グラベルロードバイクの選び方を紹介しているページのアイキャッチ画像

おすすめグラベルロードバイクと選び方のポイント

最近、グラベルバイクやグラベルロードといった今までのロードバイクとはちょっと違うスポーツ自転車が人気です。
ディスクブレーキを採用しかつ太いタイヤが装着されていることで舗装路だけでなく、グラベルと呼ばれる砂利道など道を選ばずサイクリングできるのが特徴で「グラインデューロ・ジャパン」、そしてMTBのロングレースで有名な「SDA王滝」でも去年よりグラベルバイク部門が新設されたりレースやイベントも続々増えてきていて注目のジャンルといえるでしょう。

ただ、シクロクロスやエンデュランスディスクロード、ツーリングバイクなど似たようなジャンルの自転車も多いので自分に合うのははたしてどれなのか迷ってしまいますよね。今回そんな各モデルとの違いを説明しながらトレックの人気グラベルロード「チェックポイントシリーズ」のラインナップも合わせてご案内しようと思います。


今回ご紹介するトレックのグラベルロードバイク、「チェックポイントシリーズ」は本格的なグラベルライドはもちろん人気のバイクパッキング、そして通勤通学といったコミューターとしても使用できる幅広いサイクリングにおすすめなモデルとなっています。

2021年モデルトレックチェックポイントSL5

早くも2021モデルの導入が決定したトレックチェックポイントシリーズ。写真のSL5とALR5が対象となる。

そしてこんなホットな話題も!トレックのグラベルロードに早くも2021モデルが登場。2モデルがこの春先行で入荷予定です。新モデル速報も合わせてご覧ください♪ ↓↓↓


話題のグラベルロードバイクとは?

グラベルロードバイクの魅力やメリット

グラベルロードバイクの最大のメリットは既存のロードバイクと比べて非常に太いタイヤが装着されていることでしょう。一般的なロードモデルであればタイヤ幅が25Cほどのものが主流ですが、グラベルロードの場合は30Cを越えるタイヤ幅が確保されていて砂利道や段差などロードバイクで走るには躊躇してしまうような場所でもらくらく走破することができます。

おすすめグラベルロード

走る場所を選ばない自由な乗り方が楽しめるのが魅力のグラベルロードバイク。

そして、ディスクブレーキの普及にともなってタイヤ幅(クリアランス)の制約がなくなり、フレーム設計がより自由になった事が大きいですね。
もちろんシクロクロスのような32C幅程度のタイヤを装着したドロップハンドルモデルは今までもラインナップされていましたが、レースのレギュレーションに縛られないデザインのグラベルバイクがどんどん登場したことで、ブランドやモデルによってはマウンテンバイクと変わらないくらいのタイヤ幅の車体も存在します。

グラベルバイクの特長

ロードバイクに特化したディスクブレーキの登場でホイール周りの性能も進化している。

当然ながらディスクブレーキの軽いレバータッチでしっかり制動のかかる安心感もグラベルロードバイクの魅力といえるでしょう。
砂利道やぬかるみなど通常のブレーキだと不安のあるセクションでもラクラク通過できますし、バイクパッキングのように重い荷物を持ってのサイクリングや日常の通勤通学の際でも雨で制動力が大きく低下するような状況、また女性の方など握力に不安を感じる方にはディスクブレーキは非常に安心感を感じられるのではないでしょうか?

グラベルロードとシクロクロスの違い

ちなみに先に話の出たシクロクロスとグラベルロード、車体の外見だとあまり違いを感じないですよね。メーカーによってはタイヤ幅が近いため同じジャンルとしてまとめられてしまっていたりもしますが、シクロクロスレース、そして未舗装路のロングライドやバイクパッキングは似ているようで使い方は意外と異なります。

グラベルバイクとシクロクロスの違い

トレックのシクロクロスバイク「ブーン5ディスク」

グラベルバイクとシクロクロスの違い

トレックのグラベルロード「チェックポイントSL5」

ちなみにトレックの場合両者で求められるニーズに応えられるようにしっかり設計を分けて用途に合うよう最適化されたモデルをラインナップしています。
ここからはそれぞれの違いを比較して見てみたいと思います。

