• HOME
  • ライドブログ
  • ツール・ド「ふくいち」♬ 磐梯吾妻スカイラインなど絶景ロードを自転車で楽しむ1泊2日福島大満喫の旅!!

ツール・ド「ふくいち」♬ 磐梯吾妻スカイラインなど絶景ロードを自転車で楽しむ1泊2日福島大満喫の旅!!

皆さんこんにちは!!林道をこよなく愛する三郷店猪瀬(自己紹介ブログはこちら)です♪

Withコロナの時代で皆さんどうサイクリングライフをお過ごしでしょうか?イベントなどが軒並み中止になってしまいやる気を失っているサイクリストの方々が多くなっているという話を聞きます…(泣)

そんな方々に是非オススメのサイクリングアプリがあります!!それが「ツール・ド」というアプリ♪

今回は「ツール・ド」というアプリが期間限定で開催している「サイクルボール-日本7大1周制覇の旅-」の福島ステージ通称

「ふくいち!!」

を1泊2日で走ってきましたのでそちらの様子をご紹介♫

ヒルクライム好きなら是非是非走っていただきたい美味坂!絶景の磐梯吾妻スカイラインや飯坂温泉、高湯温泉など温泉街もコースの一部なので走り終わったあとの温泉はマジで最高!!

癒されてきました〜(笑)

福島が大好きになるくらい福島を大満喫してきましたので皆さんも旅行気分でご覧ください♫

目次

「ツール・ド」とは?「サイクルボール-日本7大1周制覇の旅-」とは?

「ツール・ド」とは?

サイクリングに特化したサイクリングを楽しみたいサイクリストのために作られた無料のアプリ。

それが今回自分が利用した「ツール・ド」♪ ⇦こちらよりリンクを見ることができます♪

このアプリをオススメするポイントは4つあります♫

「ツール・ド」アプリをオススメするポイント。

・全国のサイクリストが厳選した本当にオススメできる「とっておきのローカルコース」だけ掲載されているので「えっ⁉︎ここどこ⁉︎」的な変な道や危ない道がない!
・アプリ内にコースMAPがありコースMAPに沿って走ればいいだけなので初めて走るコースでも迷子になる心配なし!
・ご当地観光名所がチェックポイントなので単純に観光も楽しめる♪
・イベントによっては完走記録証がもらえるので達成感と思い出が残る!

また複数人でのチャレンジはもちろん、1人でチャレンジしてもOKなので今のwithコロナ時代に非常にオススメ!
2020年3月末時点で300以上のコースが掲載されており今後もコースを増やしていく様なので是非皆さんもアプリを登録して利用して見てはいかがでしょ♫

「サイクルボール-日本7大1周制覇の旅-」とは?

日本中に散らばった7つのサイクルボールを集めるサイクリング・クエスト!!

その名も「サイクルボール-日本7大1周制覇の旅-」♪ ⇦ホームページもご確認できます♬

日本には「琵琶湖1周」「霞ヶ浦1周」などいろんな1周がありますが、「ツール・ド」アプリが厳選した日本の名だたる1周(全7つ)を期間内に完走して走破の証「サイクルボール」を7種類全て揃えるゲーム感覚のイベントです!

7つ全て集めると自転車界の女神が完走者の願いを1つだけ叶えてくれるとか(笑)

‐イベント概要‐

イベント名称:サイクルボール-日本7大1周制覇の旅-

参加費:無料

期間:2020年8月1日(土)〜2021年3月28日(日)※コースによって走れる時期がありますので要確認!

参加に必要な持ち物、条件
・自転車、ヘルメット、グローブ
・自転車保険加入必須
・「ツール・ド」アプリインストール必須
・モバイルバッテリー(あると便利)
・ライト前後必須

「サイクルボール-日本7大1周制覇の旅-」参加方法♪

①LINEで「サイクルボール公式」を検索から探し登録し、キャンペーンにエントリー。

②キャンペーン参加方法が届く。「ツール・ド」アプリをインストール。

③走りたいコースのスタート地点に行く。

④アプリを開きスタート。

「ツール・ド」アプリ最初の画面

①まずは、スマホでアプリを開きます♪

サイクルボール特集までの写真

②「ツール・ド」のアプリから「サイクルボール特集」を押します。

サイクルボールスタート開始前写真

③走りたいコースを選択し、目的地近辺で青いスタートマークをタッチ♪

サイクルボールスタート画面

④GPSの判断で、スタート近辺に参加者がいるのが確認したら「START」の緑マークが出ます♪それをタッチでスタート♪


⑤各コースのチェックポイントまで行き、アプリでチェックイン♪

チェックポイント通過画面

チェックポイントでは必ず目的地近辺で「チェックイン」ボタンをタッチ♪このマークが出たらチェックポイント通過となります!!


