自転車のチェーン周りの掃除と注油の方法

ロードバイクのチェーンをパーツクリーナーで掃除している様子

意外とやりかたが良くわからないスポーツ自転車のメンテナンス、チェーンやギアが汚れでドロドロだったり錆びかけていたりしませんか? 実は案外カンタンな方法でメンテナンスが自分でもできるってご存知ですか? バイクプラススタッフが実際に掃除などメンテナンス方法をブログでご案内しています。

通勤で乗っていたり、またしばらく乗らずに保管していたらギア周りの汚れや錆びが気になる事もありますよね。この機会にぜひ覚えておいて損はありません。

チェーンの洗浄と注油方法

1.ウェスをあてがってパーツクリーナーをチェーンに塗布する

このようにチェーンの下部分にスプレーするのがおすすめです。なお噴射力が強いものもあるので車輪やローター等にかからないよう十分注意を。ブレーキパッドが当たる面に吹きとんだ油が付着してブレーキが利かなくなどして大変危険な状態になってしまいます。

2.パーツクリーナーを塗布した部分をウェスでぬぐって汚れを除去

汚れがひどい場合はここまでの作業を何度か繰り返すことになります。チェーン内部の汚れを完全に除去することは難しいのである程度きれいになればそれでOK。この作業をペダルを回しながらチェーンを一周させて汚れを取っていきます。

よりしっかりチェーンの汚れを落とす裏技:

チェーンを外して掃除

最近の完成車だとチェーンにミッシングリンクというコネクターを使用したものが増えています。ミッシングリンクがついたものは、このように脱着するための脱着工具、ミッシングリンクプライヤーを使用して取外しを行う事が可能です。

また写真のようにチェーンをたるませて作業を行いやすくするためのチェーンフッカーを別途用意しておくと非常に便利。合わせて持っておくと重宝します♪

外したチェーンをこのように、ディグリーザーを入れたバットや缶などに漬け込んで汚れを溶かし落とすとかなりきれいな状態に回復させることができます。ペットボトルにディグリーザーとともに入れてキャップをしてシェイクするという方法もおすすめです。

以前はガソリンや白灯油等で除去していましたが、作業後の廃棄が大変でした…。以前から乗っている方だとご存じの方も多いかもしれませんね。現在は生分解性のある自転車用のディグリーザーが出回っているのでそちらを選ぶとチェーン掃除後の処理の煩わしさから解放されます。

お手軽に汚れを落とすならこの方法

チェーンクリーナーという方法もアリ。専用の容器の中にディグリーザーを入れ、チェーンにセットして使用します。クリーナー内部にはチェーンのリンクの汚れを落とせるように様々な機能がついています。

ゴムでできたスクレーパーが汚れを削りおとし、ブラシが回転して洗浄、また容器の外側に付属した磁石が金属磨耗粒子を吸着してくれたりと大変よく考えられた作り。チェーンクリーナーをセットしてペダルを回すだけなので一番お手軽な方法かもしれませんね。

3.チェーンへの注油

スプレーオイルなどでシューっと作業したくなりますがここは我慢。なぜかというと便利な反面広範囲にオイルが飛び散ることで新たな汚れの原因になりやすいのです。このようなボトルタイプのものがおすすめ。

チェーンのコマの中心部分にあわせてチェーンを一周させながら注油を行ないます。この作業を行なっても錆がひどく浮き出る場合は残念ながら新品に交換したほうが良いでしょう。

もったいなくてもふき取るのがオススメ:

先ほどのチェーンオイルと同様必要以上にチェーンにオイルが塗布されるとホコリや泥などが異常に付着しやすくチェーン汚れが短期間で発生します。

ウェスをあてがってチェーンの不要な油分をしっかりぬぐいとります。その後指でチェーンにふれてうっすら油が残る程度までふき取ってOK。

 

4.変速レバーを操作してギア各段へオイルをなじませる

「ギアにも注油が必要ですか?」これもよくある質問ですが、実はシフトチェンジして各段にチェーンを移動させることでほどギア周りの潤滑は終了します。ギアに注油を行なうとこれまでの話の通りでオイル過多になってしまうんですね。

この作業でおおよそ200キロ前後ほどの走行が可能です。ただオイルの種類や塗布の方法、使用環境でも大きく変化しますのであくまで目安としてとらえてください。

スプロケットギアの洗浄方法

1.ホイールを外す

これまでの上記の方法を行なう事で錆が元々ほとんど無いスプロケットの場合だと、錆が目立たなくなるのでそのまま使用してもよいでしょう。ただしそれでも錆が目立つ場合は後輪を一度外して作業を行なう必要があります。

ブレーキを開放してクイックリリースレバーを緩めて後輪を取り出します。

2.ブラシやウェスで汚れをかき出す

このように後輪を外すことで洗浄作業が行いやすくなります。ブラシでかき出したり、またウェスを二つ折にしてギアとギアの間に押し込み汚れを除去することも可能。軽微な錆ならこの作業である程度目立たなくなります。

この作業でも取れない錆は残念ながら除去がなかなか難しいためパーツの交換が必要となるかもしれません。

直接ギアへのスプレーはNG:

ひどい汚れだと手っ取り早くスプレーがけして汚れを落としてしまいたくなりますが、ギア内部のベアリング等をパーツクリーナーが侵入することで痛みが発生し、交換コストなどでかえって予想外の出費が必要となることも考えられますので避けるのが無難です。

最後に

解説が長くなってしまいましたが、慣れてしまえば今回の作業なら15分ほどあれば出来てしまいます。ぜひチャレンジしてみてください。

バイクプラス各店では実際に作業をご覧いただきながら説明する講習会を開催しています。よろしければそちらもご利用ください。

また、簡単ではありますがバイクプラスYoutubeチャンネルでもメンテナンスなどの方法をご紹介していますのでそちらもご覧ください。