2019年モデルのエモンダSL6ディスクの白バック写真

2019 TREK Emonda SL6 Disc(エモンダSL6ディスク) ¥352,000(税抜)

エモンダSLシリーズに待望のディスクブレーキモデルが登場!軽量で反応性のよいエモンダSLシリーズのカーボンフレームに、シマノのアルテグラコンポと、油圧ディスクブレーキを搭載したのがエモンダSL6ディスクです。

もともと軽量で登りに定評のあるエモンダシリーズですが、ディスクブレーキ仕様となったことで安定感がアップして高速な下りでも安心。また天候問わず少ない力でブレーキの制動力を発揮するため、オールラウンダーぶりに磨きがかかっています。

オールラウンダーとして人気のEmonda SLシリーズ初のディスクモデル

油圧ディスクの確かな制動力

このところディスクブレーキ搭載のロードバイクは増加の一方。未舗装の道を走るためのグラベルロードというジャンルも確立されました。エモンダSLシリーズも例外ではなく、2019年モデルで登場したのがこのエモンダSL6ディスクです。

油圧ディスクブレーキのメリットといえば、少ない力で高いブレーキの制動力を得られること、雨などでもブレーキの効きが変わりにくいとううのがまず挙げられます。下り坂などブレーキをかけ続けるシーンでも、レバーのタッチが軽いので安心です。リアエンド付近にクローズアップした写真

スルーアクスルで安定感も高い

リムブレーキと違いホイールのリム部分が削れたりということもなく、ホイールの外周部も軽くできます。制動力だけではなく、ディスクブレーキモデルの場合、ホイールの車軸部分ががっしり太くなります。車軸付近でブレーキを行う手前、軸を太くして剛性を上げているんですね。

この太いアクスルのおかげで、エモンダSL6ディスクは安定感が高く、ふらつきが少なくなっています。漕いだ分だけグイッと進むし、トルクをかけてもよれずにシャキシャキ進んでいく感じはディスクブレーキならではです。

ディスクブレーキのメリットデメリットをまとめたこちらの記事「ディスクブレーキのロードバイク疑問点一挙解決インプレ&オススメも」もぜひご覧ください。

ホイールはパラダイム、タイヤは25C

ホイールはパラダイムという完成車オリジナルのホイールです。下位モデルよりも、やや軽量に仕上がっています。タイヤはエモンダの加速感をジャマしない25Cの太さを標準装備しています。

より車体の軽さにこだわりたい!という方は、リムブレーキモデルのEmonda SL6もオススメです。(リムブレーキタイプは重量7.53kgですので、約600gほど軽くなっています)

エモンダSL6ディスクの特徴まとめ

OCLV500カーボンでつくった軽量フレーム

Emondaはフランス語の「削り取る」という言葉からとったもの。その名の通り軽さを重視してつくられたロードバイクシリーズです。空力性能の高いマドンシリーズ、乗り心地重視のドマーネシリーズに対して、ヒルクライムをはじめオールラウンドに使えるシリーズとしてアルミからカーボンまでさまざまなランナップを展開しています。

TREKのOCLV500カーボンで作られたフレーム

エモンダSL6ディスクは、EmondaシリーズのうちOCLV500という軽量で剛性の高いカーボン素材を使ったモデルです。ペダルを踏んだときにフレームが余計にしならずしっかり進む硬さと、カーボン素材らしい振動吸収性を合わせ持ちます。ロードバイクが初めてという方でも、脚力や体幹に自信のないという方でも、ちゃんと受け止めてくれます。

フルカーボンフォーク

フルカーボンのフロントフォークフレームだけでなくEmonda SL6ディスクのフロントフォークもカーボンでできています。ヘッドチューブ内で見えませんがコラム部分もカーボンでできているため、乗り心地もよく軽量ぶりに貢献しています。下位モデルのエモンダSL5(ディスクブレーキではないですが)とはこのあたりが実は違います。

エモンダのフォーク形状はドマーネシリーズと比較するとややストレート。そのおかげでハンドリングが機敏に。立漕ぎなどでも体重を乗せやすくヒルクライムや加速時に反応がいいのが特徴です。

