エモンダSLR7 Disc アイキャッチ

2019 TREK Émonda SLR7 Disc(エモンダSLR7ディスク)¥743,000(税抜)

遂に極限まで軽さを追求したバイク「Emonda SLR」にディスクブレーキタイプが登場しました!!近年トレンドになっているディスクブレーキ。その軽いタッチと抜群の制動力はスピードの出るロードバイクにとっていまやなくてはならないものになってきています。市街地のストップ&ゴーはもちろんヒルクライムの下りはバイクに安定感をもたらしてくれること間違いなし!!

また、前モデルにはなりますがエモンダの乗り味がどんな感じなのか、こちらの記事(3年間乗り倒したスタッフによるエモンダSLRインプレ)でもご紹介していますのでよろしければ合わせてご覧ください。

主な特徴|Emonda SLR7 Disc(エモンダSLR7ディスク)

無駄なものは全部そぎ落としたフレーム!

エモンダSLR7 Disc フレーム

Emonda(エモンダ)といえばTREKが誇る最軽量ロードバイク。そのEmondaの語源はフランス語の”Émonder”。削ぎ落とす、という意味にふさわしく、ロードバイクに必要な剛性を持たせつつも無駄なものはそぎ落とす、とことん軽さにこだわったバイクです。

Emonda SLRはトレック、最高峰のカーボン製法であるOCLV700シリーズを使用。そのフレームはアメリカ本国で製造されています。エモンダSLRはカーボンの積層を一から見直し、軽量化を考慮しながらパワー効率と、縦方向の柔軟性を高めた設計になっており、その恩恵はペダルを踏んだ時の加速力とロングライド時の体への負担を最小限にしてくれます。

昨年、Emonda SLRはリムブレーキタイプでさらに50グラムの軽量化に成功。さらにブラッシュアップ!ちなみにリムブレーキタイプのエモンダSLRのフレーム(サイズ56、未塗装の場合)がフレーム単体重量640g、フォーク重量313gに対して、エモンダSLR Discのフレーム単体重量665g、フォーク重量350g。わずかに重くはなっていますが、これでもまだまだ最軽量バイクの意地!ブレーキシステムがディスクタイプとあって軽さと安定感を併せ持ったオールラウンドバイクです。

OCLVカーボン製法についての詳しい情報はこちらの『TREK USA』OCLVカーボンフレーム製造工場潜入レポートをご覧ください。

シマノ 電動アルテグラを採用

エモンダSLR7 Disc アルテグラ

コンポーネントはシマノの電動アルテグラを採用しています。現在ではスタンダードになりつつある電動コンポ。変速時の押し込む動作がなくなり、スイッチのような感覚でタッチを加えることで変速します。ワイヤー引きの機会式と比べ、1段1段ギアをキッチリ変えてくれるので変速ミスが少なく、面白いぐらいに決まってくれます。

また変速レバーの大きさも小ぶりで握りやすい!通常ディスクブレーキタイプの変速レバーはどうしても大きくなりがちでやや手にフィットしにくい設計ですが、こちら電動アルテグラのレバーは小ぶりで手にフィットしやすい設計。手が小さい方、握力に自信がない方でもしっかりブレーキングや変速操作を可能にしてくれます。

スマートなフラットマウントディスクブレーキを採用

エモンダslr7 Disc フラットマウント

Emonda SLR7 discは今トレンドでもあるディスクブレーキ仕様というところがポイント!油圧式のディスクブレーキ仕様なのでブレーキレバーのタッチが軽く、かかり始めた時の制動力が抜群です。とはいってもブレーキが効きすぎてロックするという事はないのでご安心を。スピードをが出るロードバイクに絶妙な安定感をもたらしてくれます。さらに天候に左右されないのもポイント。雨に降られても安心のブレーキングが可能です。

ディスクブレーキのメリットデメリットをまとめたこちらの記事「ディスクブレーキのロードバイク疑問点一挙解決インプレ&オススメも」もぜひご覧ください。

また、フラットマウントブレーキを採用しているのもポイント。もともとディスクブレーキはMTBに使用されていることがほとんどで、ローター径大きいもの多かったですがディスクロードは160mmのローター径。ブレーキ本体がフレームから突き出すことはなく、フレームに沿う形で取付ができるスマートな形状。これこそがフラットマウントです。

剛性抜群の12mmスルーアクスル

エモンダSLR7 Disc スルーアクスル

Emonda SLR7 discは12mmスルーアクスルを採用しています。通常のクイックリリースレバーと違い車輪を固定する軸が12mmと太くなっており、剛性が格段にアップ。車輪がしっかり固定できることでねじれに強く、走行時の安定感、そして今までディスクブレーキの課題の一つであったローターとパットが擦れる心配がありません。

また、フロント側12×100。後側12×142とディスクロードとしてここ最近規格が統一されてきていますので今後のホイールアップグレードも十分可能な一台になっています。

カーボンホイールで走りも軽い!

