自転車用リアライト(テールライト)の選び方

バイクプラス創業10周年感謝キャンペーン開催!

自分では細心の注意を払って安全に走行していてもクルマに気がついてもらえていなかったら…。クルマからの視認性を高めるために絶対に装備しておきたいのが、車のテールランプのように赤く光る自転車用のリアライト、必須です。最近では安全への意識の高まりから車体やバッグなど複数使用する方や日中も常時点滅させている方も増えています。

電池の小型化やLEDの性能アップなどの技術革新でテールライトの性能は格段にあがり、ひと昔前より選ぶのが楽しくなりました。こちらでは最新テールライトの注目機能やおすすめの使い方から、人気のアイテムまでご紹介します!

テールライト選び方のポイント

明るさや視認性

自転車用テールライト

明るいリアライト(テールライト)でより安全に!

主には車を運転中のドライバーなどに対して自分の存在をアピールしていくのに必要です。前方と違って後方は走行中に見えている範囲ではないですし、万が一の時に対応できないほど無防備な状態だったりもします。

通勤通学の移動や、ロングライドなどで色々な条件の場所を走る事が多い方は、日中や夜の市街地も要注意。周りの景色が見えやすい時は意外と目立ちにくいので明るいリアライト(テールライト)がおすすめです。

暗い時や暗い場所以外に、見通しのいい長くて広い道などではドライバーの意識が散漫になります。夜間に限らず目立つことで注意を促してお互い安全に走行したいものです。

電池の持ち

電池使用や充電可能モデルなど様々

使用状況によってはバッテリーの種類で選ぶのもアリ

テールライトの選び方には明るさなどとは別に電池・バッテリーの種類で選んでいく方法もあります。

一つは電池タイプ。単三、単四などの乾電池や小型のボタン電池を使用しているものがあり、万が一電池が切れた時でもコンビニなどで電池を手に入れてすぐに交換することができます。日中のサイクリングをメインにしていて使用頻度が高くない場合などにオススメです。

もう一つは充電タイプ。付属のUSBコードで気軽に充電ができ、毎日使う場合などは電池交換のランニングコストもかからず経済的。繰り返し充電が可能で、追加充電をしても機能上問題はありません。

複数使用する

車体以外にもいろいろ装着できるテールライト

複数使用することでより安全に

テールライトは付属のアダプターなどで様々な所に取り付けが可能です。テールライトの選ぶうえではどこに取り付けするかを考えておきましょう。

一般的には車体に取り付け出来るように設計されているので、サドル下のシートポストやフレームのステー部分などに装着できます。

さらにバックパックやヘルメットなどにも装着が可能なので複数個使用する事をオススメしています。複数個取り付けておく事で被視認性も高まりより安全にもなりますし、万が一のバッテリー切れなどのリスク回避にもなります。

便利!様々な場所に取付可能

シートポスト

シートポストに取り付けているリアライト(テールライト)

シートポストに取り付けているリアライト(テールライト)

リアライトの基本取り付け位置といえばシートポスト。ボントレガーのフレアRを例に取り付け方法をみていきましょう。車などと同様に赤色は後ろ向きです。シートポスト取り付け用のブラケットバンドが付属するので後ろ向きにしっかりと装着します。

シートポストのスペースに余裕がある場合は、完成車に付属している赤色のリフレクターも併用することで安全対策を強化できます。日中~夕方は点滅で使用し、夜間は点灯に切り替えたりするとバッテリー寿命を気にせず安全走行できますね。

サドルバッグ

サドルバッグに取り付け可能

付属のクリップでサドルバッグにも装着可

リアライトの基本取り付け位置といえばシートポスト。ボントレガーのフレアRを例に取り付け方法をみていきましょう。車などと同様に赤色は後ろ向きです。シートポスト取り付け用のブラケットバンドが付属するので後ろ向きにしっかりと装着します。

シートポストのスペースに余裕がある場合は、完成車に付属している赤色のリフレクターも併用することで安全対策を強化できます。日中~夕方は点滅で使用し、夜間は点灯に切り替えたりするとバッテリー寿命を気にせず安全走行できますね。

バックパック

バッグパックのループにリアライト(テールライト)を取り付け

自転車用のバックパックにも装着可能

自転車の場合、自転車の装備として付けていなくでも問題なかったりするのでバックパックに取り付けるのもアリなんです。自転車に泥除けやキャリア(荷台)などを付ける事で取り付けのスペースがない場合や、通勤通学で使用するのにいちいち取り外すのが面倒…という時などはバックパックに取り付けてしましましょう。