⑥全てのチェックポイントを走破したらゴール!!

最後にすべてのチェックポイントを通過するとこのマークが現れ、「サイクルボール」走破!!となります♪


⑦ゴール地点で走破の証「サイクルボール」をゲット!!


絶景!磐梯吾妻スカイライン、福島グルメありの福島を大満喫する1泊2日のサイクリング♪「ツール・ド・ふくいち」前半!!

スタート地点は福島でも有名な温泉地!飯坂温泉♪

飯坂温泉駅前のスタート地点写真

福島でも有名な温泉地!飯坂温泉前をスタート♪

「ツール・ド・ふくいち」最初のチェックポイントは、松尾芭蕉とその弟子が有名な「おくのほそ道」の旅の最中に疲れを癒したと言われている飯坂温泉がスタート地点♪

まだ先の話ですが、今日のゴールもここで最後に飯坂温泉を楽しむ予定なので出発前にワクワクが止まりませんでした!!(笑)

飯坂温泉観光協会前での一枚

第一チェックポイント♪飯坂温泉観光協会前でまずパシャリ♪「ふくいち」スタート!!

まずは、飯坂温泉観光協会前で「ツール・ド」のアプリを開きスタートボタンを押します。

それでは「ツール・ド・ふくいち」出発〜!!

「天空の飛行場」ふくしまスカイパークまで前菜ヒルクライム♫

福島県は今まで走ったことがなかったのですが、印象として非常にのどかでアスファルトも綺麗でサイクリングに適した場所だなと思いました♪

また計画立てて走りに行こうかな〜(笑)

さらに「ツール・ド」アプリが作ったコースが交通量少なめの安全な道を案内してくれるので自分みたいな初めて福島を走る人にとってありがたい!

福島のリンゴ写真

嵐の前の静けさ…(笑)ちょうどリンゴが時期で、美味しそうなリンゴが実ってました♪

そんなこんなでのどかなフルーツ畑の道を走っていくと、ふくしまスカイパークまで続く距離4㎞程、平均勾配5%くらいのヒルクライムが登場♪

ふくしまスカイパークへ続く坂道スタート地点写真

目の前の坂にちょっと興奮状態!!!(笑)

まだスタートして15分くらいだったので足もうまく回らず苦戦しまたが、パワーメーターがついているのでペース配分を見出さず走り切ることができました…(泣)

登り切るとまさに

「天空の飛行場」

と呼ばれるくらい広い空が広がるふくしまスカイパークに到着♪

ここもチェックポイントなのでしっかりとチェックインボタンを押します。
※ふくいちの様に、標高の高いコースは電波が悪い場所が多いのでちゃんと目的地の近くでボタンを押さないとGPSが反応してくれないのでご注意を♪

さて次は少し下っていよいよ本日のメインディッシュ磐梯吾妻スカイラインを目指します〜♪

ふくしまスカイパーク前の写真

念願の磐梯吾妻スカイライン前に絶景を見られて幸先のいいスタートが出来ました♪

磐梯吾妻スカイラインPart1:高湯温泉までのヒルクライム♪

次の目的地、高湯温泉観光協会まで本格的なヒルクライムスタートです♪

「ツール・ド・ふくいち」のメインディッシュ!磐梯吾妻スカイラインは約29㎞で1600mくらい登る長いヒルクライム♪
磐梯吾妻スカイラインは山頂付近がまるでヨーロッパの山岳地帯を走っている様で日本とは思えない景色が広がっており、国内のみならず海外のサイクリストも走りに来るくらい有名なヒルクライムスポット♫

自分も一生に一度は走りたかった磐梯吾妻スカイラインがコースに入っていたので「ツール・ド・ふくいち」にしたと言っても過言ではないくらい憧れていた坂道でした!

