2021年モデル TREK checkpoint SL5 ¥319,000(税抜)

話題のグラベルロードバイク、トレックのチェックポイントSL5早くも2021モデルとして登場♪
フレームは20年モデルと同一のOCLV500カーボンを採用していますが、今回シマノのグラベル系コンポーネント「GRXシリーズ」を採用した事でより未舗装路での走破性やコントロール性がより向上。ダークオリーブとにカラーチェンジし引き締まったデザインで登場しました!

変更点などを中心にCheckpoint SL5をご紹介していきます。人気のグラベルロードバイク、どんな自転車でどんな楽しみ方や使い方に合っているかを『グラベルライドの魅力と選び方』というページでもご案内していますので合わせてどうぞ!

2021モデルのトピックはグラベルコンポ「シマノGRX」がアッセンブル

デュアルコントロールレバーはGRX ST-RX600

2021モデルのチェックポイントSL5、そしてALR5はシマノが昨年発表して話題を呼んだグラベル用コンポーネント「GRX」を採用したのが大きなトピック。
STIレバーはマットな艶消しブラックの渋めのデザインが目を引きますが、メインレバーがやや外側に張り出していることで荒れた路面でもしっかり手がかけやすいよう形状に工夫がされているのも特徴です。

GRXを採用したモデルのトレックチェックポイントSL

2021モデルのチェックポイントSL5はシマノGRXコンポーネントを使用する。

リアディレーラーはGRX RD-RX810

シマノGRXのリアディレーラーはトップ11Tからロー34Tまでとワイドレシオに対応し、かつ荒れた路面で変速器が暴れないようスタビライザーが搭載されています。チェーンが外れたり、チェーンステーに激しく当たるリスクを軽減するために設けられているのですがまさにグラベルコンポーネントならではの機能です。

チェックポイントSL5に装着されるRD-RX810

ローギア34Tまで対応し、荒れた路面でも安定した変速性能を持つRD-RX810

クランクセットはGRX FC-RX600

フロントのクランクセットもGRXでクランクの歯数がロードバイクやシクロクロスの標準的な歯数とも異なる46-30Tとなるのもユニークです。未舗装路で20%を超えるような急な登坂であったり車体前後に荷物を積載したツーリングの時など無理なく走る事ができるギア比となっています。

チェックポイントに装着されるFC-RX600

クランクはFC-RX600は通常のロードチェーンリングよりコンパクトな46-30Tがアッセンブルされる。

ブレーキキャリパーはGRX BR-RX400

もちろんブレーキキャリパーのGRXを採用。シマノらしく放熱性を高めたフィンの付いたパッドとなっているのでハードなブレーキングでも安定した制動力がキープできるよう設計されています。

チェックポイントSL5に採用されるBR-RX400

ブレーキはシマノGRXのBR-RX400を装備

軽くて丈夫なOCLV500カーボンフレームで長距離ライドも快適

チェックポイントSL5フレームに使用されるOCLV500カーボン

軽く振動吸収性に優れたトレックOCLV500カーボンが使用されている。

チェックポイントシリーズ唯一のカーボンフレームを使用したSL5はOCLV50カーボンを使用。軽さとしなやかさ、そしてコストパフォーマン性のバランスが良さが魅力です。
ツーリングはもちろん最近国内でも開催されるようになったSDA大滝のグラベルカテゴリーやグラインデューロジャパンなどレースイベントでもペダルを踏み込んだ時グイグイと加速する気持ちよさ、そして長時間乗り続けた際の疲労感の少なさは大きなメリットとなります。なので思いっきり走るにはまさにうってつけのスペックといえるでしょう。

チェックポイントSL5はBB90採用

チェックポイントSL5のボトムブラケット部分

ボトムブラケット部分のフレームの左右端を最大限広げたBB90規格を採用する。

2020モデル以降一部のマウンテンバイクやドマーネシリーズ等ではT47規格を採用していたりもしますが、チェックポイントSL5はトレックではおなじみのBB90を使用します。
部品点数を抑えることでボトムブラケット全体軽量化を図る事ができるBB90は開発されて10年以上もトレックカーボンバイクにおいて使われ続けている信頼性ある規格です。

IsoSpeed採用でロンググラベルライドでも疲れ知らず!?

チェックSL5のISOSPEED

サドル下のシートチューブ部分を最大限しならせる事で段差などの衝撃や振動を緩和させる。

チェックポイントシリーズで唯一SL5で採用されているのがIsoSpeedです。サドル下のシートチューブを最大限しならせる事を可能とさせるIsoスピードは荒れた路面や段差で発生する振動や衝撃を緩和させる事が可能。
現在ではトレックのマドンやドマーネなどでも使用されるトレックブランドにしか存在しない優れた技術のひとつです。オンロードと異なる荒れたグラベルを走り続けるライドであっても疲労を最小限に抑えてくれます。

実際にチェックポイントSL5でロングライドを行ったバイクプラススタッフのライドインプレッションも合わせてどうぞ!

