• HOME
  • カーボンロード
  • TREK Emonda SL(トレック エモンダSL)特集|フルカーボンならではの軽さと乗り心地ではじめての1台としても人気
エモンダSL5の斜め後ろからのカット

TREK Emonda SL(トレック エモンダSL)特集|フルカーボンならではの軽さと乗り心地ではじめての1台としても人気

TREK(トレック)のEmonda SL(エモンダSL)シリーズは、これからロードバイクを始めようという方にも、クロスバイクやアルミロードバイクからの乗り換えを検討している方にも、おすすめしたいシリーズです。そんな万能なモデルがあるのか?と思われるかもしれません。なので今回はエモンダSLシリーズの特徴をじっくり紹介していきます!

カーボンフレームならではの振動吸収の良さ

OCLV500カーボン

現在TREKが使用しているカーボン素材はOCLV500、OCLV600、OCLV700の3種類。OCLVとはOptimum Compaction Low Void(超高密度圧縮、低空隙)の略でOCLVはトレックの特許取得済の製法です。

エモンダSLシリーズに使われているOCLV500はいまでこそカーボンモデルのエントリーという位置づけですが、数年前まではOCLV300という下位グレードもありOCLV500はミドルグレードという位置づけでした。だからエントリーと侮ることなかれ。20万円ちょっとでミドルグレードの走りがで購入できるようになったのは、数年前には考えられませんでした。

エモンダSLのOCLV500カーボンの印字

OCLV500のカーボンを使ったエモンダSLシリーズは、カーボンらしい軽量さと、振動吸収のよい乗り心地のよさを合わせもっているバランスのいいモデルです。

軽くしようとすれば、その分乗り心地は硬めになるためやや振動吸収能力は落ちます。しかしその分、漕いだ力でフレームがしなることもないので、パワーがもれなく前へ前へと進む力に代わっていきます。(よく「剛性が高い」と表現されます。)上位モデルのエモンダSLRとはここが異なります。

エモンダSLのフレームは、OCLV500カーボンを使用することでほどよい剛性の高さ、軽さ、乗り心地のよさのすべてを兼ね備えています。カーボンフレームはひもといていけばカーボン繊維を固めたもの。配置する方向によってしなりを出しやすくしたり、重ね方や重ねる量によっても剛性が変わってきます。

路面から伝わってくる縦方向の振動に対してしなりを出すことで、体への衝撃を緩和してくれます。金属フレームとは異なり、長時間乗り続けても体が疲れにくいのがエモンダSLのフレームの大きな特徴です。

BB90という太いボトムブラケットでほどよい剛性

BB90のベアリング圧入するための場所

BB90のベアリングを外すとこうなっています。無駄のない設計!

そのほかTREK独自のフレーム規格に「BB90」があります。他メーカーよりも幅の広いBB(ボトムブラケット)を採用し、ダウンチューブ太くすることで剛性を高めています。

実際は剛性だけでなく、フレームの方にBBパーツを直接圧入できるように成形をしているため、通常のネジ切タイプのBBを使用するよりもパーツ点数が減り、そこでも軽量化を図っているのです。

ベアリングを外すとカーボンフレームの内部が見えるのですが、毛羽立ちもなく美しい成型ぶりが分かります。店頭でぜひ、このBB90の幅広さ確認してください。

OCLVカーボンフレームの成型はこちらの記事で紹介しています

 

シートマストキャップ構造

エモンダSLのシートマストキャップ構造

エモンダSL5のシートマストキャップ

こちらもTREK独自の構造で、エモンダSL以上のシリーズ共通の仕様です。通常、フレームにシートポストを差し込んでサドルの高さ調整を行いますが、TREKはまったく逆の発想。エモンダSLはシートマストキャップを採用し、フレームの方にかぶせる形でサドルを固定します。

シートポストよりも短くてすむため軽量で、さらにカーボンフレーム(シートチューブ)のしなりを生かせるので乗り心地がさらによくなります。

エモンダSL5はこのシートマストキャップ部分がアルミですが、エモンダSL6以上のモデルはこのマストキャップ部分をもカーボンにすることでさらなる軽量化をしています。

