• HOME
  • 自転車楽しみ方
  • メリット沢山!! 交通手段として大注目の自転車 新しい生活様式として自転車通勤取り入れてみては?

メリット沢山!! 交通手段として大注目の自転車 新しい生活様式として自転車通勤取り入れてみては?

新型コロナウィルスの影響で新たな生活様式となり、満員電車などの3密を回避する交通手段として今自転車が注目を浴びています。特に通勤などの移動では今まで通りとはいかず、自転車通勤に改めてスポットが当てられています。
これからの生活を見直すきっかけでもありますが、これを機会に自転車通勤を始めてみませんか?ここでは自転車通勤のメリットやそもそも自転車通勤の仕方などご紹介します!!!




自転車通勤はとにかく快適!!

自転車通勤というと、『とりあえず駅まで』というイメージでしょうか?また、短い距離でも習慣的に車通勤の方も多いと思います。
・・・もったいない!!自転車通勤は心も身体も健康的になる方法の一つです。様々なメリットもあることから近年自転車通勤者が増加しています。

クロスバイクでの通勤風景

渋滞知らずで快適に自転車通勤が出来ますよ♬

満員電車などの閉鎖された空間から解放されるので、ストレスもなくとにかく快適です。交通渋滞でイライラ・・・なんてこともありません。渋滞を横目に走ることができるのでちょっとした優越感もメリットの一つかもしれませんね。

お仕事前に頭をリフレッシュ♪

寝ぼけたまま仕事をスタートしたりしてませんか?自転車通勤なら身体を動かすことで、スッキリとした状態で仕事をスタートできます。運動をすることで血流が良くなり、脳を活性化させて、職場に到着と同時に仕事に取り掛かれて効率もアップ♪お昼までの時間をぼんやりと過ごさないためにも身体を動かしましょう!!

代謝も良くなり運動不足解消!ダイエット効果も?

一般的に朝は代謝が高いと言われています。そんなタイミングのいい朝に運動をすれば、しっかりと消費もしてくれるのでダイエットにも効果的です。自転車通勤の運動前に水分補給と糖分の摂取を忘れずに。時間のない朝でも調理をせずに食べられるフルーツやゼリーなどもいいですね。

生活リズムが規則的になれば体調も改善!

不規則な生活が体調不良につながるのは言わずもがな。ある程度でも規則正しく食事をして運動をすることで腸内環境も改善すると言われています。栄養は腸から吸収されるので、腸内環境を整えると身体の調子もよくなっていきます。そんな身体のバランスを整えてキープするには出来るだけ毎日規則正しく行動すること。渋滞や遅延知らずの自転車通勤は体調管理に一役買ってくれるハズです。

自転車通勤は意外とイケる!!

いつも車や電車などで移動をしていると、そもそも自転車で職場に向かうという発想がないかもしれません。そんな方は、ひとまず自宅から職場までをググってみましょう。2~3km?5km?10km?少なくともその範囲ならば十分通勤圏内です。自転車なら渋滞や遅延などでストレスを感じることなく一定時間で通勤が出来てしまいます。

自転車通勤で街中を移動している様子

自転車通勤してみると意外と快適かも?

どのくらいの距離が目安??

では実際どのくらいの距離をどのくらいの時間で移動できるのか。平均的には時速15~20kmくらいのスピードで移動ができます。5kmの通勤距離であれば15~20分くらい、単純計算で10kmであれば30~40分くらいで到着します。アレ?そんなもん??って思いませんか?信号待ちや坂道の有無で多少前後しますが、同じ時間を車や電車で通勤されている方ならば、自転車通勤に切り替えることの時間的なデメリットはありませんよね。

どのくらいの距離走れる?

人によりますが、初めてのスポーツ自転車という方でも数キロから10kmくらいまでなら『体力的に無理!』ということもないでしょう。どこまでも走ることが出来る自転車ですが、1時間という時間や20km走り続ける集中力はそれなりのものですし、トレーニングではなく自転車通勤ということで苦になりにくい範囲です。慣れてくれば10km以上の距離も無理なく走れるようになります。

どのくらいで慣れる?

意外とすぐに。というのは慣れている側の意見かもしれません。なので、いきなり週5で自転車通勤!!ということはせずに、休日に自宅から職場まで走ってみましょう。結構早く着くとか、意外と時間がかかるなどといったことが分かるのと、ぶっつけ本番で遅刻をしないためです。体力的にも少し慣れが必要ですが、スポーツ自転車のサドルに慣れないとお尻が痛くなることもあるかもしれません。休日の前日だけなどで徐々に慣らしていくのもおすすめです。出社後の体調の崩れや支障がなければ慣れたといってもいいでしょう。出勤日のタイミングにもよるかもしれませんが、1~2ヵ月以内には慣れてくると思います。

トラブルはどうやって回避する??