短時間のレース競技性を重視したシクロクロス

シクロクロスレースの競技性を考慮してプロダクトされているのがシクロクロスバイクで特徴を簡潔にあげれば俊敏、機敏さ、軽さ、担ぎやすさが挙げられます。トレックの場合であればカーボンモデルならBoone、アルミモデルはクロケットという2モデルがラインナップされています。

河川敷や公園などの周回コースを走るシクロクロスレースは、1時間程度の競技時間ながら砂利や砂地、泥の中をすすみ、かつ階段やシケイン(柵)などの人工的な障害物や急坂など自転車から降り、かつ担いで走るようなセクションもこなさければなりません。
シクロクロスを担いで登る様子

そのため降りた時の担ぎやすさ、また担いでフレームを肩に乗せた際の安定感など通常のロードバイクと異なる用途を考慮してシクロクロスバイクは設計されています。

トレッククロケットのタイヤクリアランス

クロケットの32Cブロックタイヤを履いた状態でのクリアランス。シクロクロスの競技特有の泥詰まりに対処した設計。

また競技におけるタイヤ幅は実測33mmを超えないことと規則で定められているため、タイヤ幅は泥はけ等のクリアランスなども考慮されていますがグラベルバイクほどのクリアランスは確保されていないモデルが多い印象です。

トレックのシクロクロス「クロケット5」のご紹介↓↓↓

未舗装路のロングライドや積載性の向上を狙ったグラベルロード

一方でグラベルバイクは未舗装路を長時間走破する事を目的としているため、比較的アップライトなポジションが取れるモデルが多い傾向ですが、トレックのチェックポイントはアメリカの高速グラベルレース、「ダーティーカンザ」などスピード感も重視しているのが特徴。
グラベルバイクの選び方
そのためチェックポイントシリーズは求められるスピード性とロングライドでの快適性のバランスを取った前傾姿勢を取るエンデュランスロードバイクらしいポジションとなっています。なのでキャラクターとしてグラベルバイクというより「グラベルロードバイク」と呼んだ方が分かりやすいかも知れません。
グラベルロードバイクの選び方

また、シクロクロスよりも長時間乗る事を想定し、またバイクパッキングのような用途にも対応できるように水分補給やバイクストレージ(ボトル缶など)を確保するためのボトルケージ台座を複数確保しているのも特徴。

担ぐためにボトルを省く傾向にあるシクロクロスバイクとは対照的にダウンチューブ下にネジ穴が用意さであれていたり、大きなフレームサイズ(※)だとダウンチューブ部分に2個設置できたりなどしっかりロングライドで補給しやすいよう配慮されています。

チェックポイントのボトルケージマウント

モデル・サイズによってはダウンチューブに2個並べて装着も可能。

※チェックポイントALR・SLシリーズの54以上のサイズが対応

そしてツーリングバッグやキャリアなども装着できるように、カーボンフレームモデルも含めてダボ(ねじ切り)穴を設置しています。
そのため通勤通学のような日常使いとしても、また長サイクリングなどでも多目的に使えるドロップハンドルバイクといえるでしょう。

チェックポイントSL5にキャリアを装着した状態

チェックポイントSLシリーズはカーボンフレームであってもキャリアを直付けできるユニークな構造。

グラベルロードとエンデュランスロードの違い

しかしそうなるとややこしくなるのがいわゆる「エンデュランスロード」との違い。トレックの場合2020モデルとして登場したドマーネSL、SLRシリーズはディスクブレーキ専用となりタイヤ幅も38Cまで対応するため、シクロクロスよりも太いタイヤが装着できてしまいます。

