自転車用リュック「ドイター」の正しい背負い方例

自転車用deuter(ドイター)バックパックの正しい背負い方

バイク専用のバックパック ドイターの正しい背負い方を知っていますか?他のバックパックと同じように背負っていませんか?
ドイターはバイク専用のため一般的な背負い方は正しくありません。
先日メーカーの方から正しいフィッティング方法を教えていただいたので、ドイターお持ち方もこれから購入を考えている方は見ないと損です!

バイク専用のバックパックdeuter(ドイター)正しいフィッティング方法

ドイターの正しい背多い方1まず、背負う前にショルダーハーネス(肩のストラップ)を緩めます。乗車姿勢(前傾姿勢)をとり、写真のように膝に手を付いた状態でバックを背負います
自転車用バックパックドイターの正しい背負い方ヒップフィンベルト(腰のストラップ)を腰から拳一つ分上で固定します。固定は前傾姿勢になった時にきつ過ぎず、緩すぎずのところで固定します。
サイクリング用リュックドイターの正しい背負い方ショルダーハーネスを引き体の曲線に沿わせます。ショルダーハーネスは前傾姿勢を取った時にヘルメットと干渉しない程度に引きます。
自転車用バックパック『ドイター』の正しい背負い方はこれだ前傾姿勢を取りバックにヘルメットが干渉しない、首を左右に振った時引っかからない状態がベストです!
ドイターのチェストストラップ最後にチェストストラップを固定。チェストストラップは伸縮性を持たせているため、呼吸を妨げることはありません。また高さ調節をすること が出来ます。
ドイターのウェストストラップヒップフィンベルトなどはストラップが固定出来るようになっていますが、ストラップが長過ぎて邪魔になる場合は切ってしまっても問題はないそうです。切り口をライターなどであぶればほつれる心配はありませんが、切った後はもとに戻すことができないので長さに気を付けてください。

フィッティング完成

ドイターの正しい背負い方。直立状態で横からみた例しこちらが先程のフィッティング工程を行ったものです。画像ではわかりにくいですが、肩には重さを感じないほど楽で腰でしっかり固定がされ荷物には安定感があります。
メーカー曰く、乗車姿勢が前傾姿勢なのに肩で荷物を背負っていては、余計に圧迫感や重さを感じてしまいバックパックの意味がない。肩ではなく腰で荷物を背負う感じ!だそうです。その他にもバイク専用バックパックならではの機能がたくさんあります。
その他の機能については自転車用リュック・バックパックならドイターと思う沢山の理由
ドイターを買った人も購入を考えている人もこのフィッティングをお試しください。また店頭でもフィッティングをお試しできますので、スッタフにお尋ねください。

こちらの記事もよく読まれています!