自転車通勤で安全に車道走行する上で気を付けたいポイントと交通ルール

デイライトをつけてはいるがヘルメットをかぶっていないサイクリスト
プロジェクトワンキャンペーン開催!
TREK 2017 SALE 開催!

自転車通勤ではいろんなところに危険が潜んでいます。その危険とは、被害者にも加害者にもなり得る危険。ルールを守りマナー良く走行していれば危険はかなり回避できます。常に安全運転を心掛け、被害者にも加害者にもならぬようライドを楽しみましょう。通勤に限らず車道を走行する際のよくある危険や注意点などをご紹介します。

車道の危険なポイント

路上駐車があり、走行中の自転車が後方確認をしっかりと行いながら走る様子

法律上自転車は車道の左側を走行するもの。車も横行し危険なポイントも多い。

注意:

  1. 路上駐停車している車
    急にドアが開いたり、動き出してりと危険です。
    車の陰から人が飛び出してくることもあります。
    避ける際は後続車が来ていないか確認が必要です。
  2. 段差や側溝
    段差や側溝にタイヤがとられ大転倒することもあります。
  3. 歩道から突然車道に出てくる自転車にも気をつけて!
スマートフォンやサイクルコンピューなどの操作を止まってから行っているサイクリスト。とても明るいライトをつけている

傘さし運転やスマホを操作しながらの運転は禁止されています。

注意:

  1. ながら走行は法律に関係なく危険です!
    携帯電話を使いながら、音楽プレイヤーを聞きながら、これでは危険の察知・退避ができません。
  2. スピードの出しすぎにも注意!!
    車と同様、自転車も急には止まれません。
    常に安全に止まれるようスピードでの走行を心掛けましょう。
  3. 並走は禁止
    自転車同士での並走は道幅を狭めて車や歩行者の邪魔になります。
    同時に自らも危険にさらされますのでやめましょう。

交差点はココに注意!

歩行者・車・自転車が行きかうのが交差点。そこには多くの危険が潜んでいます。

注意:

  • 信号は守ること
    これは当然のルールです。
  • 信号が点滅しているから急ぐのではなく止まりましょう。
    焦りは事故のもとです。
  • 左折車の巻き込みに注意
    左折車に巻き込まれる事故が非常に多いです。
    車からは斜め後方は死角で見にくいので車を先に行かせたほうが安全です。
  • 目立つ色のウェアを着用しましょう。
  • 歩道で信号待ちをするのではなく車道の停止線「止まれ」で待つ

薄暗くなる前には前後ライトを点灯する

前後ライト、前後反射板、ホイールにも反射板をつけたクロスバイク
注意:

  • 前後のライトは絶対に必要です!
    路面状況の把握のため、また対向車に気付いてもらうためにフロントライトは必要です。
  • フロントライトだけでなくテールライトも必ず付けましょう。
    テールライトをつけないと、後続の車や自転車からは闇に溶け込み非常に見えずらくなります。
  • ホイールの反射板もつけておいた方が良い
    道路を横切る場合は前後ライトをつけていて気づきにくい場合が多いですが、ホイールの反射板に車の前照灯が反射してよく目立ちます。

夜間は周囲から見えていないと思え!

夜間は真っ暗、自転車のライトよりも明るいものが街中にあるので、自転車は本当に目立ちません。

自転車通勤での夜間走行は視界が悪く危険も多いので、より注意が必要!

注意:

  • 黒い服装は控えましょう
    黒っぽい恰好は闇に溶け込んでしまいます。
    明るい色のウェアを選択し周りから見える服装にすることも大切です。
  • 反射素材を使った小物は欠かせません
    反射素材を使用したものを身に付ければ暗闇でも目立ち安全です。
    ウェア、バッグ、裾どめなど、反射素材がついたものがあります。
  • 段差や路面のギャップに注意
    ライトを付けて走行していても夜間は視界が悪いです。
    歩道との段差や路面の穴などにタイヤが取られて転倒ということも考えられます。
    何があっても対処しやすいようにスピードの出し過ぎないことが大事です。

雨天時に発生する特有の注意事項

雨の日は傘ではなくレインウェアを着て自転車に乗る。レインウェアには反射素材のパイプがあしらわれ、リュックのレインカバーにも反射素材がついていて、さらに視認性の高いカラーで安全性が高い

雨の日には普段とは違う点にさらに注意が必要になります。

注意:

  • マンホール、白線は滑る
    ひとたび雨が降ると路面は非常に滑りやすくなります。
    特に滑りやすい白線やマンホールなどは特に気をつけましょう。
  • 傘ではなくレインウェアを着ましょう
    傘をさしての走行は非常に危険です。
    ハンドル操作もままならず、とっさのブレーキもかけられません。
    レインウェアを着れば両手を使えるので危険の多い雨の日には欠かせません。
  • 雨天時は日中でもライトを点灯点滅させたほうが安心。
  • ブレーキの効きが悪くなる
    滑りやすいだけでなくブレーキそのものの効きも悪くなるので速度は控えめに。
    いつものタイミングよりもはやめの減速を。

最後に

警察が「車道通行」の原則を徹底し取り締まりを強化し始めて久しいですが、それに呼応する形で各地で自転車通行帯の整備が進んでいます。まだまだこれからですが、歩行者もクルマも自転車も、安全に通行できる道路環境になってほしいですね。

ただし、いずれにしても「ルールを守ること」「マナー良く走ること」「起こりうる危険を知っておくこと」は大切です。注意すべきことや守るべきことが色々わかってくるとこれまでよりも随分と安全に走れるようになります。自転車通勤を安全に楽しんでください♪

警視庁のウェブサイトで、自転車の交通ルールについて詳しく記載されています。わかりやすくておすすめです。

自転車の交通ルール|警視庁

プロジェクトワンロゴトイメージ画像を配置したバナー
お客様の声
デイライトをつけてはいるがヘルメットをかぶっていないサイクリスト

試乗やお問い合わせはお近くの店舗まで

バイクプラスでは、スポーツ自転車初心者の方が安心してサイクルライフをスタートできるよう、また、安心してサイクリングを楽しめるよう、ただ自転車に詳しいだけでない、豊かな人間性を持ったスタッフが、元気よくお客さまの自転車ライフをサポートします。お気軽にお問い合わせください♪

大宮駅とさいたま新都心駅から徒歩圏の自転車屋バイクプラスさいたま大宮店外観

バイクプラスさいたま大宮店

〒330-0842
埼玉県さいたま市大宮区浅間町2-329-2
電話番号:048-658-0819
自転車屋バイクプラス多摩センター店外観

バイクプラス多摩センター店

〒206-0034
東京都多摩市鶴牧2-9-15
電話番号:042-311-2818
三郷・吉川が近い自転車屋バイクプラス三郷店外観

バイクプラス三郷店

〒341-0004
埼玉県三郷市上彦名121-1
電話番号:048-950-1820
武蔵浦和駅が最寄りの自転車屋バイクプラス戸田彩湖店外観

バイクプラス戸田彩湖店

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木7-2-14
電話番号:048-423-9301
横浜の自転車屋バイクプラス横浜港北ニュータウン店外観

バイクプラス横浜港北ニュータウン店

〒224-0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-38-1
電話番号:045-914-5906