のかけ方

盗難されにくい自転車の鍵のかけ方

折角買った大切な自転車が盗まれてしまったら大変!そこで盗まれにくい鍵のかけ方をご紹介します。サイクリングを楽しむために買ったけど出先で盗まれるのが不安でという声もよく聞きます。少しでもその不安が減りサイクリングをもっと楽しめるようになればと思います。

盗難の手口

どのようにして盗まれる?

自転車の鍵を切って盗む

自転車の盗難はいつどのようにして起こるかわかりません。『家の敷地内に置いていたのに』『数分しか自転車から離れていないのに』ちょっとした慢心が多額の被害を生むことに繋がります。まずは、どのような手口を使いカギを破壊するのか紹介します。一般的には、ボルトカッターを使用した鎖・ワイヤー部の切断、金ノコによる切断、U字ロックの場合だとジャッキを使用した盗難方法があるそうです。また、海外では液体窒素を使用し鍵本体を最低温度まで凍らせ粉砕する事例もあるようです。

小型の携帯性にすぐれたワイヤー錠などは一般的なニッパーで切れてしまうものもあります。また、鍵本体を力ずくで壊されて盗まれてしまうケースもあります。長時間自転車を駐輪するときは切られにくい壊されにくい鍵を選ぶ必要があります。

どのような場所が盗まれやすい?

駐輪場は自転車が盗まれやすいので注意

駐輪場は自転車が盗まれやすいので注意(※写真はあくまでもイメージです。この駐輪場が盗まれやすいという訳ではありません。)

基本的に自転車はどのような場所であっても盗まれる可能性はあります。特に狙われやすいのは人通りの少ない場所に駐輪してある自転車です。人も少なければ、大きい切断道具も使用できますし金ノコで時間をかけて切断することも可能です。かといって人が多い賑やかなところだとガチャガチャやっていても気づかれないという点があります。簡単なカギであれば秒殺です。

100%安心は出来ないですが、警備員や防犯カメラがある駐輪場であれば盗難のリスクは減らせるので利用する駐輪場には注意したいところ。意外に多いのがマンションの駐輪場。夜間など人が少ない時を狙っているようで、またマンションなどは置く場所が決まっていることも多く狙われやすいです。外部から人が入りやすい駐輪場は要注意です。

サイクリングイベントでも注意!

サイクルイベントの時も盗難に注意

最近では自転車人気も高くなり全国各地でサイクリングイベントが行われています。イベントによってはスタート地点や休憩ポイントに自転車が置けるようにとサイクルラックを用意されていたりします。イベント参加者など自転車乗りしかいないので安心して鍵をかけないで自転車から離れてしまうと危険。最近ではそういったイベントを狙った窃盗もあるようなのでしっかり施錠はしましょう。

また同様に道の駅や店舗でサイクルラックを常備しているところも増えていますが、そういったところも狙われている可能性もあるので食事などの時は自転車が見える席に座ったり、なるべく自転車から離れる時間を少なくしたいところ。

盗難率を下げる鍵のかけ方!

カギのかけ方をちょっとでも工夫すれば盗難率は格段に下げることが出来ます。普段のちょっとした心がけで盗難を防ぎましょう!

フレームを囲う

固定物と自転車をしっかり鍵で括り付ける地球ロック

自転車で一番盗られたくない部分はやはりフレームですね。買い替えに一番お金がかかります。なので鍵をかける際の絶対条件としては、必ずフレームの三角形の部分と固定物を一緒に括り付けましょう。ロードバイクは特に車体が10㎏もないので簡単に担いで持ってかれてしまうので柱など固定物とフレームを一緒にロックするのはマストです。

鍵の長さに余裕がある場合は後輪も一緒に括ってあげるのが良いです。そうすることで自転車の駆動部が動かせないので簡単に転がして持っていくことができなくなります。ただし外に駐輪する場合、電柱や柵などに括っておくと盗られにくくはなるのですが、実は違法行為なので気を付けましょう。駐輪場をきちんと利用した方が良いです。