ヘルメット

ヘルメットにリアライト(テールライト)を取り付けている様子

アイデア次第でより安全に

やや視界の高い位置で光っていると目立ちやすくなります。そこでヘルメットに装着。専用のアダプターなどがあるモデルもありますが、最近のモデルの多くはシリコン等のゴムバンドでの固定式なので形状によっては取り付けが可能です。小型なリアライトはより目立つようにヘルメットに装着するのもアリですね。

フレーム

リアライト(テールライト)をシートステーに取り付け

場所を選ばす装着できます

取付け場所を選ばず使えるモデルもあります。本体全体が光る面発光タイプでは取付けの角度や向きなど気にせず装着できるので、車体の装備によって取付け場所がなくなってしまった場合でも問題ありません。
上下左右と270度近い配光のあるモデルは被視認性も高く小型でも安心です。

おすすめテールライト

おすすめは充電式リアライト

消耗を気にせず使える!

充電式のメリットの一つは装備される内部バッテリーの能力によって高い照度であること。繰り返し充電もできるので消耗を気にせずにガンガン使えます。日中からの使用も事故予防になるので夜間以外でも点灯をオススメします。

都市部を走る時には街のネオンにかき消されてしまったりしますし、道の広い郊外を走る時にも強力な光が必要になります。使用条件に合わせて選んでいきましょう。

BONTRAGER Flare R(フレア アール)¥7,500-(8%税込)

BONTRAGER リアライト Flare R

充電式高性能リアライト

2km先からでも視認できる超高性能リアライト。日中での使用も想定して設計されているので、日中モードと夜間モードがそれぞれ2つずつのモード選択ができます。万が一の時に安心のバッテリーセーブモードもあり、充電が残り5%という空に近い状態でも光量を抑えて安全に移動できるようになっています。

充電は付属のUSBケーブルで簡単に行えるため、自宅や仕事場などでいつでも充電が可能です。追加充電も可能なので日々使用する方にも便利な設計になっています。ワンタッチで取り外しもでき、31.8mmまでのシートポスト径に使用できます。また、付属のクリップでバッグなどにも取り付け可能。

BONTRAGER FLARE R CITY(フレアアールシティ)¥4,900-(8%税込)

ボントレガー フレアRシティ

取り付けが簡単な小型テールライト

センサーが内蔵され、自動で輝度の調整を行い、最長20時間作動し続けます。日中からも使用することを想定した明るさで、昼夜問わずに存在をアピールしていくれるので安心です。小型なリアライトですが、こちらも充電式なので、付属のUSBケーブルで簡単に充電できます。シートポストに取り付けることを想定した設計で、16度の角度がついたシリコンストラップで簡単に装着できます。

海外も含めてデイライトという発想が浸透しつつあり、夜間だけでなく日中からもライトを点けることで被視認性を高めています。長時間の使用に耐え、繰り返し充電式のライトの人気が特に高くなっています。

CATEYE TL-LD700-R【ラピッドエックス】¥4,320-(8%税込)

テールライト CATEYE(キャットアイ)TL-LD700-R【ラピッドエックス】

面発光で広範囲を照らします

シートポストはもちろんフレームにも取り付け可能なリアライト。最大の特徴は面発光で、取り付け位置や見る角度が変わっても明るさが変わりません。通常は1方向に発光するので取り付け位置などを気にする必要がありますが、その心配がないため優れた機能といえます。

発光モードは6モードで点滅であれば最大6時間の使用が可能です。バッテリーが少なくなると自動的にセーブモードとなり、突然キレてしまう心配もありません。本体サイドのスイッチが赤く点灯すると低バッテリーの合図。早めに充電をして安全に走行しましょう。

CATEYE TL-LD635-R【ラピッドミニ】¥3,456-(8%税込)

テールライト CATEYE(キャットアイ)TL-LD635-R【ラピッドミニ】

小型でハイパワー!!

