• HOME
  • 自転車用品
  • 漏れにくいのに飲みやすい! 人気のキャメルボトルが改良されて新登場
キャメルバックポディウムボトルの新製品

漏れにくいのに飲みやすい! 人気のキャメルボトルが改良されて新登場

CAMELBAK(キャメルバック)から人気のサイクルボトル、ポディウムシリーズがリニューアルして登場しました。このボトルのオススメポイントは、握りやすい柔らかな本体、そして何と言っても噛んだり引っ張たりしなくても簡単にドリンクが飲めるジェットバルブ。新モデルはより衛生的に洗えるようになり、ドリンクゲージからの抜き差しも楽になりました!

とっても洗いやすい

ポディウムボトルはボトル素材のにおいがドリンクに移らないよう加工がしてあり(ハイドロガード加工)、さらに逆のドリンクからボトルへのにおい移りもほぼありません。
自転車で帰宅してうっかりボトルを車体に付けっぱなし・・・ なんてことありませんか?こまめな洗浄で衛生的に使いたいものです。
洗いにくいバルブ部分も、裏のキャップがきちんと外れて洗えるようになりました。本体は細菌の繁殖を抑える加工がしてあり、バルブ部分共に清潔に使用することができます。
また、ボトルの素材は健康に害を及ぼすビスフェノールA(BPA)やビスフェノールS(BPS)、ビスフェノールF(BPF)を使用していません。第三者機関で安全性の確認を受けているので、安心して使用できます。

漏れにくいのに飲みやすい

飲み口のバルブはキャメルバックならではのセルフシーリングジェットバルブ!通常は弁が閉じた状態でドリンクの漏れを防ぎ、本体を握ったりバルブを軽く吸ったりすると簡単に弁が開きます。よくあるボトルのように、歯で栓を引っ張る必要が無く、ドリンクが簡単に飲めるのは嬉しいポイントですね。
また確実に漏れを防ぎたい場合は回転式のロック機構も付いているので安心です。

保冷・保温もおまかせ

保冷・保温機能を持つ「ポディウム・チル」「ポディウム・アイス」。一般的に断熱材の量を増やすとボトルは硬くなりがちですが、ポディウムは本体の柔らかさはそのままに。
ポディウム・チルはスタンダードの2倍、さらにおススメのポディウム・アイスは高断熱材のエアロジェルを使用した結果、なんとスタンダードの4倍の保冷・保温性能があります。これからの季節に冷たいものを携帯できるのは嬉しいですね♪

冷たくて美味しいという理由だけではなく、水分を体内に取り入れるのに最適な温度はひんやりとした5~15℃だそうです.さらに凍らせることも可能です。※少し膨張するため、満水より少なめにして、ボトルを立てて冷凍庫に入れて下さい。

夏は保冷、寒さの厳しい冬には保温もできるのであったか~いドリンクも入れられます(熱湯ではなく85℃位まで)。ポディウム・アイスなら30分後でもふぅ~ふぅ~しないと飲めないほど!ヤケドをしないように蓋を開けてタンブラーのように飲むといいと思います。

キャップ付き(MTB用)もあります!

林道やオフロードなど、悪条件を走行する際は自転車のボトルゲージ付近は泥やホコリで汚れがちです。そこでおすすめするのはポディウム・ダートシリーズ。飲み口に脱着可能なキャップが付いているので、ノズルを清潔に保てます。悪天候時のロードバイクやカバンにボトルを入れて持ち運ぶ方にもおすすめです!

真夏はダブルボトルが安心です!


これから暑さが本格的になってきます。特に真夏は飲み物の残量を気にして水分補給を制限することは危険です。サイクリング時はボトルは2本持ち(ダブルボトル)をおすすめします!1本は水、1本はスポーツドリンクなど、中身を変えると飽きなくていいかもしれませんね♪

ぜひ店頭で手に取ってみてください!

新ポディウムシリーズは本体の形状が改良され、様々なメーカーのボトルゲージに簡単に脱着できるようになりました。ストレス無く走行中の水分補給ができます。デザイン、カラーも新しくなりましたので、ぜひ店頭で手に取って、お好きなボトルを選んでみてください!

横浜港北N.T.店の詳細

自己紹介ブログ

こちらの記事もよく読まれています!