試乗車を紹介するページのカバー画像

試乗車リスト – 2020年最新版

2020年モデルロードバイクの試乗車情報です。フルモデルチェンジを果たしたTREKのDomane SLRやSLをはじめとする人気のモデル。今年は話題のグラベルロード「TREK Checkpoint」もご用意。2020年試乗車の特筆すべき点は、ラインナップを全てディスクブレーキ搭載モデルにしたこと! フレームの性能や乗り心地、ブレーキのタッチの良さなど、ぜひ体感してみてください。(試乗車情報 page2/3)

ドマーネSL5 Disc(3色)

試乗車サイズ:50(多摩)、52(三郷、戸田)

ドマ-ネSL5の車体右側を正面から撮っている写真20年モデルでフルモデルされフレーム形状が変更され、乗り心地の良さはそのままに、マドンのようなエアロフレーム形状になりました♪オールラウンドで使用できるロードバイクに進化しました!!

ハンドル周りはワイヤー類がフレーム内蔵になり見た目スッキリになり、空気抵抗も軽減されます。振動吸収の役割をするIsoSpeedがフロントとリアに搭載され、乗りご心地が良くあります。

タイヤも19年モデルから比べるとさらにクリアランスが広くなり最大38Cまで装着可能になっています。

ドマーネSL6 Disc (3色)

試乗車サイズ:52(港北、大宮)

ドマーネSL6Discの車体右側を正面から撮っている写真

ドマーネSL6 Discはカーボン素材はSL5と同じものを使用していますが、コンポーネントとホイールがグレードアップしているモデルです。

コンポーネントは105からUltegra(アルテグラ)になり、よりスムーズな変速を可能に、ホイールはBontrager(ボントレガー)のParadigm(パラダイム)が搭載されています。

SL5のホイールより重量が軽く軸の転がりの抵抗も少ないので、漕ぎだしが軽くなり一気にスピードに乗ることが出来ます♪

ドマーネSLR7

試乗車サイズ:52(大宮、戸田、所沢)54(多摩)

ドマーネSLR7の車体右側を正面から撮っている写真

ドマーネSLRはOCLV700シリーズのカーボンが使用され、軽さと剛性を兼ね備えたTREKが誇るカーボンが使用されています。またIsoSpeedはフロントリア搭載はもちろんですが!リア側はマドンと同じトップチューブのスライダー調整式を採用しています。

スライダーを調整すれば自分の好みのしなりにすることが出来ます♪またハンドルにも快適なパーツが搭載されています。Bontrager(ボントレガー)のPro IsoCoreハンドルはバーテープの下のハンドルとの間にクッションを挟むことで手にかかる振動を軽減してくれます♪

エモンダALR4 Disc(1色)

試乗車サイズ:50(大宮)

エモンダALR4Discの車体右側を正面から撮っている写真人気のエモンダALRにディスクブレーキ+ティアグラのコンポーネントに統一されたエモンダALR4Discが登場!!ブレーキの効きが雨天でもそんなに変わらずにしっかり効いてくれ、柔らかい握り具合になっています。

フレームは加速感が楽しめる300シリーズのアルファアルミニムで溶接部分も滑らかで、カーボンフレームのような美しさです♪

エモンダALR5(2色)

試乗車サイズ:54(戸田)

エモンダALR5の車体右側を正面から撮っている写真

エモンダALR5は105のコンポーネントで統一され、トレックが誇る300シリーズアルファアルミニウムで形成され、フレームはハイドロフォーミングという成形技術を使用し作られています!力がかかるところは厚みを持たせ、薄くできるところ薄くし軽量をはかっています♪

カーボンのエントリーグレードと同じぐらいのフレームの重量になっており大変コストパフォーマンスが良いモデルです!!