グラベルロードとエンデュランスロードの違い

最新モデルのドマーネSL5は32Cタイヤがアッセンブルされている。

グラベルロードとエンデュランスロードの違い

ドマーネSL5と同じくチェックポイントSL5もOCLV500カーボンを採用。

エンデュランスロードはタイヤ幅の拡大でグラベルロードとデザインがかなり近くなりました。という事で逆にどういう部分に違いがあるのかフレームの形状から比較してみたいと思います。

ちなみにSLシリーズのフレームはどちらもトレックのこだわりOCLV500カーボンを使用し長時間の衝撃を収束させる※ISOSpeedを採用しています。(※チェックポイントSLシリーズはシート部分のみ)

チェックポイントSL5のカーボンアーマー

トレックのロードモデルで唯一MTBでも使用されるカーボンアーマー(フレーム下部の黒い部分)を採用。

チェックポイントSLシリーズは未舗装路を走る比率が高いライドを想定してダウンチューブからチェーンステーにかけ「カーボンアーマー」でみっちり覆っており、トレックのカーボンフレームのマウンテンバイクと同じ構造をとっています。
オンロード走行では考えづらいですがグラベルライド中、石などの障害物がフレームにヒットした際ダメージを与えないために設けられたものです。

対してドマーネのカーボンフレームはクラシックレースなどで石畳を走行することはあれど、大半はオンロードを走行するという走り方をイメージしたシンプルな構造です。クラシックレースなど非アスファルトの荒れた路面を走ることもありますが、障害物との接触の危険は少ないのでその分一般的なロードバイクと同じく軽さを追求するデザインとなっています。

エンデュランスロードとグラベルロードバイクの比較

剛性感を高めたダウンチューブ内に収納スペースがドマーネカーボンには設けられている。

ドマーネの話に脱線しますが、2020モデルとして登場したドマーネシリーズではダウンチューブ内部のスペースを活用したストレージスペースがあるのがユニーク。機能とユーティリティーを両立させています。

 

チェックポイントSL5のチェーンステイ

グラベル向けの太いタイヤが装着できるよう湾曲させたチェーンステイ。

また、チェーンステイの形状もそれぞれで特徴を持っています。チェックポイントSL5はドマーネ以上に太いタイヤに対応させること、またタイヤとフレーム間で泥詰まりなどのトラブルを避けるため可能な限り隙間を採り入れたデザイン。またチェーンステー右側(ドライブ側)とフロントギアと干渉させないよう下に湾曲させた形状となっています。

ドマーネシリーズのチェーンステイ

動力伝達性を考慮したストレートな形状のドマーネシリーズのチェーンステイ。

一方ドマーネはBB部分からスッと後方へ延びるストレートなチェーンステイ形状です。2013年に登場以来、ドマーネは乗り心地の良さだけでなく動力伝達性にもこだわってプロダクトされてきました。タイヤは38C(フェンダーを装着した状態で35Cまで)までのクリアランスをキープしつつ踏み込んだペダルの力を無駄にしない、レースバイクとしてペダリング入力に対して高い反応性を持たせているのです。

ロングライドでもオンロードがほぼ中心で軽快なサイクリングを求めるならドマーネ。フロントのISOスピード等の装備も充実しているのでブルべのようなライディングスタイルとも相性が良さそうです。
逆にグラベルや林道などアドベンチャーライドを思いのまま楽しむ、また長期間のツーリングを検討しているのならチェックポイントがよさそうですね。

ドマーネシリーズも合わせて比較する↓↓↓

グラベルバイクとツーリングバイクとの違い

ということでバイクパッキングなどロングツーリングが可能なグラベルバイクですが、トレックだと520というモデルもあるので悩ましい。。
この2モデルの違いですが、チェックポイントシリーズは先ほども挙げたような荷物の積載性も考慮しつつファストライドが可能な軽い操作感を重視しているのに対して、520は前後にしっかりとしたサイドバッグを装着した長期間の旅を想定した設計で、重い荷物であってもふらつかずハンドルがとられる事のないよう安定して走る事を想定しているのです。

