トレック エモンダ ALR特集

TERK EMONDA ALR(トレック エモンダALR)特集|カーボンと見間違えるほどの美しさに進化した軽量アルミロードバイク【2019年モデル】

トレックの最軽量アルミロードバイクであるエモンダALRをご紹介!溶接による重量増加もできるだけ抑え、レースや坂を登るヒルクライムなどでも最高のパフォーマンスを発揮するトレックのエモンダALRの特徴を掘り下げていきます。

ここがすごい!エモンダALRの特徴

トレック独自のalphaアルミニウム

300alphaアルミニウムのロゴ

最高の1台を演出する300alphaアルミニウム

エモンダALRのフレームはトレックが自信をもって世に送り出している最上位アルミ素材の『300 alpha アルミニウム』が使われており、軽量であることはもちろん、高い耐久性を持ち合わせています。

軽量アルミロードバイクは乗り心地が固く、疲れやすいと言われることがあります。しかしトレックではフレームのパイプ形状やフレーム設計する段階で乗り心地がよりよくなるよう設計しているので、エモンダALRシリーズはレースやヒルクライムはもちろんのことロングライドなどもできるオールラウンドロードバイクに仕上がっています。

最先端の技術を結集したフレーム加工技術

トレックのエモンダALRはフレーム設計だけがこだわりではなく、高性能自動車で培われた技術の「ハイドロフォーミング」や「インビジブル ウェルド テクノロジー」を駆使して、パイプを形状や溶接までにもこだわった軽量アルミロードバイクです。

ハイドロフォーミング加工

ハイドロフォーミング加工

設計の自由と高い耐久性を実現するハイドロフォーミング加工

ハイドロフォーミング加工とは高性能自動車の製作で定着した加工方法で、航空宇宙産業でも使われる、最先端の加工方法です。ハイドロフォーミング加工はより複雑なパイプ形状を高い耐久性を保ちつつ、更に軽量に仕上がることができます。トレックではこの製法によって軽量かつ乗り心地やエアロ効果の高いフレーム形状を作ることができます。

インビジブル ウェルド テクノロジー

エモンダALRの溶接

軽さ・耐久性だけでなく見た目も美しいエモンダALRのフレーム

Invisible Weld Technology(インビジブル ウェルド テクノロジー)を要約すると『溶接痕を目立たせない技術』。トレックのアルミ溶接技術が高いからこそ実現できる独自の溶接技法です。沢山の溶接材を使わずに、少量の溶接材でアルミフレームパイプ同士をつなぎ合わせることによって軽量にも関わらず、高い耐久性と美しい見た目を併せ持ったアルミフレームを作ることができます。

用途で選べるブレーキタイプ

エモンダALRシリーズにはブレーキタイプが2種類あり、ダイレクトマウントリムブレーキと油圧ディスクブレーキがラインナップされています。それぞれメリットがありますので、購入の際はご相談ください。

ダイレクトマウントリムブレーキ

エモンダALRのリムブレーキキャリパー

軽量なリムブレーキタイプ

ダイレクトマウントリムブレーキは従来の1ネジで本体を止めているブレーキキャリパーに比べ、約10%ほど軽いです。実際数十グラムぐらい軽くなるだけかと思われますが、ブレーキ本体自体が軽量なので数グラム軽くなるのもスゴイことなんです。さらに本体を2本のねじで止めているのでブレーキ本体がたわみにくく、ブレーキレバーをった力をよりダイレクトに伝えることができます。

油圧ディスクブレーキ

エモンダALRのディスクブレーキキャリパー

しっかりとした制動力を発揮すディスクブレーキタイプ

油圧ディスクブレーキは軽いタッチでしっかりとした制動力を発揮します。長い下り坂でも腕がパンパンになりにくいところが嬉しいです。雨などの天気でもブレーキ能力は低下しずらく、カーボンリムモデルのホイールのデメリットも解決できると注目されています。ディスクブレーキはブレーキの利きがよすぎて怖いのではないかとよく聞かれますが、乗ってみると意外とコントロールがしやすいので、安心感があります。

一体感のあるボントレガー製アクセサリー

フレームに内蔵できるスピード・ケイデンスセンサー『デュオトラップS』

エモンダALRシリーズには専用スピード・ケイデンスセンサー『デュオトラップS』をスッキリと取り付けられます。デュオトラップSマウントのおかげで、センサー本体がずれてしまう心配もなく、見た目にも機能にも嬉しいフレーム設計になっています。フレームとパーツをトータルで設計しているトレックだからこそできます。

エモンダALRのデュオトラップSマウント

すっきりと収まるデュオトラップS用のマウント

ハンドル周りをスッキリとカッコよくまとめることができる『ブレンダーシステム』

ロードバイクに取り付られる便利なアクセサリーは沢山あります。ライトやサイクルコンピューターなどのアクセサリーと取り付けていくとハンドル周りがごちゃごちゃとなり「本当に欲しいものなど」が使いにくくなってしまう場合が多々あります。それを解消するのが『ブレンダーシステム』であり、通常取り付けができないハンドル中央にライトやサイクルコンピューターをまとめて取り付けることができます。

ブレンダーシステム対応ステム

ハンドル周りがスッキリとするブレンダーシステム対応ステム標準搭載

重量

エモンダALRシリーズの重量はトレックのアルミロードバイクのラインナップ中では最軽量であり、リムブレーキ仕様のフレームサイズ56cmで1.71kgと軽い仕上がりになっています。さらにただ軽いだけではなく、乗り心地や耐久性にも優れます。最軽量アルミロードバイクのモデルと言ってもトレックの生涯補償も付帯しており、長い間楽しんでいただけるアルミロードバイクになっています。

初心者から玄人まで満足のオールパフォーマンスジオメトリー「H2フィット」

エモンダALRシリーズには初心者だけでなく経験者でも乗りやすく、軽いサイクリングからしっかりと走りたいレースなどのイベントでも最高のパフォーマンスを発揮する『H2フィット』が採用されています。『H2フィット』ジオメトリーは走行ラインは思いのままに走ることができ、ハンドル高は低すぎもせず、高すぎもせず、絶妙なバランスで設計されているので様々な状況に対応できるオールパフォーマンスジオメトリーです。

H2ジオメトリー

初心者でも乗りやすい最高のパフォーマンスを発揮する

トレック エモンダALRシリーズ 2019年モデル ラインナップ

エモンダ ALR 4

エモンダ ALR 5

エモンダ ALR 5 Disc

エモンダ ALR 5 Disc Women’s

エモンダALRの細かな違いやフレームサイズ等でお悩みならぜひ店頭へ!

ロードバイクは外から見えない違いや、スペック表では読み取れないものも沢山あります!その他にもフレームサイズやパーツ選びのご相談など分からないことがあればぜひ店頭に足を運んでみてください。バイクプラス全店では無料試乗サービスや車体購入時にフレームサイズを必ず計測しておりますので、動きやすい服装や履物でのご来店をお待ちしております。

 

こちらの記事もよく読まれています!