序盤の高湯温泉観光協会までの8㎞は、かなりエグい坂でほとんど勾配10%以上でふくしまスカイパークまでの坂とは桁違いの坂でした…(笑)
磐梯吾妻スカイラインのスタート地点はまさに壁で、

 

ドドン!!「あっ。これだ…(笑)」

と誰が見てもわかるスタート地点でした。

高湯温泉前までのヒルクライム最中写真

いや~(笑)中々の激坂にこの顔です!!

唯一の癒しは横を流れる川のせせらぎがマイナスイオンを感じられたのでよかったです♪ また、この高湯温泉は今回の宿泊場所で白濁の湯が気持ちのいい場所でした。その模様は後ほど!

磐梯吾妻スカイラインPart2:日本のモン・ヴァントゥ♪気分はツール・ド・フランス!浄土平までヒルクライム!!

ここまでの8㎞でかなり疲れてしまい半分魂が抜けてました…(笑)

高湯温泉ヒルクライム終盤付近の写真

この付近は高湯温泉の中心部で硫黄の匂いがすごく「いい温泉なんだろうな~」と思いました♪

高湯温泉ヒルクライムゴール地点写真

いや~(笑)疲れました…(´;ω;`) 福島の洗礼を受けた序盤♪

少し休んでから再出発!ここから先は高湯温泉までの坂よりは比較的に緩くなり平均6%くらいになります。ほとんど10%前後の勾配を味わった後なので坂と思えなくなってしまう変な感覚に♪

高湯温泉ゴール付近の九十九折写真

九十九折は萌えます♪(笑)

しかし油断は禁物!この先は九十九折り区間があり最大勾配15%ほどある美味坂(´∀`)!!

 

これを美味しいと思うかはあなた次第です(笑)

 

話を戻して…(笑)10㎞ほど走ると不動沢橋という谷底までの高さが80mという高所恐怖症の方には厳しい橋があります♪

不動沢橋の写真

橋を渡った時はなんか楽しかったです♪(笑)

今回は少し曇りがちだったのであまりいい景色ではなかったのですが、晴れていればここから福島の景色が一望できるスポットで立ち寄る方が多いです。また数少ないトイレがありますので是非休憩で寄りたいです。(ここから先はトイレが山頂までありません…)

不動橋から残り11㎞ほどさらにヒルクライム♪この先はアップダウンの連続です!

不動沢橋周辺ヒルクライム写真

頑張りま~す♪ 足だけコンタドールにならないかな~(笑)

ここからが磐梯吾妻スカイラインの絶景ポイントで、東吾妻山、吾妻小富士など現役バリバリの活火山に囲まれてるので周辺の火山噴火や高地により日本とは思えないヨーロッパの山岳の様な高い木が生えにくい景色が続きます♪

吾妻連峰を縫う様に走れる磐梯吾妻スカイラインは、まさに空の上を走っている様な感覚になります♪

絶景なので立ち止まりたい気持ちがあるのですが、場所によっては火山性ガスが出続けている区間があるのでその区間は立ち止まらずに走りましょう。長時間いるとヤバいことになります…

ここは写真で見るより実際に走ってもらった方が何倍も絶景を感じられますし、20㎞以上ヒルクライムして見られる景色ですのでバイクや車で登るより何万倍も綺麗に見えること間違いなし!!

是非走りに行って見てください♪

※磐梯吾妻スカイラインは例年4月上旬から11月中旬の期間のみ通行できます。11月中旬以降は冬期通行止めになりますのでご注意ください。

浄土平についた時には、またすぐ走りに来たいなと思い自分が坂バカであると再認識した時間でした♪(笑)




今回の宿泊地♪「白濁の湯」源泉かけ流し400年の歴史がある高湯温泉!!

ここで少し箸休めで2日目は、高湯温泉に泊まりました♪ 高湯温泉の代名詞である「白濁の湯」は400年以上の歴史があり、

効能に優れたお湯として非常に有名な温泉地です♪

白濁の湯の写真

「白濁の湯」は多くの効能があり、疲れた体に染み渡る~♪

自分も前日「ツール・ド・ふくいち」を走り切った疲れが取れるほどの良い温泉で、特に夜になると温泉がライトアップされて白濁の湯がより一層引きだつ、目でも楽しめ、体にも染み渡る温泉でした♪

福島の高湯温泉でも有名な「安達屋」の写真

GoToキャンペーンでお安くなったのでちょっとした贅沢!!