タイヤがパンクしている様子

確率としては起こりかねないパンク・・・

自転車のトラブルといえばパンク。日々自転車通勤をしている側からすると、パンクはそうそうしないという感覚です。タイヤの空気が少なくて起こるリム打ちパンクは空気圧の管理で解消できるので、それほど恐怖に感じなくても大丈夫です。

パンク対策はいろいろある!!その壱

それでもガラス片や釘が刺さるとか、外に要因がある場合はパンクしないとも言い切れません。パンク修理キットなどで修理が出来ればそれでいいのですが、自転車通勤中はその時間も出勤時間に影響してしまいます。そこで一つの対策としてはシーラント剤を使用する方法。パンク防止剤のことで、液状のゴム的なものが入っているチューブがあります。タイヤを貫通してチューブに穴が開くと、そこからシーラント剤が出てきて固まり、穴を塞いでくれます。

パンク対策はいろいろある!!その弐

もう一つはチューブレスタイヤ化。こちらも同じくシーラント剤を入れますが、そもそもチューブがないので万が一のリム打ちパンクそのもののリスクをなくせます。TLR(チューブレスレディ)と表記のあるホイールであれば、専用のリムテープとバルブを装着してチューブレスタイヤを付けることが出来ます。

雨が降ったらどうする??

乗らない。という勇気ある撤退もアリです。晴れの日と違って交通事情も変化しますし、準備なしではズブ濡れになってしまいます。バイクプラスでは無理をせず他の交通手段で出勤しているスタッフもいます。ただ、雨の日用の自転車グッズも数多くあり、晴れの日と変わらずにいつもの通勤ルートで出勤することもできます。

雨の日のクロスバイク通勤

雨の日は対策を施せば大丈夫!!

自転車に雨の日対策を施す!

基本的にスポーツ自転車には泥除けなどは付属していません。後付けでカスタムしていけるのもスポーツ自転車の良さだったりします。またほとんどのスポーツ自転車に泥除けは付けられますし、取り付けのしやすい車体というのもあります。また、タイヤのグリップやブレーキの効きなど、路面が濡れていても安心して走ることのできる車体も雨の日の自転車通勤も前提として検討されている方はスタッフへご相談ください。

レインウェアを着る!!

レインウェアで雨を防ぐ

透湿防水生地のウェアならばいつでも快適♬

ワタクシ最上と三郷店スタッフは雨の日も自転車で通勤しています。バスなどの通勤手段もありますが、直接お店に行く方が面倒が少ないというのが理由で、上下レインウェアを着て自転車通勤しています。個人的にアウトドアの趣味もあり、防水の靴やグローブなどを揃えているというのも雨の日通勤のハードルを下げている理由の一つになっています。



自転車通勤用のアイテム

ロードバイククロスバイクマウンテンバイクなどのスポーツ自転車は、ライトや鍵、スタンドなどの日常使いに必要なアイテムが付属しません。自転車通勤では距離や保管場所などに合わせて揃えていくのがいいでしょう。

フロントライトは明るさと点灯時間で選ぶ!

ボントレガー イオンエリートR フロントライト

光量やバッテリーの容量を選択基準として選びましょう

道を照らしていくれる明るさはもちろん必要で、日々使うとなると点灯時間が気になります。今や自転車用のライトはほとんど充電式なので、明るさ以外に1回の充電でどのくらい持つのかも選ぶポイントにしたいですね。自転車用ライトの明るさの単位はルーメンというものが一般的。街灯のない真っ暗な道を走ることがあれば、個人的には少なくとも300~400ルーメンは欲しいところです。1000ルーメンなどとなると公道では必要のない明るさかもしれませんが、バッテリーの容量も多く、明るさのモード切替を行えば点灯時間が長くなるので充電回数を減らすことが出来ます。

安全対策にはリアライトも必要!

ボントレガー フレアRT テールライト

日中、夜間問わず使用して安全に!!

車やオートバイのテールランプ同様に、赤く光ることで後方からの追突を避けるための抑止効果はかなり高いものになります。義務とはなりませんが、夜間のみならず日中も使うことで通勤や帰宅の移動を安全に移動できます。こちらも充電タイプが多く、フロントライトほど電力消費がないので充電のタイミングは少なくなります。自転車本体以外にもバックパックやヘルメットに装着できるモデルもあります。

なが~~~いカギがオススメ!!

カギをかけている様子

駐輪場でもポールなどと一緒にカギをかけましょう

スポーツ自転車の多くは軽快車に比べて軽量なので、持ち去られてしまわないためにも長めのワイヤー錠がオススメです。ホイールなどは着脱が簡単にできるように作られているので、フレームとどこか固定されている物と一緒にカギをかけましょう。また、職場での駐輪場所や駐輪方法なども確認が必要です。

自転車通勤のまとめ

距離や時間などでハードルの高さを感じている人も多いかもしれませんが、自宅から直接職場まで行けたほうが通勤のストレスは少ないですよね。駅前の飲み屋さんにふらりと立ち寄ることもないので節約にも一役買ってくれます(笑)。少しの運動で健康的になり、ご飯もおいしく食べられて一石二鳥どころか三鳥四鳥!!快適なスポーツ自転車があれば日々の生活に活気が出てきます。
自転車のこと、距離や時間、運動についてなど、自転車通勤を始めるにあたって疑問があればバイクプラススタッフに是非ご相談ください。実際に自転車通勤をしているからこそのアドバイスや提案、お悩み相談にもお応えします!!




こちらもおすすめ