• HOME
  • ブログ
  • カーボンロード
  • TREK DOMANE SL(トレック ドマーネSL)特集|路面の振動を忘れさせてくれるような乗り心地のロードバイク【2019年モデル】
ドマーネSL6Disc

TREK DOMANE SL(トレック ドマーネSL)特集|路面の振動を忘れさせてくれるような乗り心地のロードバイク【2019年モデル】

トレックのロングライドなどに適したカーボンエンデュランスロードバイク『ドマーネSLシリーズ』。トレック独自の振動吸収性を高めるIsoSpeed(アイソスピード)テクノロジーをヘッドチューブとシートチューブに搭載することで、荒れた路面でも車体が暴れにくく、疲れにくいのが特徴です。ただ乗り心地を向上させただけではなく、ヘッドチューブからチェーンステーにかけて踏み込んだ力がロスしないように設計された剛性の高いフレーム。そんなドマーネSLシリーズの魅力をご紹介します!

乗り心地を良くするためのテクノロジー満載のカーボンロードバイク『TREK Domane SLシリーズ』

トレックのカーボン加工技術の粋を集めた『500 OCLV カーボン』

ドマーネSLシリーズには『500シリーズOCLV』というカーボンが使われています。このOCLVというのはトレック独自のカーボン加工技術で「Optimum Compaction Low Void(超高密度圧縮、低空隙)」の頭文字を取ったものです。文字だけ見るとややこしさを感じますが、簡単にいうとカーボンを作るときに超高圧をかけて、カーボン同士を貼り付ける際の隙間を限りになく少なくする製法です。この加工方法によって、軽量で剛性が高く、高耐久のフレームに仕上がっています。その中でも500シリーズは軽さと振動吸収のバランスがとても良いミドルグレードカーボンです。

500OCLVカーボンロゴ

軽さと剛性のバランスが高いレベルで調整された500 OCLVカーボン

ドマーネSLの乗り心地の肝『IsoSpeed』

フロント

ドマーネSLのIsoSpeed

荒れた道でも安心してハンドルを握ることができる『フロントIsoSpeed』

フロントのIsoSpeedはドマーネSL・SLRシリーズのみに使われているトレックのテクノロジーです。ステアリングコラムとヘッドチューブを独立することで、他のモデルと比べて約10%も振動吸収性を向上させています。フロントIsoSpeedによってハンドルに伝わってくる振動や衝撃が少なくなるので、荒れた路面でもストレスなく安心してハンドルを握ることができます。

リア

ドマーネSL5のリアIsoSpeed

路面からの振動を吸収し安定したペダリングを実現する『リアIsoSpeed』

リアのIsoSpeedはシートチューブとトップチューブを独立させて振動吸収性を高めるテクノロジーです。通常の一体成型されたフレームと比べ、シートチューブがしなる量が多くなり、路面からの衝撃や振動をいなすことができます。エラストマーなどの緩衝材を使わずにフレーム構造によって振動吸収性を高めているので、パーツの消耗がありません。

乗り心地の影の立役者『Iso Speedカーボンフォーク』

ドマーネSLのフロントフォークはマドンやエモンダと異なりフォークブレード部分を前側に湾曲させており、路面からの振動や衝撃を受け流します。さらにただ湾曲させるとハンドリングが不安定になるため、フォークエンドを後方にオフセットさせることによって直進安定性を向上させています。このフロントフォークはドマーネシリーズのために作られた専用フロントフォークとなっています。

ドマーネSLのIsospeedフォーク

乗り心地と直進安定性を演出するIsospeedフォーク

最大32Cのフレームクリアランス

ドマーネSLシリーズは通常ロードバイクに使用されている25Cのタイヤ幅より、さらに広いタイヤを取りつけることができます。リムブレーキのタイプでは最大28C、ディスクブレーキのタイプでは最大32Cとタイヤ幅の選択幅が広く設計されており、用途やシーンに合わせてタイヤ幅を変更することができます。最近のリムブレーキタイプロードバイクだと25C以上入れられないモデルが多いのにもかかわらず、ドマーネのタイヤ幅許容は驚くべき広さです。