シンプルなフレーム形状

カーボンフレームは溶接の継ぎ目などがないため、フレームの表面がなめらか。アルミやクロモリなどの金属フレームのチューブ接合部分は溶接で波打っていたりするものです。

すべてがなめらかにつながっているカーボンフレームの美しさは、見ているだけでも満足感を味わえます。

カーボンフレームらしいなめらかな仕上がりエモンダSLシリーズはワイヤー内装でさらに見た目もすっきり。ワイヤー類の汚れを抑えることができるため、メンテナンス上のメリットもあります。

またシマノのDi2コンポなどへの電動シフト化のときも、フレーム内にコードやバッテリーを内装できます。今後のコンポーネントのグレードアップの幅が広がるのもうれしいところです。

万能といわれるワケはヒルクライムもいける軽量さとジオメトリー

エモンダSLシリーズの重量

エモンダ重量表emonda(エモンダ)という名前はフランス語で「そぎ落とす」という意味からきています。カーボンフレームはアルミフレームにはない軽量さが自慢、それぞれのフレームでクラス最軽量です。

エモンダSLシリーズのリムブレーキタイプのフレームで重量1091g、ディスクブレーキタイプのフレームで重量1149g。上位のエモンダSLRと比較すれば重量1.7倍ですがフレームの金額は約半分ですからそれも納得!SLシリーズの完成車は重量7kg台から8kg台です。

・エモンダSL5 8.68㎏(フレームサイズ54cm)
・エモンダSL5 WSD 8.59㎏(フレームサイズ54cm)
・エモンダSL6 7.53kg(フレームサイズ56cm)
・エモンダSL6 Pro 7.30kg(フレームサイズ56cm)
・エモンダSL6Disc 8.10kg(フレームサイズ56cm)

※2019年モデルのメーカー公表値です。

参考までに、TREKの最軽量アルミフレームを使用したモデルEmonda ALR5は8.75kg(サイズ56cm、2019年完成車重量)。シマノ105の同コンポを使用したエモンダSL5の方が軽くできています。

ロードバイクに乗るうえで軽さは重要なポイント。とくにヒルクライムも楽しむならばなおさら、車体は軽いほうが楽です。ヒルクライムでなくても、漕ぎ出しももちろん軽いほうが楽。

パーツのグレードアップの車体重量が変わることで、同じように漕いでいるつもりなのにグイグイ加速していく感覚が得られたり、登り坂などで軽いギアが増えたかのような感覚になります。

そもそものフレーム重量が軽いことは、コンポーネントやホイールを乗せ換えたときにどれだけ軽くできるかに関わってきます。エモンダSLシリーズは、完成車ですでに7kg台のモデルもあります。カスタム次第では6㎏台も夢ではありません!

エモンダSLシリーズのインプレッションコメント(大宮店・瀧澤)

エモンダSLに乗る大宮スタッフ瀧澤「マドンやドマーネと比べるとシャキシャキと鋭い加速がエモンダの特徴です。フレームが軽いためダンシングがしやすく登りもリズミカルに気持ちよく進んでいきます。
また、エモンダは安定性も高く、レースのようなクイックな動きが必要なときや、長い下り坂、コーナーリングでも思い通りに反応してくれます。

そしてもう一つ、乗り心地も良いんです。凸凹道の縦からくる衝撃をフレームがしっかり受け止めてくれ、乗っててもストレスを感じませんでした。

エモンダは軽さがコンセプトのバイクですが、登坂・ペダリング・乗り心地等の全てにおいてバランスが取れていると思います。初めての方や女性でも乗りやすくオススメです。
軽さを活かして輪行も楽にできますよ!!」

