DomaneSLR72020

2020年モデル TREK Domane SLR 7(ドマーネ SLR 7)¥792,000(税抜)

トレックのロングライドなどに適したエンデュランスバイク、『ドマーネ』がフルモデルチェンジ!最大の特徴であるIsoSpeed(アイソスピード)テクノロジーも進化し、さらに荒れた路面でも車体が暴れにくく、疲れにくいバイクとなりました。

乗り心地を向上させただけではなく、踏み込んだ力がロスしないように設計された剛性の高いフレーム、油圧ディスクにDi2を搭載した、最新トレンドを凝縮したようなバイクになっています。そんなドマーネSLR7の魅力をご紹介します!

新型Domane SLR & SLのインプレッションと特集記事はこちら

モデルチェンジした新型ドマーネはここが凄い!

新型ドマーネ走行画像

さらに乗り心地が良くなったドマーネの第3世代

ドマーネシリーズは石畳などの荒れた路面を走ることを前提として開発されているため、非常に乗り心地が良く、乗り手側のストレスが少なく快適に走ることができます。衝撃吸収に貢献するのは、フレームの前後に内蔵されたTREK独自の技術『ISO SPEED』

このISO SPEEDが、前後に“しなる”ことによって踏み込みのパワーを逃すことなく衝撃だけを吸収してくれるシステムになっています。SLRはスライダーを調整するだけで、フレームの振動吸収量を好みに変えられ、2020年モデルでは、ソフトな方向に27%、ハードな方向に14%それぞれ振動吸収性がアップしています!

また、マドンと共通のトップチューブ調整式ISO SPEEDを採用しているため、すべてのフレームサイズで最適の“しなり”量となっています。
トップチューブ調整式ISO SPEED
さらに、SLRクラスはTREK最上位グレードのOCLV700シリーズが使われ、最高の軽さと剛性を兼ね合わせたカーボンで作られています。


これだけでも乗り心地が良いのですが、SLR7には20%もの振動をカットしてくれる Bontrager Pro IsoCoreハンドルバーを標準装備!至れり尽くせりの快適仕様となっています。

Bontrager Pro IsoCore VR-CF Road Handlebar

Bontrager Pro IsoCore VR-CF Road Handlebar 税別36,944円

最大38Cまで装着可能なフレームクリアランス

フレームクリアランス部の画像

出荷時は32Cタイヤが標準装備

ドマーネSLR7はディスクブレーキ化した事によりタイヤ幅の選択幅が広く設計されており、最大38Cの太さでも装着可能となっています。これにより今までよりも用途やシーンに合わせてタイヤ幅を変更することができます。

ちなみに・・・・TREKの長年の研究から、荒れた路面では太めのタイヤをやや低圧にして走り、路面を捉えながら走る方が速いという事が判明したそうです。
荒れた路面を走る様子


また、広いクリアランスからフェンダーを取り付けることができます。(フェンダー取付時は最大タイヤ幅は35cまでとなります)
フェンダー装着したドマーネSLR7なお、キャリアは装着できないため、積載などを気にされる場合はCheckpointシリーズをおすすめ致します。

フレームのエアロ化

走行時のデータグラフ
新型のドマーネはフレームのエアロ化が進み、マドンに近いルックスになりました。ケーブル類も空気抵抗を減らせるよう独自の取り回しになっています。

また、マドンで好評だった専用のリアマウントがドマーネにも採用されました。
リアライト装着の様子

内蔵ストレージ

特に面白い特徴が“ダウンチューブストレージ”。ここには、ボントレガーマルチツールやパンク修理キットなどを収納することが可能!見た目もスマートに美しくなりますね。

内蔵ストレージ
パンク修理キットなど

カーボンホイールで走りも軽い!

ドマーネSLR7はボントレガー製のアイオロスPRO3Vを装備。

Bontrager AeolusPro3V 700Disc TLR

Bontrager AeolusPro3V 700Disc TLR 税抜101,200円

ミドルクラスのカーボンホイールで重量は前後で約1600グラムと軽量。リムの高さは35mmと万能型で登阪性能はもちろん、空力に優れたホイールです。リムのカラーもブラックなので足元がしまって見えますね!

チューブレスレディ対応のホイールなのでリムストリップとシーラント、専用のバルブがあればチューブレス化も可能になっています。チューブレスは独特の乗り心地良さとパンクリスクを軽減できるなどがメリット。クリンチャーだけではなく、チューブレスも試してみる価値あり!

ディスクブレーキ仕様の安心感

ブレーキ部の拡大画像
ドマーネSLR7は現在主流になりつつある、ディスクブレーキ仕様というところもポイント!油圧式のディスクブレーキ仕様なのでブレーキレバーのタッチが軽く、かかり始めた時の制動力が抜群です。

とはいってもブレーキが効きすぎてロックするという事はないのでご安心を。スピードをが出るロードバイクに絶妙な安定感をもたらしてくれます。さらに天候に左右されないのもディスクブレーキのメリットで、雨に降られても安心のブレーキングが可能です。

コンポはアルテグラのDi2を装備!

ドライブパーツはシマノ電動コンポーネントであるアルテグラDi2を搭載しています。現在ではスタンダードになりつつある電動コンポ。変速時の押し込む動作がなくなり、スイッチのような感覚でタッチを加えることで変速します。ワイヤー引きの機会式と比べ、1段1段ギアをキッチリ変えてくれるので変速ミスが少なく、面白いぐらいに決まってくれます。
アルテグラDi2 11sコンポの画像

また変速レバーの大きさも小ぶりで握りやすいのも特徴で、通常ディスクブレーキタイプの変速レバーはどうしても大きくなりがちでやや手にフィットしにくい設計ですが、こちら電動アルテグラのレバーは小ぶりで手にフィットしやすい設計。手が小さい方、握力に自信がない方でもしっかりブレーキングや変速操作を可能にしてくれます。

プロジェクトワンに対応!

P1画像
ドマーネSLR7はトレックのカスタムオーダーシステム「プロジェクトワン」に対応しています。ご自身の好きなデザインやカラーリング、コンポーネントを何万通りから選択可能です。

試乗やサイズ合わせはお気軽にご相談ください!

ロードバイクは自分の身体に合ったフレームサイズを選ぶことがとても大事です。長時間乗り続けることができるよう、身長や股下、柔軟性に合わせて無理のない姿勢を整えることでさらにバイクに乗ることが楽しくなります。


ご購入検討時、サイズフィッティングはバイクプラス各店で無料で行っております。また乗り慣れていくうちに、ハンドルを低くしたい、パーツ交換をしてハンドルを遠くしたい、近くしたいなどフィッテイングに関することは1年間再調整工賃無料です。パーツ代は別途かかりますが、ご購入後のアフターサポートもお任せください!

ドマーネ SLR7の重量とスペック

カラーTrek Black/Quicksilver-Anthrac
サイズ50.52.54.56cm
フレーム700 Series OCLV Carbon, front IsoSpeed, adjustable rear IsoSpeed, internal storage, tapered head tube, internal cable routing, micro-adjust seat mast, 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, fender mounts, flat mount disc, 142x12mm thru axle
フォークDomane SLR carbon, tapered carbon steerer, internal brake routing, fender mounts, flat mount disc, carbon dropouts, 12x100mm thru axle
ホイールBontrager Aeolus Pro 3V, OCLV Carbon, Tubeless Ready, 25mm rim width
コンポShimano Ultegra Di2 11s
重量8.48㎏(フレームサイズ56)

こちらの記事もよく読まれています!