エモンダALR5Disc(2色)

試乗車サイズ:50(港北、所沢)54(三郷)

エモンダALR5Discの車体右側を正面から撮っている写真

エモンダALR5のDiscが20年モデルでも登場!19年モデルからの変更点はフロントブレーキがフォーク内装式になり、よりスッキリした見た目になりかなりカッコ良くなりました♪

カラーリングはなかなか見ない紫(パープルフリップ)とグレーとブラックのグラディエーションでオシャレでかっこいい仕上がりになっています!!

エモンダSL5(2色)

試乗車サイズ:50(戸田)、54(大宮)

エモンダSL5の車体右側を正面から撮っている写真

19年モデルからの継続モデルがエモンダSL5のリムブレーキモデル。昨今ロードバイクでもディスクブレーキのモデルが出ていますが、リムブレーキも負けてません!コンポーネントは105で統一されているのでブレーキの効きはしっかりと効いてくれます♪

またディスクブレーキよりパーツ点数が少ないので軽量になってきます。少しでも軽いモデルが良いという人にはオススメです!!

エモンダSL5Disc(3色)

試乗車サイズ:50(三郷)、54(港北)

エモンダSL5Discの車体右側を正面から撮っている写真

20年モデルからSL5クラスでもディスクブレーキモデルが登場!カラーリングも一新されカッコいいカラーになっています♪ディスクブレーキモデルではリムブレーキと違いワイヤーの内装方式が変わっています。一か所にまとまるような形になっています。

ホイールの固定様式もクイックリリースではなくスルーアクスルになり軸が太くなり、剛性が高くなっています!踏み込んだときやダンシングなどでもヨレズにキビキビと走ることが出来ます♪

エモンダSL6Disc(2色)

試乗車サイズ:52(港北、多摩)54(所沢)

エモンダSL6Discの車体右側を正面から撮っている写真

フレームは19年モデルと共通ながらも、20年モデルでは新たにフロントフォーク部分がワイヤー内装式になりました。見た目がスマートになり、空気抵抗も少なくエアロダイナミック性が向上しています♪

ホイールはBontragerのアルミホイールParadgim(パラダイム)が標準搭載され、より漕ぎ出しが軽くなり、転がりの抵抗も少なくなってきます!!

Checpoint AL4(1色)

試乗車サイズ:52(港北)

チェックポイントAL4の車体右側を正面から撮っている写真

昨年から話題になってきたグラベルロードバイク。オンロードだけでなくオフロードも楽しめることでロードバイクの楽しさを広げたグラベルロードが試乗車で登場!!

チェックポイントAL4は今年登場したTiagra(ティアグラ)の油圧ディスクが搭載され、統一感のあるスッキリとした見た目になりました♪

快適性と拡張性が高く、太めのタイヤで乗り心地が良く、フェンダーやキャリアを搭載することも可能でバイクキャンピングなど幅広く乗ることが出来ます。

Checkpoinnt ALR5

試乗車サイズ:52(大宮)、49(所沢)

チェックポイントALR5の車体右側を正面から撮っている写真チェックポイントALR5はトレックでも軽量である300シリーズのアルファアルミニウムを使用に軽量に仕上がりながらもタイヤの太さは35cとかなり太く、乗り心地も抜群に高くなっています♪

コンポーネントはshimanoの105で統一され、変速の性能も高くなっています!ワイヤー類はフレーム内蔵で見た目がかなりスッキリししてきます♪

Madone SL6 Disc(マドンSL6 Disc)(2色)

試乗車サイズ:50(戸田)、52(三郷)

マドンSL6Discno車体右側を正面から撮っている写真昨年モデルチェンジをしたマドンシリーズのSL6Discが試乗車に登場。リアのIsoSpeesがトップチューブにスライダー調整式で搭載され、レーシングモデルながらも乗り心地がさらに良くなりました♪

マドンSL6Discではステム一体型ハンドルではなく、一般的なステム、ハンドルが搭載されます。フレーム形状は上位モデルのSLRモデルと同じながらもコストパフォーマンスに優れたモデルになっています!!

こちらもおすすめ