2019年モデルのエモンダSLR6

2019 TREK Emonda SLR6(エモンダSLR6)¥547,000(税抜)

TREK史上最軽量のロードバイクとして君臨するエモンダSLRが2019年モデルも登場!TREKが誇るOCLV700カーボンのフレームは剛性が高くて軽量ゆえにヒルクライムでの強い味方になります。エモンダSLR6はコンポにアルテグラを装備。手軽にトレック最軽量のバイクが欲しいなら完成車のエモンダSLR6がお得です。パーツ交換でさらに軽くできます。

徹底解剖!|TREK Emonda SLR6(エモンダSLR6)

フレーム重量640gという驚異の軽さ

エモンダSLR6を斜め前からエモンダSLRはOCLV700シリーズのカーボンを使い、フレーム単体重量は640g。これはTREKのロードバイクフレームのなかで最軽量です。

応力のかかるヘッドチューブやボトムブラケット付近の剛性が高く、応力のかからない箇所は衝撃吸収性をあげる設計になっています。カーボンの積層をコントロールすることでより軽く、剛性を保ちながら振動吸収性の高いフレームになっています。

一般的に軽いバイクは硬くて乗り心地が悪いと思われがちですが、エモンダSLRはトレックのバイクすべてに共通するトレックらしい乗り心地のよさも合わせ持ちます。

OCLVカーボンの凄さをもっと知りたい方はこちらの『TREK USA』OCLVカーボンフレーム製造工場潜入レポートをご覧ください。

エモンダSLR6のヘッドチューブ

フォークもフルカーボンです。ヘッドチューブで見えませんがコラムもカーボン。エモンダSLRのフォークはほぼストレート形状で、ハンドリングに優れます。またホイールベースもドマーネシリーズなどと比較すると短め、ボトムブラケット下がり量も少なく、機敏な動きが得意なのがエモンダシリーズです。

振動吸収性の高いライドチューンドシートマスト

シートマストキャップフレームから伸びたマストにかぶせるようにしてシートマストキャップが固定されます。フレームとの接点が少なく、フレームとパーツのしなりを最大限活かすことが出来るようになっています。

路面からの突き上げに対して後方にしなって衝撃を吸収しますが、ペダルからサドルまでの距離は変化しないため踏み心地はダイレクトなままです。

カーボンハンドルを標準装備

ハンドル部分の拡大写真フレームだけでなくハンドルもカーボン製。ここも軽量化へのこだわりです。エモンダSL以下のモデルには完成車でカーボンハンドル付属のものはありません。SLRならではの特別感が出ますね。エモンダSLR6のハンドルはボントレガーのXXX VR-C、400mm幅で176gです。シンプルなラウンド形状のチューブで、握りも細みな軽量モデルです。

エモンダSLR6完成車の場合、50~52cmのフレームには400mm幅、54~56cmのフレームには420mm幅のものが付いてきます。カスタムオーダーのプロジェクトワンならばハンドル幅も形もお好みのものを選ぶことができます。

軽量にこだわったブレーキキャリパー

フレームだけに飽き足らず、ブレーキまで軽量を追求して作ってしまいます。メーカーがフレームに合わせてパーツまで開発するというのはちょっと珍しいです。トレックのすごいところでもあります。

スピードストップブレーキEmonda SLR6のブレーキはボントレガーのスピードストッププロを使用。通常ハイエンドのブレーキキャリパーより約50gほど軽量で、タイヤクリアランスの広い設計になっています。

最大700×28Cまでのタイヤの装着が可能で、クッション性の高い走行感も楽しめます。調整の範囲も幅広く、ホイール交換をした際のリム幅の差にも対応してくれます。

操作感の軽いアルテグラ

ギア周りはアルテグラブレーキ本体以外のコンポには、R8000シリーズのシマノ・アルテグラを装備しています。駆動効率を最適化しているクランク設計や剛性の高い変速機で気持ちのよい変速が可能です。レバーはよりフィット感の高い設計になり、短いストロークで操作が出来るようになっています。