ドマーネSL5Discのフロントフォーククリアランス

ディスクブレーキモデルだと32Cのタイヤ幅でも十分なクリアランス

軽さ・乗り心地共に2重丸の『シートマストキャップ』

ドマーネSL5Discのシートマストキャップ

ドマーネSL5シリーズにはアルミ、ドマーネSL6シリーズにはカーボンのシートマストキャップが使われいる

シートマストキャップはトレック独自のテクノロジーです。一般的なサドル下の棒をシートポストといいますが、一般的なシートポストはフレームに差し込む形で高さの調整をします。その為シートポストは長さが長いモデルが多く、重くなります。トレックのマストキャップは通常のシートポストに比べ、長さが短く軽いです。フレーム側のシートチューブを伸ばし、上からかぶせる方法を取ることで、フレームとシートマストキャップとの接点を少なくすることで、しなりを最大限利用でき、乗り心地が良くなります。

見た目にもスッキリ美しいアクセサリーマウント

フレーム内蔵型スピード・ケイデンスセンサー『デュオトラップS』

ドマーネSL6DiscのデュオトラップSマウント

フレーム内蔵式のスピード・ケイデンスセンサー『DuoTrap S』を取り付けられるマウント

デュオトラップSはサイクルコンピューターにANT+とBluetoothを発信するセンサーです。フレームに内蔵することができ、見た目もスマートでセンサー本体がずれる心配もないのが特徴です。フレームメーカーのトレックとパーツメーカーが協力してトータルで設計しているからこそできるスピード・ケイデンスセンサーです。

ハンドル周りをスッキリと『ブレンダーシステム』

ブレンダーシステム

ハンドル周りをスッキリとすることができるブレンダーシステム

ボントレガーのライトやサイクルコンピューター、ガーミンのGPS付サイクルコンピューターなどをハンドル周りをゴチャゴチャとさせずにスッキリとまとめて取り付けることができます。ハンドル周りがスッキリすることで必要なアクセサリーを追加することもでき、見た目にも気持ちがいいです!

選べる2種類のブレーキタイプ

しっかり制動力派の油圧ディスクブレーキ

油圧ディスクブレーキモデルは少ない力でしっかりと止まる制動力の強さが魅力です。また、リムブレーキのモデルに比べてホイールを固定しているスキュアーが太いので、フレームとホイールの一体感が高く、コーナリングや下りでの安定感が高いのも特徴です。ドマーネSL Discシリーズは装着できるタイヤの太さも太く、最大32Cの幅広タイヤも問題なくはめられます。

ドマーネSL5のディスクブレーキ

しっかり制動力を求める方にオススメのディスクブレーキタイプ

かるがる軽量派のリムブレーキ

リムブレーキモデルはディスクブレーキモデルに比べると軽いという特徴があります。モデルにもよりますが約400~500ℊほど軽いので、とにかく重量を軽くしたい方や、今までリムブレーキタイプのロードバイクに乗られていて、完組ホイールをお持ちの方にオススメです。ドマーネSLシリーズは装着できるタイヤ太さも最大28Cとリムブレーキにも関わらず幅広タイヤがはまる設計になっています。

ドマーネSL5のリムブレーキ

軽さを求めたい方にオススメのリムブレーキタイプ

ドマーネのための「エンデュランスジオメトリー」

ドマーネSLシリーズに採用されているエンデュランスジオメトリーは、マドンやエモンダに比べてボトムブラケットを低く、ホイールベースを長くすることで直進安定性が高く、低速時でもふらつきにくい設計になっています。また、ヘッドチューブが長く、前傾姿勢をアップライトなポジションに設定することができるので、ロングライドなどでも疲れにくい乗車姿勢を取ることができます。

エンデュランスフィット

ドマーネ専用のエンデュランスFIT

ラインナップ

ドマーネ SL 5

ドマーネ SL 5 Disc

ドマーネ SL 6 Disc

ドマーネ SL 5 Disc WSD

ドマーネ SL 6 Disc WSD

店舗情報

バイクプラス各店ではドマーネSLシリーズの試乗車もあります。実際に他のロードバイクと乗り比べて頂くとそれぞれの違った乗り心地を感じて頂けるかと思います。予約は不要ですので動きやすい服装やお履き物でご来店ください。

また、ドマーネSLシリーズに関わらずスポーツ自転車はフレームサイズが重要な乗り物ですので、必ずフィッティングが必要となります。バイクプラスでは購入時に無料でフィッティングを行っておりますので、ぜひ店頭にご相談ください。

こちらの記事もよく読まれています!