• MTB
  • MOUNTAINBIKE LINE-UP
  • HOME
  • MTB
  • 2021年モデル TREK Remedy 8(レメディ8)¥440,000- (税抜)
2021年モデル トレック レメディ8の全体

2021年モデル TREK Remedy 8(レメディ8)¥440,000- (税抜)

レメディ8はトレックフルサスMTBラインナップの中でオールサイズ27.5インチホイールが搭載されており、カーブでの切り返しや小回りのが利きやすくテクニカルなコースでも楽しめる1台となっています!スラムコンポーネントも新型のモデルが搭載され、急激な登坂でも登り切れるよりワイドなギアになりました!

レメディ8に乗っているスタッフのインプレもあるので合わせて読んでみてください!



ダウンヒルもこなせるオールマウンテンフルサスペンションマウンテンバイク!

トレックのレメディ8にはハードなトレイルでも楽しくかつ安定した走行ができるように、たくさんのテクノロジーが搭載されています♪

ブレーキングとサスペンションの動きを両立「ABP(アクティブブレーキングピボット)」

下り坂などで急激なカーブなどがあったらブレーキをかけてスピード調整をして確実にコーナーをクリアしたいですよね?ただフルサスペンションタイプのマウンテンバイクではブレーキをかけるとリアサスペンションの動きを抑制してしまって、車体が暴れたり、グリップ性能が低下してしまいます。ただしトレックのフルサスペンションマウンテンバイクは違います。Active Braking Pivot(アクティブブレーキングピボット)が安心安全で安定した走行を可能にします!このテクノロジーがあるおかげで、ブレーキをかけながらでも、リアサスペンションの動きが抑制されずに、どんな状況でもトラクションをシッカリとかけながら、思い通りのライディングをすることができるのです!

ActiveBraikingPivotの分解図

ブレーキ掛けながらでもサスペンションの動きを邪魔しないABPテクノロジー

フレーム保護と剛性アップ「Knock Block&Straight shot(ノックブロック&ストレートショット」

ノックブロックはハンドルの舵角を制限して、転倒時にハンドルバー・サスペンションやレバーがフレームに接触してフレームやパーツ類が壊れたり傷つかないようにするためのテクノロジーです。またサスペンションがフレームに当たらないので、ダウンチューブを真っすぐにすることで剛性を格段に向上することができ、より安定した走行を可能にすることができます!

2021年モデル トレック レメディ8のヘッド周り

Knock Blockのおかげでフレーム剛性が向上!

 

工具1つでジオメトリーを変化「Mino Link」

1台の車体を色んなシーンで使いえることができたら最高だと思いませんか?それを可能にするのがMinoLink(ミノリンク)調整式ジオメトリーです!ミノリンクとは工具一つでジオメトリーを変更できる機構です!ヘッドチューブアングルやBBハイトを変化させることができます。このミノリンクを調整することで、ハンドリングを変化させたり、ペダリング重視や安定感重視なのど走り方や走る場所、好みの走行感を1つのバイクで変えることができます!

2021年モデル トレック レメディ8のリンク周り

操作性を変化させる「Mino Link」

ロングストロークサスペンションでハードな下り坂でもバッチリ!

日本国内のラインナップでは最も長いトラベル量を誇るレメディ8。フロント160mm、リアは150mmと大きく変化することができるので、ハードな下り坂でもしっかりと衝撃を吸収し、登り坂ではタイヤをシッカリと地面に押し付けトラクションを稼ぎます!

2021年モデル トレック レメディ8のリアサスペンション

大きな衝撃を吸収しつつ、タイヤをシッカリと地面に押し付けるサスペンションユニット

MTBでは定番のSRAMを標準搭載

ドライブトレインは新型SRAM GX Eagle

今年新しくなったSRAM GX Eagleが標準搭載され、更に急激な登坂でも対応できるよう最大52Tのワイドなカセットスプロケットに変更されました!グラフィックも一新され更にカッコよくなりました!

スラムGXのカセットスプロケットとリアディレイラー

さらにワイド化を果たしたスラム新型GXカセットスプロケット

ブレーキシステムはSRAM CODE R

前:200mm、後:180mmと大型のブレーキローターが搭載されています!またスラムのブレーキラインナップでも最も制動力の高い「SRAM CODEシリーズ」が採用され、異径対向4ピストンでただ制動力が高いだけでなく、ブレーキパットが当たるタイミングをずらすことでよりコントロール性を向上させたモデルです!

2021年モデル トレック レメディ8のディスクブレーキ

スラムブレーキでもピカイチの制動力を誇る「CODEシリーズ」




カラーリングと詳細スペック

2021年モデル トレック レメディ8の全体

Lithium Grey

カラーLithium Grey
サイズS,M,ML
フレームAlpha Platinum Aluminum, tapered head tube, Knock Block, Control Freak internal routing, downtube guard, ISCG 05, magnesium rocker link, Mino Link, ABP, Boost148, 150mm travel
フォークRockShox Lyrik Select+, DebonAir spring, Charger 2.1 RC damper, tapered steerer, 46mm offset, Boost110, 15mm Maxle Stealth, 160mm travel
ホイールBontBontrager Line Comp 30, Tubeless Ready, 6-bolt,(front)Boost110, 15mm thru axle,(rear) 54T Rapid Drive, SRAM XD driver, Boost148, 12mm thru axle
コンポSRAM GX Eagle, 12 speed
重量M – 14.07 kg / 31.01 lbs (TLR シーラントを使用、チューブは不要)

車体選びのご相談はバイクプラスへ

ゲレンデダウンヒルなどでも十分に能力を発揮できるレメディ8は初心者からベテランライダーの方まで幅広くご満足できる1台です!車体選びやサイジングなどご不明な点がございましたら、店頭スタッフまでご相談ください!所沢店にはレメディ8のスタッフ所有バイクもございます。ご試乗も承れますのでよろしければご来店ください!

29インチ仕様の同タイプマウンテンバイク「TREK Slash8」が気になる方は下記の記事もおススメです!

Eマウンテンバイクもぜひ

こちらもおすすめ