そんな高湯温泉の中心地にある宿「安達屋」に宿泊!! ⇒「安達屋」こちらのリンクよりホームページ載せときます♪

もちろんこちらも「白濁の湯」で、一日に3回入って前日の疲れをとってきました♪(笑)

さらにご飯も格別!!地元の食材をふんだんに使った料理は絶品で、非常に美味しかったです!!さらに、個人的に地方に泊りがけで走りに行ったときに欠かさず行っているのが、

 

日本酒探し!!!

 

 

これが外せない「旅に来たな~」感が個人的に出るイベントです!(笑) 今回のお目当ては「飛露喜」(ひろき)!

大内宿の写真

福島の有名観光スポット「大内宿」♪

高遠そばの写真

大内宿名物!「高遠そば」!!ネギ嫌いでもなんとか行けます…(笑)

実は、観光で福島の観光スポット「大内宿」まで行ったときに、その日本酒の酒蔵や取り扱い酒屋など点々としたのですが、在庫がありませんという人気ぶり!!

あきらめかけていたのですが、

なんと「安達屋」に「飛露喜」があったのです!!!!!

福島日本酒飛露喜の写真

「ふくいち」もう一つのお目当て!「飛露喜」♪

ラッキー♪ということで飲んでみましたが、非常に飲みやすく舌触りのいい日本酒でめっちゃ美味しかったです!!!(笑)

会津名物馬刺しの写真

福島会津の名物「馬刺し」をつまみに「飛露喜」を一杯♪

ほろ酔い状態で眠りにつき朝一でまた「白濁の湯」に入って癒される最高の一日でした♪

絶景!磐梯吾妻スカイライン、福島グルメありの福島を大満喫する1泊2日のサイクリング♪「ツール・ド・ふくいち」後半!!

道の駅つちゆまで26㎞激寒地獄のダウンヒル!!

さて浄土平から約26㎞ほどダウンヒルです!!

ちなみにこの時の浄土平の気温は10月初旬ですが10度ほどでしたのでノーブレーキだと普通に50キロ以上でるスピードで地獄のダウンヒルとなってしまいました〜(笑)

「デュムランになる〜!!笑」(わかる人にはわかると思う♪)

 

ダウンヒル途中の景色

ダウンヒル寒い~!!こんな時にベストやウィンドブレーカーが役立ちます♪

ダウンヒル途中の絶景スポット写真

会津?周辺の絶景♪紅葉の時期はもっと映えるスポットかな(笑)

ダウンヒル途中の林道写真

エモい林道♪ほとんど車が来ない緑の中のサイクリング道路的な♪

ダウンヒル途中の林道

またまたエモい林道♪個人的に一番好きな感じでした!!(笑)

しかし、道中絶景スポットや個人的に大好物のエモい林道などがありテンションが上がり、そんなこんなで無事次のチェックポイント「道の駅つちゆ」につきました!

ここではこのコーヒー牛乳が有名らしく非常に美味しかったです!苦めのコーヒー牛乳が好きな方は是非飲んでいただきたい。

会津名物コーヒー牛乳とうどんの写真

名物!!会津のコーヒー牛乳♪

腹ごしらえを終えてさらに下ります。ドリフトの聖地として有名な「エビスサーキット」がある東北サファリパークを通過し面白い雰囲気のカフェに向かいます♪

カフェにドライブスルー⁉︎ サイクリストにオススメの美味しいコーヒーが味わえるカフェ「SEKIYA COFFEE&GOOD TIMES」

地獄のダウンヒルが終わり体が冷え切ったところに美味しいコーヒーを味わえるサイクリングカフェがあります♪

その名も『SEKIYA COFFEE&GOOD TIMES」!お洒落なカフェですが、ここも「ツール・ド・ふくいち』のチェックポイントです♪
冷蔵庫みたいに冷え切った体を温めてようと考えた主催者の心の暖かさを感じました〜(笑)

 

「あたたかいコーヒー!!!\\\\٩( ‘ω’ )و ////」(ダッシュ)

 

と一目散に突っ込んで行ったら、なんとドライブスルー⁉︎

自転車専用ドライブスルー写真

なんと!!自転車専用ドライブスルー!!!(笑)

お店の方曰く、カフェを作った建築家の方が自転車乗りで、ここにサイクリストによっていただきたいという一心で自転車のドライブスルーを作ったそうです♪
また、ここのコーヒーは非常に美味しかったので豆まで購入してしまいました!!