シートマストキャップもカーボン

サドル取付はトレック独自のシートマストキャップで行うサドルの取付にはTREK独自のシートマストキャップを採用。従来のシートポストタイプよりも車体重量を軽くできます。エモンダSL6ディスクはシートマストキャップもカーボン製。軽量化だけでなく、シートチューブのしなりを活かして、お尻への突き上げ感を軽減する役割もしています。

コンポーネントはSHIMANOアルテグラ

シマノのアルテグラクランクシマノのセカンドグレードのアルテグラでパーツは統一されています。セカンドと侮ることなかれ、上位グレードのデュラエースに劣らずの操作性があります。STIレバーも油圧ディスク用のものはやや大ぶりになりがちですが、握りやすく細みの設計になっています。

レバーもブレーキ本体も、変速機もクランクもすべてアルテグラで統一されているので相性は抜群。アルテグラはロードバイクが初めての方にも最適です。

埋め込み式のデュオトラップSセンサー対応

デュオトラップSセンサー専用のマウントはチェーンステー内側に

チェーンステー内側に取付用の穴があいています

TREKのフレームならではのつくりが、この部分に穴があいていること。デュオトラップSセンサーという専用センサーをすっぽりと埋め込むことが可能です。

距離やスピード、ケイデンス(回転数)を測る際に使用するセンサーは、一般的に結束バンドなどで括りつけることが多いのですが、デュオトラップSは埋め込み式なのでズレることがありません。さらにフレームの見た目に影響せず、スマートな取付ができるのです。

ANT+もしくはBluetooth smartに対応したサイクルコンピューターやスマートフォンのアプリなどで計測結果を表示することができます。せっかくEmonda SL6ディスクに乗るならぜひ取り付けたいアイテムです。

ブレンダーでアクセサリーの取付もスマートに

こちらもTREKならでは。ステムというハンドルとフレームをつなぐパーツに、ライトやサイクルコンピューターをスマートに取り付けることができます。エモンダSL6ディスクはボントレガーのプロステムを標準装備。それに合わせて、各種マウントが付属します。

プロステムでブレンダーをフル活用した例

別売りのマウントでブレンダーをフル活用してみた例

別売りのマウントをさらに買い足せば、ハンドルの中央という一番見やすい位置に、サイクルコンピューターやライトを上下に取り付けることも可能です。ロードバイクに乗るうえで欠かせないアイテムの取付けまで考えられているなんて、さすがTREKです。

Emonda SL6 Discの重量とスペック

カラーRage Red/Onyx Carbon
サイズ50,52,54,56,58,60cm
フレームUltralight 500 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, tapered head tube, BB90, flat mount disc brakes, 12mm thru axles, internal cable routing, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークÉmonda full carbon, carbon steerer, carbon dropouts, flat mount disc brakes
ホイールBontrager Paradigm Disc Tubeless Ready, 12mm thru axle,ボントレガー R2 Hard-Case Lite、700x25c
コンポーネントShimano Ultegra, 11 speed
重量8.10kg(サイズ56cm)

カラーはこちらのレッド1色展開です。光沢のある艶やかな赤は見る角度によってはかなり濃く見えたりして深みがあります。グレーっぽく見えるロゴ部分はよーく見ると、カーボン地が透けてみえるオニキスカーボン。

フレームサイズ選びが大事

ロードバイクは自分の身体に合ったフレームサイズを選ぶことがとても大事です。長時間乗り続けることができるよう、身長や股下、柔軟性に合わせて無理のない体勢を整えることが基本です。

ご購入検討時、サイズフィッティングはバイクプラス各店で無料で行っております。また乗り慣れていくうちに、ハンドルを低くしたい、パーツ交換をしてハンドルを遠くしたい、近くしたいなどフィッテイングに関することは1年間再調整工賃無料です。パーツ代は別途かかりますが、ご購入後のアフターサポートもお任せください!

こちらの記事もよく読まれています!