• HOME
  • クロスバイク
  • 2021年モデルTREK(トレック) Dual Sport3(デュアルスポーツ3)¥82,000(税抜)
TREK2021年モデルDualsport3のオレンジを真横から

2021年モデルTREK(トレック) Dual Sport3(デュアルスポーツ3)¥82,000(税抜)




マウンテンバイクのようにどこでも走れる安心感と、クロスバイクの軽快さを合わせ持つデュアルスポーツ3は、通勤や通学はもちろん、街乗りやちょっとしたサイクリング、グラベル(砂利道や砂地)まで幅広く使える万能モデル。デュアルスポーツシリーズの中で最も人気なDS3は、2021年モデルではカラーバリエーションも増えました!

Dual Sport3|未舗装路でも段差もお構いなしの万能クロスバイク

Dual Sport3はフロントサスペンションと太いタイヤがついたマウンテンバイク寄りのクロスバイク。クロスバイクのような軽快な走りとスピード感と、未舗装路であっても段差があっても安心して走れるマウンテンバイクの走破性を兼ね備えているモデルです。つまり、両方のいいとこどり!

デュアルスポーツ3の特徴をくわしく紹介します。

軽い、かっこいい、オフロードも安心なアルミフレーム

デュアルスポーツ3のトップチューブを真上から撮影した写真Dual Sport3のフレーム素材はTREKの軽量アルミ素材の「Alpha Gold Aluminum」。サスペンションが付いていたり、タイヤが太いモデルだとどうしても重量が重くなりがちですが、デュアルスポーツ3は車体の重さ13kg台と軽量。TREKのクロスバイクのFXシリーズが12㎏前後ということを見ても、かなり重量を抑えたつくりになっています。軽量で剛性の高いアルミ素材で、漕ぎ出しも軽く、移動も楽ちんです。

デュアルスポーツ3を後方から撮影また、ブレーキやシフトワイヤーはフレーム(ダウンチューブ)の中を通るつくりになっています。内装ワイヤーだと見た目がすっきりしてカッコよさが数段アップ!

じつは、見た目を良くするだけでなく、雨天時の走行や泥はねの際に、シフトワイヤーがサビたり、泥詰まりしにくく、ケーブルの保護という目的もあります。

フロントサスペンション付き

フロントサスペンション部分を真横から撮影デュアルスポーツ3には、マウテンバイクのようにフロントサスペンションがついています。街中の段差を越えるときや、未舗装の道を走る際にサスペンションが動くことで、タイヤが地面にしっかり接地して、ハンドルをとられにくく安定感のある走りが可能です。

サスペンション上部のロックレバー部分舗装路を走る際や、登り坂などでは、サスペンションが沈むことで進みが悪いと感じることもあります。デュアルスポーツ3のサスペンションにはロックアウト機能がついているので、必要に応じてサスペンションが動かないようにすることもできます。サスペンション上部のレバーをひねるだけなので簡単です。

太めのタイヤで安心

タイヤのノブの様子を真後ろから撮影タイヤも未舗装路でも安心の40Cという太さのタイヤが標準装備。はじめてのスポーツバイクでもかなり安心できる太さで、クッション性も高く乗り心地が良いです。街中の段差、道路の陥没、アスファルトの亀裂などがあってもストレスなく走れます。あまり太すぎると重量が増えてスピード感に影響が出てしまいますが、40Cならば細すぎず太すぎずクロスバイクらしい軽快さはそのまま。

また、タイヤの表面はボコボコと細かいノブが付いています。ノブがあることで、砂利道やぬかるんでいる場所でもグリップ力を発揮してすべりにくく、天候問わず安心して走れるのが魅力です。

油圧ディスクブレーキ

油圧ディスクブレーキ本体とローターブレーキは油圧ディスクブレーキ。最近ではディスクブレーキを標準装備する車体が増えています。ディスクブレーキは、雨の日でも制動力が落ちにくいのが特徴で、通勤や通学など日常使いをする方にはもはや必須ともいえます。

デュアルスポーツ3のブレーキはそのなかでも油圧タイプといわれ、ブレーキレバーのタッチが柔らかく、軽い力で止まることができます。指1本でレバーをくいっと引くだけで十分にブレーキが効きます。

街乗りでは、信号で止まったり漕ぎ出したりの連続です。雨の日は走らないという方でも、止まる際に、安心して操作ができるか、気疲れしないかが変わってきます。油圧ディスクブレーキならば手の小さい方でも安心です。

油圧ディスクブレーキのメリットについて詳しくはコチラ

握りやすいグリップ

ハンドルレバーとグリップ部分の写真ハンドル操作のしやすさに一役買っているのが、快適なグリップです。デュアルスポーツ3のグリップは、手のひらが当たる部分の幅が広くなっています。丸い棒状のグリップと比べると、グリップを握るというよりも、グリップの上に手を置くだけで安定するので、余分な力みを抑えて疲れにくさにつながります。また手首が反り返りにくく、手がしびれにくい設計なので、長めの距離でも安心です。