高い位置に掛ける

高い場所に鍵をかけると切られにくい

ある程度の太さがある鍵を切断するには、大きなボルトカッターを使用することが多いです。鍵を高い位置に掛けるとはなるべく地面から離して掛けるという意味です。地面に近いと、足でボルトカッターを使用できるようになるため、力が入りやすくなりより切断されやすくなるのです。よって高い位置に鍵をかけるなど切断しにくいように工夫しましょう。高い位置に掛けるのが難しい場合はなるべく地面から離すように、そして鍵はなるべく短く車体に括るようにしましょう。

鍵を複数個付ける

鍵を複数つけることで盗難防止に

違う種類の鍵を2つ以上つけておけば盗難率を下げることが出来ます。ワイヤー、チェーン、U字など鍵にもさまざまな種類がありますので、使い勝手の良い物や持ち運びがしやすいものなど、自分の好みで選んでも良いので2つ以上つけておくと安心ですね。スポーツバイクは前後輪が簡単に外せるようになっているので、ホイールとフレームをしっかり通さないとホイールだけ盗まれたり逆にホイールだけ残っていたりということも。

フレームを囲う用の太い鍵とタイヤを囲う用の簡易的な鍵など2種持っていると安心ですし、分けて使うと持ち運びが楽になったりなどシチュエーションに合わせて使用できたりするので複数鍵を持っているととても便利です!

複数台のバイクを一緒に施錠

自転車を重ねて一緒に施錠する
サイクルラックも複数台の自転車を一緒に鍵をかける

仲間とのサイクリング中の休憩や食事の時に自転車をとめることがありますが、そういった場合は自転車を重ねて施錠するのがオススメです。鍵を持ち寄って複数の鍵で施錠するれば車体を担いで持って行かれることもないですし、鍵を壊したりワイヤーを切ったりするにしても時間がかかり盗もうという気もなくなると思います。また休憩で自転車から離れる場合は一人は自転車を見ていて交代で休憩をとるようにするのも盗難防止になります。

盗難防止にこんなものも!

アラーム付きの鍵で防犯

自転車盗難防止に便利なアラーム付きの鍵
鍵を壊そうとするとアラームがならる自転車用の鍵

最近では防犯アラームがついた鍵もあります。アラームを設定し鍵をかけた状態で誰かが盗もうとし振動を感知するとアラームがなり大切な自転車を守ってくれます。切られにくい鍵というのはもちろんですが、盗難から守るのに音もまた良い防犯効果を発揮してくれます。

小型GPSで追跡

アメリカ発のGPSで物の場所がわかるという優れものもあります!その名も『TrackR bravo』 これは自転車専用というわけではなく、失くしたくないもの、すぐに見つけたいもの(財布や鍵など)に付けて無料の専用アプリを登録しておくとGPSで場所が表示されるというものです。500円玉ほどの大きさなので自転車につけておけば、万が一盗難されたとしても見つけることができるかもしれません。気になる方はそちらも調べてみて下さい!

もしもの時の自転車盗難保険

もしも大切な自転車が盗まれてしまった時のために自転車盗難保険に加入するのもおすすめ。傷害保険とかに比べると取り扱っている保険会社は少ないですが、自転車盗難保険をやっているところもあります。掛け金や保証期間など保証内容が保険によっても違うので確認は必要。また、場合によっては火災保険など他の保険の特約などで対応できる場合もあるので今ご加入の保険を改めて確認するのもお勧めします。

最後に

スポーツバイクはシティサイクルと比較するとかなり盗難率が高いです。車などに比べると足がつきにくく盗まれてしまうともう二度と戻ってこない場合も多いです。保険などを利用するのも良いですが、できる限り盗まれないようしっかり鍵をすること駐輪する場所に気を付けるなど自己防衛策を徹底することが大切です。

戸田彩湖店

こんにちは!
最新のスポーツ自転車や自転車グッズの紹介をはじめ、私たちのサイクリングブログなどをご紹介しています。スポーツ自転車のことでご不明な点はお気軽にお問い合わせください。下記リンクから店舗詳細がご覧になれます。

店舗詳細ページ
https://www.bike-plus.com/shop/toda.html

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木7-2-14
ヨシズヤハイム1F
048-423-9301

こちらの記事もよく読まれています!