コーヒーの写真

地獄のダウンヒルあとの暖かいコーヒーは格別~♪

コーヒー豆のパッケージ写真

美味しかったので豆まで買っちゃいました~♪今も朝の楽しみとして飲んでます♪

終盤!へたれガンダム&あずま果樹園♪意外なサプライズが⁉︎

へたれガンダムとエモンダSLR写真

へたれてるわ~(笑)自分もへたりながら見てました♪

カフェでのんびりした後、次のチェックポイントへたれガンダムまで走ります♪ ここまで90㎞ほど走り疲れている自分を彷彿させるガンダムがそこにはあり、思わず、

 

「俺やん!!」

 

と突っ込みたくなるへたれたガンダムでした。

そんな自分の分身ガンダムをただ見てから16㎞ほど田園地帯を走り、時期的に日が短くなり夕方になってしまったのでゴリぶみであずま果樹園まで走ります!!

あずま果樹園閉園ギリギリで到着!!到着直後スタッフの方に、

スタッフ:「サイクルボールの人?」

猪瀬:「はい!」

スタッフ:「頑張ったね〜♪ りんごあげるよ。」

猪瀬:「マジっすか!!!」

なんと「ツール・ド・ふくいち」を挑戦している方限定で、その時期旬のフルーツをプレゼントしているということをこの時初めて知りびっくりしてしまいました!!(笑)

あずま果樹園のサイクリングラックの写真

サイクルボールのコースにはいたるところにサイクリングラックがあるのでスポーツバイクの人にはありがたい♪

非常に甘くて美味しいリンゴで最高でした♪ それでは後5㎞!!ラスト飯坂温泉に戻ります!!

「ツール・ド・ふくいち」ゴール!!最後はお待ちかねの飯坂温泉♫

ゴールの飯坂温泉駅前でパシャリ

「ふくいち」ゴール!!!

日が少し暮れてしまいましたが、ついに飯坂温泉に戻ってきました!!

全部で距離109㎞、獲得標高2220mと中々ハードワークでした。

最後に飯坂温泉観光協会に立ち寄りアプリを見せ、「ふくいち」のチェックポイント全て回ったか確認が済むと

念願の走破の証「サイクルボールふくいちver」をゲットできました!!!

飯坂温泉「鯖湖湯」の写真

お待ちかねの飯坂温泉♪

鯖湖湯の写真

松尾芭蕉が入ったと言われている名湯♪

そしてお待ちかねの飯坂温泉へ!!今回立ち寄ったのは「鯖湖湯(さばこのゆ)」という共同浴場で、飯坂温泉発祥の地とされる名湯です!

 

なんと温泉の温度47度前後!!!!

 

人間て本当に熱湯に入ると黙るんだなと思うほど無言で顔を歪ませながら温泉に…(泣)気持ち的に飛び上がるほどめっちゃ熱いお湯でしたが、疲れていたから我慢して入りました…(笑)

でもその効果があってか疲れが一瞬で吹き飛び温泉の効能を感じました♪

また、目の前にサイクリングラックがあるのでサイクリストにもありがたい共同浴場でした。

福島大満喫!!皆さんも初めて走る場所は「ツール・ド」アプリを使ってプラン立てて見ては♪

大内宿にあったたぬきとフクロウの石像写真

ご覧になっていただきありがとうございました♪次回のサイクリングブログもお楽しみに!!

かなり長い文章にお付き合いいただきありがとうございました。

いかがだったでしょうか?念願の磐梯吾妻スカイラインや飯坂温泉、高湯温泉などの名湯も楽しめ、個人的には非常に大満足の旅になりました。

それもこの無料アプリ「ツール・ド」を利用したおかげです♪

まだまだサイクルボールイベントが残っていますのでできる限り達成してwithコロナの時代で新しいサイクリングライフを楽しんでいきたいと思います♪

他にもオススメできるコースなどご案内できると思いますので是非三郷店に来た際はスタッフ猪瀬まで訪ねて見てください♪また、オススメのコースなどあったら是非教えてください!一緒にサイクリングライフを盛り上げていきましょう♪

こんな記事も一緒にどうぞ♪

こちらもおすすめ