2019 TREK Emonda SL6(エモンダSL6)2色 ¥312,000(税抜)

ロードバイクの原型と言えるほどシンプルな構造のエモンダSL6はとにかく軽量。同グレードパーツの車体と比べても数百グラムの軽量化を果たしています。剛性感と反応性が高いので、ロードバイクならではの軽快な走行感を味わえます。軽さを活かしたヒルクライムも機能を発揮して楽しめる一台です!

シンプルかつフィッティングに対応したフレーム設計

エモンダSL6のシートマスト

一般的なシステムとは異なる専用規格のシートマスト

トレックのカーボンフレーム特徴の一つがこの部分、フレーム側のシートチューブを延長したような形状になっています。トレックではフレーム側をシートマスト、いわゆるシートポスト側をシートマストキャップと呼んでいます。フレームを延長することで強度も高く、重なる部分が短くなるのでパーツもコンパクトになり軽量化に貢献します。調整範囲も狭くなりますが、トレックのロードバイクはサイズ展開が豊富なので体形に合った一台を選ぶことが可能です。

その他のEMONDAシリーズ

軽量で快適性の高いパーツ構成

軽量=正義ではなく、何事もバランスが重要です。エモンダSL6のメインコンポーネントはシマノのアルテグラ。その他に軽量ブレーキキャリパーやカーボンパーツなど随所に組み合わせています。操作感や安全性を確保したうえでのパーツ構成は、カスタムアップなくとも満足のいく組み合わせになっています。

シマノのアルテグラと軽量パーツの構成

アルテグラのクランク画像

R8000系のアルテグラを基本コンポとして装備

エモンダSL6の“6”はシマノ アルテグラの意。がっつりレースの方にものんびりロングライドの方にも満足な変速能力です。

ボントレガー スピードストップブレーキ

レバータッチも優れたスピードストップブレーキ

あえての軽量パーツを投入しています。必要な制動力は確保しつつレバー操作にまでこだわったブレーキが装着されます。

カーボンパーツでより軽量&快適に!!

エモンダSL6のシートマストキャップ

カーボン製のシートマストキャップ

シートマストキャップはカーボン製。あえての円形なので、しなりを生み出し突き上げなどの衝撃から身体を守ってくれます。また、フロントフォークも振動吸収と軽量化に貢献したフルカーボン製になっています。衝撃や振動を身体に伝えやすいパーツをカーボン化することでより快適な乗り味になっています。

パーツカスタムに対応するブレンダーシステム

サイクルコンピューターを取り付けた様子

ブレンダーシステムでサイコンの取付も可能

ブレンダーシステムはボントレガーの専用規格。付属のアダプターでボントレガーのサイクルコンピューターやライトの装着が可能になります。ベース部分やマウント部分を買い足すことでGPSのガーミンを取り付けたり、上側にサイコン、下側にライトなどと組み合わせることもできます。ハンドル周りがスッキリと収まる好評のシステムです。

Emonda SL6 カラー&スペックチャート

EMONDA SL6のレッドカラー写真

Rage Red/Onyx Carbon

EMONDA SL6ブラックの写真

Matte Trek Black/Metallic Gunmetal

カラーRage Red/Onyx Carbon,Matte Trek Black/Metallic Gunmetal
サイズ44,47,50,52,54,56,58㎝
フレームUltralight 500 Series OCLV Carbon, tapered head tube, BB90, direct mount rim brakes, internal cable routing, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークÉmonda full carbon, carbon tapered steerer, carbon dropouts, direct mount rim brakes
ホイールBontrager Paradigm Tubeless Ready
コンポShimano Ultegra, 50/34 11/28, 11 speed
重量7.53kg(サイズ56)

サイズフィッティングと試乗

靴や洋服などと同じで、ロードバイクにもサイズがあります。大まかにはフレームサイズ、細かくは一部パーツのサイズが異なります。身長や股下の計測値をベースに、腕の長さや柔軟性などを考慮してフレームサイズを決めていきます。

バイクプラス各店では、快適なライディングのためには欠かせないサイズフィッティングを行っています。初めてのロードバイクという方でも無理のない姿勢でスタートできるので、いろいろ分からなくても大丈夫!!

 

こちらの記事もよく読まれています!