小型でも性能には妥協したくない!!という方には特にオススメのリアライト。

点灯・点滅・ラピッド・パルスと多彩なモードがあり、使用条件によって切り替えが可能です。バッテリーオートセーブ機能もあり、バッテリー残量が少なくなると自動的に切り替わるのでとても便利!!最大30時間使用できるので日々使用する方も残量を気にせず安心して使えます。

角度の付いた付属のブラケットは取り付けもカンタン。別売りのクリップでバックパックやサドルバッグにも装着が可能です。

電池式リアライト

電池交換もラクラク

電池式の最大の特徴はその寿命。充電式と比べてやや光量は少ないですが、その分とにかく持ちがいい!!走行中に電池が切れてもコンビニなどで気軽に交換できるのもメリットです。コンセントなどの無いロングツーリングなどでは電池式が便利です。

BONTRAGER Flare3(フレア3)¥2,900-(8%税込)

BONTRAGER Flare3(フレア3)

超高輝度LEDを使用した高出力リアライト

電池式のボントレガーリアライトの中では最も明るいフレア3。1km以上離れていても視認されるほどの高出力モデルです。

安定した明るさのハイビームモードとフラッシュモードがあり、使用条件で使い分けができます。付属の単4電池で最大30時間使用できるので、毎日使う方でも安心。ロングツーリングなどでも強い味方になります。

更に付属のブラケットは取り外しもしやすく、バッグに取り付けるクリップやキャリア用のボルトも追加(別売)できるので取り付け場所を選びません。

BONTRAGER Flare1(フレア1)¥1,900-(8%税込)

BONTRAGER Flare1(フレア1)

最大50時間の使用が可能!!

最大50時間の使用が可能なフレア1は3つのモード切替が出来るリアライトです。モードはそれぞれハイビーム、フラッシュ、ランダムフラッシュとあり、270度の被視認性をもちます。単4電池使用で交換もラクラク。

キャリアやフレームのステー部分に取り付けのできるブラケットを追加すれば取り付け位置を選びません。オプションでクリップもある(別売)のでバックパックやサドルバッグなどに取り付けてもいいですね。

全天候型なので雨の日の使用も問題ないので、日々の使用にオススメです。

GIZA PRODUCTS CG-212-R ¥1,620-(8%税込)

GIZA PRODUCTS CG-212-R

超小型でコイン型電池使用

超小型といえばこのリアライト。コイン型の電池(CR2032)を使用するためとにかくコンパクトです。

シートポストに取り付けることを前提としているので、本体側に角度がついていてしっかりと後ろを照らしてくれます。固定は付属のラバーストラップで取り付けもカンタン。点灯モードで60時間、点滅モードで120時間作動します。

取り付けた時のデザインもスッキリとしているので外観も気になる方にもオススメです。

最後に

完成車を購入した際に必ず付属している赤色(もしくは橙色)の反射板は、クルマの前照灯が照射されればかなり目立ちますが、テールライトは車のライトが当たっていなくても自ら目立つことができるのでとても安全です。無くてはならない基本装備のひとつと言えるでしょう。

夜間やトンネル、視界の悪い条件の場所を走行する場合は必ずリアライトを装備しましょう。しかも、自転車通勤で毎日のように夜間自転車に乗る方は複数つけることをおすすめします!

注意:

掲載商品の価格は2016年08月現在のもので、予告なく変更になることがあります。ご了承ください。

お客様の声

試乗やお問い合わせはお近くの店舗まで

バイクプラスでは、スポーツ自転車初心者の方が安心してサイクルライフをスタートできるよう、また、安心してサイクリングを楽しめるよう、ただ自転車に詳しいだけでない、豊かな人間性を持ったスタッフが、元気よくお客さまの自転車ライフをサポートします。お気軽にお問い合わせください♪

大宮駅とさいたま新都心駅から徒歩圏の自転車屋バイクプラスさいたま大宮店外観

バイクプラスさいたま大宮店

〒330-0842
埼玉県さいたま市大宮区浅間町2-329-2
電話番号:048-658-0819
自転車屋バイクプラス多摩センター店外観

バイクプラス多摩センター店

〒206-0034
東京都多摩市鶴牧2-9-15
電話番号:042-311-2818
三郷・吉川が近い自転車屋バイクプラス三郷店外観

バイクプラス三郷店

〒341-0004
埼玉県三郷市上彦名121-1
電話番号:048-950-1820
武蔵浦和駅が最寄りの自転車屋バイクプラス戸田彩湖店外観

バイクプラス戸田彩湖店

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木7-2-14
電話番号:048-423-9301
横浜の自転車屋バイクプラス横浜港北ニュータウン店外観

バイクプラス横浜港北ニュータウン店

〒224-0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-38-1
電話番号:045-914-5906