ツーリングバイクとグラベルバイクの違い

前後にツーリングバッグを装着してもふらつかずに走行できるジオメトリーを採用する。

520はたくさんの荷物を積載して日本や世界を一周するような旅自転車としてのトランスポーターとして作りこまれている印象。トレックの語源にもなったロングセラーモデルはトレック唯一のスチールパイプは海外などで不測の事態があった時に溶接したり対応しやすいということから。決して軽いバイクではないものの長旅の頼れるパートナーとして信頼性や安定感を重視した設計となっています。

トレックのツーリングバイク520

長期ツーリングを想定した安定感あるジオメトリーを採用したトレック520

520の詳細については下記のページでご紹介しています。↓↓↓

トレックのグラベルバイクをおすすめしたい理由

前置きがものすごく長くなってしまいましたが、なんとなくご自身の使いたい方向性がみえてきたのではないでしょうか?
チェックポイントシリーズ全般にいえますがアルミ、カーボンモデル含めグラベルという未舗装路を走る事も考慮しつつロードバイクとしての走りの軽さ、快適さにもしっかり重きを置いて作られています。
グラベルロードバイクの選び方

また価格帯に応じた使われ方を実はしっかり考えてパーツアッセンブルされているのも良い部分。グラベルライドなんて興味ない、という方でも気軽に乗れるドロップハンドルバイクとして選択肢にいれて損はないバイクです。
おすすめのグラベルロードバイク

オンロードであっても細いロードバイクのタイヤは段差でのパンクや道路脇の側溝のフタなどなど案外乗っていて気を遣うもの。
チェックポイントシリーズがロングライドや冒険ライドだけでなく通勤や通学などコミューターとしても大活躍してくれますよ。

機能的かつ遊び要素も満載のトレックの独自機能

マニアックな視点でチェックポイントシリーズをおすすめするならチェックポイントのALR、SLシリーズに搭載される「ストラングルホールド」はトレックで唯一採用されるギミックなので要注目です。

チェックポイントのストラングルホールド

工具を使用して車輪のアクスル部分を前後に移動させる。合わせてブレーキキャリパー位置の調整も可能。

 

ストラングルホールドはリアアクスル部分を15mm前後に移動させる事ができるユニークな構造。車軸を後方に寄せれば45Cタイヤを装着する事も可能となり、またホイールが後方へ移動することでリアセンターに広がり、車体の挙動を安定させバイクパッキングなど荷物をたくさん積んだ際に安定感をもたらします。

逆にフロント側に寄せればコーナーでのハンドリングに対しての車体の反応性を高め機敏な操作感を演出。ちょっとした調整を行う事で自転車のキャラクターに変化を生む事ができるのです。

またシングルギア可するような改造も可能でストラングルホールドを後方へ移動させる事でチェーンを引っ張るテンショナーとして活用する事も可能で遊び要素ある自由なセッティングにも対応してくれます。もちろんリアホイールをスライドさせた際に合わせてディスクブレーキの前後位置も変更できるようになっているのでブレーキングに影響が出ることもありません。

トレックのグラベルロードバイクCheckpointシリーズラインナップ

トレックのチェックポイントシリーズのラインナップも合わせて紹介します。リーズナブルなモデルから本格的なロンググラベルライド志向なものまで3機種が用意されています。冒頭でもご案内しましたが早くも2021モデルも販売開始となったので合わせてど~んとご紹介♪

コミューターとしてイチオシなチェックポイントALシリーズ

グラベルロードの入門モデルチェックポイントAL3

トレックからラインナップされているグラベルロードバイクのエントリー機種にあたるのが「チェックポイントALシリーズ」。このAL3はシマノSORAコンポーネントをベースにディスクブレーキシステムを油圧ではなくワイヤー式とすることでコストパフォーマンス性も良い一台。
アウトドアテイストが感じられるオリーブグリーンに加えて2020モデルからは差し色の赤が効いたブラックカラーが追加され2色展開となりました。