軽く操作が出来ることで走行中のストレスも少なく、ヒルクライムレースイベントのみならずロングライドなどでも快適です。

耐久性の高いパラダイムコンプホイール

エモンダSLR6を斜め後ろからボントレガーのパラダイムシリーズのホイールはリム幅やスポーク角度を見直した設計で剛性感の高い走り心地です。いまやトレンドともなっている700×25Cのタイヤとも相性がよく、さらに太いタイヤにも対応します。ホイール単体の前後セットの重量は1585gです。

カーボンリムのホイールにグレードアップでさらなる軽量化も可能です。

もはや標準!?タイヤサイズは700×25C

ツール・ド・フランスなど、レースで使用されるタイヤサイズもここ最近では700×25Cになってきています。わずかな重量増はありますが、それ以上に走行時の安定感やグリップ力が高くなるメリットがあります。クッション性も高くなることから身体の疲労も軽減し、ロングライドなどでのストレス軽減にもつながります。

すっきり収納!デュオトラップS

チェーンステー内側のデュオトラップセンサー用マウントトレック&ボントレガーならではのシステムの一つがデュオトラップS。フレーム内蔵型センサーで、スピードとケイデンスを測ることができます。

対応するサイクルコンピューターはボントレガーのTRIP300やANT+の信号方式が使えるGPS機能付のガーミンなど。また、Bluetoothにも対応するのでスマホアプリとの連動も可能です。

エモンダSLR6の重量とスペック

さすがエモンダSLR。SLRシリーズの一番下のモデルにも関わらず重量は余裕で6kg台におさまっています。

カラーMatte Dnister Black/Gloss Black
サイズ50,52,54,56cm
フレームUltralight 700 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, tapered head tube, BB90, direct mount rim brakes, internal cable routing, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークÉmonda full carbon, carbon tapered steerer, carbon dropouts, direct mount rim brakes
ホイールBontrager Paradigm Comp Tubeless Ready
コンポーネントShimano Ultegra, 11 speed
重量6.59kg(サイズ56cm)

エモンダSLR6のカラー展開

エモンダSLR6はTREKのカスタムオーダープログラムPROJECT ONEに対応しています。このページで紹介してきたマットブラックカラーだけでなく、PROJECT ONEなら世界で一台のオリジナルな車体を作ることができます! 気になる方は『PROJECT ONE』こちらのリンクをご覧ください。

またアップチャージ¥56,000(税抜)でプロジェクトワンナウという、特別カラーも3つ展開しています。カラーやパーツ構成などはあらかじめ決められていますが、通常のプロジェクトワンよりも短い納期で手に入ります。またサイズ展開も47,50,52,54,56,58,60,62cmと充実しています。

エモンダSLR6のプロジェクトワンナウ車体カラー紹介

[PROJECT ONE NOW] Gloss Sunburst/Matte Trek Black

エモンダSLR6のレディオアクティブイエローカラー車体紹介

[PROJECT ONE NOW] Radioactive Yellow/Trek Black

エモンダSLR6のチームエディションカラー

[PROJECT ONE NOW] Viper Red/Trek White

最後に

ロードバイクの選び方でお困りの方や、その他のエモンダシリーズをお探しの方はこちらをご参考ください。

ロードバイクの試乗も随時承っていますので、ご不明な点等ございましたらお気軽にバイクプラス各店にお問い合わせください。安心保証でしっかりとサポートさせていただきます。

戸田彩湖店

こんにちは!
最新のスポーツ自転車や自転車グッズの紹介をはじめ、私たちのサイクリングブログなどをご紹介しています。スポーツ自転車のことでご不明な点はお気軽にお問い合わせください。下記リンクから店舗詳細がご覧になれます。

店舗詳細ページ
https://www.bike-plus.com/shop/toda.html

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木7-2-14
ヨシズヤハイム1F
048-423-9301

こちらの記事もよく読まれています!