2019年モデルFX2のViperredの商品画像

2019 トレック FX2 (TREK FX2) ¥57,000(税抜)4色

街乗りや通勤・通学用にクロスバイクを始めたいという方におすすめなTREKのFX2をご紹介!スポーツバイクブランドらしいTREKならではの乗り心地と軽快感が持ち味のクロスバイクです。カラー展開も4色とFXシリーズ最多!普段の移動はもちろん、ちょっと遠出してサイクリングへ出かけましょう。

FX2ってどんなクロスバイク?

FXシリーズはFitness Exercise(フィットネスエクササイズ)をコンセプトにしたTREKのクロスバイクシリーズです。日常生活に気軽に運動を取り入れられるよう、乗車姿勢もキツくなく、乗り降りもしやすく、スタンドや泥除けなどさまざまなアクセサリーの取付が可能な設計になっています。ただ便利なだけでなくスポーツ用に丈夫に作られたフレームで加速感やスピード感も抜群なんです。FX2の詳細をじっくりお伝えしていきます。

 軽量で反応性のよいフレーム

2019年モデル新色のROYALを真横からFX2のメインフレームはアルファゴールドアルミニウム。車体重量は11kg台で漕ぎ出しも軽く、ストップ&ゴーの多い街中に最適です。手で持ち上げても軽々と上がります。ただ軽く作っているだけではありません。シティサイクルとは異なり、スポーツバイクはペダリングの力でフレームがたわまないよう、力のかかる部分は厚くしたり、太くしたりと場所によって形をかえることで、加速感と乗り心地のよさを両立します。

気持ちいい加速感と軽快さを味わえるFX2で、いままでよりも移動時間が短縮できるかもしれません。さらには同じ距離でも速く、そして疲れずに走りきることができるでしょう。片道10km以内の通勤・通学なども体力的にも問題なく走れます。

自転車通勤用にクロスバイクをお探しならこちらの記事もオススメです。

自転車通学用にクロスバイクをお探しならこちらの記事がオススメです。

ブレーキはリムブレーキ

FX2の前輪は700×35CFX2はリムブレーキタイプ。晴れた日メインで乗る方に最適です。メリットはホイールの外周部をつかむのでワイヤー引きでも制動力が高いこと、軽量なこと、ブレーキシューやワイヤー交換等メンテナンス性の良さがあります。

デメリットとしては雨の中での乗車の際にブレーキが効きにくくなってしまうこと、雨などでホイールが摩耗しやすいことが挙げられます。雨の日に乗る方は同等のスペックの2019年モデルTREK FX2 Discもご検討ください。

各種アクセサリー取付に対応

フレームには専用のキックスタンドの取付が可能FX2はスポーツバイクですが日常使いを想定した各種マウントが付属しています。駐輪時に便利なキックスタンドの取付用のマウントがフレームに設置されているので、キックスタンドの取付も簡単です。

また泥除けや荷台などの取付にも対応しています。使いやすいようにカスタムできるのもうれしいところです。

3×8速の多段変速

前3段と後ろ8段の24段変速FX2は走る場所や体力に合わせて使える24段変速(3×8速)仕様です。普段の走行では後ろのギアを中心に3~4段分しか使わない場合が多いですが、ギアが多数あることで、体力や脚力に応じて好みのギアを選ぶことができます。

ギアの組み合わせは幅広く、キツイ坂道もラクに走れる軽いギアから、平地でスピードを出したいときに最適な重めのギアまであります。ギアをうまく使うことで、坂道も、漕ぎだしも、長距離も疲れにくくなります。ギアの切り替えはハンドルの左右にある変速レバーで簡単に操作可能です。

安心安定の700×35Cタイヤ

FX2は35CタイヤでリムブレーキタイプFX2の乗り心地と安定感に大きく影響しているのが、700×35Cというタイヤです。クロスバイクの中ではやや太めと言えますが、あえてのこの太さです。地面の接地面積が広く安定感があるため日常使いには最適は太さといえます。

