• HOME
  • 自転車用品
  • 雨の日も雨上がりでも快適に♬簡易フェンダーが楽ちんでオススメ!!

雨の日も雨上がりでも快適に♬簡易フェンダーが楽ちんでオススメ!!

雨の日は乗らないという方もいるかと思いますが、水たまりなどで背中を汚してしまうことも・・・。雨の日はもちろん、そうした時に必要なのが泥除け(フェンダー)です。今回ご紹介するモデルは構造がとても簡単なので必要な時にだけ取り付けできます!

着脱が簡単で、太いタイヤでも安心のSKS

SKSはドイツブランドです。なんと2021年には創業100年!!むかーーーしからスポーツバイクやツーリングバイクに乗っている方にはお馴染みのポンプや泥除け(SKSではマッドガードと表現)を作り続けいています。

SKS エクストラドライXL:太いタイヤにも対応する幅広設計

SKS エクストラドライXL フェンダー

SKS エクストラドライXL ¥2,700‐(税抜)

実測で9.5cmほどの幅があるので、マウンテンバイクなら29×2.5のタイヤサイズまで対応します。シートポスト径も直径35mmまでなので、トレックのエモンダSL、エモンダSLRなどに採用されているシートマストキャップにも取り付け可能!!

ワンタッチで取り付け簡単♬

SKS エクストラドライXLの取り付け

取り付け、取り外しがとても楽

取り付けはいたって簡単。ベルトのように長さを調整してから本体側のフックに引っ掛けて固定します。本体、ベルト共に滑り止めが付いているので走行中にズレる心配はありません。フェンダー自体の角度調整も可能です。必要な時に取り付けて使用する方にオススメです。

シンプル設計のZEFAL(ゼファール)

なんと140年の歴史を持つフランスの自転車用アクセサリーブランド。これまた古くからスポーツ自転車に乗っている方ならば一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。

ゼファール RC50:シンプルイズベストなリアフェンダー

zefal リアフェンダー RC50

zefal(ゼファール)RC50 ¥1,200‐(税抜)

47~60mmの幅で、ロードバイクやクロスバイクのタイヤ幅に相性のいいモデルです。かなりシンプルな設計なのでもはや壊れようのないデザインになっています。25~32mmのシートポストに取り付け可能です。

工具不要の簡単取り付け

zefal RC50の取り付け

工具不要!!パーツを順に差し込んで締めるだけ!

取り付けはパーツを組み合わせて締めるだけ。工具もいらず手で固定できるので面倒がありません。フェンダーの角度は固定で、後ろ向きにリフレクター(再帰反射素材)が付いているので視認性を高めてくれます。

ゼファール FC50:あると便利なフロントフェンダー

zefal フロントフェンダー FC50

zefal FC50 ¥850‐(税抜)

前輪からの泥はねや水は、フレームにあたるので意外となくても問題なかったりします。が、汚れ防止としては結構重要。ドリンクボトルが汚れてしまうのを防いでくれたりもするので、個人的にはマウンテンバイクで山を走る時に重宝していました。

車体の形状や使い方によって様々な種類のフェンダーがあるので、分からないことなどあればスタッフにご相談ください!!

こちらもおすすめ