デュアルスポーツ3の2020年モデル

2020年モデル TREK Dual Sport 3 (デュアルスポーツ3) ¥82,000-(税抜)

MTBとクロスの両方の機能を備え、街中もオフロードも気軽に走れるクロスバイク「デュアルスポーツシリーズ」の2020年モデルが登場!そのラインナップの中でバランスの優れた『デュアルスポーツ3』をご紹介していきます。

初めてのクロスバイクを検討の方は、こちらの記事も併せてご参考下さい。

Dual Sport 3の特徴

軽量アルミフレーム

軽量なデュアルスポーツのフレーム

デュアルスポーツ3のフレームはトレックの軽量アルミニウム素材「Alpha Gold Aluminum(アルファゴールドアルミニウム)」が使用されており、平均12kg前後の標準クロスに対し、太めのタイヤとサスペンションを備えたDSでも13kgほどに抑えられています。DSシリーズは2019年モデルからフレームが一新されており、スクエアタイプのチューブ形状にすることで剛性がアップしフレームが軽量化されました。軽い車体は体にかかる負担を抑えられるので、移動の長い通勤・通学でも疲れにくくなっています。

また、前年度のフルモデルチェンジに併せて内蔵ケーブルになり、外見がシンプルかつ綺麗で美しくなりました。内蔵ケーブルは見た目を良くするだけでなく、雨天時などの走行による変速ケーブルの泥づまりや錆も抑えて劣化を減らしてくれるのでケーブルの寿命を延ばしてくれます。

ケーブルについてはこちらから

バランスの優れた太いタイヤ

デュアルスポーツのタイヤ

太めのタイヤは天候を問わず走れるのが特徴です。一般的なクロスバイクに搭載されているタイヤサイズは軽快さと安定感が両立している32Cや35Cがほとんどですが、デュアルスポーツ3に搭載されているタイヤはトレックのパーツブランド・ボントレガーのGR1 EXPERTでサイズは700×40Cです。マウンテンバイクのように太く細かいノブの付いたタイヤになっているので、地面に対するグリップ力が発揮し砂利道でもぬかるみでも滑らない安心感を生んでくれます。

タイヤが太いと地面との抵抗が増したり重量が増えて漕ぎ出しや転がりに多少影響が出てきますが、デュアルスポーツ3のタイヤは太すぎず抵抗が少なく転がりも良いので、クロスバイクらしい軽快さを持った走りを提供してくれます。街中の凸凹道や小さな段差でも少ないストレスや重量によるブレない安定感、さらにクッション性もあるために乗り心地が良いなど実は太いタイヤに対するメリットもあって、デュアルスポーツに搭載のタイヤは太すぎず細すぎずでバランスがとても優れています。

油圧式のディスクブレーキ

油圧式のディスクブレーキのDS3

ブレーキはディスクブレーキを装備しており、DSシリーズは一貫して車やバイクと同じ油圧式が採用されています。ディスクブレークの何よりの特徴は、タイヤと同じく天候に左右されないところで突然降り出した雨の中や急斜面の下り坂でも安心してピタッと止まることができます。

そして油圧式の特徴はレバーのタッチが柔らかく軽い力で止まれるので、女性などの握力が不安な方や手が小さく握りこみに不安な方でも安心してブレーキングができます。

油圧式ディスクブレーキについてはこちらから

手に優しく快適なグリップ

握りやすくクッション性の高いグリップ

デュアルスポーツ3のグリップは手に優しい快適なグリップが搭載されています。一番の特徴は平たく広いこの形状で普段握りこむだけの丸いグリップだとどうしても圧迫感が出てきてしまうのですが、このグリップでは手前に大きく伸びており手の圧迫が軽減されるので、長時間乗り続けても疲れにくく手が痺れにくい設計になっています。

また溝のあるデザインのおかげで手汗で滑らず、円筒形ではないこの形状でも上り坂などでもしっかりと握りこめられるようになっています。

コースを選ばないフロントサスペンション

オン/オフ可能なフロントサスペンション

デュアルスポーツの大きな特徴としてはフロントサスペンションがあります。荒れた路面の凹凸はもちろん、街中での段差もショックを吸収して難なく乗り越えられるので疲労感を抑えられます。更にデュアルスポーツの装備するサスペンションにはロックアウト機能が搭載されていますので、必要のない時はストロークを制御し固定できるようになっています。

多段変速でどこまでも走れる

DS3の2×9ドライブトレイン

2019年モデルとの大きな違いがギアにあります。リアの9スピード(後ろ9段)は変わらず、フロントがロードバイクと同じダブル(前2段)に変更されました。軽めのギアにセットすればペダリングが軽快になって坂道などが登りやすくなり、重いギアにセットすれば加速しやすくスピードを維持しやすくなりと、場合に応じた変速が容易にできるようになっています。

キックスタンド・フェンダー・ラックが搭載可能

DS3の取り付けパーツイメージ写真

※車体はFXですがこのように様々なパーツが取り付けできます。

デュアルスポーツ3は様々な用途で使えるクロスバイクです。普段停める際に必要なキックスタンド、突然の雨や雨上がり後の水たまりでも安心なフェンダー(泥除け)、荷物の搭載で役立つラック(荷台、キャリア)…そんな日常で必要になるアクセサリーがデュアルスポーツ3では取り付けることができます。どのように乗るのかなど自身の使い方に合わせてカスタマイズしていくのも楽しいですね♪

Dual Sport 3のスペック情報

重量と車体の詳細

カラーQuicksilver
サイズS, M, L, XL
フレームAlpha Gold Aluminum, DuoTrap S compatible, internal cable routing, rack & fender mounts, post mount disc, kickstand mount, 135x5mm QR
フォークSR Suntour NEX, coil spring, preload, hydraulic lockout, 100x5mm QR, 63mm travel
ホイールBontrager Tubeless Ready Disc, 32-hole, presta valve
コンポShimano Acera M3000, MT210 46/30, 9 speed 11-36
重量13.38 kg

試乗やサイズフィッテイングはバイクプラスにお任せ下さい

スポーツバイクは自分の体に合ったサイズに乗ることが大切です。適正サイズの自転車は乗り降りもしやすく、長時間乗っても疲れにくいため、自転車に乗る事がさらに楽しくなります。バイクプラス各店では、随時ご試乗やサイズフィッティングを行っておりますので今までまったく乗ったことがないという初心者の方もお気軽にご来店ください!

こちらの記事もよく読まれています!