2021年モデル TREK Emonda SLR 7(エモンダSLR7)¥769,000(税抜)




トレックの軽量ヒルクライムバイク、『エモンダ』がフルモデルチェンジを果たし更に進化いたしました!軽量でありながらもエアロ形状になったことで、エモンダならではのお馴染みの軽快で秀逸な走りに空力性能の高さがさらなる速さを引き出せる様になりました。

新型エモンダと同時に開発された新型専用ハンドルに新型ホイール、快適で確実な変速をもたらすシマノのアルテグラdi2を標準で搭載したエモンダSLR7をご紹介いたします。

進化したフレーム

新型エモンダをテストする選手の画像

セミエアロ形状で軽快と空力性能を併せ持ったフレームに

今回フルモデルチェンジを果たしたエモンダの特徴の一つがエアロ形状の採用。以前までの形状に比べマドンなどで培われてきた高性能な空力性能を引き出すKVF形状を採用したことで、エモンダの伝統的とも言える軽快感はそのままに高いスピード性が加わることになったのです。

エアロ形状になったフレーム画像

エアロフレームで空力性能がアップ

ただエアロ形状なった訳ではありません。山などで発生する強風なども計算し、その風すらもスピードに変え高いスピード性で走ることが出来る形状に生まれ変わったのです。

新たに開発されたOCLV800カーボン

今回新型エモンダを開発にあたりエアロ形状になる事で重量が増してしまう為に、トレックはフレーム素材を新たに一から開発。そうして生まれたのがOCLV800。
素材強度が30%アップさせつつ、フレーム強度が上がった分素材の使用量を削減。それによりエアロ形状を採用しつつ以前と変わらないフレーム重量に抑えることが出来ているのです。最高峰のoclv800カーボンの画像

ボトムブラケットはT47仕様

ボトムブラケットはドマーネ同様にネジ式のT47を採用。ネジ式になっていることで整備性も高く、また様々なメーカーから展開している同型のボトムブラケットを取り付けることが出来る様になっております。

T47BBで整備性もアップ

エモンダもケーブルはセミフル内蔵化に

セミフル内蔵かされたフレーム形状の写真

シフトワイヤーやブレーキホース等ケーブル類は、マドンと同様にヘッドチューブからフレーム内にフル内蔵される形状となり、見た目等の美しさと高い整備性を兼ね備えています。
同時開発された専用ハンドルによってケーブルはステムからヘッドチューブ内に入るところのみ見える構造となり、より空気抵抗を軽減し空力が上がる様になっております。

新型Aeolus RSL一体型ハンドルバーが標準装備

今回エモンダと同時に開発された新型一体型ハンドルバー「Aeolus RSL(アイオロス RSL)」をエモンダSLR7では標準装備。

新型Aeolus RSLハンドルの画像
新型ハンドルの画像

素材にカーボンを使用しステムとハンドルが一体型になっているので、軽量でエアロ効果も高い形状になっております。
ケーブル類はハンドルの下側の溝に収まる様になる為、見た目はもちろんエアロ効果も高いハンドルです。
もちろんトレックのブレンダーシステムにも対応しており、サイクルコンピューターのガーミンやライト等をスッキリと取り付けることが可能。

専用ハンドルに取り付け可能なライトやサイクルコンピューター

付属してくる各種マウントでスッキリと取付可能

ホイールも新型Aeolus Pro(アイオロスプロ)37ホイール仕様

エモンダSLR7に標準装備となっているホイールもハンドルと同様に新型になっています。その名も『Aeolus Pro(アイオロス)37ホイール』aeolus pro37 重量

ミドルクラスのカーボンホイールですが、トップモデルのAeolus RSL 37ホイールと同様のリム形状を採用。37㎜のリムハイトは横風などにも影響を受けることも少なく、平地はもちろん上り坂でもスピーディーな走りを楽しむことが出来ます。
重量も前後セットでも1505ととても軽量!上り坂でも重さを感じることなく、エモンダらいし軽快感の高いサイクリングを楽しむことが出来ます。

チューブレスレディーなのでリムストリップとシーラント、専用のバルブがあればチューブレス化も可能。独特の乗り心地良さとパンクリスクを軽減できるなどがチューブレスのメリットです。タイヤメーカーもチューブレスタイヤの展開が増えて来ているので、一度チューブレスを試してみるのもいいかもしれませんね。

チューブレス化についてはこちらをご覧下さい

アルテグラDi2が標準仕様

アルテグラdi2の画像

コンポネートはシマノの電動コンポネートのアルテグラDi2を搭載。ワイヤー式とは違いレバーにあるスイッチを操作するだけなので、レバー操作がとても楽々!変速自体もモーター稼働なので迅速かつ正確に致します。パソコンやスマートフォン等で専用のアプリを用いればレバー操作の入れ替えなども行なえるので、より自分好みの操作にすることが出来ます。
普段のサイクリングからレースまで幅広く活躍するコンポネートです。

プロジェクトワンにも対応

プロジェクトワンで選べるアイコンの画像

エモンダSLRはトレックのカスタムオーダーシステム「プロジェクトワン」に対応しています。自分自身の好みに合わせてペイントカラーを選択したりパーツ等も選ぶ事が出来るので、世界に一つだけのオリジナルバイクを作ることが出来ます。


エモンダSLR7のスペック詳細

エモンダSLR7の全体画像

カラーRage Red/Trek Black
サイズ47,50,52,54,56
フレームUltralight 800 Series OCLV Carbon, Ride Tuned performance tube optimization, tapered head tube, internal routing, DuoTrap S compatible, flat mount disc, 142x12mm thru axle
フォークEmonda SLR full carbon, tapered carbon steerer, internal brake routing, flat mount disc, 12x100mm thru axle
ホイールBontrager Aeolus Pro 37, OCLV Carbon, Tubeless Ready, 37mm rim depth, 100x12mm thru axle
Bontrager Aeolus Pro 37, OCLV Carbon, Tubeless Ready, 37mm rim depth, Shimano 11-speed freehub, 142x12mm thru axle
コンポーネントShimano Ultegra Di2, R8070, 11-speed
価格¥769,000-(税抜)
重量56サイズ- 7.18 kg



お気軽にご相談ください!

ロードバイクを選ぶ際とても大切なのがフレームサイズの選択。自分の身長や腕の長さ、股下や柔軟性など身体に合ったサイズを選ぶ事で無理のない姿勢でより快適なサイクリングを楽しむことが出来ます。
バイクプラスではサイズフィッティングを無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください。また乗り慣れていくうちに、ハンドルを低くしたい、パーツ交換をしてハンドルを遠くしたい、近くしたいなどフィッテイングに関することは1年間再調整工賃無料で行えるアフターサービスも行っております。パーツ代は別途かかりますが、ご購入後のアフターサポートもお任せください!

あわせて読んでほしい記事


 

こちらもおすすめ