2×9段のShimanoの多段変速

シマノのクランク変速は前2段×後9段の計18段変速。信頼性の高い日本のパーツメーカー・シマノ製です。平地でスピードを出せる重たいギアから、急な坂道も登れる軽いギアまでついています。勾配に応じてこまめに変速操作をすればするほど、体力の消耗を抑えられます。

キックスタンドやフェンダーやラックなど取り付け自在

デュアルスポーツ3にラックにパニアバッグを付けた写真

デュアルスポーツには、さまざまなアクセサリーの取り付けが可能です。上記写真のようにリアラック(荷台)にバッグを取り付けて荷物の持ち運びをしやすいようにしたり、ドリンクホルダーをつけたり、用途に応じたカスタムが可能です。

また通勤・通学・街乗りに便利なキックスタンドや雨の日でも安心な泥除けの取り付けももちろんできます。ライトやカギなども付属していないので購入の際に、用途に合わせて用品をご案内しています。

身長に合わせて選べる4つのサイズ展開

デュアルスポーツ3にはフレームのサイズがS、M、L、XLの4種類あります。フレームサイズが複数あることで、おおよそ155cm~190cmほどの方まで、体格に合ったサイズを選ぶことができます。

またデュアルスポーツ3は男女兼用のユニセックスモデル。最近のTREKの傾向として女性用のモデルの展開をなくす代わりに、小さいフレームサイズを用意することで男女関係なく誰もがさまざまなモデルを選びやすくなってきました。そして今年のds3では、Sサイズ(身長155~165cmの方向け)でトップチューブを湾曲させています。

デュアルスポーツ3のSサイズのフレーム形状

Sサイズフレームの形(※こちらは日本未展開のカラーです。)

スポーツ自転車では、トップチューブの高さが股下よりも2~3cm低くなるようにフレームサイズを選びます。漕ぎやすい高さにサドルを合わせると、足つきが悪くなるので、信号待ちや漕ぎ出しの際はまずトップチューブを両足でまたがるからです。Sサイズはトップチューブを曲げることで、小柄な方でも足つきがいいようにしています。安心して乗りおりできるように、そして幅広い身長の方が乗れるような配慮がされているのです。

サイズフィッティングは店頭にていつでも行っておりますのでお気軽にご相談ください。同じ身長の方でも手足の長さは違うので、メーカーのサイズチャート通りにいかないこともあります。一人ひとりに合わせた提案をさせていただきますのでご安心ください!




2021年モデルのDual Sport3のカラー展開は2色

Dual Sport3はデュアルスポーツシリーズの中で最多の2色展開。人気の証です!

Lithium Grey

デュアルスポーツ3のリチウムグレーカラーの車体を真横写真

 

ロゴカラーが同系色で主張しすぎず、でもツヤ感があってまとまりの良さが秀逸です!ボトルケージのボルトや、トップチューブに入っている「3」のロゴに青を取り入れているのがオシャレ。

Factory Orange

デュアルスポーツ3のオレンジカラーの車体の真横写真

TREKのクロスバイクのラインナップで久しぶりに登場したオレンジカラー。ゴールドっぽい、ちょっとレトロな感じに惹かれる方も多いはず!

※コラムスペーサーのカラー等、写真と実物で異なる場合がございます。

デュアルスポーツ3のスペック詳細

カラーLithium Grey、Factory Orange
サイズS,M,L,XL
フレームAlpha Gold Aluminum, DuoTrap S compatible, internal cable routing, rack & fender mounts, post mount disc, kickstand mount, 135x5mm QR
フォークSR Suntour NEX, coil spring, preload, hydraulic lockout, 100x5mm QR, 63mm travel
ホイール・タイヤBontrager Tubeless Ready Disc, 32-hole, presta valve,Bontrager GR1 Expert, Hard-Case Lite, wire bead, 60 tpi, 700x40c
コンポShimano Acera M3000, 2×9 speed
重量M – 13.45 kg / 29.66 lbs

おわりに

所沢店の相田がデュアルスポーツ3をご紹介している写真街乗りや通勤通学、サイクリング用に初めてスポーツバイクを購入する場合、クロスバイクの方がいいのか、マウンテンバイクの方がいいのか、今回紹介したデュアルスポーツがいいのか迷ってしまう方も多いと思います。お客さまの使用用途に応じてご提案をさせていただきますので、何を買ったらいいのか迷ったら、ぜひ店頭に足をお運びください!

実車があれば、またがってみたりすることでイメージも湧きますし、クロスバイクと乗り比べてみたりも在庫状況次第では可能です。サイズフィッティングも無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください!

こちらもおすすめ