2020モデルチェックポイントAL3

2019モデルからの継続カラーのオリーブグリーン

2020モデルチェックポイントAL3ブラック

20モデルは色違いのブラックが追加された。

チェックポイントAL3の車体詳細↓↓↓

シマノティアグラ油圧ディスクでブレーキ力UPチェックポイントAL4

チェックポイントAL4はシマノから新たにラインナップ追加されたティアグラ油圧ディスクを採用。変速機などのドライブトレイン含めてTiagraで統一されて登場しました。カラーは引き続きバトルシップブルーを採用して落ち着いたデザインとなっています。

2020モデルチェックポイントAL4

カラーは変わらず新開発のティアグラ油圧式ブレーキに。

チェックポイントAL4の車体詳細↓↓↓


バイクプラススタッフにも人気のチェックポイント。戸田彩湖店宮崎のインプレッション、そしてGRX化カスタマイズレビューも合わせてどうぞ!

軽量アルミフレームを採用したチェックポイントALR5

チェックポイントALRシリーズはトレックの最軽量アルミアルファ300シリーズを採用しており、価格を抑えつつ非常に軽快にきびきびと走れる人気モデル。上位モデルのSL5と同じく105コンポーネントで構成されており、レースやイベントからツーリングまで一台何役もこなしてくれます。そして先程紹介したストラングルホールドも採用しているのでカスタマイズ性にも優れた一台。

2020モデルチェックポイントALR5

トレックのアルミフレームの中でも最軽量のアルファ300を使用している。

チェックポイントALR5の車体詳細↓↓↓


なお、2021年モデルの早期導入も決定しました!フレーム形状は20モデルと変わらずでカラーリングと搭載されるコンポーネントが変更されています。
2021年モデルのチェックポイントALR5
カラーリングは落ち着いたターコイズ調のTealがフレッシュな感じ。コンポーネントが今までの105ディスクからよりグラベルライドに最適化されたGRXシリーズが最初からアッセンブルされていて価格もそのままなのが嬉しいですね。

このALRシリーズも三郷店最上の通勤グラベル&改造インプレもぜひ。スタッフにとっても日常の通勤からロードバイクだと躊躇する砂利道ライドで走り回れるのが楽しいんですよね♪
また自分の乗り方に合わせてカスタマイズする面白さもあったり!?

OCLVカーボンフレーム採用で疲れないチェックポイントSL5

2020モデルチェックポイントSL5

チェックポイントSL5の車体詳細↓↓↓
チェックポイントシリーズで唯一のカーボンモデルがSLシリーズ。OCLV500カーボンを採用しており軽さと乗り心地の良さはロングライドで非常に頼りになるでしょう。また、ドマーネシリーズでも採用されるISOスピードをシートチューブに取り入れているのでより不快な振動や衝撃を緩和できるよう設計されています。

そしてこのチェックポイントSL5も2021年モデルの早期導入が決定!
2021年モデルチェックポイントSL5

先ほどのALR5と同じくフレームは20年と変わらずですが、GRXコンポーネントにスペック変更しカラーはダークオリーブに。シックですがゴールドっぽいロゴカラーがアクセントになった合わせてシックなデザインです。

そしてこのチェックポイントSL5を愛用して現在は1万キロ近く乗り込んだ多摩店スタッフ中村のバイクパッキングライドブログも合わせて読んでください♪
通勤や街乗りも良いですがやはりグラベルロードバイクらしい荷物を積み込んだロングライドもぜひ楽しみたいですね!

チェックポイントシリーズで自由きままに冒険ライドを楽しもう♪

グラベルロードバイクの選び方

グラベルロードバイクで気ままに自由な冒険に出かけよう♪

いかがだったでしょうか?この数年で一気に人気の出てきたグラベルバイクですが、トレックのチェックポイントシリーズは未舗装路の走破性とロードバイクとしてのスピードコントロール性それぞれを両立させた設計となっています。平日は通勤や通学、そして週末はバイクパッキングスタイルで遠出やアウトドアライドを楽しんだりと今までのロードバイクよりも自由に楽しめるのが魅力です。
ぜひチェックポイントシリーズで新しい冒険ライドを始めてみませんか?

こちらもおすすめ