しまなみ海道の景色

軽い気持ちで始めた自転車が、新たな夢へ挑戦する機会に

67歳からの挑戦!当初ご友人の誘いから始まった自転車生活でしたが、スポーツ自転車で得られる大きな感動と達成感にすっかり魅了されてゆく、そんな大原様のストーリーをご紹介します。

自転車を始めようと思ったきっかけを教えてください。

ヒルクライム中

自転車はチャレンジしがいのあるスポーツです!

2013年67歳、さてこれからの人生は?…と考えていた時に大分県在住の友人から自転車で”しまなみ海道”を走りませんかと突然の連絡がありました。しかしスポーツ自転車経験のない私に6架橋70キロは想定外で不可能と思いましたが、
誘ってくれるありがたさといま挑戦しないといつするの!と家族にも背中を押され、レンタル自転車で晴天に恵まれた素晴らしいロードを尾道市から今治市まで走り抜け、大きな感動と達成感を得てスポーツ自転車はいいな~と思ったのがきっかけです。

バイクプラスで自転車を買った時の感想をお聞かせください。

2014年4月に妻とウィンドウから見える自転車が気になっていたバイクプラス多摩店に足を運びましたが、店内が明るく陳列の自転車1台1台が輝いて見えました。しかしスポーツ自転車の経験も知識もなく、加えて年齢と自信のなさからロードバイクは念頭になく(あとで反省)、私のクロスバイク目線にスタッフの方の付かず離れず気持ちのこもったアドバイスに安心感を覚え…7.5FX…を購入しました。購入自転車に装着されたタイヤ幅28cをわざわざ太い32cを購入して付け替えたのも、今となっては忘れられない思い出です。

多摩店スタッフとともに

スタッフもいつも元気を頂いています

多摩店との出会いは私の自転車生活の節目で大きな支えとなりました。特に各種講習会…タイヤ・チューブ交換、ギア周りクリーニング、輪行袋の使い方など…自分でできるまで何度も学習させてもらいました。遠出前には必ず店で車体チェックをして、スタッフの方の大丈夫の力強い一声に安心感を得て目的地に向かいます。
とりわけふらりと立ち寄った時のスタッフの方との会話と笑顔は素晴らしいです。自転車の魅力とおだてに乗り…今日まで多くの皆様に支えられ、年を忘れて新鮮な目標に継続して挑戦できる環境に感謝しています。

どのように自転車を楽しんでいるかお聞かせください。

南アルプスロングライド

6㌔続く上りを足をつかずに頑張りピーク

2014年の購入当時は68歳。自宅近郊で徐々に距離を伸ばしながらトレーニングを重ね、購入後3カ月目に那須高原ロングライドにドキドキの一人参加をしました。この大会で車に自転車を乗せて開催地に向かう高揚感とスタートからゴールまでの喜びを知りました。日々の目標は年齢的に長いスパンではなく、半年とか1年以内のイベント出走候補から年に4つほどエントリーして、それに合わせて楽しみながらトレーニングをしています。居住地は多摩丘陵の一角でアップダウンの多い地域、ここの道路を走る事が負荷をかけた良い練習になっています。

しまなみ海道にて

私の自転車の原点 “しまなみ海道”再訪しました

別府駅輪行

輪行で最終目的地の別府駅に到着

自転車の楽しみを教えてくれた友人とは購入後6カ月目に自転車を抱えてハワイまで遠征をしましたが、多摩店で飛行機に適した輪行箱のアドバイスをしてもらい非常に助かりました。また新幹線や在来線経由で私の自転車の原点の”しまなみ海道”を再び走り抜け、2日後に人気イベントの”ツール・ド・下関”で130キロを完走、更に大分県まですべて輪行で足を延ばしたのも思い出深いことでした。

JALメッセージ

大分空港でつけられた感激のタグ

ホノルルセンチュリーライドフィニッシュライン

感動のホノルルセンチュリーライド完走!

大分空港からの帰途は空港に余裕を持って到着。輪行袋を預ける時は混雑もなく、搭乗カウンターの女性スタッフの方から自転車はどうでしたか?と話しかけられ、自転車と輪行の楽しさの会話となりました。羽田空港に到着すると輪行袋に自転車の手書きイラストと共に、空港利用と再来訪を願うお礼のメッセージタグが括り付けられていて…思いがけず1週間の輪行の疲れが吹き飛ぶ嬉しい経験もしました。

練習途中のワンシーン

冬用ウェアを着込んで練習中!

イベントは距離70~150㌔、獲得標高700~1500㍍を目安にしていますが、大会会場ではロードバイクが主流で羨ましく見ていました。69歳の時に予期せぬ2度の癌摘出術をすることになりましたが、退院してからもまだ自転車に乗るぞ!の決意から1回目の入院直前に念願のロードバイク…エモンダS5…を購入して愛車は自宅で主の帰りを待っていました。2回目の退院の時は病院から自然と足が多摩店に向き、冬用上下ウエアを買い求めて12月からのトレーニング準備をしました。現在も定期的に検査が必要ですが、主治医から自転車は大いに結構と言われています。

バイクトーキョー参加記念撮影

多摩店のお客様とも意気投合して一緒に大会に出ています

また他の方がTREK車に乗っているとすごく誇らしく親近感を感じ、ある時はラグビー場でTREKに乗っていた方に声をかけると偶然にも多摩店利用の方で、現在も親しく情報交換をするなど思いがけない嬉しい出会いもありました。

大原様とお孫さん

那須高原ロングライド 年齢差60歳の凸凹コンビ

最近は中学1年生の孫(潤平君)と一緒に走る機会も多く、彼は小学6年生の時に重い少年用自転車で那須高原ロングライドにデビュー、昨年は80キロを走り抜き、近い将来TREK車に乗ることを夢見て年齢差60歳の凸凹コンビで頑張っています。

自転車を始めようと思っている方へメッセージをお願いします。

富士山ロングライドGOAL

富士山ロングライド 完走できました!

自転車は老若男女、経験を問わず誰でも楽しむことができます。最近は健康年齢も話題ですが、元気に高齢化社会を歩むためには趣味を持つことがとても大切だと思います。
その一つの自転車は、家から外に出ると新鮮な空気と変化に富んだ素晴らしいロケーションが用意され、思いがけない出会いも数多くあります。私は新しい年号と共に73歳になりますが、これからも自転車で楽しく走るとともに2019年のイベントも選定中です。特に富士山ロングライドは距離130㌔・獲得標高1200㍍で私の体の走るバロメーター、いつも気持ちは青春と心に刻み安全運転第一で夢に挑戦していきます。スポーツ自転車を未知の分野と思わず何でも見てやろう!の軽い気持ちで小さな一歩を踏み出すと新たな夢への挑戦ができるかも知れません。

大原知三さま

車種:7.5FX、エモンダS5
お住まい:東京都町田市
年齢:72歳

こちらの記事もよく読まれています!