「エモンダシリーズはフレームがシンプルなのでホイールやタイヤを変えることにより自在に乗り味を変えられるのも魅力的ですね。ロングライド用に太目のタイヤ(26cが限界)を入れ乗り心地をアップしたり、川沿いのサイクリングではリムの高いホイールを履かせて巡航速度を維持しやすくしたりできます。

これだけいろいろな状況に対応しやすいバイクなので初めてのフルカーボンロードバイクにもぜひおすすめしたいですね。」

エモンダのジオメトリー

エモンダのフレームを真横から撮影した写真

軽さだけではなく、フレームのジオメトリーにも注目。ドマーネシリーズとは対照的に、機敏さや反応の良さを出す設計です。

ホイールベースを短めに、ボトムブラケット下がりも控えめ、フロントフォークもストレートに伸びていて踏んだときの反応がよく、加速に優れます。フロントフォークもストレートで、登り坂でも傾斜に対して体重をしっかり自転車にかけることができ、ハンドリングもクイックで、ダンシングの際にも左右に振りやすくなっています。

エモンダSLシリーズは漕ぎ出しが軽く、ゼロからの加速が得意です。踏んだ分グイグイ進む感覚がくせになります。思いのままに動く感覚というか、マニュアル車のように自らが操作している満足感はエモンダシリーズならでは!

ヘッドチューブを真正面から見た状態

軽いからといって安定感を感じることができるのもエモンダSLシリーズの魅力です。ヘッドチューブは上下でベアリングの径を変えていて、下の方に向かって太くなっています。このE2ヘッドチューブのおかげでハンドリングに安定感が出ます。

高速域でもふらつきが少なく、軽量にこだわりながらも、ブレのない走りができて一切乗り心地を犠牲にしていないのがTREKらしいところです。

しっかり効くブレーキマウント

エモンダSLのリムブレーキタイプは、ダイレクトマウントのブレーキです。数年前の主流であった1本のボルトでブレーキキャリパーを固定する方式に比べてブレーキの制動力が上がっています。ヒルクライムのあとの下り坂などでブレーキが少ない力でしっかり効くのは安心です。

エモンダSL6ダイレクトマウントブレーキキャリパー

エモンダSL6はBontragerオリジナルの軽量ブレーキキャリパーを搭載。

ちなみにエモンダSL6になるとブレーキキャリーパーも軽量タイプです。Bontrager(ボントレガー)のSpeed Stopというものでシマノ製のブレーキよりも軽いというのが特徴です。形がメカメカしくてカッコイイ!

SL5が8kg台なのに対してSL6が7kg台なのは、ホイールが軽い、シートマストキャップがカーボン、フォークコラムがカーボンなどという違いがあるためですが、ブレーキキャリパーまで開発してしまうというメーカーの軽量化へのこだわりはすごいと思います。

ディスクブレーキタイプもあります

2019年モデルからエモンダSLシリーズにディスクブレーキモデルが登場しました。油圧ディスクブレーキは少ない力でしっかりと効くのが特徴で、リムブレーキ同様ブレーキコントロールもしっかりできるのはもちろん、下り坂でも疲れにくく安心というメリットがあります。ディスクブレーキ装着のモデルは今後ますます増えていくでしょう。

リア側のディスクブレーキディスクブレーキモデルはリムブレーキモデルよりも全体重量は重たくなりますが、実際にはそれを感じさせません。ディスクブレーキモデルの場合リムの成型がシンプルで済むため、ホイールの外周部を軽量にできます。外周部が軽ければ漕ぎ出しは軽いままです。

また重量が増える以上に別のところにメリットも。ディスクブレーキにすると、ホイールのハブの部分が太くなり剛性が高くなります。そのおかげで、踏み込んだときやダンシングなどで体重をかけたときにもヨレずに、キビキビ走ってくれます。

リムブレーキモデルとディスクブレーキモデルはまったく性格が違ってきます。この違いもぜひ試乗で体感するのがおススメです!