タイヤが太いほど空気の量も多く、クッション性が高まり乗り心地がいいと感じることができます。タイヤは耐パンク性が高く、滑りにくいように溝が切ってあるため毎日の通勤通学も安心です。

万人向けの快適サドル

クッション性の高い穴あきサドルが付属シティサイクルよりは前傾姿勢をとるものの、やはりお尻のほうに荷重がかかりやすいです。FX2のサドルはボントレガーのスポーツサドル。坐骨部分はクッション性が高く長時間乗ってもお尻が痛くなりにくい設計です。

また前傾姿勢をとることで出る圧迫感を解消するため中央に大きく穴があいています。パッド付のパンツをはかなくても、普段の服装で乗っても快適です。

ライトなどがすっきり収まるブレンダー

ブレンダーシステムでボントレガーのライトを取付けた例

ブレンダーマウントでボントレガーのライトion800を取付

ここ数年、TREKの多くの車体で採用されているブレンダーシステム。ハンドルの中央部分にボントレガーのライトやサイクルコンピューターが取り付けられる独自のシステムです。FX2には、ブレンダーシステム用のマウントが付属してきます。ライトやサイクルコンピューターはハンドル中央部前方につけることで見やすくなります。

必要なアクセサリーを選ぶ際にはブレンダーに対応しているものを選ぶと、すっきりとカッコよく収まります。

センサー内蔵対応フレームです

サイクルコンピュータのセンサーが内蔵できるフレームFX2のフレームは、サイクルコンピューター用センサーを内蔵できる設計です。別売りのデュオトラップSセンサーを購入いただくと、すっきりと収まります。サイクルコンピューターのセンサーは通常、結束バンドなどで外付けすることが多いのですが、対してTREKのデュオトラップSセンサーのスマートなこと!

距離やスピードのほか、ケイデンス(ペダル回転数)などの計測が可能です。デュオトラップSに対応したサイクルコンピューターもしくはスマホのアプリにて計測データを表示することができます。距離やスピードがわかるとモチベーションが上がって楽しさ倍増です!

クロスバイク選びでお悩み中の方はこちらの『クロスバイクの選び方』もご覧ください。

4つのカラーラインナップ

2019年モデルのFX2は4色展開!普段から使うものだからこそ、自分の好みの車体はモチベーションが上がります!FXシリーズのなかでFX3 Discと肩を並べるカラー展開の多さに人気がうかがえます。

2019年モデルのFX2のローヤルカラー紹介

Royal

2019年モデルFX2のマットブラックカラー車体真横から

Matte Trek Black

2019年モデルFX2のレッドカラーの車体を真横から

Viper Red

2019年モデルFX2ホワイトカラーの車体を真横から

Trek White

FX2の重量とスペック

カラーRoyal,Matte Trek Black,Viper Red,Trek White
サイズ15/S,17.5/M,20/L,22.5/XL
フレームFX Alpha Gold Aluminium,Duotrap S compatible,rack&fender mounts
フォークFX Alloy w/tapered wall thickness,straight blades
ホイールFX Alloy w/tapered wall thickness,straight blades
コンポShimano Tourney 8speed MIX
重量11.68kg(サイズ17.5)

まとめ

通勤通学・街乗りをはじめサイクリングなど幅広く楽しむことができるFX2は、はじめてのクロスバイクにもピッタリです。いろいろな詳細スペックをご紹介してきましたが、百聞は一見にしかず!バイクプラス各店にてご試乗可能です。

またサイズフィッテイングも無料で行っています。FX2には約155cm~197cmの身長に対応する4つのフレームサイズがあるため、それぞれの体格に応じた適正なサイズをご案内しています。体にあったフレームサイズを選択することが快適な自転車生活の秘訣です。まだ乗ったことがない方も、操作方法からお伝えしますのでご安心ください。ぜひスポーツバイクらしい爽快感を味わっていただきたいです!

購入後の調整や点検などもお任せください!詳しくはコチラの安心保証をご覧ください。

そのほかのクロスバイク

こちらの記事もよく読まれています!