bontrager2021年の秋冬アパレル紹介用の画像

これでオフシーズンも乗り越えよう!Bontrager2021年秋冬装備紹介!!

11月に入りだんだんと冬の気配がしてきました。早朝など出かけるとひんやりするものですが、昼間はまだまだ汗をかきますね。これからさらに冷え込んでくるので今からしっかり準備しましょう!

ボントレガー各種アクセサリー紹介!

基本はグローブ

先陣きって風を受けるのが手先です。そして手がかじかんでしまうとレバー操作がおぼつかないだけでなくハンドルもしっかり握れなくなり危険です。薄手のものでもあるだけでだいぶ違いますから、着けるようにしましょう。

circuit thermal glove(サーキットサーマルグローブ)¥3,700-(税抜)

日常でも使用できるような厚みでハンドル操作も問題なくできます。中はじわじわあったまる素材で作られているので走っているときもそうでないときも役に立つでしょう。秋から冬の始まりにかけてはこれ1つで◎

bontrager,circuit thermal gloveの指部分の滑り止めを撮影

レバー操作をする指部分には滑り止め

bontrager,circuit thermal gloveの手首の素材を撮影

モコモコ素材で手首まで暖かい

bontrager,circuit thermal gloveのバックル部分を撮影

バックル付きなので迷子にならない!

circuit wind glove(サーキットウィンドグローブ)¥5,500-(税抜)

薄手のグローブですが、手の甲の部分に防風耐水の素材を採用しています。ある程度寒い日でもこれ一枚でカバーできます。サーマルグローブよりも悪天候に強いタイプのグローブなので万が一に備える際にはもってこいなグローブです。

bontrager,circuit wind gloveの滑り止めを撮影

全面に滑り止めがあるのでしっかりハンドル操作が可能◎

bontrager,circuit wind gloveの裏起毛を撮影

裏起毛であったかフィット

bontrager,circuit wind gloveのバックル部分を撮影

バックルで迷子知らず

velocis winter glove(ヴェロシスウィンターグローブ)¥9,200-(税抜)

ボントレガー最強の冬用グローブです。防寒防風、あとは、防水ではないですがある程度の耐水性もあります。どんな悪天候でもしっかり手を保護してくれるので寒さをできるだけ緩和したい方にはオススメです。デザインも一新され、2層構造となることでより寒さに強いグローブとなっています。

bontrager,circuit wind gloveの手首部分を撮影

厚めの生地でも中のモコモコ素材であったかい

circuit wind gloveの側面を撮影

こんなに厚いからしっかり防寒できます

circuit wind gloveのバックルを撮影

こちらもバックルつきでバラけない!

意外と、かなり、冷える。足先の防寒対策!

ロードバイクによくみられるのですが、夏に快適に履けるようにメッシュ素材を取り入れ、軽量化や快適性重心のビンディングシューズが結構多いです。そうでなくても硬い履き心地で少なくともあったまる要素はありません。足先が冷えるとコンディションが低下し体調が悪くなったり、うまくペダリング出来ないなど良いことはありません><しっかりカバーして快適にサイクリングを楽しみましょう!

wind toe cover(ウィンドトゥカバー)¥2,400-(税抜)

つま先部分をカバーしてくれるので真っ先に風を受ける足先が冷えにくくなります。すっぽりシューズにはめるだけなので冬場はつけっぱなしでも問題はなさそうです◎

bontrager,wind toe coverを使用した状態で撮影

足先を丸ごと覆うトゥカバー

bontrager,wind toe coverを使用した状態で裏側を撮影

大きめの穴が開いていて脱着もラクチン

S1 softshell shoe cover(S1ソフトシェルシューカバー)¥7,000-(税抜)

冬の本格的な冷え込みに対応するのがS1です。シューズ全体をすっぽりと覆うようになっておりさらに裏起毛でポカポカ維持!長距離走行時やヒルクライムなどにはつけておきたいアイテムです

bontrager,S1 softshell shoe coverの側面を撮影

チャック付きで脱ぎ履きラクチン、裏起毛でポカポカ

bontrager,S1 softshell shoe coverのベルクロを撮影

ソールにはベルクロがあり、カバーもずれにくい

S2 softshell shoe cover(S2ソフトシェルシューカバー)¥8,800-(税抜)

ボントレガー最強!これさえあればどんな極寒地帯でも足の感覚を失くすことはないでしょう。かかと、つま先部分は2層構造となり足首はフィットするように柔らかい素材で作られています。寒さを凌ぐ究極の一枚!

bontrager,S2 softshell shoe coverの上部を撮影

厚みが段違い!

bontrager,S2 softshell shoe coverのつま先部分を撮影

つま先とかかと部分がさらにぶ厚い!

夏用ジャージで粘るならコレ!

冬はそこまで走る機会がないからと冬用のジャージを買いあぐねている方、また秋の少し肌寒くなってきたときに使える便利なアイテムがウォーマーです!うまく使いこなして冬場でも適切な体温調整しましょう。

thermal arm warmer(サーマルアームウォーマー)¥3,700-(税抜)

二の腕から手首までをカバーしてくれるアームウォーマー。日中は暑いけど、朝早く走ると肌寒い!というときにうってつけです。スルッと着脱、コンパクトでサドルバッグにも収まるので邪魔になりません^^

bontrager,thermal arm warmerの滑り止めを撮影

裾には滑り止め

bontrager,thermal arm warmerの全体を撮影

シンプルなデザインで着るタイミングを選びません

thermal leg warmer(サーマルレッグウォーマー)¥5,500-(税抜)

太ももからふくらはぎをカバーしてくれるレッグウォーマー。足全体を冷やしてしまうと体全体の不調に繋がり足が資本のロードバイクにおいてより良いペダリングが出来なくなってしまいます。短いタイプのジャージしか持っていないという方は一枚あるだけでも便利ですよ!

bontrager,thermal leg warmerの滑り止めと内側の裏起毛を撮影

滑り止めと裏起毛であったかフィット!

bontrager,thermal leg warmerの全体を撮影

アームウォーマーと同じくシンプルデザイン

冬も楽しくライド!

今回は冬に便利な小物類を紹介致しました。気になる商品はありましたか?目当てのものがございましたらお近くのバイクプラスにてぜひお求めください。店頭になくても、お取り寄せができる場合もあるのでお困りの際はスタッフにお声がけください^^

2020年に販売していた小物類は最大20%OFFで在庫してある場合もありますのでそちらも要チェックです!

こちらもおすすめ