バイクプラス各店の常設試乗車はこちらのページで紹介しています。

そのほかEmonda SLシリーズ共通のありがたい構造

サイコンやライトをスマートに取り付けできるBlender

道路を走るためにはライトの取り付けは必須です。サイクルコンピューターをつけるとロードバイクで走るのが楽しくなります。TREKはそうしたアイテムをロードバイクに取り付けることを見越してパーツを作っています。ステムに盛り込まれたブレンダーというシステム。

ブレンダーでライトやサイコンを取り付けハンドルをクランプしている部分に専用のアダプターを付けることで、サイクルコンピューターのマウントやボントレガーのライトの取り付けマウントをスマートに付けられるような仕組みにしています。絶対につけるものだからこそ、できるだけカッコよく、邪魔にならないように付けたいとうユーザー目線の設計です。

エモンダSLシリーズのステムもブレンダーに対応しています。

デュオトラップS対応フレーム

エモンダSLシリーズはサイコンだけでなくセンサーもスマートに取り付けができます。チェーンステーの内側にあらかじめセンサーを取り付けるための穴が開いていて、「デュオトラップS」というボントレガー製のセンサーがすっぽりと収まるようになっています。

チェーンステーにあるデュオトラップSセンサー用の穴

チェーンステー内側のカバーを外しせば、デュオトラップSセンサーを取り付けることができます。

スピードやケイデンスを計測するためのセンサーは結束バンドなどで取り付けることが多く、フレームの外観を損ねることもしばしば。デュオトラップSセンサーはネジで固定するためズレる心配もなく、見た目にも影響しません。ANT+とBluetooth smartに対応しているため、サイコンやスマホのアプリとの同期をすることができます。デュオトラップは地味ですが、意外とうれしい機能なんです。

豊富なサイズ展開

H2ジオメトリー

初心者でも乗りやすい最高のパフォーマンスを発揮する

エモンダSLシリーズのサイズ展開は豊富。エモンダSLは軽さ、加速の気持ちよさ、乗り心地というトータルバランスが高いため、初めてのロードバイクとして選ぶ方にもおすすめのモデルです。だからこそ多くの人に合ったサイズ展開が必要。エモンダSLシリーズは車種にもよりますが、6~8種類のサイズが用意されています。

たとえば、エモンダSL5では44,47,50,52,54,56,58,60cmの8つのサイズ展開があります。これはおおよそ150cmの方から190cmほどの方までを幅広くカバーしています。

フィッティングイメージ「ロードバイクに乗ったこともないのに数あるサイズの中から、自分の体格に合ったサイズを選べるのか…」と不安になった方もいると思います。ご安心ください。私たちが店頭にて無料でサイズフィッティングを行っています。

股下の計測からスタートし、実際にロードバイクに乗車していただきながら、無理のない姿勢で乗れるか、計測をしながら一人ひとりに合ったサイズを提案します。

ロードバイクの車種選びも大事ですが、快適なサイクリングはフィッティングも大事です。安心してお任せください。

エモンダSLシリーズの車体ラインナップ

2019年のエモンダSLシリーズのラインナップは5モデル。SLの後ろの数字(5や6など)はコンポーネントが違うということを表しています。SLに続く数字が大きいほど、上位グレードのコンポを使用し、パーツも軽量なものを装備しています。

SLグレードで圧倒的におすすめなのが軽量なSL6やSL6プロ!!

ご試乗やサイズフィッティングは店頭にて

バイクプラスでは、エモンダSLシリーズの試乗車を各店にご用意しています。「振動吸収がいいっていうけれど、本当?」「アルミフレームと違いがあるの?」と思った際は、まずは試乗がおすすめです。

日々たくさんのお客様がご試乗されますが、エモンダALRとエモンダSLの乗り比べをしていただくと「全然違いますね」とおっしゃっていただけます。店舗の周りの何気ない道でも、たった5分の試乗でもです。バイクプラス各店にてエモンダSL試乗可能

ご試乗はもちろん、店頭にてサイズフィッティングも行っています。お気軽にご相談ください。

各店の試乗車は下記ページでご案内しています。

こちらもおすすめ