2019年モデル、エモンダSL5を横から捉えた図

【SALE】トレック エモンダ SL5 税込¥245,300→特別価格税込¥199,000 約20%オフ

トレックの誇る超軽量ロードバイク【エモンダ】。フランス語で『削ぎ落とす』という意味を持つこのロードバイクは、軽さだけでなく乗り心地や操作性も良いので活躍するシーンは多岐にわたります。そのエモンダのセカンドクラスのSL5がシマノの新型105を搭載し、ますます気になる1台となりました!

TREK エモンダSL5はこんなロードバイクです!

ロードバイクに乗ってやってみたいことは人それぞれ。例えば…峠道や富士山などの山々を登る『ヒルクライム』、50~100キロなど普通ジョギングなどでは辿り着けない場所への『ロングライド』などなどたくさんあると思います。そんないろいろなシチュエーションに満遍なく対応できるのがエモンダの魅力のひとつです!
19年モデルエモンダSL5の2色を側面から捉えた図

トレック独自のOCLVカーボンフレーム

OCLVカーボンとはトレック独自のカーボン成形技術のことで『超高密度圧縮』『低空隙』を追求し、軽さ・強度・剛性を最良なバランスで仕上げられているのです!そのOCLVカーボンは現在上から順に700、600、500の3種類がロードバイクで使用されており、エモンダシリーズの最高峰SLRグレードには『OCLV700』、今回ご案内しているSLグレードには『OCLV500』と呼ばれるグレードのカーボンが使われています。

上記のようにOCLV500カーボンフレームは軽量だけでなく強度と剛性のバランスが良いので、アルミフレームからのアップグレードのみならず、初めてロードバイクにお乗りになる方にも扱いやすいオススメのフレームです♪

シマノ新型105(R7000系)をフルコンポで搭載!

新型シマノ105のSTIレバーの正面図
新型シマノ105のドライブトレインを後ろからの図

2019年モデルにはいよいよ今年フルモデルチェンジを果たした、シマノの新型105(R7000系)がフルコンポで搭載されます!今回のモデルチェンジで上位クラスのDura-Ace(デュラエース)やULTEGRA(アルテグラ)のデザインを踏襲しさらにカッコよく、また前モデルより約200g程軽くなりました。

ブレーキはダイレクトマウント仕様でカッチリ効く!

新型シマノ105のダイレクトマウントを上からの図
新型シマノ105のダイレクトマウントブレーキを右側面より

トレックのロードバイクで多く使われているのがダイレクトマウントと呼ばれる仕様のブレーキシステムです。

ボルトとナット1本で取り付ける方法ではなく、2本のボルトをフレームに直付けすることで軽さと剛性が上がるのでより軽い力でブレーキをかけることができ、カッチリ感を感じ取れます。更に新型105は取り付け方のみならず、形状も相まって空力性能の向上もしています。

また、最近のトレンドである幅太めのタイヤにも対応しており、28cまで使用可能です。

トレック独自のシートマストキャップを採用!

TREK独自規格のシートマストキャップを右側面からの図
トレックのカーボンロードバイクは一般的に使われているフレームに差し込むシートポストではなく、独自規格のシートマストというシステムを採用しています。このシステムはフレームに対してキャップするような形になっているので、路面からの振動を緩和させ疲れにくい効果を得ることができます。

エモンダSL5はアルミ製のものを使用しているため多少の重量増となってしまいますが、上位クラスのSL6やSLR等と同じカーボン製のものを別途ご購入いただくことで、カーボンフレームの持つ衝撃吸収性を最大限に活かすことが可能になります!さらに軽く快適になるカスタマイズもロードバイクライフを送る今後の楽しみのひとつですね♪

センサーの埋め込みに対応

TREK独自規格のフレーム内蔵式スピード/ケイデンスセンサー、デュオトラップSを取付可能
サイクルコンピューターは速度はもちろんのこと走行距離、時間などがすぐにわかる便利さから導入する方が非常に増えたアイテムです。物によってはパソコンやスマートフォンアプリで走った地図データや走行データも保存でき、通勤通学やサイクリングのモチベーションアップも出来ちゃいます!

通常センサーを結束バンドなどでフレームに巻きつけて取り付けるのが一般的ですが、トレックは独自規格によりセンサーの『デュオトラップS』をフレームに空いた専用の取付スペースに埋め込むことが可能になっています。

埋め込みにすることによりセンサー本体が動かないため計測のズレが起こりにくく、見た目もスッキリさせられるので合わせて取り付けることをオススメします!

こちらもおすすめ

エモンダ SL5|カラーとスペック

カラーラインナップ

2020年モデルも昨年と同様2色展開となります。颯爽と走り抜ける気持ちよさを表したような鮮やかな水色と、マットブラックにレッドで渋さとカッコよさのある2色です。

2019年モデル、エモンダSL5のアズール/カーボンスモークを横から捉えた図

Azure/Carbon Smoke

2019年モデル、エモンダSL5のマットトレックブラック/ヴァイパーレッドを横から捉えた図

Matt Trek Black/Viper Red

重量とスペック

カラーAzure/Carbon Smoke,Matt Trek Black/Viper Red
サイズ44,47,50,52,54,56,58,60cm
フレーム500 Series OCLV Carbon,E2 tapered head tube,BB90, direct mount brakes,Ride Tuned seatmast
フォークÉmonda carbon,E2 tapered alloy steere,direct mount rim brakes
ホイールAlloy hubs,Bontrager Afinitty Tubeless Ready rims,Botrager R1 Hard-Case Lite 700x25c tires
コンポShimano 105(R7000)  11Speed
ブレーキShimano 105(R7000) Direct mount
重量56cmサイズ 8.68kg

最後に。

バイクプラスでは初めてロードバイクをご購入される方でもご安心してお乗り頂けるように、無料試乗体験サイズフィッティングサービスを行っています。自転車はカタログや店頭での説明だけではわからない部分が多々ありますので、実際に試乗し体感してください。
また、ロングライドとなると長時間を自転車の上で過ごすこともある為、お一人おひとりに合わせてスタッフがサイズフィッティングをさせていただきます!

ご不明な点等ございましたら、いつでもお問い合わせください。

こちらもおすすめ