• HOME
  • アルミロード
  • アルミの名車「エモンダALR」を戸田彩湖店スタッフがインプレッション!

アルミの名車「エモンダALR」を戸田彩湖店スタッフがインプレッション!

こんにちは、戸田彩湖店の櫻庭です。通勤用のロードとして「エモンダALR」をフレームセットで購入したので、2000km実走後のインプレッションと、使用中のおすすめボントレガーパーツについて書かせていただきました!

次なるロードはディスクロードの予定ですが、今回は自宅に眠っていたパーツとホイールを活かして、キャリパー仕様のフレームセットから通勤用の1台を組み上げました。

 

エモンダALRをフレームセットから組み上げ

自宅に眠っていたパーツを活かして

エモンダALRは、実はフレーム販売もされていています。今回、カラーリングは人気のパープルフリップではなく、今までを買ったことがないマットブラックにしました!フレーム以外のパーツは、自宅で眠っていたパーツやホイールを活かしつつ、シートポストとサドル、ステム、ボトルケージをボントレガーでまとめました。

2019年モデル エモンダALR フレームセット マットブラック (エモンダALR4と同じカラー)

2020年モデル エモンダALR フレームセット  ¥121,000(税抜)

 

信頼できるボントレガーのパーツ

シートポストは、振動吸収性と軽さに定評がある「ボントレガーXXX シートポスト」にしました。サドルの前後と角度を別々に調整できる優れものです。高品質のOCLVカーボン製法で作られていて非常に軽量です。エモンダALR5に付属のカーボンシートボストと比べて、ダンシングのときにバイクが振りやすいと感じました。

サドルはボントレガーのショートノーズサドル「アイオロス プロ 限定カラー ホワイト」にしました! サドルの表面は前後にポジション移動したときに滑りにくく、前方部分が適度に幅広になっているので、前乗りで前傾姿勢を深くしてもお尻が快適でした♪

ステムは、多くのカーボンステムより軽量な「ボントレガー PRO ブレンダー ステム」にしました。見た目がシンプルで、ハンドルを強くこじった時にもしっかりとした剛性があります。

ボトルケージは、トレックセガフレードの選手をはじめ、数多くのプロから信頼されている「バットケージ」にしました。以前他のメーカーものを使用していた時に荒れた道でボトルが飛び出してしまったことがあったので、ボトルの保持力と取り出しやすさに定評があるバットケージは安心して走ることができます。ちなみに今年から漁網をリサイクルしたプラスチックを使用していて、環境にも配慮した製品となっています♪

エモンダALRで2000km走ったインプレッション

登りでも、平地でもペダリングが軽く感じる!

エモンダALRで2000km実走した印象を一言で表現すると、”疲れていても平地や登りで脚がよく廻る!”という言葉に尽きます。特にペダリングを意識しなくてもペダルがクルクルと回転する感じは、カーボンのエモンダSLとエモンダSLRと同じで、走る場所を選ばない万能バイクです。

ちょっとマニアックですが、トップチューブの中央部分がくびれた形状をによって、左右のペダルを踏み込んだ時にBBが前後にゆりかごのようにごくわずかに動いて、上死点と下死点でのペダリングをサポートしてくれているのではと思います。アルミとカーボンといった素材に関係なく、ペダル廻した時の踏み心地を同じように作れるTREKの設計は恐るべしだと思います!

優秀なハンドリング

上位のカーボンモデルと同じジオメトリ(寸法)で設計されているので、ハンドルを切った時にクセがなく、初心者から上級者の方まで満足できるハンドリングとなっています。フロントフォークとヘッドチューブの剛性も高く、峠を下るときにも思い通り狙ったラインを走れます。また低速で走っている時にもふらつきにくく、初めてのロードバイクにオススメです。

エモンダSL、SLRとの比較

エモンダSLエモンダSLRと比べて、素材自体が振動を吸収している感じはないのですが、パイプの形状を工夫しているので不快な突き上げはありません。フレーム単体の重量や、加速時の伸びはカーボンのエモンダSLとエモンダSLRの方が優れていますが、アルミ特有の踏み込みに対する剛性感はアルミのエモンダALRの方が勝っているように感じました。

これからロードを始める方には、ディスクロード仕様もおすすめ

今回、手持ちのパーツとホイールを活かしたかったので、キャリパー仕様のフレームを選びました。しかしこれからロードバイクを始める方にはぜひディスクロード仕様をおすすめしたいです!ディスクロードの特長として軽いブレーキのタッチと、雨の日でも変わらない制動力があります。

ロードバイクの前傾姿勢に慣れていないうちはブレーキの操作が遅れがちになるので、これらの特長に非常に安心感が得られると思います。もし自分がこれからロードバイクを始めるとして、アルミの完成車で選ぶとしたら、ディスクブレーキのエモンダエモンダALR4DiscまたはエモンダエモンダALR5Discどちらかにするでしょう。

キャリパーかディスクブレーキにしようか悩まれていて、もしディスクブレーキのメンテナンスに不安を感じている方もご安心ください! 2019年11月まで、ディスクロードご購入のお客さま対象のキャンペーンを開催しています。ディスクブレーキに関して、最大3年間の長期安心サポートとメンテナンスが無料になります!

ダイレクトマウントブレーキグレードアップ工賃無料キャンペーン 開催中!!!

もうひとつキャンペーンのお知らせです!

お手元にあるダイレクトマウント仕様のブレーキを、デュラエースまたはアルテグラにアップグレードするチャンスです!シマノのなかでもデュラエース、アルテグラという上位のブレーキはブレーキのタッチが軽く、スピードがコントロールしやすくなります。

今回、3セット限定でアップグレード用のダイレクトマウントブレーキをご用意しました。早いもの勝ちなので、ブレーキのアップグレードを検討の方は戸田彩湖店におはやめにご相談ください!

こちらもおすすめ