• HOME
  • 自転車用品
  • 形も音も最高!スポーツ自転車によく似合うKnog(ノグ)のベル「Oi」入荷しました
knogのベルOi入荷のお知らせブログ画像

形も音も最高!スポーツ自転車によく似合うKnog(ノグ)のベル「Oi」入荷しました

自転車のベルのなかでも、抜群のデザイン性を誇るのがknog(ノグ)というメーカーのベル「Oi(」オイ)です。所沢店にて販売開始しました!

「Oi」スタイリッシュなベルをお探しの方におすすめ

ベルは道路交通法でも装着が義務づけられているアイテムです。ベルは警笛音を鳴らすためのもので、歩行者に向けて使用するのではなく、見通しのきかない場所で自分の存在を知らせるためのツールです。レースやイベントなどでは参加要項に、ベルの装着が必須となっていることも多いです。

ただし国によってこうしたルールは違いますので、世界中で販売しているスポーツ自転車メーカーのバイクには購入時には付属していないことが多々あります。そのためアクセサリー選びの際に好きな形のベルを選んで取り付けます。

OiをクロスバイクFX2に取り付けした状態

TREKのクロスバイクFX2 Discに取り付けしてみました。

ただし軽快車についているベルのサイズだと、ロードバイクやクロスバイクに付けるには存在感があって、見た目的にもちょっと…と取り付けを躊躇してしまいます。なのでベルのなかでも目立ちにくい小型なものが人気があります。そんなスポーツ自転車のベル事情に革命をもたらしたのが、今回入荷したknogのOiというベルです!

ベルは4色展開です

knog(ノグ)Oi(オイ) ¥2,300(税抜)

カラーはブラック、シルバー、ブラス、コッパーの4色展開です。

もともとクラウドファンディングで資金調達して開発されたOiは、スタイリッシュな見た目で人気が一気に爆発しました。アルミの金属光沢をそのままに、なめらかな曲線を描いたハンドルバーと一体化するような形状。いままでのベルのイメージを覆えしてしまったのです。

Oiのベルの取り付け部分の形状ロードバイクなどでハンドルバーの下をブレーキやシフトワイヤーが通っている場合もご安心を!ワイヤーがベルの金属部分にあたってしまうと音が響かなくなってしまいます。それを防ぐためにワイヤー類がうまくおさまるようにクランプ部分の形が工夫されています。

ワイヤーの通り方にもよるのですべてのロードバイクにうまく付くわけではないですが、取り付け方が何通りかあるということだけでも、開発に余念がありませんよね。取り付けはネジで固定します。2.5㎜の六角レンチも付属してきます。

ロードバイクに取り付けした状態デザインはもちろんですが、音も風鈴のような涼し気な「キーン」という高い音。音量もほどよく癒されます。

入荷したのはラージサイズのOiです。ハンドルバー径が23.8㎜~31.8㎜に対応しています。TREKのバイクの場合、いまほとんどのモデルでハンドルのクランプ部分は31.6㎜となっています。クロスバイクのFXシリーズにも、ロードバイクにも、MTB(一部除く)にも取り付け可能です。

31.6㎜よりもちょっと細めの場所でも、付属のスペーサー等を使用すれば取り付け可能です。ご自身の自転車に取り付け可能かどうかわからないという方はぜひ店頭でご相談ください。

TREKユーザーならば、ブレンダーでハンドル周りをさらにすっきり!

TREKの自転車に乗っている方ならば、合わせて検討してほしいのが「ブレンダーシステム」です。ベルをステムのすぐ脇に位置に取り付けるとなるとライトやサイクルコンピューター等の取り付けで、ゴチャゴチャしてしまうことも…ここはハンドルバーのなかでもアクセサリー取り付けの激戦区ですので、すっきり取り付けたいとう場合には、ステムとハンドルバーのクランプ部分にライトやサイコンの台座を取り付けるブレンダー専用のマウントを導入するのがおススメ。

ライトやサイコンはブレンダーで取り付けるTREKのクロスバイクやロードバイクでは、ブレンダーに対応したステムを搭載していることがほとんどですので、ステムの形に合った台座を用意すればこんな感じで取り付けできます。

ブレンダーについて詳しくはこちらのブログで紹介しています↓↓

こちらのベルも人気!↓↓

こちらもおすすめ