• HOME
  • カーボンロード
  • TREK MADONE SLR DISC(トレック マドン SLR ディスク)複数スタッフによるインプレッション
TREK MADONE SLRのスタッフインプレッションページのアイキャッチ画像

TREK MADONE SLR DISC(トレック マドン SLR ディスク)複数スタッフによるインプレッション

こんにちは、バイクプラス屈指のクライマー西岡です! 新型マドンSLRのライドインプレッションをヒルクライム目線で書いてみました。

第二弾|クライマー西岡がエアロロードマドンのオールラウンドぶりをインプレ

マドンSLR
今回インプレッションする車体の詳しいスペックについては『2019 TREK MADONE SLR 6 DISC』をご覧ください。

マドンSLRに乗ってみて思うISOスピードの半端なさ

ドマーネSLRの抜群の乗り心地を彷彿とさせる新型マドンSLRのISOスピード

ISOスピード

調節式ISOスピード

今回のモデルチェンジで注目すべきはやっぱり新しくなったISOスピード。ドマーネSLRと同じく、スライダー式のISOスピードに変更し乗り手の好みに応じて衝撃吸収性を変えることが出来る仕様に変更。

実際に乗ってみると先代マドン9よりも衝撃吸収性が格段に上がったのを感じ、『もはやこれドマーネやん』と感じさせるまるで上質なじゅうたんの上を走っているような走行感覚でした。

ダンパー搭載でより確実に振動を吸収

ISOスピードダンパー

赤がダンパー

トレックのISOスピード初となるダンパーを搭載。これまでのISOスピード搭載フレームでは、大きな衝撃がフレームに加わると、ボヨボヨと振動が残る感覚がややありましたが、ISOスピードダンパーを搭載した新型マドンでは振動吸収した際の跳ね返りの動きを制御できるようになり、瞬時に確実に振動を吸収。前モデルにも当時は驚かされましたが、前にも増して乗り心地が向上しました。

歴代ドマーネ4シリーズ、マドン9とISOスピード搭載車種を乗り継いできた西岡から見ても、今回のISOスピードの進化はマドンSLRを語る上では外せない重要なポイントになります!

スライダーの位置を変えて乗り味をチェックしたところ…

スライダー変更

スライダー変更!

まず初めに一番やわらかめに設定して乗ってみると、コーナリングの安定性がとにかく抜群で、ISOスピードのおかげで後輪が路面に吸い付くように走れ、かつ身体へのダメージも最小限に抑えることができ乗り手の性能を最大限に引き出せるように感じました。

逆にスライダーを一番ハードな位置に設定し乗ってみると、先ほどの乗り味とはがらりと変わって、ガッチリとした乗り心地に変化しました。乗り手の好みに合わせてしなり具合を変えられる汎用性の高さはさすがはトレックといったところです。

スライダーをいじって試しましたが、西岡的には一番やわらかい状態が乗り継いできたドマーネのようなしなり具合や、安定感や乗り味も好みでオススメです!(多摩センター店試乗車は一番やわらかい設定になっています)

気になるディスクブレーキの制動

ディスクブレーキ

安定のディスクブレーキ

今回ディスクブレーキモデルが登場したマドン(リムブレーキモデルもあり)実際使ってみるとやはり効き目は抜群。より少ない力でブレーキをかけることが出来るのはもちろん、軽くレバーに触れるブレーキングからしっかり握るブレーキングに到るまで、それぞれの握り具合に応じて確実に速度に変化が起こる(減速できる)ので、下り坂での速度コントロールが容易で乗り手と自転車が一体化したような感覚が新鮮です。

また天気の変わりやすい山を走ることが多いので、悪天候時でも晴れている時と同じような安定した減速ができるところもポイントが高いです。

油圧ディスクブレーキについてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

シチュエーション別ライドインプレッション

平地での巡航

驚き!の伸び

マドンSLRでスプリント
平地が得意ではないヒルクライマー西岡でも体感できるぐらい平地のぐいぐい伸びる感覚は、自身の平地走行能力が上がったかのように感じさせる所は流石マドンSLRと言ったところです。

ISOスピードで路面に吸い付くように走るので、路面の跳ね返りによる力の逃げが少なく、体重の軽い西岡だと比較的タイヤの空気圧を低めに設定しますが、マドンSLRでは路面の食いつきが良いので多少普段より圧力高めにしてもグリップを確保できるので、西岡の少ないパワーを無駄無く推進力にフル活用できます。

更にエアロ形状のフレームと50mmハイトのホイールが上手いことマッチし空気を引き裂くように走行でき、高速時の速度維持がかなり楽でたのしかったです♪

ヒルクライム

エアロロードなのに重くなく剛性が高いからかやはり登りも難なくこなす仕上がり

マドンSLRで登り
ヒルクライマーである私、西岡が気になるのはやはり登り。

ヒルクライムバイクであるエモンダとはキャラクターが違いますがシッティングでケイデンスを上げてグイグイ加速するようにも登れ、また踏んだ分しっかり力強く登ってくれるのでヒルクライムにも使える、まさにプロの現場で使われてるオールラウンダーなエアロロードバイクというところで、ヒルクライムでも納得の仕上がりです!

エモンダは軽いのでリズミカルに踏む感じですが、西岡的にはマドンはシッティングでくるくる回して漕ぐと調子良くグイグイ進み、まるで誰かが背中を押してくれるような感覚が最高でした。

4%~5%の緩斜面に関しては踏めば正直エモンダよりもダイレクトに登れ、多摩センター店近くの尾根幹線道路がまさしくマドンSLRが得意なコースレイアウトで、アップダウンも疲労が溜まることなく快適に走れました。

ダウンヒル

マドンSLR下り
登ったらもれなくついてくる下り坂ですが、西岡的にはここにも驚きがありました!

フロントフォーク周りに剛性感があり狙ったコースをスパッと曲がれる安定感が抜群に気持ち良くスムーズに下りをこなせるのが流石はレーシングバイクといったところです。それに加えてディスクブレーキの速度コントロール性の良さもあいまって鬼に金棒と言ったところです。

下りでもうひとつ顕著に感じたところは、先代マドン9と比較して新型の専用エアロハンドルの振動吸収性が向上していて、下りの際もブレが無く車体をコントロールすることが出来たところも好感度が高いです♪

まとめ

平地も登りも走れるマドンSLRはオールラウンドに使える新しいエアロロードです!

バイクプラスでは、多摩センター店 大宮店 三郷店で試乗車として置いてありますので是非、トレックの誇る最先端エアロロードバイクを試しにいらしてください。

また、スポーツバイクは自分の体格に合った自転車選びがとても重要です。スポーツタイプの自転車には必ずフレームサイズがあり、身長だけではおおよそのフレームサイズまでしかわかりません!股下や乗った時の姿勢なども重要になってきます。

ご購入前にしっかり私たちスタッフがフィッティングやサポートをさせて頂きますのでよろしくお願いします。

こちらもおすすめ