クールな新色「ダークオリーブ」のカラーリングも要注目

2021チェックポイントSL5のカラーはダークオリーブ

艶を消した黒に近いグリーンでシックなイメージ

2021モデルのチェックポイントSL5のカラーリングは「ダークオリーブ」。写真だとなかなかわかりづらいのですが艶消しブラックをベースにほんのりグリーンがかったというような特徴ある色使い。トレックロゴなどの差し色にゴールドを使用しているのがデザイン上のアクセントになっています。

カーボンアーマーがフレームをしっかりと保護

チェックポイントSL5のカーボンアーマー

BB周辺のフレーム底部をラバーバンパーで保護

グラベルライド中は気をつけていてもオンロードとは異なる環境だけに飛び石がフレームにヒットしたり岩や枝と接触するという事も考えられます。チェックポイントSL5にはダウンチューブからボトムブラケット、そしてチェーンステーの下部にカーボンアーマーを装着しています。この機能はトレックのカーボンMTBでおなじみですが未舗装路を走破するため同じくフレームに装備されています。なので思いっきりグラベルを愉しむことができますね。

通勤通学やツーリングにもおすすめできる拡張性の高さも魅力

2021modelcheckpointSL5

カーボンフレームながらキャリアなどが取り付けられる構造となっている。

グラベルライドやレースイベントだけではなく日常的に通勤通学でも活用できるのがチェックポイントシリーズの魅力。このSL5はカーボンフレームながらこのようにサイドバッグキャリアの装着も可能です。コミューターとしてウィークデーは活用して週末はグラベルライドやバイクパッキングをがっつり楽しむといような一石二鳥な使い方も可能です。トップチューブにつけたバッグもボルトで固定できるので見た目もスマートに取付可能。

上記写真で使用したボントレガーのサイドバッグ「シティショッパー」

もちろんグラベルライドやバイクパッキングツーリングでおなじみのボントレガーのフレームバッグもおすすめ♪

40Cタイヤ装着でオンロードもグラベルも無敵!?

チェックポイントSL5に装着されるボントレガーGR1

チェックポイントSL5に装着されるボントレガーGR1

トレックのロードバイク系で一番ワイドなサイズに対応するチェックポイントシリーズは最大45Cのタイヤが装着できるクリアランスが確保されています。なお、フレームサイズによってフロントタイヤの許容サイズが変わるので完成車以上にタイヤにカスタマイズする場合は注意が必要です。

(チェックポイントSL5のサイズ52以下のフレームサイズはクリアランス上の問題ではなく、走行時に足のつま先とタイヤが接触リスクがあるため安全上フロント側の最大幅は40Cまでとなっています。54以上のフレームサイズおよび全てフレームサイズのリア側は45Cまで対応。)

チェックポイントSL5に装着されるグラベルタイヤ

セミブロック形状を採用したボントレガータイヤGR1

タイヤセミブロック形状となっているんでオンロードでは抵抗感を抑えたスムースなライドを、そして砂利道ではしっかり路面をつかんでスリップしにくいデザインとなっています。もちろん街中でも路肩の段差の乗り上げや排水溝のフタのようなタイヤの細いロードバイクならヒヤッとするような場所でも余裕をもって走行できるのも街乗りや通勤通学ユースならメリットとなるでしょう。

フレームサイズ選びが大事なのでしっかりフィッティングを

バイクプラス各店で購入すると『ベーシックFIT+』を無料で提供

チェックポイントシリーズはトレックの他のロードバイクと若干異なるサイズ設計となっています。サイズはページ下のスペックでもご紹介しているので合わせてご確認ください。ご自身の身長や体格に合うモデルをぜひフィッティングを行って選ぶようにしましょう。
バイクプラス各店で車体を購入頂くと車体販売時に無料でサイズフィティングを行うのはもちろん、購入後1年間『安心保証』の一つのサービスとして『ベーシックFIT+』が無料で付帯します。
フィッティング内容の詳細は下記のページで詳しくご案内しています。

Checkpoint SL5の実重量とスペック

2021 TREKCHECKPOINTSL5

2021モデルトレックチェックポイントSL5ダークオリーブカラー

2021年モデルのチェックポイントSL5のスペックを簡単にまとめてみました。重量に関してはサイズ56サイズのメーカー好評重量が9.72gとなっているのですが、サイズ52での実測重量は9.69g。40Cというタイヤサイズを考えれば軽くまとまっていますね。

カラーDark Olive
サイズ49,52,54,56,58
フレーム500 Series OCLV Carbon, IsoSpeed
フォークCheckpoint carbon, tapered carbon steerer
ホイールBontrager alloy, sealed bearing, centerlock disc 100x12mm /142x12mm thru axle
コンポShimano GRX RX810 610  46/30  11-34, 11 speed
重量9.72kg

こちらもおすすめ