アイオロスプロ3ディスク

Emonda SLR7 discはボントレガー製のアイオロスPRO3を装備。ミドルクラスのカーボンホイールで重量は前後で1600グラムと軽量。リムの高さは35mmと万能型で登阪性能はもちろん、空力に優れたホイールです。リムのカラーもブラックなので足元がしまって見えますね!

チューブレスレディ対応のホイールなのでリムストリップとシーラント、専用のバルブがあればチューブレス化も可能になっています。独特の乗り心地良さとパンクリスクを軽減できるなどがメリット。クリンチャーだけではなく、チューブレスも試してみる価値あり!

プロジェクトワンに対応!

Emonda SLR7 discはトレックのカスタムオーダーシステム「プロジェクトワン」に対応しています。ご自身の好きなデザインやカラーリング、コンポーネントを何万通りから選択可能です。

また、エモンダSLR7 DiscはPROJECT ONE NOWという下記3色のプレミアムカラーのラインナップがあります。通常のプロジェクトワンとは異なりフレームカラーやパーツ構成は選べませんが納期が少しだけ早くなります。

Viper Red/Trek white

エモンダSLR7 Disc イエロー

Radiactive Yellow/Trek Black

エモンダSLR7disc ブラック

Gloss Sunburst/Matte Trek Black

その他のエモンダSLRシリーズは『TREK Emonda SLR シリーズ 一覧』をご覧ください。

フィッティングが重要です!

ロードバイクは自分の身体に合ったフレームサイズを選ぶことがとても大事です。長時間乗り続けることができるよう、身長や股下、柔軟性に合わせて無理のない姿勢を整えることが基本です。

ご購入検討時、サイズフィッティングはバイクプラス各店で無料で行っております。また乗り慣れていくうちに、ハンドルを低くしたい、パーツ交換をしてハンドルを遠くしたい、近くしたいなどフィッテイングに関することは1年間再調整工賃無料です。パーツ代は別途かかりますが、ご購入後のアフターサポートもお任せください!

Emonda SLR7 Discの重量とスペック

カラーMatte Trek Black/Redioactive Orenge
サイズ50.52.54.56cm
フレームUltralight 700 Series OCLV Carbon,Ride Tuned
フォークEmonda Full Carbon,Flat Mount
ホイールBontrager Aeolus Pro3 Disc 12mm Thru-axle
コンポーネントShimano Ultegra Di2 11s
重量7.11㎏(フレームサイズ56)

最後に(まとめ)

軽さと安定感を兼ね備えるEmonda SLR7 Disc

エモンダSLR7 Disc  試乗

TREK史上最軽量のフレームやカーボンホイールを採用し極限までそぎ落としたバイク。それがEmonda SLR7。バイクの重量はなんと驚きの7.11㎏(フレームサイズ56)。この軽さがあれば傾斜の強いヒルクライムでもアシストされている感覚。また少しリム高のあるカーボンホイールを採用することによって軽さとともに空力と安定感をもたらしてくれるのでスピードに乗るとこれもまた背中を押してもらっている感覚に。

そして注目のポイントといえばディスクブレーキが採用されているところ。レバーのタッチが非常に軽く、ブレーキがかかり始めた時の安定感は今までのロードバイクにはない感覚。カーボンホイールだからこそよりメリットに感じるディスクブレーキは下りも安心してブレーキングが可能。レバーも電動コンポともあり、小ぶりなので非常に握りやすい。

また、12mmのスルーアクスルを使用している点も非常にバイクの性能を引き出しているポイントであると思います。剛性が高く、バイクがいい意味でどっしりとする感じやダンシングをした時の安定感はとにかく驚き。Emonda SLR7 Discは軽さもあり、安定感もあるバランスの整ったバイクでレーシーに乗りたい!と思う方はもちろん初めての方にもおすすめできる1台です。

こちらの記事もよく読まれています!