TREK 2020 Emonda SL5 Disc

2020年モデル TREK Emonda SL5 Disc(エモンダSL5ディスク)¥280,000-(税抜)

TREK(トレック)の2020モデルが少しずつ発表されている中、軽量ロードバイクであるEmonda(エモンダ)もついに登場!!今回ご紹介するのはEmonda SL5のディスクブレーキモデル!!
2019モデルではアルテグラで構成されたSL6以上のモデルのみでしたが、2020モデルでは105ベースのEmonda SLがラインナップとして追加されました!
フレーム形状の一部が変更されただけでなくカラーリングも一新され、よりカッコイイカラーに仕上がっています!

Emonda SL5 Disc(エモンダSL5Disc)の特徴

軽くて乗り心地抜群のカーボンフレームOCLV500

エモンダSL5Disc
TREK(トレック)が誇るカーボン技術であるOCLV(Optimum Compaction Low Void(超高密度圧縮、低空隙))はトレックの特許取得済の製法で、現在TREKが使用しているカーボン素材はOCLV500、OCLV600、OCLV700の3種類。OCLV500のカーボンを使ったエモンダSLシリーズは剛性面では600,700に劣るものの、カーボンらしい軽量さと、振動吸収のよい乗り心地のよさを合わせもっており、長い距離も抜群の走破性をもたらしてくれるバランスの良いモデルです!

ケーブルがスッキリまとまった設計

エモンダSL5Disc ケーブル取り回し
エモンダSLのディスクブレーキモデルはリムブレーキモデルと違いケーブルの内装方式が変わっており、よりスマートなディティールになっているのが特徴。ダウンチューブからケーブルを内装する形状ですが、Emonda ALRシリーズやSLRのように一か所にまとまるように入る形になっています。

油圧ディスクブレーキ

105ディスクブレーキ
今回のEmonda SL5 Discの見どころの一つでもあるのが、油圧ディスクブレーキの採用。少ない力でしっかりと効くのが特徴で、リムブレーキ同様ブレーキコントロールもしっかりできるのはもちろん、下り坂でも疲れにくく安心というメリットが大きいです。ディスクブレーキにすると重量的にはリムブレーキモデルよりも重くはなりますが、差としても大きな重量差はなく逆にそれが走行時の安定性を生み出してくれます!

前後輪スルーアクスルを採用

エモンダSL5 Discスルーアクスル
フレームもそれに対応する為に従来のクイックレリース方式ではなく、より強度面などを高めたスルーアクスルを採用。
車軸の固定部分の剛性が上がるため、踏み込んだときやダンシングなどで体重をかけたときにもヨレずに、キビキビ走ってくれます!

シマノコンポーネント 105(R7000シリーズ)を搭載

シマノR7000シリーズ
ブレーキから変速機はすべてシマノのコンポーネント 105(R7000シリーズ)を搭載。最上位モデルDura-Ace(デュラエース)R9100シリーズやセカンドグレードUltegra(アルテグラ)R8000シリーズのデザインを踏襲し、上位モデル譲りの性能を持ったコンポーネントです。今回のモデルからの特徴としてはリアギアの最大歯数を大きくすることで、登り坂をさらに楽にすることができるカスタマイズができるのもポイントです。
(別途パーツの交換が必要です)

タイヤサイズは25Cから28Cに変更

700×28c
タイヤサイズも従来の25Cという太さから1つ幅広い28Cに変更されているのも細かな仕様変更の一つです。タイヤが太くなると抵抗が増えるから走りが重くなると思う方も多いですが、しっかり路面にタイヤが設置している分、安定性が向上し、曲がるときや凸凹したアスファルトでもより安心して走ることができます。タイヤが太くなる分、指定空気圧量が同じでも入る量は多くなるので乗り心地の向上にもなっています!

TREK独自のシートマストキャップ

シートマストキャップ
SL以上の車体からはアルミモデルと大きく異なるのがサドルを支えるシートポストが差し込むタイプではなく、被せるタイプのキャップ型の形状に。シートポストよりも短くなり重量面でも軽量で、さらにカーボンフレーム(シートチューブ)のしなりを生かした乗り心地を向上させる部分でもあります。
エモンダSL5 Discではこの部分だけはアルミ素材を採用してますが、別売りのカーボンタイプにするとより軽く、より乗り心地の向上につながります。

カラー展開は全三色!

Emerald-Iris

Emerald-Iris
(サイズ展開:47,50,52,54,56,58,60)

Matte Trek Black/Gloss Viper Red

Matte Trek Black/Gloss Viper Red
(サイズ展開:47,50,52,54,56,58,60)

Mulberry/Magenta

Mulberry/Magenta
(サイズ展開:47,50,52,54)

見る角度によって変わるグリーン基調のEmerald Iris、艶消しの黒と赤を基調としたシンプルなカッコよさを出すMatte Trek Black/Gloss Viper Red、深みのある大人な雰囲気を醸し出すMulberry/Magentaの三色展開に!

Emonda SL5 Discの重量とスペック

カラーEmerald Iris,Matte Trek Black/Gloss Viper Red,Mulberry/Magenta
サイズ47,50,52,54,56,58,60
フレームUltralight 500 Series OCLV Carbon, Ride Tuned performance tube optimization, tapered head tube, internal routing, Ride Tuned seatmast, DuoTrap S compatible, flat mount disc, 142x12mm thru axle
フォークÉmonda SL full carbon, tapered carbon steerer, internal brake routing, flat mount disc, 12x100mm thru axle
ホイールBontrager Affinity Disc, Tubeless Ready, 24-hole, 21mm width, presta valve
コンポShimano 105 R7000, 50/34  11speed
重量8.99kg(56サイズ)

誰でも乗りやすいオールラウンドバイク!!

乗りやすい一台!!
Emonda SL5 Disc(エモンダSL5ディスク)はフラッグシップモデルEmonda SLR Discの性能を引き継いだハイエンドモデルですが、レース仕様と思いきやちょっとしたサイクリングやロングライド、ヒルクライムなどどんな場所でも万能な走りを実現してくれます。漕げば軽やかに進むだけでなく、フレーム各部の剛性が高い安定性を生み出してくれるため、初めての方でもその乗り心地をしっかり体感できるほどです。

新たな一台と考えている方だけでなく、初めてのロードバイクで「長い距離を走ってみたい!」「いろんな場所で楽しく走りたい!」など考えている方にもとてもうってつけの一台です♪

自分の体に合ったフレームサイズ選び

フィッティング風景
ロードバイクを選ぶうえで大事なのがフレームサイズ選び。長時間乗り続けることができるよう、身長や股下、柔軟性に合わせて無理のない体勢を整えることが基本です。

ご購入検討時、サイズフィッティングはバイクプラス各店で無料で行っております。また乗り慣れていくうちに、ハンドルを低くしたい、パーツ交換をしてハンドルを遠くしたい、近くしたいなどフィッテイングに関することは1年間再調整工賃無料です。パーツ代は別途かかりますが、ご購入後のアフターサポートもお任せください!

試乗なども行えますので、「実際どんな乗り心地なんだろ・・・」「フレームの違いでどこまでかわるのか・・・」などまずは気になったら是非ご来店ください♪



こちらの記事もよく読まれています!