金子台に広がる茶畑とロードバイク

入間市のポタリングスポット・茶どころ通りで新緑の茶畑を快走!

新緑の季節、入間市の茶畑も新芽で一面鮮やかな緑色に染まっています。5月上旬の今だからこその景色!所沢店から10kmほどの距離に位置する狭山茶の名産地・金子台の茶どころ通りをポタリングすると気持ちいいですよ♪

見渡す限りのお茶畑のなかの農道から撮影入間市の圏央道沿い北側、八高線の金子駅周辺に茶畑が集中的に広がっています。武蔵野台地の中でも特に水はけがよくてお茶の葉の栽培に適した場所なんだそうです。茶畑全体が少し高台になっていて一面茶畑が広がります。起伏があるからか気持ちのいい風景!

鮮やかな黄緑の絨毯のような茶畑茶畑には農道が縦横に幾筋もあります。茶どころ通りから一本入ると一面の茶畑の中を走ることができます。茶畑の上には霜が降りないように空気を対流させるための防霜ファンが点在しているのも茶畑ならでは!

茶畑の向こうに富士山が見えます晴れていれば遠くに富士山を望むこともできます。まだ山頂は真っ白ですね。

青空に透ける黄緑の新茶の葉すぐそこに新緑のお茶の葉!太陽に透かすとさらに鮮やかな色に、生き生きしてます。

新茶の購入はたくさんのお茶園が軒を連ねる県道で

茶畑の北側の青梅入間線(県道63号線)沿いにはいくつものお茶屋さんが軒を並べています。
狭山茶を販売する出川園店舗新茶ののぼり旗に誘われて、出川園さんで新茶をいただきました。店名もあってのことと思いますがテレビ東京の「充電させてもらえませんか?」のTV番組で出川哲朗さんもいらっしゃたそうです。

出川園の新茶・初摘今年は5月5日から新茶の販売を始めたとのことですが、昨年よりちょっと遅いんだそうです。
「新茶は70℃くらいのお湯で30秒ほどで」とアドバイスをいただいたきました。急須で入れるお茶、ともておいしかったです♪

お茶屋さんによってはまだまだ刈り取りはこれからで、新茶の販売はもう少し先という所もあるそうです。飯能や青梅方面にポタリングがてら新茶を買いにというのはいかがでしょう??

こちらもおすすめ